JCBカードは日本発の国際ブランド!おすすめのJCBカード5選を紹介

ノートパソコン前でクレジットカードを持つ男性

JCBカードといえば、カードの券面にJCBのロゴマークがついているクレジットカードのことです。

このJCBのロゴマークは国際ブランドとしてのJCBを意味しています。

国際ブランドにはVisaやMastercard、アメリカン・エキスプレスなどの欧米系のメジャーブランドもあり、国内でも多く使われています。

その中でJCBも確たるポジションを占めているのです。

さて、国際ブランドとカード会社の関係はわかりにくい部分があります。

国際ブランドが必ずしもクレジットカードを発行しているわけではなく、同じ国際ブランドでもカード発行会社が多数あることがわかりにくくしているといえるでしょう。

この記事では、国際ブランドJCBとJCBカードについて解説し、JCBブランドのおすすめカード5選を紹介します。

JCBカードとはクレジットカードの主要国際ブランドを表す言葉のこと

JCBカードといえば、VisaカードやMastercardと並ぶクレジットカードの5大国際ブランドのひとつを表す言葉です。

AMERICAN EXPRESSとDINERS CLUBを加えた5つが世界中で認知されています。

中国発の銀聯を加えて6大国際ブランドと呼ぶことや、アメリカのDISCOVERも含めて7大国際ブランドと呼ぶこともあります。

JCBは日本で生まれた国際ブランド

JCBブランドは日本発の国際ブランドです。

クレジットカードの決済システムを提供する会社やブランドを国際ブランドと呼んでおり、単純に世界中で利用できるクレジットカードのブランドと考えておけばよいでしょう。

JCBはアジア圏で誕生した国際ブランドであることや、後発だったこともあって海外で使える地域が少ないといわれた時代がありました。

しかし、現在では国際ブランドとして確固たる地位を築いています。

VisaやMastercardとの大きな違い

世界シェアのトップ2であるVisaやMastercardとJCBには大きな違いがあります。

VisaもMastercardもブランド運営を行う会社はクレジットカードの発行を行っていません

カード会社に対して国際ブランドのサービスを提供することに専念しています。

一方、JCBブランドのサービスを提供する株式会社ジェーシービーは自らがカード会社であり、JCBカードを発行しています。

次の章では、数あるJCBカードについて解説します。

JCBカードにはJCBブランドをもつカードという意味もある

JCBカードという言葉には、国際ブランドのひとつを指す意味だけでなく、国際ブランドとしてJCBを選択しているクレジットカードの意味もあります。

もっとも、カードユーザーにとっては自分のカードについている国際ブランドが何か、カード選びにあたってどの国際ブランドを選ぶべきかが重要です。

したがって、JCBブランドのカードにはどのようなカードがあり自分にとってお得なのかどうかをチェックすることが先決といえます。

株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカード

国際ブランドJCBカードの本家本元である株式会社ジェーシービーが自ら発行するプロパーカードがあります。

JCB内ではオリジナルシリーズと呼ばれているカードです。

JCBオリジナルシリーズには、JCB一般カード、JCBゴールド、JCBプラチナなどの個人カードとJCB一般法人カード、JCBゴールド法人カードなどの法人カードがあります。

ジェーシービー発行のカードということもあって、JCBのサービスをフルに受けられるのが大きなポイントです。

JCBグループのFC社が発行するJCBカード

JCBカードの2つめはJCBグループのフランチャイズ会社が発行するカードです。

フランチャイズ会社には、秋田ジェーシービーカードや愛媛ジェーシービーなどのように「ジェーシービー」の名を含んだ会社もあります。

また、ゆうちょ銀行や多くの地方銀行もフランチャイズ会社の仲間です。

JCBブランドのサービスを満喫したいなら、プロパーカードかFC社発行カードを選択するとよいでしょう。

JCBのパートナーカード発行会社が発行するJCBカード

JCBカードの3つめは、JCBのパートナーカード発行会社が発行するJCBカードです。

JCB加盟店で使えるクレジットカードではあるものの、発行会社独自のサービスがメインとなるため、他のJCBカードとはサービスに大きな違いがあります。

たとえば、クレジットカードの主要サービスであるポイントプログラムです。

JCBオリジナルのポイントはOki Dokiポイントですが、楽天カードが発行したJCBカードで貯められるポイントは楽天スーパーポイントで、クレディセゾン発行のJCBカードは永久不滅ポイントとなっています。

もっとも、これらパートナーカード発行会社が発行するJCBカードは、楽天カードやセゾンカードなど独自の名称で呼ぶことが一般的です。

次の章では、世界中で活躍するJCBカードについて解説します。

日本発の国際ブランドJCBは世界中で活躍

アジアで初の国際ブランドとなった日本の国際ブランドJCBは、日々その活躍範囲を広げています。

国内では文句なしの認知度

世界的なシェアで見れば、ツートップのVisaとMastercardには及ばないものの、国内での認知度、シェアは文句なしのトップブランドです。

ランキングではVisaが上位ですが、JCBしか使えないお店があるなど、本国では強さを発揮しています。

海外でも日本人が集まる地域なら便利に使える

世界全体で見たときのシェアは高くないものの、たとえば、ハワイのように日本人の観光客やビジネスマンが集まる地域を中心に、JCBカードは活躍しています。

より日本に近いアジアも便利に使えるお店が多い地域です。

使える地域は拡大中

JCBカードが使える海外の地域は拡大中ですが、単純に加盟店を獲得するだけでなく、他の国際ブランドとの相互開放策も使える地域の拡大に貢献しています。

日本国内ではアメリカン・エキスプレスと相互開放していることがかなり知られています。

同様に、アメリカで大きな国際ブランドとなっているDISCOVERとの相互開放により、アメリカにおけるJCBカードの利便性アップにつながっている状況です。

最後の章では、JCBを国際ブランドとするおすすめのクレジットカード5選を紹介します。

国際ブランドがJCBのおすすめカード5選

国際ブランドがJCBのクレジットカード、広義のJCBカードは数多くあります。

その中から、お得で便利に使える下記のおすすめのカード5選を紹介します。

年会費もリーズナブルで即日発行も可能!「JCB一般カード」

JCB一般カードは株式会社ジェーシービーが発行するプロパーカードであり、JCBオリジナルシリーズのスタンダードとなる個人向けクレジットカードです。

年会費がリーズナブルなうえ、無料になる条件もクリアしやすいことから、カードを持つハードルが低いJCBカードといえます。

基本スペック

国際ブランド JCBのみ
年会費 1,250円(税別)
※オンライン入会で初年度無料
2つの条件を満たすことで翌年の年会費が無料
家族カード年会費 400円(税別)
※本会員が無料の場合は家族会員も無料
利用可能枠 個別に設定
本会員申込資格 18歳以上で本人か配偶者に継続的な安定収入がある方高校生を除く18歳以上の学生の方
ポイントプログラム 最大20倍などポイントアップが豊富なOki Dokiポイント
海外旅行傷害保険 最高3,000万円(死亡・後遺障害の場合)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(死亡・後遺障害の場合)

申込資格に継続的な安定収入とあるため、そうした記載がないカードよりも厳しいと感じるかもしれません。

しかし、毎月カードの利用代金を支払うことを考えれば、継続的で安定した収入があって当然といえるでしょう。

明言されていないカードであっても、収入状況は審査の大きなポイントです。

したがって、年齢などの変えられない要素以外は気にする必要がありません

現在、以下のお得なキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会に活用してみてください。

新規入会限定】ポイント最大8倍キャンペーン!

キャンペーン期間中に新規入会したキャンペーン対象のカードでAmazon.co.jpを利用すると、ポイント+5倍
OSパートナー優待と組み合わせて、ポイントが最大8倍

  1. 入会期間:2020年9月1日(火)~2020年11月30日(月)
  2. 利用上限:5万円(税込)
  3. 利用期間:入会翌々月の月末まで
インターネット新規入会限定】最大13,500円分プレゼントキャンペーン!

2020年9月30日(水)カード入会受付分まで(※2020年10月31日(土)カード入会(発行)分までが対象)。

新規入会限定】3ヵ月分のスマリボ手数料実質0円キャンペーン!

2020年4月1日(水)~9月30日(水)入会(カード発行)分まで。

お得ポイント

JCB一般カードは、オンライン口座設定により最短で即日の発行が可能なJCBカードです。

券面のデザインは通常デザインとディズニー・デザインから選べます。

Apple PayやGoogle Payの設定が可能で、QUICPayやETCカードの発行も可能です。

JCB一般カードはOki Dokiポイントのボーナスポイントが貯まりやすくなっています。

たとえば、JCB ORIGINAL SERIESパートナーになっているポイント優待店を利用すれば2倍、3倍、10倍などとポイントアップのチャンスです。

Amazonやビックカメラ、モスバーガーなど数多くの優待店があります。

JCB 一般カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料※1 1,250円(税別) 0.5%~5.0% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日※2 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※1 オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。(本会員の方が対象です。資料請求でお申し込みの方は対象となりません。)

※2 平日11:00AMまでに申込完了し、12:00PMまでに「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」メールを申込時に登録したメールアドレスにお送りした場合のみ翌日お届けの対象。なお、未成年・学生の方はオンラインで口座設定することができないため、翌日お届けの対象になりません。

今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】Amazonご利用でポイント最大8倍!

最大の魅力は年会費永年無料!「JCBカード W」

JCBカード WはJCBオリジナルシリーズのカードで、39歳以下限定のJCBカードです。

40歳になったらJCB一般カードへ移行するか、JCBゴールドカードを検討する手もありますが、JCBカード Wを引き続き使用する方がお得かもしれません。

基本スペック

国際ブランド JCBのみ
年会費 無料
家族カード年会費 無料
利用可能枠 個別に設定
本会員申込資格 18歳以上39歳以下で本人か配偶者に継続的な安定収入がある方
高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
ポイントプログラム ネットショッピングで最大20倍などお得に貯まるOki Dokiポイント
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(死亡・後遺障害の場合)
国内旅行傷害保険 付帯無し

お得ポイント

なんといっても、年会費永年無料でJCBカードをもてるのがJCBカード Wの最大のお得ポイントといえます。

また、39歳以下限定となっているのは申込資格であり、カード会員資格ではないことから、前述のとおり40歳になってからも年会費無料で使用可能です。

ただ、旅行傷害保険など一部のサービスがJCB一般カードよりも低い水準になっています。

とはいえ、日常の買い物などで活用するなら年会費が無料の分だけJCB一般カードよりもお得です。

現在、以下のお得なキャンペーンを実施中です。ぜひこの機会に活用してみてください。

新規入会限定】Apple Pay・Google Payの利用で20%還元!

新規入会&会員専用WEBサービス「MyJCB」アプリログインで、Apple PayまたはGoogle Payの利用合計金額の20%(最大5,000円)を還元。
入会期間は2020年9月1日(火)~2020年12月31日(木)まで。
(※MyJCBアプリログイン・ Apple Pay / Google Pay 利用期限:2021年2月15日(月)まで)

新規入会限定】2020年9月30日(水)入会(カード発行)までのキャンペーン!
  1. ポイント4倍キャンペーン
  2. インターネットからの入会で最大11,500円分プレゼント!(※2020年10月31日(土)カード入会(発行)分までが対象)
  3. スマリボ登録&利用でOki Dokポイント10倍キャンペーン!

JCB CARD W

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~5.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※ 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※翌日お届け対象外

今がチャンス!お得な入会特典
【Apple Pay/Google Pay】ご利用で20%還元!

年会費なのに高還元!「オリコカード ザ ポイント」

オリコカード ザ ポイントは高還元率のポイントプログラムがお得年会費無料のカードです。

JCBカードとMastercardの2つが用意されています。

基本スペック

国際ブランド JCB / Mastercard
年会費 無料
家族カード年会費 無料
利用可能枠 10万~300万円
本会員申込資格 原則として高校生を除く18歳以上の方
ポイントプログラム 入会後6ヶ月間は還元率が2倍にアップするなど高還元率
海外旅行傷害保険 付帯無し
国内旅行傷害保険 付帯無し

お得ポイント

オリコカード ザ ポイントは100円で1ポイントのオリコポイントが貯まる、ポイント生活におすすめのクレジットカードです。

オリコモールを利用すれば0.5%加算され、6ヶ月間の加算も合わせると最大で17.5%ものポイントが貯まります。

高還元を年会費無料で受けられるJCBカードとして、旅行傷害保険よりもポイントを貯めたいという方には見逃せない選択肢です。

年会費とサービスのバランスを重視したいならこれ!「ANA JCB ワイドカード」

ANA JCB ワイドカードはJCBとANAの提携カードで、株式会社ジェーシービーが発行しています。

ANAの航空機に搭乗する機会の多い方におすすめの1枚です。

基本スペック

国際ブランド JCBのみ
年会費 7,250円(税別)
家族カード年会費 1,500円(税別)
利用可能枠 個別に設定
本会員申込資格 18歳以上で本人か配偶者に継続的な安定収入がある方
学生は除く
ポイントプログラム ANAのマイルに移行できるOki Dokiポイント
海外旅行傷害保険 最高5,000万円(死亡・後遺障害の場合)
国内旅行傷害保険 付帯無し

お得ポイント

ANA JCB ワイドカードは一般カードとゴールドカードの中間に位置するカードで、年会費とサービスのバランスを重視したい方におすすめできるカードです。

通常入会のボーナスマイルが2,000マイル、継続ボーナスマイルも2,000マイル、搭乗ボーナスが25%も貰えます。ANAとJCB双方のサービスが期待できるカードです。

このカードには国内旅行傷害保険は付帯しませんが、国内航空傷害保険が付帯しています。

文字通り航空機に搭乗中の事故に備える保険で、最高5,000万円の補償です。

オリコカード THE POINT

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

楽天経済圏の方必見!「楽天カード」

楽天カードは数あるクレジットカードの中でも持ちやすいとされるカードです。

JCBブランド以外に3つの国際ブランドに対応しています。

楽天カードはお買い物パンダデザインなどカードデザインを選べるカードです。
JCBブランドならミッキーマウスやミニーマウスのディズニー・デザインも選択肢に入ります。

基本スペック

国際ブランド JCB / Visa / Mastercard /アメリカン・エキスプレス
年会費 無料
家族カード年会費 無料
利用可能枠 最高100万円
本会員申込資格 高校生を除く18歳以上の方
ポイントプログラム 通常還元率1%の楽天スーパーポイントがお得に貯まる
海外旅行傷害保険 最高2,000万円(死亡・後遺障害の場合)
国内旅行傷害保険 付帯無し

お得ポイント

楽天カードのお得ポイントは楽天市場や楽天グループでの利用でポイントが貯まりやすいことです。

市中のお店でのショッピングでも1.0%の還元を受けられます。

貯まったポイントが使いやすいのも楽天カードの特徴です。

楽天市場の無数にあるお店で使えるほか、電子マネーの楽天Edyに交換して市中のお店で使うこともできます。

また、新規入会時に数千ポイントもの楽天スーパーポイントを貰えるキャンペーンも魅力です。

キャンペーンで貰えるポイント数はそのときによって変わりますが、キャンペーン自体はかなり頻繁に行われており、入会を検討するユーザーにはお得感が強いでしょう。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

まとめ

JCBカードは世界のビッグな国際ブランドであり、国内外で便利に使えるカードです。

JCBブランドとして用意されている各種サービスを活用したいと考えるなら、JCBプロパーやフランチャイズのカード会社が発行しているJCBカードを選ぶことです。

パートナーカード発行会社のJCBカードは、あくまでも使える加盟店を考慮した国際ブランドとして選ぶカードだといえるでしょう。

ポイントプログラムや付帯サービスの部分で、JCBのサービスではなくカード会社独自のサービスが合っていると考える方におすすめです。

どのJCBカードを選ぶか、じっくりと検討してみてください。

2020.09.11

クレジットカードで買い物をする男女

JCBカードの年会費やポイント還元率を比較!メリット&デメリット解説

クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ