MUFGカードのメリットデメリットを簡単解説!クレジットカードの選び方

三菱UFJニコス株式会社が発行する、MUFGカード。手頃な年会費で持つことができるゴールドカードや、サポートの手厚いプラチナカードが人気です。

一般的に審査が厳しいとされるステータスカードでも、MUFGカードなら他のクレジットカードよりも審査基準が甘くなっており、若年層や初めてクレジットカードを手にする人から注目を集めています。

しかしメリットであるポイント還元に関しては、他のクレジットカードと比べて見劣りする部分があるのも事実です。せっかくクレジットカードを利用するのなら、MUFGカードのデメリットや注意点を知りたいと思いませんか?

ここでは他のステータスカードよりも利用しやすいMUFGカードの、誰もが知りたいポイントをまとめてご紹介します。

  • MUFGカードってどんなカードなのか知りたい
  • MUFGカードが人気の理由を知りたい
  • 学生や若者でも利用しやすいカードがあるのか知りたい
  • MUFGカードで損をしない利用方法を知りたい

MUFGカードの概要やメリットデメリットを知ることができれば、自分がMUFGカードに入会するべきかどうか判断ができるようになります。

MUFGカードの概要 

クレジットカードを持つ男性

MUFGカードの概要について解説していきます。どのような会社がクレジットカードを発行し、どのようなポイントが貯まるのかを確認していきましょう。

三菱UFJニコスが発行している

MUFGカードは、国内最大のクレジットカード会社である三菱UFJニコスが発行しているクレジットカードです。

三菱UFJニコスは三菱東京UFJ銀行の子会社となっていますが、三菱東京UFJ銀行の口座がなくてもこれからご紹介するクレジットカードは作成することができるので、どうぞご安心ください。

三菱UFJニコスは、MUFGカードの他にDCカード、NICOSカードをメイン商品に、提携カードも含めると100種類以上のクレジットカードを発行しています。

これまで多くのクレジットカードを発行してきた実績があることから、豊富な種類のカードを発行しているのが特長です。

大手メガバンク系の安心感がある

MUFGカードには大手メガバンク系の安心感があります。

もしクレジットカード発行会社が破産してしまったら、貯めていたポイントが使えなくなってしまうといったトラブルを抱えることになります。そのため、クレジットカードを安心して利用するためには、カード発行会社の経営状態を把握することが重要なポイントとなります。

MUFGカードを発行しているクレジットカード会社(三菱UFJニコス)の親会社は、日本4大メガバンクの三菱東京UFJ銀行です。

三菱東京UFJ銀行の運営規模が国内トップクラスであることは誰もが認めるところであり、倒産や破産のリスクは極めて低いと考えることができるでしょう。そのため、MUFGカード会員は、安心して使い続けることのできるメリットがあると言えます。

グローバルポイントが貯まる

MUFGカードを使って支払いをすると、1ヶ月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントのグローバルポイントが貯まります。利用する都度ポイントが加算されるのではなく、1ヶ月の合計金額に対してポイントが付与されるのが特長です。

例えば、クレジットカードで500円のお買い物を10回したとします。1,000円で1ポイントが貯まるクレジットカードの場合は、1,000円未満は切り捨てられてしまうため1ポイントも貯めることができません。

しかし1ヶ月の利用合計金額1,000円ごとに1ポイントのグローバルポイントが貯まるMUFGカードなら、利用合計金額に対してポイント加算されるため5ポイント貯めることができるのです。

もちろん貯まったグローバルポイントはさまざまな商品に交換したり他のポイントへ移行したりすることができるようになっています。

ポイントの有効期限は獲得月から2年間となっています。有効期限を過ぎてしまうとポイントが失効してしまうため、早めにポイント交換するようにしましょう。

ゴールドカードとプラチナカードが人気

MUFGカードは、ゴールドカードとプラチナカードが人気です。

一般的なゴールドカードやプラチナカードは年会費が3,000円前後に設定されていることが多くなっていますが、MUFGのゴールドカードなら年会費わずか1,905円(税別)で持つことができます。

プラチナカードであるMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスは、年会費20,000円(税別)となっていますがオンライン入会なら最短3営業日でカードを作ることができるのが特長です。

プラチナ会員ならではのコンシェルジュサービスや手荷物空港宅配サービス(スーツケース1個まで)を無料で利用することができます。さらに空港ラウンジサービスも無料で利用することができますが、海外空港についてはプライオリティ・パスの空港ラウンジを利用することのできるサービスが付帯しています。

年会費20,000円でプライオリティ・パスの会員になれるメリットが、人気の秘密となっているのです。

MUFGカードは大手メガバンクの絶対的な安心感があり、利用合計金額に対してポイントが貯まるという特長があることが分かりました。

MUFGカードの概要を理解することができたら、次にMUFGカードで人気のゴールドカードとプラチナカードだけでなく、イニシャルカードについてもさらに詳しく解説していきます。

人気のMUFGカード

クレジットカードを持つ男性

MUFGカードで人気のあるカードは、以下の3つです。

  • MUFGカード ゴールド
  • MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレス
  • MUFGイニシャルカード

それぞれのクレジットカードについて、詳しく解説していきます。

人気!MUFGカード ゴールド

先述したとおり、MUFGカード ゴールドは気軽に持つことのできるゴールドカードで人気があります。

MUFGカード ゴールド

Thumbnail mufg gold

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) Smartplus(スマートプラス)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,905円(税別) 0.4%~0.5% グローバルポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 200万円 1.0% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

その理由は年会費の安さ(税別1,905円)だけではありません。以下のような実用的なカードとして使うことができるのです。

  • 初年度年会費無料
  • プレミアムスタープログラムでボーナスポイントが貯まる
  • 指定した記念月はポイント1.5倍
  • 優遇条件を満たせば三菱東京UFJ銀行のATM手数料が何回でも無料(※提携先コンビニATMは優遇期間中3回まで)
  • 最短翌営業日発行

さらにゴールドカードならではの以下の特典があります。

  • 海外旅行傷害保険(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • 海外渡航便遅延保険(自動付帯)
  • 国内渡航便遅延保険(利用付帯)
  • 空港ラウンジサービス利用

MUFGゴールドはこんな人におすすめ

MUFGカードゴールドは、急きょ海外旅行に行くことになり急いでクレジットカードを発行したい人におすすめです。

なぜなら、

  • 最短翌営業日発行
  • 初年度年会費無料
  • 海外空港ラウンジサービスの無料利用

というメリットがあるからです。

海外旅行にゴールドカードを持っていけば、安心して滞在できるようになります。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレス

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスは、年会費税別20,000円でアメリカン・エキスプレスの会員特典を利用できるプラチナカードです。

プラチナカードならではの高額な年会費がデメリットに感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、以下のようなメリットがあることが分かれば、決して高額ではないとお分かりいただけるはずです。

  • 家族カードは1枚無料、2枚目以降は1枚につき3,000円(税別)
  • プライオリティ・パス会員カードは本人、家族の2枚分が無料
  • プラチナコンシェルジュサービス
  • 国内外旅行傷害保険は最高1億円
  • 24時間健康や介護をフルサポート

さらにプラチナ会員特典として、アメリカン・エキスプレス会員限定のホテルやレストラン、ショッピングの特別優待特典を利用することができます。たとえば札幌グランドホテルのジュニアスイート約13万円を86,000円というプラチナ会員限定優待価格で利用することができます。

MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスはこんな人におすすめ

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、手ごろな年会費で内容充実のステータスカードを持ちたい人におすすめです。

なぜなら、MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレスは、プラチナカードにふさわしい上質で充実したサービスが受けられるクレジットカードだからです。今までのゴールドカードやプラチナカードに満足できなかった人に、特におすすめしたいカードです。

29歳まで限定!MUFGイニシャルカード

MUFGイニシャルカードは、申込資格が29歳までに限定されているクレジットカードです。

MUFGカード・イニシャルカード

Thumbnail mufg initial

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.4%~0.5% グローバルポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
オンライン申込:最短翌営業日発行 10~100万円 - 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

高校生以外の学生であれば、在学中は年会費が無料になる大変お得なカードです。

さらに、

  • 入会月を含めた4カ月間はポイント3倍
  • 1ヶ月の利用金額が10万円以上なら基本ポイントの50%のボーナス加算
  • 1ヶ月の利用金額が3万円以上でも基本ポイントの20%がボーナス加算
  • POINT名人.comのお気に入りWEBショップの利用で優遇ポイントが加算
  • ショッピング保険付き
  • 海外旅行傷害保険(最高2000万円補償)自動付帯
  • MUFGカードゴールドに自動更新

といった豊富な特典があり、ゴールドカードに匹敵する充実したサービスを利用することができます。

社会人でも初年度年会費無料となっており、入会しやすくなっているのが特徴です。2年目以降の年会費は1,250円(税別)ですが、登録型リボ「楽Pay」サービスで年会費が優遇されます。

また入会してから5年後に有効期限を迎えるタイミングで、ゴールドカードへ自動更新されます。ゴールドカードでも充実したサービスが付帯されているので、安心して利用することができるでしょう。

MUFGイニシャルカードはこんな人におすすめ

MUFGイニシャルカードは学生でも年会費無料でゴールドカードと同じくらいサービスが充実したカードを作りたい人におすすめのクレジットカードです。

なぜなら、入会資格が29歳までと限定されているのが最大の特長となっているからです。メガバンク系クレジットカードの安心感や充実したポイントサービス、海外旅行傷害保険自動付帯の最高2,000万円補償など、持っていて絶対に損をすることはないでしょう。

MUFGカードで人気の3つのカードとそれぞれのカードをおすすめしたい人を確認することができたら、次にMUFGカードの注意点を見ていきましょう。これで安心してMUFGカードを利用することができるようになります。

MUFGカードの注意点

考える女性

大手メガバンクの安心感が特長のMUFGカードですが、申込み前にいくつか注意点があります。どのような注意点があるのかを見ていきましょう。

ポイントをたくさん貯めたい方には向かない

MUFGカードは、ポイントをざくざく貯めたい人には向かないクレジットカードです。

MUFGカードの概要でも解説いたしましたが、1,000円につき1ポイントが貯まるのが原則です。以下のようなポイント加算の特典を使えば、もっと効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

  • 入会月を含む4カ月間のポイント3倍(イニシャルカード)
  • プレミアムスタープログラムによるボーナスポイント加算(ゴールドカード・プラチナカード)
  • 記念月はポイント1.5倍(ゴールドカード)
  • 記念月はポイント1.5倍(プラチナカード)
  • 海外利用時はポイント2倍(プラチナカード)

しかし100円につき1ポイントが貯まるクレジットカードと比べると、「思ったよりポイントが貯まらない…」と後悔することになるかもしれません。

ポイント交換商品の還元率も低い

MUFGカードは、ポイント還元率が低くなっている点でも注意が必要です。

MUFGカードで貯めたポイントは、以下の商品や別のポイントへ移行することができます。

  • 350ポイント→ギフト券や商品券1,000円分(Amazonギフト券、図書カード、iTunesカード、ジェフグルメカード)
  • 200ポイント→800ポイント(Pontaポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、dポイント、WALLETポイント)
  • 200ポイント→600ポイント(nanacoポイント、WAONポイント、Suicaポイント)
  • 500ポイント→1,000マイル(JALマイル、ユナイテッドマイル)
  • 500ポイント→2,500ポイント(ベルメゾン、ビックカメラ)

これらをポイント還元率にすると、0.2~0.5%となります。100円につき1ポイント1円で使えるカードのポイント還元率は1.0%なので、あまりお得ではないことがお分かりいただけると思います。

さらに貯めたポイントは200ポイントから利用可能です。貯まったポイントをすぐに使うことができないだけでなく、使い切れなかったポイントが有効期限切れになってしまうこともあります。

それでは最後に、MUFGカードの審査について解説します。どうすれば自分がMUFGカードを作れるかどうかの基準を申込前に確認しておくことができるようになります。

MUFGカードの審査について

クレジットカードを持つ女性

最後にMUFGカードがどのように審査しているのかついて、解説していきます。自分がMUFGカードの審査条件をクリアできるかの判断基準としてみてください。

安定した収入があれば申し込み可能

MUFGカードは、安定した収入があれば申し込み可能です。

今回ご紹介したクレジットカード3つの申込資格は、以下のとおりとなっています。

  • MUFGイニシャルカード:18歳~29歳までの学生/18歳~29歳までの安定した収入のある社会人
  • MUFGカードゴールド:18歳以上で、本人か配偶者に安定した収入がある
  • MUFGカードプラチナアメリカンエキスプレス:20歳以上で本人に安定した収入がある

ゴールドやプラチナなどのステータスカードには、年収審査や勤続年数などが審査条件に加わることがあります。MUFGカードは年齢と「安定した収入」が条件になっているため、比較的審査が通りやすいカードであるといえます。

カード発行が最短翌営業日

MUFGカードは、最短で翌営業日に発行されます。プラチナカードは最短3営業日となりますが、それでも発行されるまでにかかる日数の短さが特長となっています。

発行までにかかる時間が短いということは、審査時間が少ない=審査基準がそれほど厳しくないと考えることができます。過去にクレジットカードで滞納してしまったというような実績がなければ、翌営業日に発行してもらうことができるでしょう。

まとめ

「MUFGカードのメリットデメリットを簡単解説!クレジットカードの選び方」を最後までお読みいただきありがとうございます。最後にもう一度、MUFGカードについておさらいしておきましょう。

  • MUFGカードは、メガバンク系の安心感のあるカードである
  • MUFGカードで人気なのは、MUFGカードゴールドとMUFGカードプラチナアメリカンエキスプレス、MUFGイニシャルカードの3種類
  • MUFGカードのポイント還元率は低めである
  • MUFGカードの審査基準はそれほど厳しくない

これらの内容を正しく理解することができれば、自分がMUFGカードを申し込むべきかどうか判断することができるようになります。是非参考にしてみてください。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事