ライフカードゴールドは付帯サービスが豊富!特徴やメリット・デメリットを紹介

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
笑顔でクレジットカードを受け取る女性
なびすけ
  • ライフカードゴールドの付帯サービスを知りたい
  • ライフカードゴールドにはどのようなメリットがある?

ライフカードゴールドは、23歳以上で安定した継続収入があれば、自分から申し込みができるゴールドカードです。

ポイント制度や付帯サービスが充実しており、家族カードやETCカードは年会費無料で作れます。

今回は、ライフカードゴールドの基本スペックと審査条件を整理しつつ、メリットとデメリット、ライフカードゴールドの所持に向いている人について解説します。

ライフカードゴールドは自分にとってメリットがあるかどうかを確認し、申し込むかどうかを検討する材料としてください。 

ライフカード「ゴールド」

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) nanaco(ナナコ) ID(アイディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円 10,000円 0.5%〜1.5% LIFEサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 30~200万円 0.60% 無料

ライフカードゴールドの基本スペック

ライフカードゴールドは、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。

ライフカードゴールドの基本スペックを、ライフカード(一般)、ライフカード<旅行傷害保険付き>とともに比較表で確認しましょう。

  ライフカードゴールド ライフカード
(一般)
ライフカード
<旅行傷害保険付き>
年会費 10,000円(税別) 無料 1,250円(税別)
※初年度無料
家族会員 無料 無料 440円
ETCカード 無料 無料 無料
ポイント還元率 0.50%~1.00% 0.50%~1.00% 0.50%~1.00%
国際ブランド MasterCard
VISA
MasterCard
VISA
JCB
MasterCard
VISA
JCB
利用可能枠 30~200万円 ~200万円 10~200万円
キャッシング枠 0~200万円 ~200万円 0~200万円
カード付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
    最高1億円
  • 国内旅行傷害保険
    最高1億円 
付帯保険なし
  • 海外旅行傷害保険
    最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険最高
    1,000万円
空港ラウンジサービス ×
ロードサービス × ×
弁護士無料相談サービス × ×

各基本スペックについて、順番に解説します。

年会費

ライフカードゴールドの年会費は、本会員が10,000円(税別)、家族会員は無料です。

他のゴールドカードと比較すると、家族カードは発行可能枚数1枚とはいえ、年会費無料なのは大きな魅力です。

家族カードを作りたい人は、維持コストを安く抑えることができます。

ポイント還元率

ポイント還元率は、通常0.5~1.0%で1,000円利用ごとにLIFEサンクスポイントが1pt付与されます。

1ptは、交換先により5~10円相当の価値で交換可能です。

また、ポイント還元率を高くするキャンペーンや、年間利用額によってポイント還元率が高くなる点も大きな特徴です。

1年間の利用金額が200万円以上の場合ならポイントは2倍に上がります。

公共料金の引き落としなど毎月の固定費の引き落とし先に指定するなどして、年間利用額を増やすよう上手に活用すれば、毎年ポイントを大きく稼げます。

付帯サービス

ライフカードゴールドは、自動付帯の旅行傷害保険の補償内容が充実している点も特徴のひとつです。

ショッピングガード保険、シートベルト傷害保険もあり、お出かけやショッピングでのトラブルを幅広く補償しています。

その他、国内主要空港のラウンジ無料利用やショッピング保険、ロードサービスなど、旅行や出張に使えそうな付帯サービスが多い点も見逃せません。

一般のライフカードにはないサービスで、年会費と付帯サービスの利用頻度を考えて、十分に元が取れるかどうかを検討してみると良いでしょう。

追加できるカード

ライフカードゴールドは、家族カード以外にも、iDカードETCカードを追加カードとして発行可能です。

これらの追加カードはいずれも年会費無料で、維持コストがかかりません。

以上で、ライフカードゴールドの基本スペックについて解説しました。

次に、ライフカードゴールドの嬉しい特徴3つについてまとめます。

ライフカードゴールドの嬉しい特徴3つ

ライフカードゴールドの魅力でもある特徴は以下の3点です。

これらの特徴について、順番に説明します。

旅行傷害保険が手厚い

ライフカードゴールドは、自動付帯の旅行傷害保険の補償内容が充実している点が魅力です。

国内外旅行での死亡・高度障害なら最高1億円まで補償されます。

その他、疾病の治療費は300万円まで、個人賠償責任や携行品損害、救援者費用なども補償対象です。

このように、ライフカードゴールドの旅行傷害保険は、海外旅行や国内旅行で発生しうるトラブルに対応できる補償が多く組まれています。

1時間無料の弁護士相談サービスが珍しい

ライフカードゴールドには、1時間無料の弁護士相談サービスが含まれています。

通常、弁護士に相談する場合1時間あたり数千円~1万円程度かかることが多いので、1回相談するだけでも年会費1年分の価値はあるといえるサービスです。

ポイント倍増キャンペーンが魅力

ポイント制度自体にもポイントアップの仕組みがあるライフカードゴールドですが、キャンペーンも魅力があります。

入会後1年間はポイント1.5倍誕生月はポイント3倍のポイントが入りますので、ポイントアップ期間を上手に利用することで、さらにポイントを多く貯めることができます。

以上で、ライフカードゴールドの嬉しい特徴を3点ご紹介しました。

次に、ライフカードゴールドの審査条件について解説します。

ライフカードゴールドの審査条件3つ

ライフカードゴールドの審査条件は、公に公表されているわけではありません

ただし、ライフカードゴールドへの申込資格は明記されています。

また、一般的に審査落ちとなる条件はありますので、それらの内容をまとめて審査条件として紹介します。

ライフカードゴールドへの申込資格

ライフカードゴールドには、申込資格が以下のように定められています。

  • 満23歳以上
  • 安定した継続収入があること

どういう雇用形態や勤務形態かといったことは、申込資格には明記されていません。

このため、契約社員・派遣社員やパート・アルバイトであっても、安定した収入を得られているなら、十分に申込資格はあります。

年齢が満23歳以上となっているため、高校生や大学生で年齢制限に引っかかる場合は申し込めません。

ただし、家族会員は満18歳から申し込めるため、保護者がライフカードゴールドの本会員になり、18歳以上の子どもが家族カードを持つことはできます。

個人信用情報に事故情報が記載されていないこと

ほとんどのクレジットカードに言えることですが、CICなど日本にある3つの個人信用情報機関に金融事故の情報が記載されている場合、ほぼ審査落ちします。

ライフカードゴールドもその可能性は高いと考えてください。

長期延滞については2年間、債務整理は5年間、自己破産は官報に掲載されるため10年間を超えない期間で情報は残り続けます。

また、携帯電話料金で分割して機種本体の代金を支払っている状態で、携帯電話料金を延滞すると、その情報も記録されているので注意しましょう。

自分の個人信用情報に自信がない場合は、個人信用情報機関に開示要求することにより、有料で情報を確認できます。

気になる場合は、記載内容に問題がないか確認しましょう。

ライフカードゴールドの発行会社で延滞していないこと

学生時代、学生用のライフカードを作って延滞したことなどないでしょうか。

ライフカードゴールドと同じ発行会社のクレジットカードで延滞した場合、ライフカード系のクレジットカードは作成できる可能性がかなり低くなります。

個人信用情報機関からは事故情報に関するデータは消えても、社内のデータは残されていると考えてください。

その状態では、ライフカードゴールドに申し込んでも審査落ちする可能性が高くなります。

ライフカードゴールドchやESPECIALとの違い

ライフカードゴールドと似たような種類のクレジットカードに、「ライフカードゴールドch」や「ライフカードゴールドESPECIAL」があります。

それぞれの違いを知り、自分にとってどのゴールドカードが向いているかを知りましょう。

ライフカードゴールドchとの違いは年会費の支払いタイミングなど

ライフカードchシリーズは、過去に延滞がある、これまでクレジットカードを作ったことがない、という方でも独自の審査基準で所持できる可能性のあるクレジットカードです。

chシリーズの大きな特徴は、クレジットカード機能はノーマルのカードと変わらないのですが、初年度申込時に年会費を払い込まなければならない点です。

ライフカードゴールドchも同じ仕組みで、年会費10,000円(税別)を支払うことで、ノーマルタイプのライフカードゴールドと同様のサービスが受けられます。

自分の個人信用情報に自信がないという方は、こちらに申し込んでみることも検討する価値があります。 

ライフカードゴールドESPECIALは年会費無料だが付帯サービスが限定的

「ライフカードゴールドESPECIAL」は、提携先との契約終了などに伴い、切替専用カードとして発行される特殊なクレジットカードです。

年会費は無料ですが、ノーマルのライフカードゴールドと比べて付帯サービスが限定されてしまいます

ライフカードゴールドにあってこのカードにない付帯サービスは、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、シートベルト保険、ロードサービスです。

年会費無料ではありますが、そのまま所持し続けるかノーマルのライフカードゴールドに切り替えるかは検討した方が良いでしょう。

ライフカードゴールドchやESPECIALは、通常のライフカードとどのように違うか、について説明しました。

次に、ライフカードゴールドを所持するメリットについて3点ご紹介します。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

無料のライフカードはよく紹介されていますが、ライフカードゴールドは雑誌などでもあまり紹介されていません年会費は1万円(税抜)と一般的なゴールドカードの年会費と同等です。ゴールドカードのため、国内線の空港ラウンジを利用できたり、旅行保険も一般的なゴールドカードとしては十分なレベルでしょう。

特徴的なのはロードサービスが付帯する点です。ロードサービスは自動車保険でも追加できますが、ロードサービスが付帯するクレジットカードを保有していると、自動車保険で追加する必要がありません。最近は燃費向上のためにスペアタイヤを積んでいない車も多いです。その場合はレッカーしてもらう必要がありますが、ライフカードゴールドを保有しているとレッカー代が無料になります(距離は決まっています)。

また、バッテリーあがりも無料で対応してもらうことができ、筆者もロードサービス付帯カードに何度か助けられました。

なお、ロードサービスが付帯するクレジットカードはそれほど多くなく、ステータスが高いカードだからと言って付帯する物でもありません。あまり車に詳しくない場合などはロードサービスが付帯するカードを1枚持っていると便利です。

ライフカードゴールド所有のメリット3つ

ライフカードゴールドを所有するメリットは、主に以下の3点にまとめられます。

それぞれのメリットについて、具体的に解説します。

ロードサービスなど旅行や自動車関連の付帯サービスが多い

ロードサービスなど旅行や自動車関連の付帯サービスが多く、外出の多い方は、所持するのに大きなメリットのあるクレジットカードです。

特に飛行機と自動車を利用する方は、空港ラウンジサービスや年会費無料で持てるETCカードも、利用しがいがあるでしょう。 

家族カードは1枚のみだが年会費無料

家族カードは1枚のみですが年会費無料です。夫婦で所持するのもいいですし、大学生で下宿をしている子どもに持たせる、と言った使い方もできます。

他のクレジットカードでは、家族カードも本カード並みの年会費がかかるものもある中で、年会費無料というメリットはかなり大きいといえるでしょう。

キャッシング金利が13.505%と比較的低い

クレジットカードのキャッシング枠は、18%としているクレジットカードも少なくありません。

しかし、ライフカードゴールドは、キャッシング金利が13.505%と比較的低い点もメリットのひとつです。

借りすぎはいけませんが、給料日前など一時的なピンチをしのぐ手段としても使いやすいクレジットカードです。

ここまででライフカードゴールドのメリットについて詳しく解説しました。

次に、ライフカードゴールドのデメリットについて解説します。

ライフカードゴールド所有のデメリット3つ

ライフカードゴールドを持つデメリットもあります。

どういう点がデメリットなのかについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

利用可能枠が200万円までとゴールドカードの割には少ない

ライフカードゴールドは、利用可能枠が200万円までとなっています。

一般カードは多くが利用可能枠100万円なので、それよりは大きな金額です。

しかし、他社のゴールドカードを見てみると、もう少し大きな利用可能枠が設定されていることもあります。

さらに、一律に利用可能枠を設けず、独自の審査によって利用枠を運用するタイプのクレジットカードもあります。

利用可能枠は、毎月利用する金額の倍以上が望ましいため、自分の毎月利用額がいくらぐらいになるかは、申込前に確認しておきましょう。

初回の利用可能枠は最低30万円とさらに少ない

ライフカードゴールドだけではありませんが、初回から利用可能枠が上限の200万円になることはあまり多くありません

年収がよほど多い、別のライフカードを長く使い続けていて良好な利用実績を残している、などの特殊事情がない限り、利用可能枠は30~50万円から始まることが多いようです。

しばらく使い続けていると、利用可能枠はどんどん広がっていくため、それまでカード利用金額は、毎月15万円未満に抑えて堅実な利用実績を積み上げてください。

通常のポイント還元率は0.5%と低め

通常のポイント還元率は0.5%と低めです。

ポイント還元率をアップする制度やキャンペーンを上手に利用しないと、ポイントはかえって貯まりにくくなります

以上で、ライフカードゴールドのデメリットについて掘り下げました。

最後に、ここまで紹介してきた内容を踏まえて、ライフカードゴールドがどのような人に向いているのかについてまとめます。

ライフカードゴールド利用に向いているのはこんな人

ライフカードゴールドの利用に向いているのはこんな人です。

それぞれの特徴について、もう少し詳しく解説します。

自動車や飛行機を使った移動や旅行が多い人

ライフカードゴールドの大きな特徴は、旅行関連、特に飛行機や自動車を使った旅行の際、お得になる付帯サービスが多いことです。

国内旅行と海外旅行の両方に対応する旅行傷害保険、ロードサービス、空港ラウンジの無料サービスなど、実用的なサービスを効率的に使えるので、年会費以上のメリットを享受できます。

毎月の利用金額は少なめで出かけた時に多く利用する人

申込直後は利用可能額が少なめなので、毎月の固定費をコツコツ支払い、旅行の時に大きく利用する人も、ライフカードゴールドに向いています。

ライフカードゴールドのショッピング保険や旅行関連サービスのメリットを最大限に生かすことができます。

キャッシングの金利が少しでも低めのカードを探している人

クレジットカードのキャッシング枠は、金利が18%に設定されていることも少なくありません。

キャッシング枠の利用も考えている人にとって、ライフカードゴールドのキャッシング金利13.505%はかなり魅力があるのではないでしょうか。

ライフカード「ゴールド」

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) nanaco(ナナコ) ID(アイディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円 10,000円 0.5%〜1.5% LIFEサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 30~200万円 0.60% 無料

まとめ

ライフカードゴールドは付帯サービスやポイント制度など、魅力が多いクレジットカードです。

家族カードは1枚だけですが無料で持てます。そのため、配偶者や大学生の子どもなどに家族カードを持たせたい人にもおすすめです。

ライフカードゴールドの審査条件は、他社のゴールドカードと大きな差はありません。

ただ、勤務形態に制限が無いので、安定した収入があれば申込は可能です。 ライフカードゴールドを検討している方は、これらの情報を踏まえて、ぜひ入会をご検討ください。

2020.07.15

ライフカードは年会費無料なのに便利でお得!基本概要とメリット・デメリットを解説

クレジットカードの年会費を節約したい人に人気の「ライフカード」。年会費無料の割に利便性が高いので、どのようなサービスが付帯しているか知りたい方は多いの…

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ