おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

支払い方法は主に7つ!ネットショッピング運営側が導入するメリットや注意点もご紹介

パソコンの上に載っているショッピングカート

ネットショッピングが浸透する中で、支払い方法も利用者の都合に合ったさまざま方法が用意されています。

すでにネットショップを運営している方をはじめ、これから運営をしようとしている方の中には、それらの支払い方法の詳細をしっかりと把握しておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。

また、支払い方法について何となく知っているつもりでも、導入することでどんなメリットがあるのかを知らない方もいるかと思います。

当記事では、ネットショッピングの支払い方法の知識として以下の内容をまとめてみました。

くれじい

記事を通してどんな支払い方法があるのか、どの方法を導入するのがベストなのかなどを知ってみてください。

ネットショップの支払い方法の種類は主に7つ

スマホを見て考える女性

ネットショップの支払い方法の種類は豊富ですが、その中で現在利用されている主な方法は以下の通りです。

  1. クレジットカード
  2. 代金引換
  3. 銀行振込
  4. 後払い(払込票式)
  5. コンビニ払い
  6. キャリア決済
  7. スマホ決済サービス

それぞれの支払い方法の特徴、ネットショップ運営者が導入するメリットとデメリットを表にするほか、注意点も詳しくお伝えします。

1.クレジットカード

ネットショップの支払い方法の中で主流なのがクレジットカードによる支払いで、カードに記載された番号を入力して承認されれば決済手続きが完了します。

クレジットカード メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・購入代金の着金が早く済む
・購入者に発送するまでの時間短縮が可能
・代金未払いのリスク回避が可能
・クレジットカード決済を導入するまでの時間がかかる
・決済手数料が発生する
購入者 ・現金がなくても購入できる
・クレジットカードのポイントを獲得できる
・ほかの支払い方法よりも発送が早くなる
・未成年などのカードを持てない方の購入機会をのがす
・セキュリティ面の不安

クレジットカード支払いは現金が手元になくても購入ができる方法です。

「給料日まで少し時間があるけれど購入をしたい」
「次のボーナスで購入代金を支払いたい」
「クレジットカードのポイントを貯めたい」
「商品を最短期間で手にしたい」

などと考える購入者を取り込むことができます。

ただし、ショップに導入する場合、審査が行われたり端末を受け取ったりする必要があるため、利用開始までの手続きに時間がかかることに注意してください。

2.代金引換

代金引換とは

郵便局にヤマト運輸、佐川急便などの宅配便業者が商品を届けるその場で購入代金を支払う方法です。

代金引換もネットショッピングで主流の支払い方法となり、クレジットカードを持っていない方を中心に幅広く利用されています。

代金引換 メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・支払いを待たなくて済む
・発送手続きをすぐにおこなえる
・代金回収の確実性が高い
・決済手数料がかからない
・クレジットカードを持たない利用者を獲得できる
・購入者の受け取り拒否の場合、返送費などが発生
購入者 ・クレジットカードがなくても購入できる
・商品を早くに受け取れる
・クレジットカードのようなセキュリティ面の不安がない
・現金を用意する必要がある
・留守の場合は受け取りができない
・代引き手数料が発生する

代金引換は誰でも利用できる方法なので、クレジットカードを持っていない未成年なども利用しやすいです。

また、支払いをすればその場で商品が手に入るので確実性も高いでしょう。

ただし、利用者の中には注文したにもかかわらず受け取りをしない方が一定数いて、その場合の商品はショップに返送となります。

往復の送料と代引き手数料をショップで負担しないとなりませんし、食品などの日持ちがしないものは期限切れとなるリスクもあります。

そのほかに、商品が利用者の留守中に届いた場合は宅配ボックスによる対応ができないので、受け取りまでの時間がかかる可能性もあります。

3.銀行振込

銀行振込も主流の支払い方法の一つで、ネットショップの指定する銀行口座に利用者が直接振り込むことで支払いが完了します。

銀行振込 メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・決済手数料がかからない
・クレジットカードを持たない利用者を獲得できる
・代金回収の確実性が高い
・入金確認に時間がかかる
・利用者の支払いタイミングしだいで発送手続きが遅くなる
購入者 ・現金がなくても購入できる
・同一金融機関であれば振込み手数料が発生しない場合がある
・クレジットカードがなくても購入できる
・他行あての場合は振込み手数料が発生
・ATMや銀行窓口で手続きをする場合は営業時間を気にしないとならない

銀行振込も代金引換と同様にクレジットカードを持たない幅広い世代の方が利用可能で、同一金融機関を利用すれば振込み手数料もかかりません。

また、クレジットカードのような決済手数料もないため、コスト削減の実現も可能です。

ただし、ネットショップ側の注意点として、振込みの入金確認をおこなった後の商品発送となるため、利用者への発送に手間と時間がかかります

4.後払い(払込票式)

利用者からの注文が入ったら商品を発送し、到着後に代金を支払ってもらう方法が後払い(払込票式)です。

近年、浸透してきた支払い方法で、購入した商品のイメージ違いなどにも対応しやすい特徴があります。

クレジット
カード
メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・利用者の信頼を得られる
・入金確認などの手間が軽減
・手元に現金のない利用者、クレジットカードを持っていない利用者を獲得できる
・金額に上限があるため高額利用が期待できない
・商品代金を回収できないリスクがある
購入者 ・先に商品を確認できる
・購入時に現金に余裕がなくても商品が手に入る
・商品到着から支払い期限までの時間がある
・入金を忘れやすい
・入金が遅れたり忘れたりすると今後ショップを利用できない可能性がある
・購入金額に上限がある
・導入している後払いによっては利用審査がある

後払いを利用すれば支払いをおこなう前に商品を確認できます。納得して支払いができますし、支払い期限まで時間があるので給料支給後などに支払うことも可能です。

利用金額に上限があることがデメリットなので高額な商品の購入は不向きですが、購入代金は決済代行会社が回収をおこなうため入金確認などの事務処理作業はなくなります。

また、利用者の入金忘れ、故意に支払いをしないケースがあるため、ほかの支払い方法よりも代金回収不可能のリスクが高いことに注意しないとなりません。

5.コンビニ払い

コンビニ払いはその名の通りコンビニで支払う方法で、店舗に設置された専用端末で手続きを行います

代表的なものがローソンのロッピー、ファミリーマートのファミポートなどで、発券された払込票をレジで提示して支払いする流れです。

クレジット
カード
メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・クレジットカードを持っていない利用者を獲得できる
・入金確認などの手間の軽減
・商品代金を確実に回収できる
・コンビニによって支払い日が分かるなど、運用に手間がかかる
購入者 ・自分の都合の良いタイミングで支払いができる ・コンビニに足を運ばないとならない
・支払い期限を忘れやすい

コンビニ払いは前払いとなるため、商品代金を確実に回収できるでしょう。

支払いは24時間365日、全国のコンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、セイコーマート、ファミリーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ)などで対応。

利用者の都合の良いタイミングで支払いができるため、利便性の高い支払い方法と言えます。

ただし、利用するコンビニによって支払い日が変わることがあるので、ショップ運営者に取り扱いのノウハウが求められることに注意しないとなりません。

6.キャリア決済

購入した商品代金を、毎月のスマートフォンや携帯電話の利用料金と合算して請求する支払い方法がキャリア決済です。

クレジット
カード
メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・購入者に発送するまでの時間短縮が可能
・代金未払いのリスク回避が可能
・スマートフォンを持つ若年層などからも利用してもらえる
・キャリアごとに仕様が異なるため管理が難しい
購入者 ・スマートフォンや携帯電話があれば簡単に購入できる
・場所や都合にとらわれることなく購入ができる
・銀行やコンビニに足を運ぶ必要がない
・現金を使う感覚がない
・購入履歴の確認がわかりにくい

スマートフォンや携帯電話があれば1クリックで購入可能なため、クレジットカードを持たない未成年も使いやすい支払い方法です。

キャリアごとに仕様が異なることがデメリットで、管理が難しくなったり、手数料が他の決済方法と比べて高くなったりします。

7.スマホ決済サービス

すでに紹介した6つの支払い方法に加えて、注目度の高いのがスマホ決済サービスです。

スマートフォンに決済サービスのアプリをダウンロードして、利用するクレジットカードや銀行口座と紐づけて支払いを行います。

クレジット
カード
メリット デメリット
ネットショップ運営者 ・クレジットカードを持っていない利用者を獲得できる
・スマートフォンを活用する世代のニーズを得られる
・決済サービスによって導入できない場合がある
購入者 ・手元に現金がなくても購入できる
・購入金額に応じたポイントの獲得が可能
・対応しているネットショップが限定的
・アプリをダウンロードする手間がかかる

主な決済サービスにPayPay、LINEpayに楽天ペイ、Origami PayやApple Payなどが挙げられます。

今後、キャッシュレス化がさらに進化することで、主流の支払い方法になる可能性も高いでしょう。

ただし、現時点においてクレジットカードなどと比べると選択機会の少ない支払い方法なこと、決済サービスによってはネットショップに導入できない場合もあるので注意してください。

ここまでネットショップで導入される主な支払い方法とその特徴、メリット・デメリットに注意点などをお伝えしました。

次はネットショップでよく選ばれる支払い方法の現状と理由を解説します。

ネットショップでよく選ばれる支払い方法の現状と理由

クエスチョンマークと女性

総務省が実施した「平成29年通信利用動向調査」によると、ネットショップで実際に利用されやすい支払い方法は上から順に以下の並びになります。

  1. クレジットカード払い
  2. コンビニエンスストアでの支払い
  3. 代金引換
  4. 銀行・郵便局の窓口・ATMでの振込・振替
  5. インターネットバンキング・モバイルバンキングによる振込
  6. 通信料金・プロバイダ利用料金への上乗せによる支払い
  7. 電子マネーによる支払い
  8. 現金書留、為替、小切手による支払い

もっとも利用されているのがクレジットカード払いの66.1%となり、次にコンビニエンスストアでの支払いが30.9%代金引換が26.9%という結果が出ています。

さまざまな支払い方法があるとは言え、7割に近い方がクレジットカード払いを利用していました。

また、多くの支払い方法があると、それらすべて揃えるのも大変です。

短期間で一気に支払い方法を導入するとなると、コストがかかって採算が取れなくなる可能性もあります。

まずはニーズの高い支払い方法が何なのかを把握したうえで、順に揃えていくのが良いでしょう。

利用者は決済方法の選択肢を重要視する傾向にあります。

せっかくそのネットショップに興味をもっても、都合の良い支払い方法がなければ利用を逃してしまうこともあるでしょう。

次は「支払い方法の充実度の高さが顧客獲得を逃さないことに繋がる」という知識についてお伝えします。

支払い方法が充実していた方が顧客獲得を逃さない

日差しが差し込む中にあるパソコンとクレジットカード

さまざまな方が利用するネットショップなので、支払い方法の充実度が高いほど顧客獲得につなげることが可能です。

実際に希望する支払い方法がなければ別のネットショップを利用するケースも多く存在するので、顧客をのがさないためにできることを最大限取り入れましょう。

希望する支払い方法がない場合は別のショップを利用するユーザーもいる

自身のネットショップの商品に興味を持つ利用者がいても、都合の良い支払い方法がなければ別のショップで購入されるケースは多くあります。

実際にオンラインショップ向けの後払い決済サービス会社「paidy」がおこなった「オンラインショッピングの決済に関する調査レポート」によると、希望の決済手段がなくてそのまま購入を離脱した方が70%超もいたという結果が出ているほどです。

たとえば、「給料日まで現金に余裕がないから払込票で後払いにしたい」などと考える利用者がいるのにクレジットカード払いと代金引換しか導入してないネットショップは、それだけで利用者を逃す可能性を高めます。

若年層はクレジットカード払いが浸透していない傾向がある

10代の未成年、20代の若年層などは年齢や置かれている状況の問題クレジットカードを持っていないことが多くネットショップ利用時の支払い方法として浸透していない傾向にあります。

取り扱っている商品が10代の未成年や20代の若年層向きの場合、それらの利用者にとって支払いのしやすい方法を導入するのがおすすめです。

支払い方法がクレジットカード払い、利用審査のある払込票による後払いだけなどの場合、それだけで利用者を逃してしまいます

まとめ

ネットショップの支払い方法と特徴、メリットや注意点などをご紹介しました。

記事を通して、ネットショップ運営者が最低限導入したい支払い方法は以下の3点です。

  1. クレジットカード払い
  2. コンビニ払い
  3. 代金引換

支払い方法の充実度が低いために利用者を逃すことは避けたいものです。

くれじい

上記の決済方法を導入し、さらに必要に応じてその他の支払い方法取り入れてみてください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年8月~2020年9月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ