マイ・ペイすリボは自分のペースで返済可能!メリットや注意点を徹底解説

クレジット払い

思わぬ出費が重なってしまって、毎月のお金のやりくりが厳しくなってしまった…。そんな経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

このような時にあなたの手助けになるサービスに、「三井住友カード」が提供するリボ払い専用のサービス「マイ・ペイすリボ」があります。

この記事を読んでいるあなたは今、

  • マイ・ペイすリボがどのようなサービス内容なのか知りたい
  • そもそもリボ払いとは何なのかを知りたい
  • リボ払いのメリットデメリットが知りたい
  • どんな人にマイ・ペイすリボがおすすめなのかを知りたい

上記のように思っていませんか?この記事を読んで頂ければ、上記の疑問はすべて解決します。

また、毎月の支払い額の多さに困ってしまった時に、解決できる方法をお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んで、あなたの生活をより良くするために役立ててください。

マイ・ペイすリボは自動的にリボ払いになる支払い方法

この章ではまず、マイ・ペイすリボがどのような特徴を持ったサービスなのかを見ていきましょう。マイ・ペイすリボには、下記の2つの大きな特徴があります。

  • 支払い方法は自動的に元金定額リボルビング方式になる
  • 前払いで返済することもできる

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

マイ・ペイすリボは元金定額リボルビング方式

マイ・ペイすリボを申し込むと、クレジットカードの利用分の支払いは自動的に元金定額リボルビング方式になります。俗に「リボ払い」と呼ばれる支払い方式です。

リボ払いとは、利用代金に関係なく、月々一定の額+手数料を支払っていくシステムです。手数料は金利や利子を意味します。

例えば、クレジットカードで20万円の買い物をした場合、1回払いだと翌支払日に20万円を支払う必要があります。

また、例えば3回の分割払いにした場合は、20万円を3回で割った金額+手数料を3回に分けて支払います。分割払いは2回まで手数料が無料です。

しかし、マイ・ペイすリボは、利用代金の多寡に利用代金の多寡にかかわらず、自分で決めた支払金額に手数料(利子)をプラスして毎月支払うことになります。

返済シミュレーション

30万円を3万円ずつ返済した場合のシミュレーションです。年利はマイ・ペイすリボの15%で計算しています。

支払回数 元本支払額 手数料 総支払額 リボ残高
1 30,000 3,205 33,205 270,000
2 30,000 3,328 33,328 240,000
3 30,000 3,057 33,057 210,000
4 30,000 2,589 32,589 180,000
5 30,000 2,293 32,293 150,000
6 30,000 1,910 31,910 120,000
7 30,000 1,479 31,479 90,000
8 30,000 1,146 31,146 60,000
9 30,000 739 30,739 30,000
10 30,000 382 30,382 -
合計 300,000 20,128 320,128 -

→総額 320,128円(うち手数料20,128円)支払い回数:10回

※利用日と支払い日の関係で多少金額が前後します。初月手数料無料は適用していません。

ちなみに月々の返済金額は、5,000円から設定することができます。

「大きな買い物をしたいけれど、月々の負担は一定でしかもできるだけ少なくしたい」という人には嬉しいサービスです。

余裕ができたら前倒しで返済することもできる

マイ・ペイすリボの大きな特徴のひとつに、月々の返済金額を自分で自由に設定・変更することができるという点があります。

つまり、余裕のある月は前倒しで返済することができるというわけです。

リボ払いのデメリットとして、月々の支払金額が少ないから返済期間が長くなり、それに伴って手数料も多く払わなければならないというものがあります。

自由に返済金額を変更できるマイ・ペイすリボなら、返済の仕方によっては支払期間を短縮することができます。

例えば「毎月の支払いは5,000円にしてボーナス月に残りをすべて支払う」という方法を取ることも可能です。

なお、毎月の支払い金額は先述したように5,000円から設定することができ、以降1万円、2万円、3万円と1万円単位で返済金額を引き上げることができます。

あとからリボとの違い

マイ・ペイすリボは、「あとからリボ」とは違います。

あらかじめ設定した金額で自動的にリボ払いになるのがマイ・ペイすリボで、実際に利用した後にその都度リボ払いに変更するのが「あとからリボ」です。

このあと紹介するマイ・ペイすリボの年会費やポイント2倍などの特典は、「あとからリボ」では受けられません。

この章では、マイ・ペイすリボがどのような特徴を持ったサービスなのかを説明してきました。

使い方によっては、非常にメリットの大きいサービスであることが分かったのではないでしょうか。

次の章では、マイ・ペイすリボのメリット面をさらに深掘りしてお伝えしていきます。

マイ・ペイすリボを利用するメリット

カードを持ちながら笑う女性

マイ・ペイすリボには、先ほどお話ししたように、毎月の支払いを定額にできる、支払金額を自由に設定・変更できるというメリットがあります。

しかし、他にも大きなメリットがあります。

それは、

  • マイ・ペイすリボを利用すると特典を受けることができる

という点です。

この章では、マイ・ペイすリボで受けられる特典に焦点を当ててお話しを進めていきます。

マイ・ペイすリボの利用で特典を受けられる

マイ・ペイすリボを利用すると以下の特典を受けることができます。

  • クレジットカードの年会費が最大無料になる
  • ワールドプレゼントポイントが2倍になる
  • もれなく買い物安心保険が適応される

それぞれの特典内容について詳しく見ていきましょう。

カードの年会費が最大無料に

マイ・ペイすリボを年1回以上利用すると、クレジットカードの年会費が最大で無料になります。

カードの種類によって、年会費が無料、半額、割引の3パターンに分かれます。カードの種類と年会費については以下の表をご覧ください。

カードの種類 年会費
三井住友VISAカード(クラシックカード)、バーチャルカード 無料
ゴールドカードプライムゴールドカード、ヤングゴールドカード、エグゼクティブカード 半額
一部の提携カード 割引(例.ANA一般=税抜2,000円→税抜1,025円、ANA VISA Suicaカード=税抜2,000円→税抜751円、ANAゴールド=税抜14,000円→税抜10,500円)

上記のように、三井住友カードが発行しているカードは年会費が無料あるいは半額、一部の提携カードでも割引になります。

ちなみに、ゴールドカードの年会費は1万円(税抜)ですが、年に1回でもマイ・ペイすリボを利用すると半額の5,000円(税抜)になります。

年会費を節約したい方はぜひ検討してみてください。

リボ払い手数料の請求でワールドプレゼントの付与ポイントが倍増

マイ・ペイすリボを利用してリボ払い手数料が発生すると、手数料が発生した月のワールドプレゼントポイントが2倍になります。

ワールドプレゼントポイントは、三井住友カードのポイント制度で、1ヵ月の支払い総額1,000円につき通常は1ポイント付与されます。

マイ・ペイすリボを利用してリボ払い手数料が請求された月は、これが2倍の1,000円につき2ポイントになります。

貯めたワールドプレゼントポイントは景品や商品との交換、他社プログラムへの交換などに使用できます。

交換先によって1ポイントの価値は上下しますが、三井住友カードが発行する商品券「VJAギフトカード」に交換する場合、1ポイント=5円の価値があります。

1,000円で5円分(還元率0.5%)から、1,000円で10円分(還元率1.0%)になるというわけですね。

マイ・ペイすリボの利用でお買物安心保険が利用できる

マイ・ペイすリボを利用して買い物をした商品はもれなく、三井住友カードのショッピング保険「お買物安心保険(動産総合保険)」が適用されます。

お買物安心保険は、購入した商品が壊れたり盗まれたりした際に購入代金を補償してくれる保険です。

カードの種類によって補償金額は異なりますので、以下の概要をチェックしてください。

カードの種類 ゴールド・プライムゴールド ヤングゴールド エクゼクティブ その他のカード
保証限度額 300万円 200万円 100万円 100万円

なお、対象期間はいずれのカードも購入日および購入日の翌日から90日間です。また、自己負担額は1事故につき3,000円かかります。

この章では、マイ・ペイすリボのメリット面に注目して、マイ・ペイすリボの利用で受けられる特典についてお話ししてきました。

メリットがあれば当然、デメリットや注意しなければならないポイントもあります。次の章で、詳しく紹介していきます。

リボ払いを利用するときの注意したいポイント

クレジットカードを持ちながらへこむ女性

前の章までで、マイ・ペイすリボを万能のサービスのように感じた方も多いのではないでしょうか。

しかし、メリットの多いマイ・ペイすリボにも注意しなければならないポイントが存在します。それは、計画的に利用しなければならないという点です。

計画的に利用するには、利用明細書を確認して、毎月の支払額を把握しておかなければなりません。

利用明細書を確認し、毎月の支払い額を把握する

マイ・ペイすリボを利用する際には、利用明細書を確認して毎月の支払額を把握しておきましょう。

マイ・ペイすリボは、最低5,000円から月々の支払いを設定することができるため、きちんと「何にどれくらい使ったか」を把握しておかないと、「気づいた時には、支払いきれないほど使い過ぎてしまっていた」となりかねません。

さらにマイ・ペイすリボに限らずリボ払いは、月々の支払額を少なくする代わりに手数料が高くなっています

リボ払いの手数料は、未払い残高にかかります。未払い残高が大きければ大きいほど、その手数料は多くなります。

例えば月々5,000円の支払いのはずが、「手数料を含めると1万円も支払わなければならない」というケースもあり得ます。

三井住友カードでは、リボ払いの手数料を15.0%(実質年率)に定めていますので、未払い残高に対して月に1.25%程度の手数料が発生します。

たとえば、50万円の未払い残高がある時には、その時点で6,250円の手数料がかかってしまいます。

マイ・ペイすリボは、非常に便利なサービスである反面、自己管理も必要なサービスであるということは頭においておきましょう。

ここでは、マイ・ペイすリボを使う際に注意しなければならないポイントについてお話ししてきました。

次の章では、マイ・ペイすリボの大きな特徴のひとつである前倒し返済ができる点について詳しくお伝えしていきます。

マイ・ペイすリボは前倒しで返済することができる

親指を立てて喜びながらゴールドカードを持つ男性

マイ・ペイすリボは、通常のリボ払いとは異なり、月々の返済額を自分で自由に設定することができます。

返済額を自由に設定できるということは、生活に支障のない範囲で返済することができることはもちろん、お金に余裕のある月は前倒しでの返済もできるということです。繰上返済ともいいます。

前倒しで返済できると、結果的に返済期間が短くなり、必要な手数料も少なくすることができます。余裕のある月にはぜひ前倒しで返済しておきたいところです。

この章では、

  • 毎月の支払額を増額する方法
  • 銀行振込による臨時支払いの方法

について詳しくお伝えしていきます。

毎月の支払額を増額する方法

毎月の支払額を増額するには、三井住友カードのホームページもしくは、サポートデスク(0120-911-911)への電話で申し込む必要があります。

支払期日の数日前でも申込むことができますので、利用明細書が届いた後からでも変更することは可能です。

なお、申込期限は支払口座にどの金融機関を使っているかによって異なります。金融機関と申込期限の一例は以下の通りです。

支払口座 申込期限
三井住友銀行 支払日の2営業日前
セブン銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、横浜銀行、北陸銀行、福岡銀行、福島銀行、もみじ銀行 支払日の4営業日前

上記以外の金融機関を使っている方は、こちらから申込期限を確認してください。

臨時で支払い額を増やす方法

毎月の引き落とし以外に、指定口座への銀行振込による支払いも可能です。

引き落とし日より前に返済して、少しでも手数料を安く済ませたいと考える人におすすめの方法です。

なお、振り込みによる支払いは事前に申し込みが必要です。こちらのページから申し込みをしてください。

また、臨時増額は口座引き落とし、ATMでも可能です。加えて、設定した支払額の負担が大きすぎる月には臨時で減額することも可能です。

この章では、マイ・ペイすリボの前倒しでの支払い方法をお伝えしてきました。

早く返済すれば、手数料も少なくて済みますので、お金に余裕がある時にはぜひ前倒しで支払ってしまいましょう。

次の章では、マイ・ペイすリボの利用に向いているタイプについてお話ししていきます。

マイ・ペイすリボがおすすめな方

ここまで、マイ・ペイすリボの概要や特徴、さらにメリットや注意しなければならない点をお伝えしてきました。

これまでの話しを総合するとマイ・ペイすリボの利用に向いているタイプがおのずと見えてきます。

筆者が考えるマイ・ペイすリボの利用に向いている人は、

  • 返済計画を綿密に立てられる方

です。その理由を詳しくお話ししていきましょう。

返済計画を綿密に立てられる方

マイ・ペイすリボは毎月の支払額を5,000円から設定できるほか、支払金額も自由に増減でき、非常に便利なサービスです。

しかし、使い方をひと度間違ってしまうと毎月の金利手数料がかさんでしまって、毎月5,000円の支払額のはずが数万円払わなければならない事態に陥ってしまうケースも考えられます。

マイ・ペイすリボを利用する方は、何にどれだけ使って、毎月の支払額はいくらなのかを把握する必要があります。

その上で、リボ払い手数料も考慮して、余裕がある時には前倒しで返済できるくらい返済計画を綿密に立てられるとより良いでしょう。

まとめ

今回の記事では、三井住友カードが提供しているサービス「マイ・ペイすリボ」について詳しくお話ししてきました。

この記事を最後まで読んで頂いたあなたは、もうすでに自分にマイ・ペイすリボが向いているかどうかの判断がついているのではないでしょうか。

マイ・ペイすリボは賢く使えば、大きな買い物をした後でも月々の負担が少なく済ますことができる、とても優れたサービスです。

しかし、その半面、手数料の高さなど、注意しなければならない点があることも事実です。

この記事を読んでマイ・ペイすリボの利用に興味を持った方は、特に注意しなければならない点を再度確認してから申し込みに進むことをおすすめします。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
今がチャンス!お得な入会特典
今入会すればもれなく最大10,000円分プレゼント!

解説する女性

2017.04.05

クレジットカードのリボ払いの仕組みとは?損しないための解説

「お金がないけど、買い物がしたい!」という時に使えるのが、クレジットカードの「リボ払い」です。これは、「5万円の買い物を毎月5,000円ずつ支払う」といったルールを決められて便利な反面、手数料の計算が難しいという特徴があります。そのため、「リボ払いを使ってみたいけど、仕組みや手数料の額が分からなくて不安」というお気持ちは、よく分かります。また、安心して使うために「メリット・デメリットが知りたい」と思っている方も多いでしょう。この記事では、「リボ払いを正しく使う方法が知りたい」という方に向けて、リボ払いの仕組みや返済額のシミュレーションを、図式も用いて分かりやすく解説します。リボ払いについて理解して、賢く、安全にリボ払いを活用できるようになりましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら