nanacoとクレジットカードでポイント取り逃しナシ!おすすめの活用術

カードで買い物をする女性

今まで セブンイレブンで現金決済の買い物をしていた方は、 それだけで損をしていると知っていましたか?そして、もしそうならば、この記事を読むだけでお得に買い物できるかもしれません。

セブンイレブンやイトーヨーカドーで利用できる電子マネーのnanaco。nanacoにチャージしてセブンイレブンでお買い物すると、100円で1ポイントが付与されます。

「これまで現金チャージでnanacoを使っている」「毎日セブンへ行くけど現金で支払っている」という人は、たくさんのポイントを取り逃している可能性もあり、とても“もったいない行為”と言えます。

nanacoポイント二重取り

 

これをクレジットカードからチャージすると、クレジットカード会社のポイントが付与されて、 ポイントの2重取りが可能になります。その他にも、この記事ではお得にポイントを貯める方法を紹介していきます。

また、 公共料金や固定資産税などの自分で直接支払う税金を、現金で普通に支払っていませんか?nanacoは、セブンイレブンでの公共料金や税金の支払時に使えるため、間接的にクレジットカード決済ができるメリットもあります。固定資産税や自動車税を支払っている人は、nanacoを使うことでクレジットカードのポイントを大量にゲットできるチャンスです。

では、実際にどのようにクレジットカードでnanacoにチャージすればポイントがつくか、その際に使うクレジットカードはなにがベストで、実際どのくらいポイントがつくのかについて、この記事で徹底解説いたします。

nanacoへクレジットカードからチャージするとポイント二重取り

ポイント二重取り

nanacoは、ただ使うだけではなく特定の使い方をすると、お得にポイントを貯めることができます。

そこで守らなくてはならないある鉄則が、 「必ずクレジットカードを用いて入金する」ということです。もちろん、nanacoに現金で入金してnanacoで買い物をすれば100円につき1nanacoポイントが貯まりますが、それだけでは十分ではありません。

クレジットカードを用いてnanaco入金をすれば、そのクレジットカードでたまるポイントもたまるので、一石二鳥となるわけです。

チャージでポイントが貯まるカード一覧

しかし、クレジットカードでnanacoをチャージするとひとえに言っても、「どのクレジットカードでやったらお得なのだろう?」と思われると思います。

ここで注意しないといけないのは、「特定のクレジットカードでないとnanacoポイントはつかない」ということです。チャージでポイント付与されるクレジットカードの例を挙げると、

  • セブンカード・プラス
  • 漢方スタイルクラブカード
  • Lifeカード(JCB)
  • 楽天カード(JCB)
  • Yahoo!JAPANカード(JCB)
  • リクルートカード

などの有名なカードがあります。カードを選ぶ目安としては、 還元率1.0%以上のものがおすすめとなります。

本人名義のnanacoとクレジットカードから可能

クレジットカードを用いたnanacoへの入金は、 本人名義でなければならないので注意が必要です。通常ならば、たとえ名義が違ったとしてもクレジットカードからnanacoにチャージはできそうだと思われるかもしれませんが、nanacoの場合はその限りではありません。

これは、Webサイトでカードを事前に登録しなければチャージできないというシステム上、本人名義でなければならず、カード不正利用などを防ぐためにnanaco側がとった処置とも言えます。

ただ、クレジットカードかnanacoのどちらか一方をまだ作っていないという方は、注意して作成しましょう。

クレジットカードチャージはオンラインで行う

もう一つの、クレジットカードチャージを用いたnanacoチャージでの注意点は、 店頭でチャージができない点です。

お店に行く前に、事前にオンラインなどで支払いしチャージを済ませておく必要があります。上でも述べた通り、同一本人名義のカードでないと入金できないというシステムを整えるための措置で、最初にnanacoとクレジットカードをWebのチャージサイトで登録しなければなりません。

このような体制のため、ポイントを貯めるには事前にWebでチャージして、万全の体制で買い物に臨みましょう。

nanacoで払えば税金の支払でもポイントがつく

税金の申請

nanacoの特殊な点は、 「チャージして使った際にポイントが付く」という点です。つまり支払った時点ではなく、チャージした時点でそのクレジットのポイントが貯まるのです。

nanacoチャージでポイント

またさらにnanacoの優れている点の一つとして、 国民年金保険、国民健康保険、地方税、重量税などの税金の支払いにnanacoポイントが使用できるという点です。この時、通常の商品を買うときのようにnanacoポイントが貯まるわけではないのでご注意ください。

この特典があるから、nanacoを貯めているという人もいるくらいです。そのほかにも、公共料金の支払いや自賠責保険料の支払いにも使えるので、「使う」という機能でこれほどのポイントはないでしょう。

そして、このことをよくよく考えてみると、実質的に税金として払ったものにもポイントが付くということになります。

nanacoは、レート的には100円1ポイントと他のポイントと変わりませんが、この事実を踏まえると、nanacoは他ポイントと比べて、頭一つ飛び抜けてお得にポイントを貯められることとなります。

税金を現金で払っていた方は、是非導入してみてください。

チャージでポイント、利用では付かない

注意したいのが、上で述べた通りnanacoはチャージの時点でポイントがつくのであって、税金の場合、nanacoを利用した際にはポイントがつかない点です。ここが若干nanacoのややこしい点ではあります。

ポイント二重取りというのはないので注意しなければなりませんが、実用上使っていく上ではそれほど違いはないでしょう。

こんな人にnanacoがおすすめです

解説する女性

「でも私の今の生活スタイルが、nanacoを貯めるのに向いているのかわからない」という方もいらっしゃると思います。

では、どのような方がnanacoに向いているといえるのでしょうか。それは、 nanaco利用可能店舗でよく食事やショッピングをされる方でしょう。

例えば、今から紹介する店舗では全てnanacoが使え、そしてポイントを貯めることができます。

これらのnanaco利用店舗によく行く人

nanacoが利用できる店舗を知って、どのくらいnanacoがお得なカードかを見てみましょう。

代表的なものをあげると

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • 西武・そごう
  • ビックカメラ
  • ロフト
  • デニーズ
  • ミスタードーナツ
  • CoCo壱番屋
  • コメダコーヒー
  • ドミノピザ
  • かっぱ寿司
  • ヤマト運輸

などの超有名企業で使用できます。

これらの企業ならば日頃使うことも多そうなので、ポイントがたくさん貯まりそうですね!

ガソリンスタンドでは

  • エッソ
  • モービル
  • ゼネラル

で貯めることができ、空港でも

  • 成田国際空港
  • 新千歳空港ターミナル

でもポイントを貯めることができ、出張が多い方にも最適です。

これら有名企業のほかにも、60企業がnanacoポイントサービスを提供しているのです!

nanacoポイント1ポイントは1円相当に換算されるので、貯めれば貯めるほどショッピングで得することができます。

これらの店舗を「よく使う!」という方は、いますぐにnanacoを作成すべきなのです。

そのほか、店舗ではなくてもポイントが貯められるものとして、コカコーラ自販機があります。nanacoは、このようなちょっとしたところでさりげなく貯めることができるポイントなのです。

ただ、利用する店舗により、「200円1ポイント」か「100円1ポイント」かに分かれるので、どの店舗がどのサービスを展開しているのか一度見てみることをおすすめします。

nanacoが利用できる店舗でよくお金を使う人

上記のお店でよく買い物される方はもちろんのこと、セブンイレブンやイトーヨーカドー、デニーズなどは本当にどこに出かけても見かけるので、いつもは使わなくても不意にこれらのお店を使う機会が訪れます。

特に、イトーヨーカドーのハッピーデーでは、 「毎月8のつく日に専門店街でnanacoポイント2倍」などのスペシャルサービスを実施しているので、是非活用しましょう。そんなとき、nanacoを使わないということは「損」となってしまいます。

「私は家から一歩も出ないネットショッピング派」という方も、セブンネットショッピングがあり、そこでもnanaco1ポイントが1円として使えます。

このように、どのような方であってもnanacoを利用できる機会は十分にあるのです。

セブン銀行に口座を持っている人

そして、セブン銀行の口座をすでに持っているという方は、nanacoをとてもお得に貯めることができます。nanacoは、セブンアイホールディングが母体の銀行「セブン銀行」と、とっても相性がいいです。

給与や賞与を振込先に指定していると、知らない間にザクザクポイントが貯まります。振込み入金は、月5件上限で1件10ポイント、口座振替でも10ポイント、振込み出金やネット決済サービスでも10ポイント貯まります。

給与指定は初回なんと500ポイントが付与され、2回目以降から、1件につき10ポイント貯まります。そのほか、セブン銀行は全国に19,171店舗とコンビニ業界で最多を誇るセブンイレブンにあるATMを使えるので、非常に利用価値のある銀行であることがわかります。

例えば「旅行中に現金を引き出したい」というケースはよくあると思います。そんな時に、地方や離島などの場合、メジャーバンクはなくてもセブンイレブンはあることが多く、セブン銀行の口座であれば7時~19時まで出入金手数料無料のATMがあるので非常に便利です。

nanacoポイントは、そのようなケースでもポイントを貯めるチャンスへと変えることができます。

ほかのポイントをためている人

nanacoは、ほかのポイントにも交換可能です。メジャーどころはANAマイルで、500nanacoポイント・250マイルという計算です。

0.5倍なので決して良いレートとは言えませんが、少しでもマイルを貯めたいという方の助けになることもできます。

例えばnanacoのクレジットカードチャージでJALやANAのマイルを貯めて、ついてきたnanacoでさらにマイルに還元という使い方も可能なので、マイラーにも非常に魅力的なポイントと言えます。

nanaco一体型のクレジットカード「セブンカード・プラス」

他のポイントカード一体クレジットカードと同様、nanacoにもクレジットカード一体のカードがあり、その名は「セブンカード・プラス」となります。

もちろん通常のnanacoカードよりお得ですし、このカードでしか得られない特典もあります。では、実際にその中身を見ていきましょう。

年会費

初年度無料で2年目以降は税込500円、家族会員の場合は割引がきいて税込200円となります。

次年度は5万円以上の利用で無料となります。

セブンイレブン、イトーヨーカドーで普段から買い物をしていれば5万円以上は余裕で超えてしまうので、ヘビーユーザーであれば実質タダと捉えても問題ないでしょう。

ちなみに、この前年度というのは申し込みをした月から換算して1年ということなので、年会費の引き落とし日など注意しましょう。

セブン&アイホールディングの利用でポイントが2~3倍

セブンカード・プラスを使えば、セブン&アイホールディングの利用でポイントが2~3倍貯まります。セブンカード・プラスは、普段使う分には200円利用ごとに1ポイント、つまり還元率0.5%となります。

セブンカード・プラスのクレジットカード機能を使って、セブン&アイホールディング(セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートなど)で商品を購入、または食事をすると、その利用だけでポイントが2~3倍溜まります。

さらに、イトーヨーカドーはネットスーパーのサービスも展開しており、その場合にセブンカード・プラスを使った場合も還元率約1.5%と高還元です。

普段忙しくて買い物になかなか行けない方でも、お得にポイントを貯めることができます。このような高還元率を提供してくれているセブンカード・プラス、nanaco派としては是非作っておきたい一枚となります。

発行で300円かかるnanacoが無料で手に入る

nanacoは発行するときに300円かかってしまうのですが、セブンカード・プラスなら無料で作れてしまうので「初期費用をかけたくない!」という方、そしてポイントを効率よく貯めたい方はおすすめの一枚となります。

クレジットカードチャージはセブンカード・プラスですべきでない

これはセブンカード・プラスを作成した際の注意点になりますが、セブンカード・プラスでnanacoにチャージすることはおすすめいたしません。

この記事の最初での触れたように、セブンカードの還元率は1.0%に満たず、その半分の0.5%となります。

これはほかのカードと比べると、大変効率の悪い部類に入ります。

せっかくクレジットカード利用のみでポイントが2~3倍貯まるので、それをどんどん利用していきましょう。

まとめ

nanacoポイントは、クレジットカードのポイントをメインで貯めながらも、二次ポイントとしてついでに貯めることができます。「 セブンイレブン派」はもちろん、どのような方であってもnanacoカードを作っておいて損はないでしょう。

以上、nanacoとクレジットカードを持っている人が、賢くお得に、どちらのカードも活用することができる方法でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事