おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

プラチナプリファードカードとはどんなカード?特徴とメリット・デメリットを徹底解説

ノートパソコンの前でクレジットカードを持ち喜んでいる女性

2020年9月1日、三井住友カードから新たなクレジットカードとして「プラチナプリファードカード」が誕生しました。

プラチナプリファードカードは「ポイント特化型プラチナカード」というコンセプトを持つ、ポイントが効率良く貯まるプラチナカードです。

そして、このプラチナプリファードカードにどんな特徴があるのか、使い勝手は良いのかなどのことを気にされる方もいるのではないでしょうか。

この記事ではプラチナプリファードカードについて以下の内容をお伝えします。

ぜひ最後まで読んでいただき、プラチナプリファードカードの魅力を知り、実際に手にしてみてください。

三井住友カード プラチナプリファード

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 40,000円(税抜) 1~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日営業日 150~500万円 0.5% 500円

プラチナプリファードカードの5つの特徴

三井住友銀行の発行するプラチナプリファードカードの主な特徴となるのが以下の5点です。

また、三井住友銀行ではプラチナプリファードカード以外のプラチナカードに「三井住友カードプラチナ」があります。

それぞれのカードの違いについても詳しくお伝えするので、ぜひチェックしてみてください。

三井住友銀行から2020年9月1日に新登場した「ポイント特化型のプラチナカード」

プラチナプリファードカードは、三井住友銀行から2020年9月1日に新登場したばかりのポイント特化型プラチナカードです。

基本ポイント還元率は1%となるため、この数字だけ見ると特に高還元率に感じないかもしれません。

しかし、使い方次第では大量にポイントを獲得できる機会があるので上手に利用すると良いでしょう。

なお、ポイント還元率は最大10%までアップします。

こちらではどのように利用すれば還元率を上げることができるのかについてご紹介します。

海外ショッピングは3%還元

プラチナプリファードカードを海外で利用すると外貨ショッピング利用特典としてポイントがさらに2%加算され、結果的に計3%還元となります。

仕事や旅行などで海外に行く機会が多い方であれば、効率良くポイントを貯めていけるでしょう。

プリファードストア(特約店)では最大10%還元

プラチナプリファードカードを「プリファードストア」と呼ばれる特約店で利用すると、1~9%の追加ポイントが付与されます。

その結果、最大10%のポイント還元が叶うこともあるのです。

なお、特約店のジャンルは以下のように幅広く存在します。

ジャンル 追加
ポイント
特約店
宿泊予約サイト +6~9% 一休.com
エクスペディア
Hotels.com
交通 +1~4% ANA
ETC
JapanTaxi
百貨店 +2% 大丸松坂屋
阪急百貨店
阪神百貨店
ライフスタイル +2% 蔦屋書店
コンビニエンスストア +1~2% セブン-イレブン
ファミリーマート
ローソン 他
カフェ・ファストフード +1~2% マクドナルド
モスバーガー
ファーストキッチン
ドトール
エクセルシオールカフェ 他
スーパーマーケット +1% アピタ
ピアゴ
ライフ
西友
オークワ
イズミヤ
京王ストア 他
ドラッグストア 1% ココカラファイン
マツモトキヨシ
トモズ 他

追加ポイントを獲得する際は、それぞれの特約店で条件があります。

詳しくはプラチナプリファードの公式サイト内にある「プリファードストア(特約店)一覧」にて確認してください。

さまざまなタイミングで大量ポイントの獲得が可能

プラチナプリファードカードでは新規入会後に一定金額を利用すると、1年に1回のカード継続時に大量ポイントを獲得できます。

まず、新規入会月の3か月後の月末までに40万円以上の利用をすると、4万ポイントが付与されます。

さらに前年度にプラチナプリファードカードを100万円以上利用すると、毎年1万ポイントがプレゼントされ、最大4万ポイントの獲得が可能です。

年会費は30,000円(税別)

プラチナプリファードカードの年会費は30,000円(税別)です。

一部の一般カードやゴールドカードで見られるWeb入会で初年度年会費無料、条件達成で年会費が割引されるなどの特典はありません。

安定収入のある20歳以上の方が申し込み対象

プラチナプリファードカードの公式サイトによると「原則、満20歳以上で本人に安定継続収入のある方」を申し込み対象にしています。

未成年の方主婦や学生などの定職に就いていない方申し込みをしても条件に達していないことになるため、審査通過は難しくなります。

カード表面に番号や氏名の記載がない

プラチナプリファードカードの表面のカラーは白・黒のいずれかから選べますが、カード番号・氏名などはすべて裏面に記載されています。

また、カードの表面は艶消し加工が施されていて、シンプルかつ上品で落ち着いた雰囲気です。

Visaのタッチ決済に対応

プラチナプリファードカードはVisaのタッチ決済という新しい支払い方法に対応しています。

レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで決済可能、サインの記入や暗証番号の入力も必要ありません

コンビニやスーパーマーケットなどの身近なお店をはじめ、海外でも利用可能です。

三井住友カードプラチナとの違い

三井住友カードのプラチナカードに「三井住友カードプラチナ」もありますが、プラチナプリファードカードとどこが違うのかを一覧にしてまとめてみました。

  三井住友カードプラチナ プラチナプリファードカード
申込資格 30歳以上の方 20歳以上の方
国際ブランド Visa
Marstercard
Visa
年会費 55,000円(税別) 30,000円(税別)
利用枠 300万円~ 150~500万円
ポイント還元率 0.50% 1.00%
国内・海外旅行傷害保険 最高1億円 最大5,000万円
お買物安心保険 年間500万円まで 年間500万円まで
コンシェルジュサービス あり なし
プライオリティパス 発行可能 発行不可

次にプラチナプリファードカードの主なメリット4つをまとめています。

三井住友カード プラチナプリファード

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 40,000円(税抜) 1~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日営業日 150~500万円 0.5% 500円

プラチナプリファードカードの4つのメリット

プラチナプリファードカードを利用する主なメリットが以下の4点です。

プラチナランクのカードということもあり充実度の高さを感じられる1枚でしょう。

こちらでは、それぞれの内容について詳しくまとめてみました。

圧倒的なポイント還元率の高さ

プラチナプリファードカード最大のメリットがポイント還元率の高さです。

年会費は30,000円(税別)ですが、カードに入会してさらに入会後の3か月後末までに40万円以上利用すれば4万ポイントを獲得。

この時点で年会費を完全に上回るお得さです。

また、通常ポイント還元率は1%ですが、すでにご紹介したようにプリファードストアで利用すれば1~9%、海外利用の際は+2%ものポイントアップが叶います。

普段の生活の中でカードを利用してもポイントを入手する機会が多いでしょう。

家族カードの年会費無料

プラチナプリファードカードの家族カードを作りたい場合、年会費無料で発行することができます。

プラチナプリファードカードの本会員年会費30,000円(税別)を支払うだけで、その他に新たな費用が発生することはありません

旅行保険やお買物安心保険の付帯

海外旅行や国内旅行先での思いがけないトラブル、プラチナプリファードカードで支払いをおこなった商品を破損したり盗難などの被害に遭ったりした場合、あらかじめ付帯する保険が役立ちます

  • 海外旅行傷害保険:最大5,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最大5,000万円
  • お買物安心保険:年間500万円まで

補償金額は上記のとおりです。

なお、海外旅行傷害保険の場合、カード発行日の翌日以降に日本の住居を出発する旅行から適用対象です。

補償期間は1旅行につき最長3ヵ月となり、旅行の都度適用となります。

利用可能枠が150万円以上の高額設定

プラチナプリファードカードの利用可能枠は150~500万円です。

具体的にどのくらいの枠が設定されるのかは審査によって決まりますが、最低でも150万円は確保されます。

高額商品の購入にも対応できますし、ポイントを貯めるために複数件の決済を行っても利用枠が足りなくて困るなどのことを避けられるでしょう。

次にプラチナプリファードカードのデメリットを4つご紹介していきます。

プラチナプリファードカードの4つのデメリット

プラチナプリファードカードにはメリットだけでなく、以下のようなデメリットも存在します。

こちらでは主に4つのデメリットをご紹介するので、チェックしたうえで対処方法や改方法などを考えてみてください。

年会費の元を取るのが難しい

プラチナプリファードカードを積極的に使えば多くのポイントが付与されますが、あまりカード決済をおこなわないような方ですと年会費30,000円(税別)の元は取れないでしょう。

新規入会&利用特典のポイント獲得の条件を達成しなかった、プリファードストアは利用しないし海外でプラチナプリファードカードを利用することもない方ですとポイント獲得の機会を逃してしまいます。

たとえば通常ポイント1%だけで年会費の元を取りたい場合年間で300万円を利用しないと年会費の金額相当の3万ポイントは手に入りません

プラチナランクとしてはサービス内容がシンプル

プラチナプリファードカードはプラチナランクのクレジットカードですが、付帯するサービス内容や特典はシンプルで充実度が高くない点はデメリットとなるでしょう。

たとえば、プラチナカードでは一般的なコンシェルジュサービス、指定のレストランで2名以上のコース料理を利用すると会員1名分が無料になる優待などといった手厚いサービス付帯がプラチナプリファードカードにはありません。

国際ブランドはVISA一択

プラチナプリファードカードに付帯する国際ブランドはVISAのみです。

三井住友カードプラチナのようにVISAとMastercardの二択とかではなく、VISAしか選べないことになります。

もしVISA以外の国際ブランドが付帯するプラチナカードが欲しいのであれば、プラチナプリファードカード以外のカードを検討する必要があるでしょう。

三井住友カードプラチナよりも補償・サービス内容が劣る

先ほど三井住友カードプラチナとのスペック比較表を記載致しましたが、そちらのデータ通り、プラチナプリファードカードより三井住友カードプラチナの方が補償・サービス内容、カードスペックなどの点で大きく上回ります。

クレジットカードに対し付帯サービスの厚さを求める方にとっては、プラチナリファードカードは正直物足りないでしょう。

最後にプラチナプリファードカードはどんな方におすすめなのかをご紹介します。

プラチナプリファードカードはこんな方におすすめ

メリットもデメリットもあるプラチナプリファードカードですが、利用することをおすすめしたいのは主に以下のような方です。

実際にどんな方におすすめのカードなのかを判断するのは難しい、と考える方もいるのではないでしょうか。

ぜひ、以下の内容をチェックして自分自身に当てはまるかどうかを考えてみてください。

ポイントを積極的に貯めていきたい方

プラチナプリファードカードはポイントを貯めやすいカードなので、色々な決済に使ってたくさんのポイントを獲得したい方におすすめです。

新規入会&利用特典の条件達成をしてポイントを獲得したり、プリファードストアの利用を多くしたりするなどすれば、ポイントも効率良く貯まっていくでしょう。

そして、プラチナプリファードカードの利用の仕方によっては、年会費分のポイントを手に入れることも可能です。

年会費をおさえてプラチナカードを持ちたい方

プラチナカードはさまざまなカード会社から発行されていますが、その中の1つ、プラチナプリファードカードの年会費は30,000円(税別)です。

一方、他社のプラチナカードの年会費は一例として以下のようになっていて、プラチナプリファードカードよりも高額なカードも複数存在します。

  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
    ダイナースクラブプレミアカード
    :130,000円(税別)
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
    :80,000円(税別)

上記の年会費を支払うことはできないけれどプラチナカードを持ちたいと言う方にとって、プラチナプリファードカードの年会費30,000円(税別)は現実的になってくるのではないでしょうか。

まとめ

三井住友カードで2020年9月1日より取り扱いを開始したプラチナプリファードカードについて、特徴やメリット・デメリット、どんな方におすすめのカードなのかをご紹介しました。

最後に記事のまとめとして、要点をおさらいしていきましょう。

  • プラチナプリファードカードはポイント特化型のプラチナカード
  • ポイントが貯まる機会が多くある
  • 付帯サービスの内容や特典は三井住友カードプラチナの方が上
  • 国際ブランドはVISA以外選べない
  • 利用可能枠も高額設定で安心

年会費は決して安価ではありませんが、プラチナプリファードカードの利用方法しだいでは年会費分のポイント獲得はできるでしょう。

当記事をチェックしてプラチナプリファードカードの魅力を認識したら、ぜひ申し込み手続きをおこなってみてください。

2020.10.14

クレジットカードを徹底比較!クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア|ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア「ナビクレ」では、様々な切り口からクレジットカードを徹底比較!ポイント還元率・年会費・発行スピード・…

三井住友カード プラチナプリファード

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 40,000円(税抜) 1~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日営業日 150~500万円 0.5% 500円
編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ