【paypay利用者必見】マイナポイントを使うメリットや登録方法をご紹介

スマホのマイナポイント画面

マイナポイントは、総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元施策で受け取れるポイントのことです。

マイナポイントの受け取りをするには、キャッシュレス決済サービスとマイナンバーカードを紐づける必要があります。

そこでおすすめなのが、独自の特典や手厚いサポートを用意しているPayPayです。

この記事では、

をまとめてご紹介します。

くれじい

最後まで読めば、PayPayを使いマイナポイントを受け取れるよう自分で設定ができるようになります。
ぜひ、参考にしてみてください。

マイナポイントとは

マイナポイントとは

総務省が実施するマイナンバーカード取得者を対象としたポイント還元施策で受け取れるポイントの名前です。

この施策はマイナンバーカードの普及や官民キャッシュレス決済の基盤を整えることが目的で、2020年9月~2021年3月末までのチャージや買い物が対象。

マイナポイントは総務省の認可を受けたキャッシュレス決済サービス事業者を通じて付与されますが、マイナポイントを受け取るにはマイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスの紐づけが必要です。

1枚のマイナンバーカードにつき1つのキャッシュレス決済サービスしか選べないので、紐づけを行うときには使用頻度やサービスなどを考慮しながら選ばなければなりません

マイナポイントが受け取れるよう申請をしたキャッシュレス決済サービスを利用することでマイナポイントが貯まり、貯まったポイントは買い物で利用できるようになります。

マイナポイントとはどのようなポイントなのか把握できたところで、続いてマイナポイントの受け取り申請ができるキャッシュレス決済サービスとして、PayPayを使うメリットをご紹介します。

PayPayをキャッシュレス決済サービス事業者に選ぶ
6つのメリット

マイナポイントの受け取り申請ができるキャッシュレス決済サービスとして、PayPayがあります。

PayPayを選択することで、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

利用できるお店が多い

キャッシュレス決済ができる店舗が限られてしまうと、なかなかマイナポイントを貯めることができません。

PayPayは決済できるコンビニや飲食店スーパーが多く、全国230万ヶ所以上で利用できます

中にはホテルの宿泊やタクシー代金の支払いに使える場合も。

多彩なシーンで利用できるため、一人一人のライフスタイルの中で効率よくマイナポイントが貯められます。

チャージもマイナポイント付与の対象となる

PayPayの場合、PayPayマネーライトにチャージした金額もマイナポイントの付与対象となります

マイナポイントの付与対象となるチャージは

  • 銀行口座、セブン銀行ATM、ソフトバンクやワイモバイルのまとめて支払い、ヤフーカードでのチャージ
  • ヤフオク!売上金、PayPayフリマ売上金

となっており、マイナポイント申請時に「チャージ」か「支払い」かどちらの金額にマイナポイントを付与するのか選択できるところもポイントです。

最大25%分のPayPayボーナスがもらえる

マイナポイントは、期間中の買い物やチャージ額の25%(5,000円が上限)に付与されることが決まっています。

例えば、20,000円分チャージをすると5,000円分のマイナポイントがもらえるので、合計25,000分を買い物などに使うことが可能です。

PayPayの場合、マイナポイントは使い勝手のいい「PayPayボーナス」として付与されるため、買い物や旅行などに自由に活用できます。

独自のキャンペーンを展開している

PayPayは独自のキャンペーンを開催しているため、定められたマイナポイント以上の特典が受けられる可能性があります。

2020年7月1日 から8月31日までにキャッシュレス決済サービス事業者としてPayPayを登録すると、1等は100万円相当、2等は5万円相当のPayPayボーナスが貰える「マイナポイントペイペイジャンボ」を開催

他にも、北海道厚真町を始めとする地方自治体と連携し、キャッシュレス決済サービス事業者にPayPayを選ぶことで特典が受けられるキャンペーンを検討しています。

このように、消費者にとってプラスアルファとなる特典が用意されているところも見逃せません。

セキュリティ対策を強化している

PayPayは安心して買い物やチャージに使えるよう、セキュリティ対策にも力を入れています。

二重認証やクレジットカード情報の暗号化で情報漏洩を防いでいるのはもちろんのこと、専属スタッフによる監視を実施

万が一、不正利用によって被害に合った場合には、原則としてPayPayが被害額を補償してくれます。

このように、日常的に使えるようセキュリティ強化されているところもPayPayの大きな魅力です。

24時間対応の電話サポートが用意されている

電子マネーやクレジットカードに慣れていない場合、マイナポイント登録時や使用時に不明点が出てくるかもしれません。

PayPayは24時間対応の電話サポートが用意されているので、困ったことがあったときにすぐに相談できます

マイナポイント登録やマイナポイントの使用をサポートしてくれるのも、PayPayならではです。

PayPayをキャッシュレス決済サービス事業者に選ぶメリットが分かったところもで、PayPayでマイナポイントを受け取るための準備をしていきましょう。

PayPayでマイナポイントを受け取るための準備

PayPayでマイナポイントを受け取るには、

  1. アプリをダウンロードする
  2. マイナンバーを用意する

という2つの準備が必要です。

どのような準備をしたらいいのか、具体的にご紹介します。

アプリをダウンロードする

PayPayでマイナポイントを受け取るには、「PayPayアプリ」と「マイナポイントアプリ」が必要です。

マイナポイントアプリは、マイナンバーカードの読み取りやポイント利用に使います。

どちらも、スマートフォンにダウンロードしておきましょう。

マイナンバーを用意する

マイナポイントを受け取るには、マイナンバーとPayPayを紐づける必要があります。

登録前に、自分のマイナンバーカードと4ケタのパスワードを手元に用意しておきましょう。

4ケタのパスワードは、マイナンバーカードを受け取るときに設定した数字4ケタとなっています。

PayPayでマイナポイントを受け取る準備が整ったら、マイナポイントを受け取るためお登録をしていきましょう。

PayPayでマイナポイントを受け取る登録方法

PayPayでマイナポイントを受け取るための登録方法には、

  1. スマートフォンから登録をする方法
  2. 手続きスポットに出向いて登録をする

2通りの方法があります。

それぞれどのような手順で登録をしていくのかご紹介します。

スマートフォンから登録する方法

スマートフォンからマイナポイントを受け取るための登録は、下記のような手順に従って行います。

①スマートフォンでPayPayのアプリを開き、ホーム画面にある「マイナポイント」を選択します。

マイナポイント登録ページ

②マイナポイントの登録方法を記載した画面に代わるので、流れを確認したら「PayPayアプリから申し込む」というボタンを押します。

マイナポイント登録ページ

事前準備としてマイナンバーカードの用意とマイナポイントアプリのダウンロードが終わっていることを確認したら、「申し込みを始める」ボタンを押します。

マイナポイント登録ページ

④まずは、利用方法を選択します。
マイナポイントをチャージで受け取るのか支払いで受け取るのか選択をしましょう。

マイナポイント登録ページ

⑤マイナポイントアプリに移行するという表示がでたら、「マイナポイントアプリを開く」というボタンを押します。

マイナポイント登録ページ

⑥マイナンバーカードを手元に用意したら、「マイナンバーカードで認証」ボタンを押します。

マイナポイント登録ページ

⑦マイナンバーカードの表面を上にして置き、読み取りを開始します。

マイナポイント登録ページ

⑧マイナンバーカードの受け取り時に設定した4ケタの暗証番号を入力します。
3回連続で間違えると市町村の窓口での設定が必要となるので、気を付けてください。

暗証番号を入力するときも、マイナンバーカードにスマートフォンをかざしたまま動かさないようにしましょう。

マイナンバーカードにスマートフォンをかざしたまま、しばらく待ちます

⑩「読み取りが完了しました」という画面になったら、正常に読み取りができた証です。マイナンバーカードを離しても問題ありません。

⑪利用規約の確認画面に切り替わるので、内容を確認し同意ができるようなら「同意・申込する」というボタンを押します。

⑫「申し込みが完了しました」という画面に変わったら、登録手続きが完了です。

⑬一度ホーム画面に戻り、PayPayアプリを立ち上げます。トップ画面にあるマイナポイントから現在の申し込み状況が確認できます。
「申し込み済み」になっていれば、トラブルなく登録ができている証です。

ここまで数分でできてしまうので手の空いた時間を使って登録してみましょう。

なびすけ

手続きスポットから登録をする

自分で手続きをするのが不安な場合は、近くにある手続きスポットに出向いて登録をすることも可能です。

手続きスポットに出向くときには、アプリがダウンロードされたスマートフォンとマイナンバーカードを忘れずに持参してください。

手続きスポットには、下記の3種類があります。

コンビニ

セブンイレブン、ローソンにあるマルチコピー機を使い登録をします。

マルチコピーのメニューから[行政サービス]を選択し「マイナポイント」ボタンを押します。

その後、マルチコピー機でマイナンバーカードの読み取りを実施し、決済サービスや個人情報の確認をすると登録完了。

コンビニでのマイナポイント登録時間は

  • 平日の9:30〜20:00、
  • 土曜日曜祝日の9:30〜17:30

と限られているため、注意が必要です。

携帯ショップやスーパー

ドコモやソフトバンク、auなどの携帯ショップやイオンなどのスーパーに、順次マイナポイント登録ができる端末が設置される予定です。

市区町村の受付窓口

市区町村のマイナポイント特設コーナーでも、登録が可能です。

こちらも、順次端末が設置される予定です。

全国約9万ヶ所のマイナポイント手続きスポットを設置する予定とのことなので、スマートフォンからの登録が難しい場合にはぜひ利用してみてください。

近くのマイナポイント手続きスポット検索はこちら

PayPayとマイナンバーカードを紐づける登録方法が分かったところで、最後にPayPayとマイナポイントを紐づけるときの注意点をご紹介します。

PayPayとマイナポイントを紐づけるときの注意点

最後に、PayPayでマイナポイント登録をするときに知っておきたい注意点をご紹介します。

「チャージ」か「支払い」かの選択は登録時にしかできない

「PayPayをキャッシュレス決済サービス事業者に選ぶ6つのメリット」のところで、PayPayでマイナポイントを受け取る方法には、チャージと支払いの2つの方法があることを紹介しました。

この方法はマイナポイントの登録時に選択できるようになっており、登録後の変更は原則できません

例えば、マイナポイント登録時に「チャージ」を選択したら、その後PayPay支払いマイナポイント付与を受けることはできなくなります。

マイナポイント登録時に、どちらの方法を選択するのかよく考えるようにしましょう。

有効期限や残高確認方法は未定

今のところ、マイナポイントの詳しい有効期限や残高の確認方法は未定となっています

マイナポイントアプリやPayPayアプリ上で簡単にチェックできるようになるかとは思われますが、詳しいことは発表されていません。

マイナポイントに関する詳しい内容は随時更新されていくので、今後の情報にも目を向けるようにしましょう。

まとめ

マイナポイントは総務省が実施する期間限定のポイント還元施策で受け取れるポイントのことです。

キャッシュレス決済事業者にPayPayを選ぶことで、支払いとチャージの2つからマイナポイントの受け取り方法が選べる他、独自の特典が受け取れる可能性があります。

マイナンバーカードと4ケタのパスワード、アプリダウンロードの準備さえできてしまえば、自分で簡単に事前登録ができる仕組みが整っています。

くれじい

ぜひ、PayPayでマイナポイントを受け取るよう今から準備をして、少しでもお得に買い物や食事を楽しみましょう。

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断
    スポンサーリンク