NHK放送受信料をクレジットカード払いに変更する方法とメリット

貯金箱と電卓

NHK放送受信料の支払い方法には、銀行振込コンビニ決済口座振替クレジットカード払いなどがあります。

その中でも一番お得なのは、ポイントが貯まるクレジットカード払いであるということを知らない方が意外と多くいらっしゃいます。

ポイントが貯まってお得なものの、NHKがクレジットカード情報をどのように取り扱っているのかが分からないため、クレジットカード払いに切り替えることに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

NHK放送受信料をクレジットカード払いに変更する方法やメリットNHK放送受信料が少しでも割引になる方法について知りたいと思いませんか?

今回は、NHK放送受信料をクレジットカード払いにするメリットや手続き方法だけでなく、NHKがクレジットカードに関する情報をどのように取り扱っているのかについても詳しくお伝えしていきます。

引越し時のNHK放送受信料の手続き方法もご紹介しますので、是非最後までお読みいただきたいと思います。

これでNHK放送受信料をクレジットカードで支払いたい、変更したい人が具体的な手続き方法を知り、スムーズに手続きすることができるようになります。

NHK放送受信料は公式サイトでクレジットカード払いに設定・変更できる

クレジット払い

NHK放送受信料をNHK公式サイトからクレジットカード払いに設定・変更するために必要な、具体的な方法について解説していきます。

放送受信契約をしていない人は新規契約手続きをする

NHK放送受信料をクレジットカード払いにするためには、まず放送受信契約の手続きを終わらせておく必要があります。

まだ放送受信契約をしていない場合は、NHKの公式サイト上で「新規契約の手続き」をするときに、一緒にクレジットカード払いを設定することができます。

新規契約の手続きでは、下記の情報を登録します。

  • テレビ設置月
  • 氏名
  • 住所
  • 連絡先
  • 契約種別(衛星契約か地上契約)
  • 支払い方法(ここでクレジットカード継続払を選択します)
  • 支払いコース(2か月、6カ月前払、12カ月前払)

クレジットカードによる初回の請求開始月は翌偶数月となります。

2か月払の場合は初回分と2回目分がまとめて請求され、申込むタイミングによっては翌々偶数月になることもあります。

このように、新規契約手続きの中で支払い方法をクレジットカード払いにしておけば、放送受信料をクレジットカードで継続して支払うことが可能となります。

契約中の人はクレジットカード継続払に変更

既に放送受信契約をしている人が支払い方法をクレジットカードに変更する方法は、

  • NHKの公式サイトにある「クレジット継続払への変更手続き」
  • Yahoo!JAPAN公金支払いの「継続払い」

上記2つの方法があります。

NHKの公式サイトにある「クレジット継続払への変更手続き」

NHKの公式サイト上からクレジットカード払いへ変更する場合は、受信契約者情報(氏名と住所、連絡先)とクレジットカード番号を入力するだけで手続きが完了します。

クレジットカード番号をオンライン上で送受信することに不安を感じる方は、手続き用紙を郵送する方法によってもクレジットカード払いへ変更することができます。

Yahoo!JAPAN公金支払いからクレジットカード払い

もう1つの方法、Yahoo!JAPAN公金支払いからクレジットカード払いへ変更する場合は、

  • Yahoo!JAPAN IDでのログイン
  • Yahoo!ウォレット

これらが必要となります。Yahoo!JAPAN公金支払いは、TポイントでNHK放送受信料を支払えるメリットがあります。

貯まったままになっているTポイントがあれば、是非活用してみてはいかがでしょうか。

また、手元に振込用紙があってすぐにクレジットカード払いをしたい場合でも、

  • クレジットカード一時払(NHK公式サイト)
  • Yahoo!JAPAN公金支払い

上記を利用すれば、支払い手続き開始前でもカード決済が可能となります。

登録中のクレジットカードを変更するにはカード情報を更新する

クレジットカードの番号が変わった場合は、先ほどと同じ「クレジット継続払への変更手続き」で登録しているカード番号を変更します。

クレジットカード番号の変更に伴い、請求のタイミングが合わなかったりカード会社から承認されなかったりした場合でも、下記の方法でクレジットカード払いをすることができます。

  • クレジットカード一時払
  • Yahoo!JAPAN公金支払い

登録中のクレジットカードを解約するには継続振込等に変更する

登録中のクレジットカードを解約するには、「振込用紙によるお支払いへの変更」で手続きを行います。 手続きをするタイミングによっては、クレジットカードによる引き落としが実行される場合もあります。

その場合は、次回以降の支払いから継続振込に変更となり、振込用紙で受信料を支払うことになります。

ここまで、NHK放送受信料をクレジットカード払いにするための方法として、

  • 新規受信契約をしていない場合
  • 他の支払い方法からクレジットカード払いへ変更する場合
  • 登録しているクレジットカード番号を変更したい場合
  • クレジットカードの継続払を解約して継続振込でクレジットカード払いする場合

これらの4つについて解説しました。 続いて、NHKが受信者のクレジットカード情報をどのように取り扱っているのかについてお伝えしていきます。

NHKは個人情報保護策でクレジットカード情報の取扱に注意している

NHKは個人情報保護について下記のような「NHK個人情報保護規定」を設け、個人情報の保護に努めています。

  • 個人情報保護に関するコンプライアンス(法令遵守)
  • 個人情報保護施策の実施
  • 個人情報保護体制の整備
  • 個人情報の取扱いに関する苦情等への対応

また、NHKが保有する個人情報(報道・著述・学術研究分野以外)の利用目的として、下記のようなものがあります。

  • 放送受信契約締結のための活動
  • 放送受信料の収納活動(家族割引の適用確認を含みます)
  • 免除基準の適用
  • 放送の受信に関する相談業務、NHK共聴の維持や運営
  • 放送やイベントのお知らせ
  • 放送文化、普及、受信に関する調査へのご協力のお願い
  • 放送受信料を「クレジットカード等継続払」で支払う場合に必要となるNHKの指定するクレジットカード会社等の会員登録のための当該クレジットカード会社等への情報提供

放送受信料をクレジットカード払いする場合は、クレジットカード会社が放送受信料を立替払いすることになります。

そのため、受信者がNHKに登録したカード情報をNHKからカード会社へ情報提供することになります。

もちろん前述したNHK個人情報保護規定に則って情報提供が行われますから、基本的にデータが不正に悪用される可能性は低いと考えることができます。

それでもNHKの個人情報保護に対して不安を感じるのであれば、「開示等の求め」によって開示請求を行うことができます。

万が一開示内容について不満が残る場合は「再検討の求め」を提起することも可能です。

このように、個人情報保護について納得がいくまで問い合わせをすることができますから、安心してクレジットカード払いができるようになるでしょう。

NHKの個人情報保護に対する取り組みを理解することができたら、次にNHK放送受信料をクレジットカード払いにするメリットをご紹介します。

NHK放送受信料をクレジットカード払いにするメリット

カップルの女性がPCの前でクレジットカードを持つ様子

NHK放送受信料をクレジットカード払いにするメリットには、

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 銀行やコンビニで振込をする手間が省ける

という2つがあります。 それぞれの内容について詳しくお伝えしていきます。

クレジットカードのポイントが貯まる

NHK放送受信料をクレジットカード払いにすることで、クレジットカードのポイントが貯まります。

クレジットカード払いによる決済手数料はNHKが負担してくれるので、せっかくクレジットカードで支払ったポイントが決済手数料で相殺されることはありません。

そして、NHK放送受信料を支払う際に使うクレジットカードは、高還元率のカードを使うようにしましょう。

初めから還元率の高いカードを作る方法もありますが、今お使いのクレジットカードでも、

  • 誕生月にポイント還元率が上がる
  • ランクアップカードでポイント還元率が上がる

という特典を活用すれば新たに高還元のカードを作ることなく、NHK放送受信料をお得に支払うことができるようになります。

以下のカードは、日常使いでもポイント還元率が高い筆者おすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

楽天カード

Thumbnail medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円

また、こちらの記事でもおすすめのクレジットカードを紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを厳選!自分にぴったりのベストなクレカを比較しよう

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

銀行やコンビニで振込をする手間が省ける

クレジットカードでNHK放送受信料を支払えば、銀行やコンビニで振込む手間を省くことができます。

NHK放送受信料をクレジットカード払いする方法は3つあり、どの方法も家から一歩も出ずにオンライン上で支払い手続きが可能です

  • クレジットカード継続払
  • クレジットカード一時払
  • Yahoo!JAPAN公金支払い

それでは次に、NHK放送受信料が割引される方法をご紹介します。NHK放送受信料を少しでも安くする方法が知りたいという方は必見です。

NHK放送受信料をまとめて払うと割引になる

NHK放送受信料を割引する方法は、

  • 6か月前払いか12か月前払いを選択する方法
  • 家族割引を活用する方法

これらがあります。それぞれの割引方法について詳しく解説していきます。

6か月払いで約5%、12か月払いで約8%割引

NHK放送受信料はまとめて前払いすると、以下のように割引率が大きくなる仕組みになっています。

  • 6か月払い:通常の2か月払いより5.00%割引
  • 12カ月払い:通常の2か月払いより7.61%割引

そして、振込用紙による「継続振込」よりも「口座振替」と「クレジットカード継続払」のほうが受信料金が安く設定されています。

12か月前払いを「口座振替」と「クレジットカード継続払」にした場合

  • 衛星契約:「継続振込」より2.1%割引
  • 地上契約:「継続振込」より3.8%割引

つまり、12か月分の放送受信料をまとめてクレジットカードで支払えば最大割引率が適用され、ポイントも貯まってお得であると言えます。

家族割引で受信料額が半額

家族割引の対象となる住居は放送受信料が半額になります。 家族割引の対象となる住居には以下のようなものがあります。

  • 同一生計で離れて暮らす学生や単身赴任の住居
  • 別荘や別宅

これらの住居は割引元となる住居があることが前提条件となり、割引元となる住居は通常料金が適用されます。

それでは最後に、引越し等に伴う住所変更時の手続きについてお伝えします。

引越し時のNHK料金に関する手続き方法を知っておけば、あわてずスムーズに対応できるようになります。

住所変更時は公式サイトで住所と支払い方法の変更を申請する

パソコンしながら左手でクレジットカードを持つ人

住所変更には、

  • 世帯主である放送受信契約者が引っ越す場合
  • 現在の世帯から独立する場合
  • 複数の世帯が合併する場合

上記の3つが考えられます。

それぞれの具体的な手続き方法を確認していきましょう。

世帯全体の移動は転居予定日、新住所、旧住所を登録

世帯全体の移動による住所変更は「住所変更の手続き」を行います。 住所変更の手続きでは、以下の情報を入力します。

  • 転居予定日
  • 旧住所
  • 新住所

転居予定日が1ヶ月先の場合は手続きすることができません。転居予定日が1か月前になったら「住所変更の手続き」をするようにしましょう。

住所変更と同時にクレジットカード払いへ変更することも可能です。引越しを機に支払い方法を変更すれば、お得に放送受信料を支払うことができるようになります。

現在の世帯から独立する人は新規契約

現在の世帯から独立する場合は「新規契約の手続き」を行います。

NHK放送受信料は、日割り計算は行わないため、テレビ設置月が1月の場合は1月分からの受信料支払いが必要になります。

例えば、1月31日に引っ越してテレビを設置した場合は、1月分からの請求となります。

そして、離れて暮らす同一生計の住居がある場合は「家族割引」で放送受信料を半額にする手続きも忘れないようにしましょう。

複数の世帯が合併する場合は世帯同居

複数の世帯が合併する場合は「世帯同居の手続き」を行います。 例えば、単身赴任を終えて家族と同居することになった場合は、単身赴任の住居に対して「世帯同居の手続き」を行います。

また、それぞれ社宅に暮らしているカップルが結婚して新居に引っ越すような場合は、

  • どちらか一方:住所変更(社宅→新居)
  • どちらか一方:世帯同居

の手続きを行うことになります。 世帯同居手続きについてはオンライン上で手続きすることができません。NHKふれあいセンターまで連絡して必要な届出を行うようにしましょう。

【NHKふれあいセンター】

  • 0570-077-077
  • 050-3786-5003(ナビダイヤルをご利用になれない場合)

午前9時~午後8時(土・日・祝日も受付)

まとめ

NHK放送受信料をクレジットカードで支払うメリットや割引方法について、最後にもう一度まとめます。

NHK放送受信料をクレジットカードで支払うメリット

  • 決済手数料をかけずにお得にポイントを貯めることができる
  • コンビニや銀行にいく手間を省くことができる

NHK放送受信料の割引方法

  • 払込用紙による支払いではなく口座振替かクレジットカード払いを選択する
  • 6か月前払いか12か月前払いを選択する
  • 家族割引を活用する

そして、クレジットカード情報などの個人情報はNHK個人情報保護規定の下で適切に取り扱われることになっています。

クレジットカード情報の提供に不安がある方でも、安心して放送受信料をクレジットカード払いにすることができるのではないかと思います。

これでNHK放送受信料をクレジットカードで支払うメリットを知り、ポイントを貯めながらお得に支払うことができるようになります。

2017.05.02

自動車税をクレジットカードで支払うメリットとデメリット&県別手数料一覧

車をもっている人であれば5月に支払う自動車税。自動車税は、車によっては高額になることがあるので、せっかくならクレジットカードで支払えるかどうか知りたいと思いませんか?また、自動車税をクレジットカードで支払うときの手数料はいくらかかるのか?家族名義のクレジットカードで自動車税を支払うことができるのか?自動車税はクレジットカードでどのように支払うのか?といったことも知りたいと思いませんか?この記事では、自動車税をクレジットカードで支払うメリットとデメリット、家族名義のクレジットカードで自動車税を支払うことができるのか、自動車税をクレジットカードで支払うときの手数料(県別一覧)、あなたの住んでいる自治体が自動車税のクレジットカード払いに対応しているかどうかの一覧、自動車税をクレジットカードで支払う方法、をわかりやすく解説していきます。これであなたは自動車税をクレジットカードで支払うメリットとデメリットや支払う手順を理解して、自分にぴったりの支払方法で納税することができるようになります。

2017.02.08

クレジットカードで税金を支払うメリットとデメリットを解説!

これまで現金で納めることに限定されていた税金納付。2017年1月から、国税や一部地域の固定資産税など、所定の税金をクレジットカードで納付することが可能になりました。クレジットカード支払いだと0.8%前後の手数料がかかってしまいますが、還元率の高いクレジットカード利用によってはポイントが貯まるためにお得です。また、納付する時間を節約できたり、カードによる納付時から実際の引き落としまで一ヶ月の支払い猶予ができたりすることもメリットです。クレジットカード納付の手続きとともに、メリットとデメリットを考えます。

2017.05.15

固定資産税をクレジットカードで支払いたい!メリットとデメリットを解説

土地や建物を所有していると、納税しなければならない固定資産税。1回の納付金額がそれほど大きくなくても年間にするとかなりの金額になるため、「クレジットカードでお得に支払えたら嬉しい」と感じる方が、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ところで、そもそも固定資産税はクレジットカードで支払えるかどうかを知りたいと思いませんか? また、固定資産税をクレジットカードで支払っても手数料で損をしないか?家族名義のクレジットカードで固定資産税を納付できるか?固定資産税をクレジットカードで支払うメリットとデメリットは? 固定資産税はクレジットカードでどのように支払うのか?といったことも、知りたいと思いませんか?この記事ではそんなあなたのために、固定資産税をクレジットカードでお得に納税するための疑問を、具体的な説明とともに解決していきます。また、あなたの自治体がクレジットカードでの納付に対応しているかどうかを確認する方法もお伝えしていきます。固定資産税をクレジットカードで支払う方法やメリットとデメリットを知れば、あなたにとって最適な支払い方法がわかるようになります。それでは固定資産税をクレジットカードで払うお得なメリットからみていきましょう。

2017.05.17

国民年金をクレジットカードで支払いたい!メリットとデメリットを解説

個人事業主や自営業の人が主に加入する国民年金。平成29年度の1カ月あたりの国民年金保険料は16,490円となっており、年間にすると1人につき197,880円を支払っていることになります。自分だけでなく家族分も含めると、あなたに国民年金の負担が重くのしかかります。せっかく国民年金を支払うなら、クレジットカードで支払えるかどうかを知りたいと思いませんか?それ以外にも、 ・国民年金をクレジットカードで支払うメリットとデメリットは? ・クレジットカードで国民年金を支払う方法や気を付けるポイントは? ・nanacoで国民年金を支払うことはできるのか? ・クレジットカードで国民年金を支払うときに必要な流れは? といったことも知りたいと思いませんか?今回はあなたが知りたいと思っているポイントを、ぜんぶまとめて解説していきます。国民年金をクレジットカードで支払う方法を理解することができれば、費用をおさえて正しく国民年金を納めることができます。それではさっそく、国民年金をクレジットカードで払えばどのようなメリットがあるのかをみていきましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら