Pontaポイントをクレジットカードで貯める!提携先も拡大中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカードを持つ男性

ローソンやケンタッキーでポイントが貯まる、共通ポイントのPonta。なんとなく「Tポイントやnanacoなどの他のポイントと比べてなんとなく使いづらい」と思った経験はないでしょうか?しかし今ではPontaは、以前と比べて非常にポイントを貯めやすいカードとなったのです。

「Pontaカードはローソンでしか出さない」「ポイントがイマイチたまらない」という人も、自分の生活圏でPontaポイントが貯まる場面をこの記事でおさらいしてみると、意外とその提携先の多さを知ることができます。

さらにリクルートポイントと共通になり、移行先も拡大、今後もますますポイントを使うだけでなく移行して他のポイントにするということも非常に容易なポイントに生まれ変わりました。これによりPontaの使い先も非常に広がりました。

そんなPontaポイントを、もっとお得に貯められるクレジットカードがあり、特におすすめのクレジット機能を持つPontaカードを4種類、こちらの記事で紹介します。クレジットカードを利用してPontaを効率よく貯めたいと言う方は必見です!

こんなにある!Pontaポイントが貯まる場所

コーヒーショップで会計する

冒頭で述べた通り、ポンタは一昔前だと「あまり使えるところが多くなさそう」というイメージが強かったのですが、今やほかのカードと同じくらい、使いやすいポイントカードになっているのです。

ここではPontaが今どの店舗で、どのくらい利用価値のあるカードなのかを見ていきたいと思います。

リアル店舗

ポンタが使える店舗としては以下がメジャーな店舗となります。

  • ローソン(100円で1ポイント)
  • ケンタッキー(200円で1ポイント)
  • 昭和シェル(給油1Lで1ポイント)
  • 大戸屋(100円で1ポイント)
  • AOKI(200円で1ポイント)
  • ゲオ(200円で1ポイント)
  • タカシマヤ(200円で1ポイント)

ローソンストア100、ローソンマートでもpontaが貯まりますが、こちらでは200円ごとに1ポイントとなります。

オンラインショップ

「普段買い物に出かけない」、「私はオンライン派」という方でもポンタは使いやすいカードとなります。

リクルート系

  • ホットペッパーグルメ(多くの場合2%以上)
  • ポンパレ(多くの場合3%以上)
  • じゃらん(プランの2%)

これらはリクルートポイントが貯まるのですが、リクルートポイントはPontaと相互互換可能なのでPontaが貯まることと同じことになります。

これらのリクルート系サイトの場合、それぞれ買い物する商品により、付くポイントも変わってきます。

ここで注目したいのがポンパレこと「ポンパレモール」です。ここでの還元率はなんと3%!100円の買い物で3ポイントも貯めることができます。

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」の還元率が1%なのと比べると非常にお得なショッピングサイトであることがわかります。

ホテルやレジャー

ホテルやレジャーでも貯めることができます。例えば

  • HISのオンライン予約など(200円で1ポイント)
  • ルートインホテルズ(宿泊100円で3ポイント、飲食100円1ポイント)
  • スポーツクラブルネサンス(初回来店で100ポイント)
  • WILLER TRAVEL(100円で1ポイント)

などで使うことができます。WILLER TRAVELは最近有名になってきた快適な格安長距離バスですが、ここでもポンタが貯まります。

旅行金額なので高額の支払になるHISでもPontaが利用できるので、旅行好きの人にもぴったりですね。

引っ越し

引っ越しの時にもポイントを貯めることが可能です。

  • 日本運輸(100円で2ポイント)
  • サカイ引っ越しセンター(200円で1ポイント)
  • ハート引っ越しセンター(100円で2ポイント)
  • アパマンショップ(100円で1ポイント)

アパマンショップで部屋を決めて、引っ越し業者も上の3社で決めればポイントの二重取り、大量獲得も夢ではありません。

Ponta付きおすすめクレジットカード

海外プリペイドカード

これまではPontaが使用できる店舗についてみてきましたが、この章ではPonta付きクレジットカードについてご紹介していきます。

Pontaをお得に貯めるためには、通常のPontaではなくPonta付きおすすめクレジットカードで貯めていくのがベストです。

「でもただPonta付きといってもどのクレジットカードを選べばいいかわからない」、「結局どれがお得なの?」という方のためにここでは4つのおすすめカードを大紹介していきます!

JMBローソン PontaカードVisa

Ponta付きクレジットカードの中でポイントを貯めやすいカードとしてまずあがるのが、JMBローソン PontaカードVisaとなります。

ローソンでは通常購入金額ごとに、100円(税抜)で1ポイントPontaが貯まります。

しかし、JMBローソン PontaカードVisaというクレジット一体型のカードを持っていれば、提示だけで100円ごとに1ポイント、そしてクレジットカード払いで100円ごとに1ポイントなので、100円の買い物をするごとにローソンでポイント二倍、つまり2ポイント貯まる計算になります。

さらにローソンでは、1回の会計だけで来店ポイントとして還元率0.3%ほどのポイントがもらえるので、ポイントが本当に貯まりやすいカードであることがわかります。

JALマイラー必見!ポンタとの組み合わせ

PontaはJALマイルとも提携しており相互互換が可能なので、JALマイラーにとってPontaを有効活用することは必須です。

以前はJMBローソン PontaカードVisa を保有してなければ互換不可能だったのですが、2015年より全ユーザーに対してこの権利が与えられるようになりました。

しかしかなりマイナーな情報ですが、JMB ローソンPontaカードVisaは毎月「乗って使ってもれなくマイルやJALグッズプレゼント!」というキャンペーンを実施しており、これを利用すればとてもお得にJALマイルを貯めることが可能となります。

1ヶ月間にJAL便への搭乗1回以上+クレジットカード利用5万円以上で、「JALマイル」1000マイルや「クラスJ-eクーポン」が貰えるというのが詳細となります。

たとえこれをサブカードとして使っていてその金額を急に使うのが難しくても

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA
  • WebMoney Card(au WALLET)

といった電子マネーのチャージとしてJMB ローソンPontaカードVisaは使用可能です。5万円以上を月に「使う」、と言うより「変換」することによってこの条件を簡単にクリアすることができます。

本来のPontaポイントとくわえてJALマイル1000マイルがゲットでき、ポンタをマイルに全部変換するとマイル還元率の合計は2.25%となり、マイラーにとって非常に魅力のあるカードであることがわかります。

シェル-Pontaクレジットカード

シェルで日頃からガソリンを補給している方は必見です。シェル-Pontaクレジットカードはガソリン会社のシェルが発行するクレジットカード一体型Pontaで、初年度年会費無料、次年度以降は税別1250円となりますが、年一回昭和シェルSSでの利用で年会費無料となります。

お得な点としてはガソリン1リットルで2ポイント貯まる点で、ガソリンスタンドならではと言えるでしょう。シェルユーザーの方は是非作っておきたい1枚となります。

Ponta Premiun Plus

Ponta Premiun Plusは、「Ponta系最強カード」と言われており、ポイントを大量獲得したい方にとって魅力的なカードとなっております。

通常のクレジット利用は利用金額によってボーナスポイントがもらえ、100円につき1ポイントですが、年会費は初年度無料で次年度以降2,000円+消費税。7月と12月にポイント還元率がアップします。

リボ専用コースにすれば、100円につき2ポイント貰えるだけでなく次年度以降も年会費無料となります。

Ponta会員に限ってファーストプレゼントというものがもらえ、カード到着後2ヶ月間の間でクレジット利用額が5万円以上なら2,500ポイント、10万円以上ならば6,000ポイントももらえ、キャッシュバック60%と非常に嬉しい特典がついてきます。

このような特典がたくさんあるゆえにPonta系最強カードと呼ばれています。Ponta大量獲得のために欠かせないカードとなるでしょう。

ルートインホテルズPonta VISAカード

ルートインホテルズPonta VISAカードもPonta付帯クレジットカードの一つで、初年度年会費無料、次年度は年会費1,250円となりますが、年間20万円以上のカード利用でそれが無料となります。

入会のみで500ポイントプレゼントとなり、通常の宿泊で宿泊代金100円ごとに3ポイントたまります。それがルートインホテルでのカード決済ならば100円ごとに7ポイントたまります。

つまりルートインのカード利用で100円につき合計10ポイントも獲得できることになり、還元率10%と、ものすごい数字でポイントが貰えることがわかります。

このような理由から、出張の多い人には是非おすすめしたいカードとなります。

リクルートカード

実際にはPontaではないのですが、今Pontaを貯める上で還元率が良いカードと言われています。上にも述べた通りPontaとリクルートポイントが相互互換可能となったからです。

「年会費を払いたくない」、「海外でも使いたい」という方でも、通常リクルートカードはVisaで発行でき年会費無料で還元率1.2%なので、このカードでもほかのカードと比べるとお得なことがわかります。

他のクレジットカードでもPontaと併用できます

買い物をする女性

さて、Ponta付きのクレジットカードを紹介しましたが、JMBローソン PontaカードVisa のようなクレジット一体型Pontaでなくても、ほかのクレジットカードを用いてPontaを提示すれば、ほかのポイント貯めながらPontaをついでに貯めるということも可能です。

つまり、他のポイントをためながらPontaも貯めるということが可能なのです!ここではそれをするためのお得な方法を紹介していきます。

カード決済できるPonta利用店でためられます

カード決済を受け付けていてPonta利用可能ならば、どの店であってもPontaを貯めることが可能です。

他では上に述べたリクルートカードプラスを使用してポンパレで買い物をすると、なんと還元率5%が達成できます。

銀行金利が0.1%を切るところが多いなか、この還元率は驚異的と言えるでしょう。

JMBローソンPontaカードVisaとおサイフケータイのEdyの合わせ技

これぞポイント錬金術という方法をお伝えします。

これに必要なアイテムは2つ

  • JMBローソンPontaカードVisa
  • おサイフケータイのEDY

となります。

やり方は

  1. JMBローソンPontaカードVisaでEdyチャージ(還元率0.5%)
  2. Edy使用でポイント(還元率0.5%)
  3. Pontaカードの提示(還元率1%)
  4. 会計(来店)ポイント(還元率0.3%)

とローソンの一回の買い物で、ポイント4度取りが可能となります。この非常にお得な方法を、是非実践してみてください。

Pontaポイントを一番お得に使う方法

解説する女性

Pontaの有効期限は1年となるので、早く使わなければ無くなってしまいます。「それではせっかく貯めても意味がないのでは?」と思われるかもしれませんが、Pontaは非常に使い勝手が良いポイントなので少額からでもどんどん使っていくことができます。

ちょっと貯めてどんどん使っていくのがPontaの正しい使い方といえるでしょう。ここではPontaをお得に使う方法を紹介していきます。

ローソンのLoppiでお試し引換券に交換

貯めたPontaポイントはコンビニのローソンに設置してあるチケット購入マシンであるLoppiで使うのがお得です。

その中でも「お試し引換券に使うとお得」と言うのはPontaユーザーの中では有名です。

なぜならばこのお試し引換券を使えばローソンの商品を正規価格の半額以下の値段(ポイント)で購入可能となるからです。

「貯めたポイントをどうしたらいいかわからない」と悩んでおられる方は、是非有効活用してみてください。

家族のPontaポイントをまとめられる

ポンタを無駄なく使う方法として、グループポイントという制度があることも関係しています。ポンタカードのグループ機能は、グループオーナーがメンバーを招待してグループを作成するとポイントを一緒に貯めることができるようになります。

家族の場合はお父さんがグループオーナーとなり奥さんや子供がそのメンバーとなれば、一人でポンタを貯めるよりも早くたまり、どんどんPontaを使えるようになっていきます。

しかし、ポイントが利用可能となるのはオーナーのみとなるので、使用用途は話し合って公平に決めていく必要がありますね!

ポンタが有効期限1年でもどんどん使っていけるお得なカードと言われているのは、このような理由があるからなのです。

まとめ

Pontaはクレジットカードと組み合わせると、非常にお得にポイントを貯めることができます。

ほかのポイントと比べて高還元率でポイントをザクザクゲットできるので、Pontaは補助的に貯めるにしてもメインで貯めるにしても、JALマイラーにとっても非常に魅力的なカードです。

是非自分なりのPonta取得&有効活用作戦を立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事