海外旅行保険はクレジットカードによって内容が違う!海外旅行におすすめのカード5選

クレジットカードとスーツケースとパスポート

異国の地を訪問する際に重要なことはいくつかありますが、その中でも海外旅行保険に加入することは必須といえます。

また、海外での支払いは現金よりもクレジットカードが重宝します。

クレジットカードの付帯サービスには海外旅行保険もあり、補償内容が十分なものであれば別途保険に加入する必要はないでしょう。

ただ、補償額だけを見れば十分に思えても、旅行代金のカード決済の有無で金額が変わったり、そもそも保険の対象とならなかったりします。

また、通常の保険よりも限定される部分があるのも付帯保険の特徴です。

そのため、クレジットカードに付帯する海外旅行保険が十分かどうかを判断するには、約款を丁寧に確認する必要があります。

この記事では、カードによって補償内容が異なる海外旅行保険の基礎知識とともに、おすすめのクレジットカード5選を紹介します。

海外旅行保険の有無と内容はクレジットカードによる

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険はカードユーザーにとって重要なサービスのひとつです。

しかし、海外旅行保険の付帯の有無と内容はクレジットカードによって異なるため、クレジットカードを選択する際には細かくチェックしたいポイントとなっています。

下位ランクのカードには付帯しないものが多くなる

クレジットカードに付帯する旅行傷害保険は別途保険料がかかるものではなく、無料で利用可能です。

一方、カード会社は保険料を捻出しなければなりません。

その主な原資はカード会員が支払う年会費や旅行代金のカード決済手数料です。

そのため、一般的には年会費の額によって保険内容が変わります

上位カードと下位カードでは保険内容に大きな差があることも珍しくありませんし、年会費無料もある下位カードでは海外旅行保険が付帯しないものが多くなります

たとえば、年会費が10,000円(税別)の三井住友ゴールドカードには最高5,000万円の海外旅行保険が付帯します。

一方、年会費2,000円(税別)の三井住友カードは最高2,000万円です。

また、どちらもネット入会で初年度のみ年会費無料になりますが、初年度年会費無料で翌年以降も利用があれば無料になる三井住友デビュープラスカードには海外旅行保険は付帯しません。

上位ランクのカードでも付帯内容はカードによって差がある

下位カードよりも海外旅行保険の内容が充実している上位ランクのカードですが、高いランクであればどれでも同じというわけではありません。

カードによって差があるため、チェックはしっかりと行いましょう。

同じゴールドランクで比較すると、三井住友ゴールドカードは最高5,000万円で、JCBゴールドカードは最高1億円です。

JCBゴールドカードの年会費は10,000円(税別)でネット入会なら初年度無料になっており、三井住友ゴールドカードと同じといえます。

ただし、三井住友ゴールドカードには翌年度以降も年会費の優遇を受けられる仕組みがあります。

次の章では利用付帯と自動付帯について解説します。

付帯条件は利用付帯と自動付帯がある

クレジットカードの海外旅行保険で注意すべきは、自動付帯と利用付帯の2つの付帯条件がある点です。

カード自体のサービスとしては海外旅行保険が付帯しているにもかかわらず、実際には補償が受けられないケースがあります。

利用付帯はクレジットカード決済が条件

利用付帯とは、文字通りカードを利用することを条件として付帯する仕組みです。

旅行代金を事前に当該カードで決済するなどの条件を満たす必要があるため、旅行の手配をするときには注意しなければなりません。

カード会員なら適用されるのが自動付帯

自動付帯はカードユーザーであれば何もしなくても海外旅行時に保険が付帯します。

もちろん、事故の発生状況その他の補償条件を満たす必要はありますが、カードで決済しなくてもよいため楽だといえるでしょう。

カードによっては自動付帯で補償される額に利用付帯分が上乗せになるものもあります。

次の章では海外旅行保険の主な補償内容について解説します。

主な補償内容は6つある

海外旅行保険で補償される内容には主に以下の6つがあります。

それぞれチェックしていきましょう。

死亡・後遺障害

海外旅行中の事故で負った怪我が原因で死亡したり後遺障害が残ったりした場合の補償です。

急激かつ偶然発生した外来の事故を対象としており、たとえば事故後180日以内など、死亡や後遺障害発生までの期間が定められています。

死亡保険金の支払いは一般的に法定相続人に対して行われます。

海外では賠償責任の追及が容易ではないことも考えられますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険で補償されれば大いに助かるでしょう。

傷害治療費

傷害について事故の日から一定期間内に医師の治療を受けて負担した費用が補償されます。

通院にかかる交通費なども含まれるため、個別の詳細確認が必要です。

疾病治療費

海外旅行中に発症した疾病や、帰国後一定期間内に発症した海外旅行中に原因がある疾病の治療費が補償されます。

補償の中身は傷害治療費と同様で、直接負担しない部分の補償はありません。

救援者費用

海外で急激かつ偶然発生した外来の事故により行方不明になったり、傷害や病気で死亡したり、長期入院したりといったケースでは、現地へ向かう法定相続人など救援者の費用が補償されます。

対象は交通費や滞在費、捜索費用などです。

携行品損害

海外旅行中にカメラや衣類が壊れたり盗難に遭ったりした場合、時価額か修繕費用が補償されます。

ただし、数千円程度の自己負担額が設定されているケースが多い点や、年間の限度額が設けられているケースなどに注意が必要です。

賠償責任

海外旅行中に他人の生命・身体・財産に損害を与え、法的な賠償義務を負ったときに補償されます。

ただし、賠償責任全般にいえることですが、保険会社が知らないところで賠償額の取り決めをすると補償されない可能性があるため要注意です。

次の章では、海外旅行保険の主な注意点について解説します。

海外旅行保険の注意点

クレジットカードに付帯する海外旅行保険については、自分で保険を選んで加入するわけではないため細かい点を知らないままというユーザーも少なくないでしょう。

ここでは主な注意点を解説します。

補償条件は細かく設定されている

同じ海外旅行保険が付帯するカードであっても利用付帯と自動付帯があるように、補償される条件にもそれぞれ細かな設定があります。

中でも重要なのは、出発から帰国後まで、どの時点からどの時点までが対象となるかです。

1日あるいは1秒でも違えば補償がなくなるため、事前によくチェックしておきましょう。

家族カード会員の補償額は低いケースがある

クレジットカードの家族カードは一般に基本カードよりも年会費が安いといえます。

ただ同時に、海外旅行保険の補償額が低いケースもあります。

たとえば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの場合、基本カードの最高額は1億円ですが、家族カードの最高額は5,000万円です。

また、カードを持っていない家族の補償についても、低く設定されているカードが多いです。

複数の保険があっても補償総額が増えるわけではない

クレジットカードに付帯されているのは一般的な損害保険である旅行傷害保険です。

損害保険は取り決めた保険金額の範囲内で実際の損害を補填するものであり、複数のカードで同種の保険が付帯していたとしても単純に補償総額が増えることはありません。

クレジットカード以外の損害保険に加入している場合も同様です。

一般的に複数の保険がある場合は、その中での最高額または合算額を限度額として、実際の損害額を各社各カードで按分する形式となります。

最後の章では、海外旅行におすすめできる旅行保険が充実したクレジットカード5選を紹介します。

海外旅行におすすめのクレジットカード5選

数あるクレジットカードの中から、海外旅行での利用にも人気の高い旅行保険の充実したカード5枚を紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは世界的に高いステータスを誇る人気のカードです。

カードランクも他社より1つ上ともいわれており、アメックスのゴールドなら他社のプラチナに相当します。

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 29,000円(税別)
家族カード年会費 12,000円(税別)
ただし1枚目は無料
利用可能枠 一律の設定はなく個別に対応
主要サービス H.I.S.アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク、手荷物無料宅配サービス、プライオリティ・パス、キャンセル・プロテクション、ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」
国内旅行保険 傷害死亡・後遺傷害で最高5,000万円(利用付帯)

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 
最高額
1億円
(自動付帯は5,000万円)
傷害・疾病治療費用 
限度額
各300万円
(自動付帯は200万円)
携行品補償 
限度額
50万円/1旅行・年間100万円まで
1個10万円までで免責3,000円/1事故
賠償責任 
最高額
4,000万円
救援者費用 
保険期間中最高額
400万円
(自動付帯は300万円)

アメックスのゴールドの大きな特徴は、自動付帯だけでも最高5,000万円の補償が付帯する点です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
29,000円(税別) 29,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
入るなら今!新規入会キャンペーン実施中!

三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードには、VisaとMastercard2つの国際ブランドが用意されており、両方を持つことが可能になっています。

カード年会費の優遇制度が大きな特徴のカードです。

Visaブランドのカードは三井住友ゴールドとも呼ばれます。

主要スペック

国際ブランド VisaまたはMastercard
年会費 10,000円(税別)
インターネット入会で初年度無料国際ブランド2つを申し込む場合2枚目は2,000円(税別)
翌年度以降も4,000円(税別)まで下がる特典アリ
家族カード年会費 1,000円(税別)
ただし1枚目は無料
利用可能枠 50万~200万円
主要サービス 空港ラウンジ、情報誌無料送付、ドクターコール24、ゴールドデスク、ポイントプログラム「ワールドプレゼント」
国内旅行保険 傷害死亡・後遺傷害で最高5,000万円
(自動付帯は1,000万円)

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 
最高額
5,000万円
(自動付帯は1,000万円)
傷害・疾病治療費用 
限度額
各300万円
携行品補償 
限度額
50万円/1旅行・年間50万円まで
免責3,000円/1事故
賠償責任 
最高額
5,000万円
救援者費用 
保険期間中最高額
500万円

自動付帯では最高1,000万円ですので、他の保険がない場合はカード決済を検討しましょう。

三井住友カード ゴールド

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~2.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 50万~200万円 0.3% 500円

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

今がチャンス!お得な入会特典
利用金額の20%(最大12,000円)をプレゼント!

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、日本発の国際ブランドJCBのプロパーカードとして人気の高いゴールドカードです。

主要スペック

国際ブランド JCB
年会費 10,000円(税別) 
インターネット入会なら初年度無料
家族カード年会費 1,000円(税別) 
ただし1枚目は無料基本カードが無料なら家族カードも無料
利用可能枠 審査によって個別に設定
主要サービス 空港ラウンジ、ゴールド会員専用デスク、飲食店の優待利用、情報誌無料送付、ポイントプログラム「Oki Doki」
0国内旅行保険 傷害死亡・後遺傷害で最高5,000万円

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 
最高額
 1億円
(自動付帯は5,000万円)
傷害・疾病治療費用 
限度額
各300万円
携行品補償 
限度額
50万円/1旅行・保険期間中100万円まで
1個10万円までで免責3,000円/1事故
賠償責任 
最高額
1億円
救援者費用 
保険期間中最高額
400万円

年会費10,000円(税別)のカードでありながら最高1億円の補償が付帯しているため、補償額を最重視するユーザーにはお得なカードです。また、賠償責任の最高額も特筆できます

JCBゴールド

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料※1 10,000円(税別) 0.3%~1.25% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日※2 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】最大13,500円分プレゼント!

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは、楽天市場の利用が多いユーザーにはメリットの大きいカードです。

利用可能枠の設定が最高額のみで300万円と比較的高額である点と、家族カードの年会費の安さが大きな特徴といえます。

主要スペック

国際ブランド Visa、Mastercard、JCB、
アメリカン・エキスプレス
年会費 10,000円(税別)
家族カード年会費 500円(税別)
利用可能枠 最高300万円
主要サービス トラベルデスク、プライオリティ・パス、各種ポイントアップサービス、ポイントプログラム「楽天スーパーポイント」
0国内旅行保険 傷害死亡・後遺傷害で最高5,000万円

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 
最高額
5,000万円
(自動付帯は4,000万円)
傷害・疾病治療費用 
限度額
各300万円
携行品補償 
限度額
50万円/1旅行(自動付帯は30万円)
1個10万円までで免責3,000円/1事故
賠償責任 
最高額
3,000万円
救援者費用 
保険期間中最高額
200万円
(自動付帯は300万円)

楽天プレミアムカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 無料

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、リーズナブルな年会費が魅力のゴールドカードです。

入会から半年間のポイント還元率が2倍になる特典もあります。

主要スペック

国際ブランド Mastercard、JCB
年会費 1,788円(税別)
家族カード年会費 無料
利用可能枠 10万~300万円
主要サービス トラベルサポート、Orico Club Off、Mastercard TASTE OF PREMIUM、オリコポイント
0国内旅行保険 傷害死亡・後遺傷害で最高1,000万円(利用付帯)

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害 
最高額
2,000万円
傷害・疾病治療費用 
限度額
各200万円
携行品補償 
限度額
20万円
1個10万円までで免責3,000円/1事故
賠償責任 
最高額
2,000万円
救援者費用 
保険期間中最高額
200万円

2,000万円の補償が自動付帯されることから、費用を抑えながら補償も確保したいユーザーにおすすめのカードです。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,805円(税別) 1,805円(税別) 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万円〜300万円 0.6% 無料

まとめ

海外旅行保険を考えるとき、ゴールドランクのカードで最高1億円の補償が得られるものがあるなど、クレジットカードの付帯保険がかなり有力であることがわかります。

ただし、最高額になるのは条件に沿って旅行代金をカード決済した場合といった点にも注意が必要です。

ただ、クレジットカード本来の目的は商品やサービスの代金を決済することであり、海外旅行保険だけを目的としたカード保有がお得かどうかは別に検討する必要があります。

特定カードの海外旅行保険が絶対的に必要という場合は別にして、基本的なスペックやその他のサービスも考慮したトータルでお得なカード選びをしてください。

2020.04.03

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

「種類が多すぎてどのクレジットカードを作ったら良いかわからない…」そんなあなたに、還元率・年会費・ステータス性・サポート面など様々観点から「ここから選んでおけば間違いなし!」のクレジットカードをナビクレことナビナビクレジットカードの編集部が紹介します。専門家の解説やよくある質問もまとめているので、ぜひクレジットカード選びの参考にしてみてください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断