未成年でもクレジットカードは持てる!ただし18歳以上で親権者の同意が必要です

クレジットカードを持ちたいと考えている、未成年の方はいらっしゃいませんか?

結論から述べると、親権者の同意さえ得られればクレジットカードは 18歳から申込むことが可能です。

逆に言えば、18歳未満はクレジットカードを持つことができません。ただしクレジットカードと似たような機能を持っているデビットカードなら高校生でも持てます。

今回は未成年者のクレジットカード利用について解説します。

未成年者は条件付きでクレジットカードを持てる

クレジットカードを持つ女性

冒頭にも書いたように、 18歳と19歳に限り未成年でもクレジットカードを持つことは可能です。

クレジットカードによっては25歳以上などの条件を付けていることもありますが、ほとんどのクレジットカードは18歳から申込みを受け付けています。

ただし申込みを受け付けていることと審査に通るかどうかはまた別の話です。仮に申込条件を満たしていたとしても、必ずクレジットカードが発行されるとは限らないのでご注意ください。

18歳以上なら申込可能

未成年がクレジットカードを申込む場合、いくつかの条件を満たしている必要があります。

まず18歳以上であること。未成年かつ18歳以上ということは、18歳か19歳に限定されますね。また18歳であっても 高校在学中の方は申込むことができません。

そしてもう1つの条件は親権者の同意を得ることです。

親権者の同意が必要

未成年がクレジットカードを申込む際、 親権者の同意を求められます。ここで 親権者の同意を得られなければ申込みを受け付けてもらえず、クレジットカードは発行されません。

クレジットカードに限らず、未成年が親権者の同意を得ずに契約行為を行うことは認められていません。仮に契約を結んでしまったとしても本人、あるいは 親権者によって取り消すことが可能です。

まだ成人されていない方がクレジットカードを申込む場合は、事前にご両親の承諾を得てから手続きを行いましょう。

18歳未満はクレジットカードを持てない

なお18歳未満、もしくは18歳以上でも高校に在学中の方は、同意の有無に関係なくクレジットカードを申込むことはできません。

ただし後述するように、 デビットカードやプリペイドカードと呼ばれる決済カードなら、高校生でも申込むことが可能です。しかもこれらは基本的に審査が行われないので、申込条件さえ満たしていればほぼ確実に発行されます。

ところで、なぜ未成年はクレジットカードの申込みを制限されるのでしょうか。

未成年者のクレジットカード申込みが制限される理由

疑問

未成年者がクレジットカードを申込むには親権者の同意が必要だったり、そもそも18歳未満は申込めないといった制限が設けられています。

それは一体なぜでしょうか。

未成年者はすべての契約行為に保護者の同意が必要

民法では、未成年者はまだ正しい判断力が備わっていないとされています。

そのため未成年者が契約行為を行う際は、親権者など法定代理人の同意を得なければいけないと規定されています。

これは未成年者にとって「不利な契約を結ばせないため」という意味合いが大きいです。クレジットカードの入会も契約行為にあたるため、親権者の同意を得ないと申込みを受け付けられないようになっているのですね。

支払能力が十分ではないから

また支払能力の問題もあります。

例えば高校生が利用限度額10万円のクレジットカードを持てたとして、毎月10万円もの大金を支払うことが可能でしょうか。恐らく片手間でやるアルバイト収入だけで賄うことは難しいですよね。

そもそもクレジットカードの利用限度額は、利用者の信用度によって決まります。信用度とは支払能力のことです。 支払能力が高いと判断されれば利用限度額は高くなりますし、低いと判断されたら限度額も低くなります

高校を卒業すると進学せずに就職する方もそれなりにいますし、大学生になると高校生よりも良い時給のアルバイトで働くこともできるので、ある程度の支払能力が見込めます。しかし18歳未満、特に労働が認め

られていない小中学生にまともな支払能力があるわけがないですよね。

以上のような理由から、原則として18歳以上でなければクレジットカードを申込めませんし、未成年者が申込む場合は親権者の同意が必要になります。

しかし18歳未満でもクレジットカードが欲しいという方も一定数いらっしゃるでしょう。そんな方におすすめなのがデビットカードとプリペイドカードです。

18歳未満でもデビットカードやプリペイドカードなら持てる!

相談する女性達

クレジットカードと似たような決済方法として、デビットカードやプリペイドカードと呼ばれるものが存在します。

デビットカードとプリペイドカードはクレジットカードよりも年齢の下限が低く設定されており、特に後者なら誰でも持つことができます。またどちらも基本的に無審査で発行されるのも大きなメリットです。

それぞれの特徴を解説します。

デビットカードとは

デビットカードは専用のカードが発行されるわけではなく、 金融機関のキャッシュカードを利用します。つまり 銀行の預金口座を開設すればデビットカードで決済することが可能です。

デビットカードで決済すると、代金は即時に預金口座から引き落とされます。

クレジットカードのような利用限度額は定められていないので、 預金口座の残高が限度額となります。残高以上に決済することは不可能なので、そういう意味ではクレジットカードよりも安心できる決済方法です。

高校生でも申込可能

デビットカードの申込条件は金融機関ごとに異なりますが、ほとんどの場合は中学生を除く15歳以上、もしくは16歳以上とされています。

つまりクレジットカードとは異なり高校生でも申込むことが可能です。基本的に審査なしで発行されるので、高校生ならほぼ確実に持てると考えても構わないでしょう。

ところでデビットカードにはJ-Debitと呼ばれるサービスと、ブランドデビットカードの2種類が存在します。

J-Debit(ジェイデビット)とは

J-Debitは全国の銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫や農協、漁協などの金融機関が発行したキャッシュカードを利用した 即時決済サービスです。

既にキャッシュカードをお持ちの方はそのままJ-Debitを利用できる可能性が高いです。ただし一部事前に申込みが必要な金融機関もあるので注意してください。

J-Debitに対応しているデビットカードは、J-Debitのマークを表示している加盟店で決済することができます。

もう1つのブランドデビットカードとは異なり、VISAやMastercardといった国際ブランドの加盟店では決済できません。コンビニや通販サイトなどはJ-Debitに対応していないので、クレジットカードやブランドデビットカードと比べると使い勝手は悪く感じるかもしれないです。

ブランドデビットカードとは

ブランドデビットカードも金融機関が発行していますが、こちらはVISAやJCBといった国際ブランドが搭載されているデビットカードのことを指します。

対応している加盟店はクレジットカードと同じVISAやJCBの加盟店なので、実店舗でも通販でもクレジットカードとほぼ同じように利用することが可能です。決済すると即時に口座から引き落とされるのはJ-Debitと同じです。

またブランドデビットカードはクレジットカードのようなポイントプログラムを用意している金融機関も多いです。ポイント還元率はクレジットカードに及びませんが、少しでもお得に決済したい方におすすめです。

プリペイドカードとは

プリペイドカードはその名前の通り、前払い式の決済カードのことを指します。

クレジットカードやデビットカードとは異なり購入時に年齢確認さえ行われないので、誰でも自由に利用することが可能です。

購入時に支払った金額が利用限度額になるので、デビットカードよりもさらに使い過ぎる心配が少ないです。またカードによっては使い捨てではなく、チャージして繰り返し使えるものもあります。

一般的にプリペイドカードと言えば、図書カードやiTunesカードのようなものを想像される方が多いかもしれませんが、実は プリペイドカードにも国際ブランドが搭載されているものがあります。

最近クレジットカード界隈でよく話題にされるのがLINE Payカードです。JCBの加盟店で決済すると 2%がLINEポイントで還元されます。一般的なクレジットカードのポイント還元率は1%前後ですが、LINE Payカードが 2%も付与されるので非常に人気のプリペイドカードとなっています。

国際ブランド付きならクレジットカードのように使える

デビットカードにしてもプリペイドカードにしても、国際ブランドが付いているものであれば、クレジットカードと同じように使うことができます。

ただし公共料金や携帯電話料金など、毎月料金が発生するようなサービスの支払いには設定できないことが多いです。しかし未成年者が利用するのであれば、これは大したデメリットにならないでしょう。

クレジットカードを作れる年齢に達するまでは、国際ブランドが搭載されているデビットカードやプリペイドカードを利用してみてはいかがでしょうか。

未成年者におすすめのカード

ピースサインする女性

最後に未成年者におすすめのカードを1種類ずつ紹介します。

繰り返しになりますが、18歳未満の方はクレジットカードを持つことができないので、選択肢はデビットカードかプリペイドカードに限られます。

しかし国際ブランドが搭載されていればクレジットカードと同じように使えるので、使い勝手を重視するなら VISAやJCBブランドに対応しているカードをおすすめします。

楽天カード

18歳以上なら、親権者の同意さえ得られればほとんどのクレジットカードを申込むことが可能です。 初めてクレジットカードを作るなら、審査に通りやすく、年会費がかからないものをおすすめします。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

例えば楽天カードは年会費が永年無料です。クレジットカードを作ったもののまったく使わなかったとしても、維持費がかかるようなことは一切ありません。

VISAやMastercard、JCBといった加盟店で決済すると1%が楽天スーパーポイントで還元されます。また楽天市場をはじめとする楽天関係のサービスでは 特にポイントを貯めやすいクレジットカードです。

各金融機関のキャッシュカード(J-Debit)

高校生にもなると、自分名義の預金口座を持っている方も多いのではないでしょうか。

もし口座を開設済みなら、その キャッシュカードでJ-Debitを利用することが可能です。あるいは現在キャッシュカードを持っていなくても、新しく口座を開設すれば審査なしでデビットカードが発行されます。

手軽に入手できるので、カード決済を利用してみたいという方はJ-Debitのデビットカードから始めてみてはいかがでしょうか。

J-Debitよりも国際ブランドが搭載されているカードが欲しいという場合はブランドデビットカードを作っても良いのですが、それよりも作りやすいカードがあります。

LINE Payカード

LINE Payカードは、あのメッセージアプリのLINEが提供しているプリペイドカードです。

入手方法はLINEアプリから申込む方法と、コンビニなどで販売されている POSAカードを購入する方法の2通りがあります。POSAカードなら 即日で手に入りますが、カードデザインは 1種類しか用意されていません。デザインにこだわりたい場合はアプリから申込みましょう。

LINEのアカウントさえ持っていれば、年齢にかかわらずどなたでも使えるのが大きなメリットです。ただしLINE Payのサービスをフルに利用するためには 本人確認書類を提出する必要があります。送金サービスなどを利用せず、決済に使うだけなら本人確認は不要です。

ポイント還元率が 破格の2%なので、とにかくお得に買い物したいという方には断然LINE Payカードをおすすめします。

まとめ

条件付きではありますが、未成年者でもクレジットカードを持つことは可能です。18歳以上で親権者の同意を得られれば、ほとんどのクレジットカードを申込むことができます。

ただし未成年者で親権者の同意を得られなかったり、あるいは18歳未満ならクレジットカードを申込むことはできません。しかしそんな場合でもデビットカードやプリペイドカードなら利用することが可能です。

特にプリペイドカードは基本的にどなたでも購入することができます。また国際ブランドが搭載されていれば、クレジットカードとほぼ同じように決済に利用できます。

未成年者でカード決済を利用してみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた著者::GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事