メインカードの選び方を解説!メインのクレジットカードを決めるメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はメインで使うクレジットカード、いわゆるメインカードについて解説します。

メインカードに対してサブカードと呼ばれるものもありますが、わざわざメインカードを決めたり、複数のクレジットカードを使い分けることにどのようなメリットがあるのでしょうか。

メインカードの決め方が分からないという方は、こちらの記事を参考に読んでみてください。

メインカードとは

クレジットカードを使う

「そもそもメインカードって何?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

それもそのはず、クレジットカードを発行している会社のWEBサイトを調べてみても、メインカードという単語が書かれているページはまずありません。

普通にクレジットカードを使ってきた人の中には、メインカードという言葉を聞いたことがない人がいてもおかしくはありません。

メインで使うクレジットカードのこと

メインカードは文字通り、メインで使うクレジットカードのことです。

とくにこれと決めなくても、明らかに利用頻度が高いクレジットカードがあるなら、それがメインカードと言えます。

メインカードとサブカードを組み合わせて使う

メインカードの他にもサブカードと呼ばれるものもあります。メインに対してサブなので、補助的に使うクレジットカードだということが分かりますよね。

メインカードは1枚に絞るべきですが、メインカードの弱点を補うためであればサブカードは複数枚持っても良いでしょう。

ただしクレジットカードを作り過ぎると管理が大変になるので、サブカードの数はせいぜい2枚か、多くても4枚程度に抑えておくのが無難です。

ところで、なぜメインカードを1種類に決めるべきなのでしょうか。

メインカードを決めるべき理由

メインカードを決めるメリットについては後ほど詳しく解説しますが、基本的には利用するクレジットカードを1枚に集中させることに意味があります。

1枚のクレジットカードで決済するほうがポイントを貯めやすいですし、利用額に応じた特典なども手に入れやすくなります。

また複数のクレジットカードを使っていると、締日や引き落とし日にズレが生じて管理が大変です。しかしメインカードを1種類に決めてしまえば、大きな金額が引き落とされるのは毎月1回だけに抑えられますよね。

このようにクレジットカードの数を絞ると様々なメリットがあるのです。

使う人によって最適なメインカードは異なる

クレジットカードは使う人によっておすすめのカードが変わってきます。それと同じで、メインカードも使う人によって最適なカードが異なります。

そういうわけでメインカードは自分自身で決めるのが1番ですが、一体どのようなクレジットカードがメインカードに向いているのか分からないという方もきっといらっしゃいますよね。

そこでメインカードの選び方として指標になるものを3つ紹介します。

メインカードの選び方

クレジットカードを持つ女性

最適なメインカードは人それぞれ異なりますが、メインカードの決め方もまた人によって異なります。クレジットカードに対して何を求めるのかによって、評価する基準も変わるからです。

それではクレジットカードの評価の仕方、ひいてはメインカードの選び方はどのように考えれば良いのでしょうか。1つずつ確認してみましょう。

ポイント還元率が高いクレジットカード

まず非常に分かりやすいのがポイント還元率です。

どのクレジットカードも決済すると利用額に応じてポイントやマイルを貯められますよね。利用額が多ければ多いほど付与されるポイントも増えてお得になるので、メインカードを選ぶ際の立派な基準になります。

それではメインカードにすべきクレジットカードのポイント還元率はどれくらいなのかと言えば、最低でも1%は欲しいところです。

年会費無料のクレジットカードでも例えばリクルートカードなら1.2%、最高クラスのP-one WizやDCカード Jizile(ジザイル)なら1.5%まで狙えます。

DCカード Jizile(ジザイル)

Medium dc jizile

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) nanaco(ナナコ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.2~1.5% DCハッピープレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
3週間程度 100万円 無料
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

ポイント還元率を重視するなら、メインカードは1.2~1.5%以上のクレジットカードから選びたいですね。

よく利用するお店で特典を受けられるクレジットカード

クレジットカードに「付帯されている特典から決める」という方法もあります。

例えば楽天市場を利用する機会が多いのであれば、楽天市場でたくさんポイントを貯められる楽天カードをメインカードにするのが良いでしょう。

楽天カード

Medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

Amazon派ならAmazonでポイントをたくさん貯められる、オリコカード・ザ・ポイントが候補に挙がります。

オリコカード THE POINT

Medium orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

公式サイトへ

またクレジットカードの付帯特典はポイント還元率のアップや割引サービスだけではありません。プラチナカードなどのグレードが高いクレジットカードになると、コンシェルジュなどの便利なサービスを利用できるものもあります。

コンシェルジュサービスとは、ホテルや航空券の手配を行ったり、コンサートチケットやレストランなどの予約を請け負ってくれるサービスです。

こういった付帯特典に注目してメインカードを決めるのも良いでしょう。

ステータス性があるクレジットカード

クレジットカードは何よりもステータスを重視するという方も一定数いらっしゃるでしょう。

ステータスピラミッド

クレジットカードのグレードは一般的にゴールド、プラチナ、ブラックの順に高くなりますが、当然ステータスが高いクレジットカードほど取得難易度も高くなります。

そもそもプラチナカードやブラックカードのクラスになるとユーザーからの申込みは受け付けておらず、カード会社から届くインビテーションを受け取る必要があるので、手に入れようと思ってもなかなか手に入れられるものではありません。

それではどうすればインビテーションを受け取れるのかと言えば、これはゴールドカードやプラチナカードで決済して、利用実績を積むしかありません。インビテーションが届く明確な基準などは公開されていないので、とにかくクレジットカードを利用してカード会社からの評価を上げるのみです。

したがって、よりステータス性が高いクレジットカードを狙うなら、1枚のクレジットカードを集中して利用するのが近道と言えます。

メインカードを決めるメリット

買い物中の女性

メインカードを決めることのメリットについて、改めて詳しく確認してみましょう。

ポイントを貯めやすくなる

複数のクレジットカードを利用すると、ポイントが分散されて貯まりにくくなってしまいます。

逆に1枚のクレジットカードだけで決済すれば、ポイントは1つに集約できて、効率的に貯めることが可能です。

ただしお店やサービスによっては、特定のクレジットカードで決済するとたくさんポイントを貯められたり割引などの優遇を行っている場合があります。

そんな時に活用するのがサブカードです。

サブカードは特定のお店やサービスで利用する

例えば楽天市場では楽天カード、ファミリーマートならファミマTカードといった風に、特定のお店と相性が良いクレジットカードがたくさん存在します。

楽天カードもファミマTカードもメインカードとして使うにはポイント還元率が物足りないですが、それぞれ楽天市場では4倍の4%、ファミリーマートでは5倍の2.5%ものポイントが貯まります。

ファミマTカード

Medium 1111

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

ID(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 - 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

公式サイトへ

よく利用するお店でたくさんポイントを貯められるクレジットカードをサブカードとして持っておけば、効率的にポイントを貯められて、よりお得に買い物することが可能です。

利用実績を積みやすくなる

メインカードで集中して決済すれば、利用実績を積みやすいですよね。

1枚のクレジットカードでたくさん決済したり、利用実績を積み上げると様々な恩恵を受けられます。

利用額に応じて特典が貰える

クレジットカードによっては年間で一定額以上利用するとボーナスポイントなどの特典が進呈されるものがあります。

例えばdカード GOLDは年間利用額が100万円を超えると1万円相当の、200万円を超えると2万円相当のクーポンが進呈されます。

dカード GOLD

Medium d card gold

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) おサイフケータイ
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 公式サイト参照 dポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短5日間 - 公式サイト参照 永年無料
付帯保険:
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

年間とは言っても100万円以上利用するのは結構大変かもしれませんが、メインカードとして積極的に利用することでこういった豪華な特典を狙いやすくなります。

利用限度額を上げてもらいやすくなる

クレジットカードには利用限度額やショッピング枠と呼ばれるものが定められています。どちらも同じもので、クレジットカードが使える上限金額のことを指します。

クレジットカードで決済すると利用限度額が減っていき、カード会社からの請求に対して支払いを行うと限度額は回復します。

しかし利用限度額が低いと、大きな買い物に使えない可能性があります。例えば限度額が10万円のクレジットカードで20万円の家電製品を購入することはできません。

また1回の決済額が利用限度額内に収まっていても、支払いが積み重なると限度額が回復する前に0になってしまうこともあり得ます。毎月きちんと料金を支払っていても、一時的にクレジットカードを使えなくなってしまう可能性があるのです。

もし利用限度額が足りないのであれば、カード会社に限度額に増枠を申請することが可能です。

増枠されるか否かはカード会社の判断によりますが、日頃からそのクレジットカードを使って期日に支払いを完了させていれば、信用力が評価されて増枠される可能性が高くなるでしょう。

ちなみにこちらから申請しなくてもカード会社から利用限度額の引き上げを提案してくることもあります。いずれにせよ、利用実績を積むことは利用限度額のアップに繋がります。

ステータスが高いクレジットカードを狙える

クレジットカードを使い続けていると、ステータスが高いランクのクレジットカードへの切り替えを提案されることがあります。いわゆるインビテーションと呼ばれるものが送付されます。

例えば、普通カード→ゴールドカード、ゴールドカード→プラチナカードなどです。

それではどうようなユーザーにインビテーションが送らるのかと言えば、クレジットカードをたくさん使ってしっかりと支払ってくれる優良な顧客です。

したがって利用実績を積むと利用限度額のアップを期待できるだけでなく、ゴールドカードやプラチナカードといったグレードが高いクレジットカードを狙うことができます。

ちなみにゴールドカード程度なら普通に申込みを受け付けているカード会社も多いのですが、ステータス性が高いプラチナカードやブラックカードの域になると入会の申込みは受け付けていません。

グレード下のクレジットカードで実績を積み、インビテーションが送られてくるのを待つのみです。

メインカードにおすすめのクレジットカード

パソコンを見つめる女性

一例として、メインカードの候補に挙げられるクレジットカードを4種類紹介します。

ただしクレジットカードは実際に使ってみて気付くことも多く、いきなり最適なメインカードを見つけることはなかなか難しいです。

ここで紹介したクレジットカード以外にもいろいろ検討してみて、自分にぴったりのメインカードを探してみてください。

楽天カード

楽天カード

Medium master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

楽天カードはポイント還元率が1.0%と高く、貯まったポイントがすぐに楽天で使える魅力があるカードです。

また楽天市場や楽天トラベルではポイント還元率が4.0%となるため、毎月のように楽天を利用する方には必須とも言えるカードです。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード THE POINT

Medium orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

公式サイトへ

オリコカード・ザ・ポイントも、ポイント還元率が1.0%と高還元のカードといえます。100円で1ポイントが貯まり、500ポイント単位でAmazonのギフトコードに即時交換が可能です。

P-one Wiz

P-one Wizの還元率は年会費無料のクレジットカードとしては最高クラスの1.5%です。

1.5%の内訳ですが、P-one Wizで決済すると請求金額が自動的に1%割引かれます。さらに請求額1,000円ごとにポケット・ポイントが1ポイント付与されます。

ポケット・ポイントは100ポイントでTポイント500ポイントと交換することが可能なので、請求割引と合わせて1.5%還元になります。

P-one Wizはリボ払い専用クレジットカードなのでその点についてはよく注意しないといけませんが、年会費無料で1.5%還元はかなり魅力的です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

文句なしの高いステータス性のあるアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを持つならば、まずはゴールドカードで実績を積んで招待される必要があります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは年会費が29,000円と高めで、比較的ステータスも高いゴールドカードです。しかし以前に比べるとかなり入手しやすくなっています。

最高峰のブラックカードが欲しいなら、このクレジットカードをメインカードで使うことをおすすめします。

まとめ

メインカードを決めるべき理由についてお分かりいただけましたでしょうか。

クレジットカードはそれぞれ様々な特典を付帯していますが、たくさんのクレジットカードを作ってしまうとポイントが貯まりにくくなったり、利用実績も分散されるので利用限度額が上がりにくいといったデメリットがあります。

メインカードの1枚をしっかりと利用すればポイントを集約できますし、利用実績も集中されるので利用限度額を引き上げてもらいやすくなります。またクレジットカードによってはステータス性が高いクレジットカードのインビテーションも狙えます。

ただしメインカードの決め方は、それぞれがクレジットカードに対して求めるものによって変わってきます。また最適なメインカードを一発で見つけることは難しいです。

様々なクレジットカードを比較したり、実際にそのクレジットカードを作って利用してみて、自分にぴったりだと思うメインカードを探しましょう。

この記事を書いた著者::GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事