ライフカードはお得?誕生月ポイント5倍から改悪される特典を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オダギリジョーさんの「どうする俺?」のCMでもおなじみだった、青い券面が特徴のライフカード。

クレカファンの中では「誕生月がポイント5倍=2.5%還元」であることが有名で、「誕生月だけライフカードを使う」という方も多くいました。

しかし2017年7月以降の新規入会からその特典が、5倍から3倍に改悪となり、それ以前に入会した方も2018年4月から変更となります。

そんな大きな特典変更を行ったライフカードに関して、誰もが知りたいポイントをまとめてお伝えしていきます。

  • ライフカードにはどのようなメリットデメリットがあるのかを知りたい
  • ライフカード発行のいくつかあるカードにはどのような違いがあるのかを知りたい
  • このままライフカードを持ち続けるべきか入会すべきかの判断基準が知りたい
  • ライフカードの歴史や業績が知りたい
  • ライフカードはこれからどうなってしまうのか知りたい

この記事を最後まで読めば、自分がライフカードを持つべきかどうかを判断することができるようになります。

ライフカードは誕生月の特典で人気のカード(でした)

電話する女性

ライフカードの誕生月ポイントが5倍から3倍へ改悪されることについて、

  • 新規入会はいつから3倍になるのか
  • 既存会員はいつから変更になるのか
  • 今後、ライフカードの会員にはどのような選択肢があるのか

について解説します。

2017年7月~の発行で特典が変更に

お誕生月ポイント5倍が最大の魅力だったライフカードですが、2017年7月以降に入会するとお誕生月ポイント3倍が適用されます。新規にライフカードを作成する人は、お誕生月ポイントは「3倍」だということを認識しておきましょう。

もともと入会していた人も2018年4月~変更に

もともと入会していた人も、お誕生月ポイントが2018年4月から一斉に5倍から3倍へ変更されます。2018年4月までに誕生月を迎えるライフカードユーザーは、何を買おうか前もって計画しておけば最後のラストチャンスを有意義に活用することができるでしょう。

このように、ライフカードはポイントプログラムの改定によって利用者にとって「改悪」をもたらす結果となりました。改定によって条件が悪くなるのは、クレジットカードだけに始まったことではありません。

携帯電話会社の料金プランや銀行のATM手数料についても、当初の条件より悪くなることは、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

企業はボランティアで事業を行っているわけではありません。利益を出すことを前提としなければ、

  • 従業員をリストラする必要が出てくる
  • 会社存続に大きな影響を及ぼす可能性が高くなる
  • 解雇された従業員が増え日本全体の雇用率が下がり、景気がますます落ち込む

という悪循環に陥ってしまいます。

後述しますが、ライフカードは実際に2007年に店舗縮小とリストラを実施しています。

企業としてもポイントプログラム等を改定していかなければ、経営が立ち行かなくなってしまいます。最終的に日本経済全体に大きな影響を及ぼす可能性があるという意味でも、ある程度の改悪は仕方がないと納得するしかないでしょう。

解約する人も増える可能性も

ライフカードのポイントプログラムが改悪されることについて、納得せざるを得ない理由がお分かりいただけたと思います。

しかし改悪に理解を示すことができても、ライフカードを利用し続ける必要はありません。利用条件が悪くなったカードは持ち続ける意味がないと判断すれば、解約することももちろん可能です。

解約する場合は、ライフカードを用意した上で「045-914-7003」へ連絡し、音声ガイダンスに従うだけで解約手続きを行うことができます。

ただし、以下の場合は音声ガイダンスではなくオペレーターによる対応(9:30~17:30/日祝、年始は休み)が必要となります。

  • 利用残高が残っている
  • 暗証番号を忘れてしまった
  • カードを紛失してしまった
  • ETCカードの契約がある

ライフカードを解約する際は、貯めたポイントはすべて消滅する点に注意しましょう。

また、公共料金や電話料金等の支払いにライフカードを設定していた場合は、解約手続きが完了するまではライフカード利用となります。解約後の手続きについて、電力会社やガス会社、携帯電話会社等それぞれへ変更手続きをしなければなりません。

ライフカードは年会費無料なので、持っているだけでコストがかかることはありません。解約せずにそのまま持ち続けて、お誕生月だけ利用するという手もあります。

ライフカードが改悪された理由や具体的な解約方法、解約しなくても年会費無料で使い続けるという方法があることがお分かりいただけたと思います。改悪されたライフカードを解約せずにこのまま持ち続けてもいいかなと思った人のために、改めてライフカードの概要について整理してみたいと思います。

ライフカードの概要を整理

クレジットカード

ライフカードの特徴について、改めて確認していきましょう。改めて見直してみると、自分にとって実は優秀なカードで、解約せずにこのまま使い続けたほうがお得ということがあるかもしれません。

これからライフカードを作ろうと思っている人も、ライフカードの概要をしっかりとおさえておきましょう。

年会費やポイント還元率

スタンダードタイプのライフカードは、年会費永年無料で1,000円につき1ポイントが貯まります。500円利用で0.5ポイント15,000円利用で15ポイントが付与される仕組みです。

貯めたポイントは1ポイント=5円として利用することができるので、基本のポイント還元率は0.5%となります。

ポイント交換先

ポイント交換先には、以下のようなポイント移行コースが用意されています。

  • dポイント
  • ベルメゾンポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • WALLETポイント
  • Gポイント

これらの移行先へは、1ポイント=5ポイントとして移行することができます。

ただし、ANAマイレージクラブへは300ポイントが750マイルに移行されることになっています。

ライフカードのメリット

ライフカードのメリットは、お誕生月ポイント3倍が付与されることです。たしかに改定前の5倍に比べるとお得感はなくなりましたが、それでも3倍付与のメリットを有意義に活用できるメリットがあると言えるでしょう。

お誕生月ポイント以外では、

  • 年会費無料
  • 会員限定ショッピングサイト「エルモール」でお買い物すればポイントが最大25倍貯まる
  • ステージ制のポイントでポイントが貯まりやすい
  • ポイントの有効期間は5年間と長くなっている
  • 1年間で50万円以上利用すると300ポイントのスペシャルボーナスがもらえる

といったメリットがあります。

ライフカードのデメリット

ライフカードのデメリットは、お誕生月ポイントが5倍から3倍になってしまったことです。これまでお誕生月ポイント5倍しか利用していなかった人にとっては、もはや利用する価値がないと判断することもあるかもしれません。

さらに、スタンダードタイプのライフカードには海外・国内旅行傷害保険を付けることができません。旅行をするたびに旅行保険に加入する手続きが必要になるため、頻繁に旅行をする人にとってはデメリットとなるでしょう。

ライフカードはこんな方におすすめ

ライフカードは、お誕生月ポイント3倍に魅力を感じた、これから新規入会する人におすすめのカードです。

満18歳以上(高校生は不可)の国内に住んでいて電話連絡可能な人であれば誰でも申し込むことができるため、他のクレジットカードの審査に落ちてしまった人でもカード会員になれば、お誕生月ポイント3倍の特典を受けることができます。

それではライフカードから発行されているカードにはどのようなものがあるのでしょうか?次に詳しくご紹介していきます。

ライフカード発行の各種クレジットカード

クレジットカードを持つ女性

ライフカードが発行しているクレジットカードには、どのような種類があるのかを確認していきましょう。

ライフカード<年会費無料>

ライフカードは、日本に住んでいる18歳以上で電話連絡が可能な人が申し込めるクレジットカードです。年会費が永久無料となっているため、持っているだけでコストがかかるということはありません。

国際ブランドは、VISA、マスターカード、JCBの3つから選ぶことができます。マスターカードは通常デザインのAタイプと別デザインのBタイプの2種類があります。

ライフカードMy colorは青ではなく黒の券面となっており、自分らしいライフカードを作ることができます。ライフカードMy colorはVISAのみ選べるようになっている点で、注意が必要です。

年会費無料のスタンダードライフカードは、以下の5種類にまとめることができます。

  • ライフVISAカード
  • ライフマスターカード(Aタイプ)
  • ライフマスターカード(Bタイプ)
  • ライフJCBカード
  • ライフカードMy color(VISAのみ)

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードは、満18歳以上満25歳以下の専門学校や大学等に在籍している人が申し込めるカードです。高校生は申込むことができません。

学生ならではのお得な3つの特典があります。

  • 海外でのショッピング利用額のうち、事前申し込みで5%キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が在学中は無料で自動付帯
  • 携帯電話料金を学生ライフカードで支払った人の中から抽選でAmazonギフト券500円分プレゼント

もちろん年会費無料なので、卒業して社会人になってからもライフカードを使い続けることはできます。しかし、学生専用の特典は卒業予定年の3月末日で終了する点で注意が必要です。

ライフカードゴールド

ライフカードゴールドはライフカードの中でもっとも高いランクに位置しており、23歳以上の安定した収入がある人が申し込めるクレジットカードです。年会費10,000円(税別)を支払うことで、充実したロードサービスや空港ラウンジサービスを利用することができます。

JCBは選択することができず、VISAかマスターカードのどちらかの国際ブランドとなる点で注意が必要です。

女性に人気

ライフカードは、以下のような女性に人気のカードも取り揃えています。

  • Barbieカード
  • ライフカードStella

それぞれのカードの魅力や注意点について詳しく解説していきます。

Barbieカード

ライフカードから発行されているBarbieカードは、年会費無料の可愛い券面が魅力的なカードです。

Barbieカードの券面は4つのラインナップが用意されています。4つの可愛い券面はライフカードのオフィシャルサイトで是非ご確認ください!

さらに、

  • 2,000円以上のご利用で、毎月抽選でバービーグッズのプレゼント
  • 貯まったポイントはBarbieカード限定コース(150種類以上)の素敵な特典に交換可能
  • ピンクリボンデザインは乳がん検診クーポン付き

といった、Barbieカードならではの豊富な特典が満載です。

またBarbieカードには、学生専用カードも用意されています。先ほどの学生専用特典に加えて、バービーならではの特典も付いてきます。

ライフカードStella

ライフカードStellaは、女性に嬉しいサービス満載のクレジットカードです。

その理由は、以下のようなお得なポイントがあるからです。

  • 海外ショッピング利用額のうち3%がキャッシュバックされる
  • 海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • 乳がん検診クーポン付き

ライフカードStellaは初年度年会費無料ですが、2年目以降は1,250円(税別)が必要となります。ただし170サンクスポイントの年会費無料コースに応募することで、次年度以降も無料でカードを持つことができます。

ライフカードStellaはVISAやマスターカードでは作ることができず、JCBのみとなっている点で注意が必要です。

その他ユニークなカード

これまで紹介してきたカード以外にも、ライフカードはユニークなカードを発行しています。

  • AKBカード
  • ソードアート・オンラインカード
  • LiSAカード
  • petit milady CARD
  • 龍馬カード
  • SAVE THE GREAT APESカード
  • メイク・ア・ウィッシュ ライフマスターカード

あなたの毎日をハッピーにする、とっておきの1枚が見つかるかもしれませんね。

ライフカードから発行されている種類にはどのようなものがあるのかを確認できたら、最後にライフカードの歴史と今後に関する情報をお伝えしていきます。

ライフカード株式会社

ライフカード株式会社の歴史と、今後の事業展開について確認しておきましょう。これから入会するかどうかを判断する1つの基準として、参考にしてみてください。

ライフカードの歴史

ライフカードの歴史は、1952年に任意組合として発足し、会員向けのサービスとして月賦販売をあっせんしたことから始まっています。

その後の沿革は、

  • 1976年にライフカード発行
  • 1988年にライフVISAカード発行
  • 1990年にライフマスターカード発行
  • 1996年にライフJCBカード発行
  • 2006年にライフカードゴールドと学生専用ライフカードの発行
  • 2014年にライフカードStellaとライフカードゴールドビジネスの発行

という内容になっています。

今後規模は縮小していく可能性が高い

ライフカード株式会社は、前身である株式会社ライフの時代(2007年1月)に、大規模なリストラと店舗削減を実施しています。

再編後の店舗数は、以下のとおりに縮小されています。

  • 営業支店:全国69店から11店
  • ライフキャッシュプラザ有人店、ライフカード店:全国116店から52店
  • ライフキャッシュプラザ無人店:全国101店から75店

競争力強化のために事業再編を行っている実績があることから、今後急成長することは望むことは難しいと判断することができるでしょう。今回の改悪に関して解約を検討し始める人が多くなることが予測することができ、利用者が減れば再び改定される可能性があります。

このような経緯があるため、今後規模は縮小していく可能性が高いと言わざるを得ません。

まとめ

お誕生月ポイントが5倍から3倍に改悪されたライフカードについて、以下のようにまとめることができます。

  • 年会費無料なのですぐに解約する必要はない
  • これから新規入会する人は、さまざまなライフカードを選ぶことができる
  • 今後ライフカードの規模は縮小していく可能性が高い

ライフカードの概要・メリット・デメリットを知ることができれば、既にライフカードを持っている人は解約すべきかこのまま持ち続けるべきかを判断することができるようになります。

これからライフカードを作ろうと思っている人も、自分にとってベストな1枚になるかどうかを判断することができるでしょう。是非参考にしてみてください!

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事