JCBのクレジットカードをわかりやすく比較!メリット&デメリット解説

クレジットカードで買い物をする男女

クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、提携カードで「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか。

また、国際ブランドとしてのJCBがVISAやマスターとどう違うのかJCB発行のクレジットカードの概要やメリットとデメリット等も、JCBカードに興味のある方は知りたいですよね。

こちらの記事は、国際ブランドとしてのJCBについての知識が深まり、数多くあるクレジットカードの中から自分にあったお気に入りのカードを選ぶ際に役立つ内容となっています。

是非参考にしてみて下さい。

国際ブランドとしてのJCB

creca_brand

JCBカードを比較する前に、まず国際ブランドとしてのJCBについて詳しく知っておきましょう。

この章ではメリットやデメリット、他の国際ブランドとの違い、国際ブランドとカード発行会社の違いについて解説していきます。

VISAとマスターとの違い

JCBがVISAやMasterCardと国際ブランドとして大きく違う点は、国内外での加盟店の数です。

JCBは日本発の国際ブランドということで、日本国内における加盟店の数は最大級です。しかし海外ではVISA、MasterCardの方が加盟店の数において圧倒的に優位です。

JCBでは海外で決済ができないケースもありますので、国際ブランドを分散させてカードを所持することで、リスクヘッジをすることをオススメします。

JCBを国際ブランドにするメリット

JCBカードを国際ブランドにするメリットは幾つかあります。

  • 国内加盟店が他の国際ブランドよりも多い。
  • ディズニー関連に強い。
  • プロパーカードを持つことができる。
  • 海外の主要都市には日本語で相談できるJCBデスクが設置されている
  • JCBデスクは旅を充実させるような相談や各種手配も代行してくれる
  • JCBプラザラウンジを利用できる

旅行好きや、ディズニー好きにはメリットが大きなカードです。

JCBを国際ブランドにするデメリット

JCBを国際ブランドにするデメリットについてですが、海外での利用においてはやや不便な側面もあります。

理由としては加盟店舗数が少ないため、使えない場面もあるからです。

また、JCBカードはトラベル&エンターテイメント(通称T&E)カードであるため、決済に特化したカードではありません。そのため、世界中どこでも確実に使える確証が得られないのもデメリットです。

アメックスやダイナースとの違い

アメックスやダイナースとJCBの違いについてですが、サービスの質が前者の方が格上な傾向にあります。

前者は基本的に富裕層向けのカードです。ステータスの高さを象徴するカードでもありますので、所有できる方は限られてきます。

そんな客層が満足できるサービスを提供しているため、国際ブランドとしてJCBは、一歩先を行かれていると言わざるを得ません。

カード発行会社と国際ブランドの違い

カード発行会社は「イシュア」とも呼ばれ、クレジットカードを実際に発行して、サービス提供をする会社のことです。

イシュアは、クレジットカードに関する業務を全て担当しています。国内の主なイシュアをまとめてみました。

  • 三菱UFJニコス
  • クレディセゾン
  • 三井住友カード
  • ジャックスカード
  • シティカードジャパン
  • アメリカン・エキスプレス・カード

このイシュアが国際ブランドから発行ライセンスを付与して貰って、カードを発行しているのです。

従って同じVISAの国際ブランドのカードでも、発行会社が違えばサービスの内容は全く異なってきます。

国際ブランドとは、世界中でカード決済をすることができるようにする会社のことを言います。アクワイクラーとも呼ばれます。国際ブランドは以下の5つしかありません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • Amex
  • Diners Club

日本国内等のイシュアと提携していないところでも不自由なく決済をすることができるのは、決済のシステムを提供しているこの国際ブランドがあるからこそなのです。

国際ブランドとしてのJCBには、以上のようなメリット・デメリットがあります。

特徴をしっかり把握して使えば、とても魅力的であると言えますよね。JCBは日本発の国際ブランドならではの、特色のあるブランドであると言えます。

JCBが発行するおすすめクレジットカード一覧

買い物をする女性

国際ブランドとしてのJCBがどういうものかわかったところで、どのようなカードがあるのか学んでいきましょう。

JCBが発行する各カードについて一覧にしてまとめてみました。特徴を把握して、お気に入りの一枚を見つけてみて下さい。

一覧表

カード名 筆者の一言! 特典 年会費 ポイント還元 その他
①JCB一般カード JCBのスタンダードカード! 国内外旅行・ショッピング保険 1,250円 (WEB申し込みで初年度無料 ) 還元率0.5% 条件付き翌年度年会費無料
②JCB CARD W NEW!!ポイント2倍でコスパ最強 海外旅行保険

ショッピング保険不正利用保険

永年無料 還元率1% 39歳以下限定
③JCBゴールド 海外旅行保険の充実度は他社の2倍以上!

国内外旅行傷害・ショッピングガード保険

10,000円 (オンライン申し込みは初年度無料) 還元率0.5% 100万円以上2年利用でプレミアに招待チャンス
④JCB GOLD EXTAGE JCB CARD EXTAGEを更にお得にしたゴールドカード 空港ラウンジが年中無休・無料で利用可 初年度年会費無料 次年度以降3,000円 入会後3ヵ月還元率1.5% 以降0.75% ゴールド会員専用デスク 国内外旅行保険
⑤JCBゴールド ザ・プレミア ゴールドカードよりもランクが上のプレミアムカード! プライオリティ・パス等多数 サービス年会費5,000円 カード年会費10,000円 年30万以上還元率0.6% 以降利用額に応じてポイント、還元率ともにアップ 招待制
⑥JCBプラチナ NEW!!コスパの良いプラチナ プライオリティ・パス等多数 25,000円 還元率0.5% 2年目以降:0.5%+ボーナスポイント 招待を待つ必要なし
⑦JCBザ・クラス 選ばれた方だけのJCBの最上級カード! JCB最高峰の特典 50,000円 還元率0.5% 2年目以降:0.5%+ボーナスポイント 毎年豪華なギフトが届く

比較しやすいように表にまとめました。次の章で、各カードの詳細を説明します。

それぞれのおすすめカード、特徴を解説

この章では、表での比較からは分からないカードの特徴を、それぞれのカードについて解説してみます。

①JCB一般カード

JCB一般カードは、JCBブランドが発行するスタンダードなプロパーカードです。

JCB 一般カード

Thumbnail jcb%e4%b8%80%e8%88%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日お届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • ETCカードや家族カードも作ることができる
  • Oki Dokiランド経由のネットショッピング、JCB ORIGINAL SERIESでの買い物でポイント還元率2倍以上
  • 分割払いはもちろん、ボーナス一括払いやリボ払いにも対応
  • 最大3,000万円の国内海外旅行保険、年間最高100万円までのショッピングガード保険、不正利用保険も付帯
  • ディズニーデザインのカードを選ぶことができる

クレジットカードのスタンダードの王道を行くカード、それがJCB一般カードです。

②JCB CARD W

2017年10月24日に誕生した、JCBの新しいコスパ最強カードが「JCB CARD W」です。

JCB CARD W

Thumbnail 1122001400 f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 年会費は永年無料
  • JCB一般カードに比べていつでもポイント2倍=還元率1%
  • 年会費無料なのにショッピングガード保険付帯
  • 海外旅行保険が利用付帯
  • 女性向けにJCB CARD W plus Lもおすすめ

年会費が無料でポイント還元率が1%というと、これまでのJCBオリジナルシリーズのカードの中で最もコストパフォーマンスに優れたカードです。

39歳以下限定という条件がありますが、逆にいうと39歳以下ならば「持っていて損はない」といえるでしょう。

③JCBゴールド

JCBゴールドは、国際ブランドとしてのJCBが発行する日本の代表的なゴールドカードとして知名度も高いカードで、充実のJCB ORIGINAL SERIES限定のサービスが受けられるJCBのステータスカードです。

JCBゴールド

Thumbnail jcb%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.3%~1.25% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 国内及びホノルル空港の空港ラウンジサービス
  • グルメ優待サービス
  • 最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険
  • 国内海外最高500万円のショッピングガード保険
  • 航空機遅滞、手荷物紛失保険等

ステータスカードを持ちたい、優待特典をしっかり受けたいという方にはうってつけのカードが、JCBゴールドです。

④JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEは、JCB EXTAGE CARDの上位カードで、20代のみが持つことができるゴールドカードです。

JCB GOLD EXTAGE

Thumbnail jcb gold extage

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 3,000円(税別) 0.5%〜3.5% Oki Dokiポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 個別に設定 0.30% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
  • ゴールド向け情報誌の閲覧
  • ゴールド専門デスクの利用
  • 国内・海外最高3000万円の旅行保険
  • 最高200万円までのショッピング保険
  • 若年層向けにも関わらず、JCBゴールドの特典の一部が同等に利用できる

優待されるべきポイントも多く、同レベルのカードと比較しても、20代限定のゴールドカードなのでメリットが大きいです。

⑤JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド・ザ・プレミアは、JCBゴールドカード保持者の優良会員のみにインビテーションされるプレミアムなカードです。

  • JCBゴールドを年間100万円以上、2年使うと招待される
  • JCBのプレミアム会員限定のホテルや旅館のサービスを割引料金で利用できたり、優待を付けてもらったりすることができるプレミアムステイプランを利用可能
  • 京都駅にあるJCBラウンジを利用可能

通常のゴールドカードに比べて、上記のようなサービスが追加されています。

このようにJCBゴールド・ザ・プレミアは、プラチナカードに匹敵するほどのパワーを秘めたカードなのです。

⑥JCBプラチナ

JCBプラチナは、2017年10月24日に誕生した新しいカードです。招待を待つ必要がなく、自分の意志で持つことができるコストパフォーマンスも高いプラチナカードです。

JCBプラチナ

Thumbnail 1241903400 sample f cmyk

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
25,000円(税別) 25,000円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 公式サイト参照
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 24時間365日つながるプラチナ・コンシェルジュ・デスク
  • プライオリティ・パス付帯
  • 国内空港ラウンジが同伴者1名含め無料
  • コース代金が2名以上で1名無料になるグルメ・ベネフィット付帯

これから説明するJCB最高峰のJCBザ・クラスから25,000円相当のカタログギフトが贈られるサービスを省いたものが、このJCBプラチナといえます。

「未来の自分に投資したい」と考えている方には、非常におすすめなプラチナカードです。

⑦JCBザ・クラス

JCBのザ・クラスは、国際ブランドとしてJCBが発行しているプロパーカードの中で最上位に位置する、最もステータスのあるカードです。

入手難易度は困難を極め、まずはJCBゴールドカードを取得して実績を積み重ね、JCBザ・ゴールド・プレミアのインビテーションを受けます。そこから更にインビテーションを受けて所持することができるのが、JCBのザ・クラスです。

驚くべきは24時間365日、まるで専任の秘書が付いているかのような細やかなコンシェルジュサービスです。

  • レストランやホテルの予約などコンシェルジュサービス
  • ツアー計画の相談
  • ザ・クラス・メンバーズ・セレクション(カタログギフト)
  • グルメ・ベネフィット(飲食店の優待サービス) etc...

このようにJCB ザ・クラスは、ブラックカードの名に恥じない優位性と利便性を兼ね備えた、まさに最高峰のクレジットカードです。

ザ・クラスの特典はJCB公式から発表されているものはなく、所有者のみが知る特別なクレジットカードです。

ナビナビクレジットカードで所有者にインタビューもとっておりますので、下記の記事も是非参考にしてみてください。

JCBザクラス

2017.08.24

JCB最高峰VIPサービス?JCBザ・クラスは実質○円で持てるお得なカード(私がJCBザ・クラスを持った訳)

日本が誇るクレジットカードブランド、JCB。T&E(トラベル&エンターテイメント)カードと呼ばれ、旅行やレジャーに特化した優待サービスがたくさんあるのが、JCBの魅力です。そんなJCBの、ゴールドやプレミアカードよりもさらに上を行く、JCBザ・クラスという最高ランクのクレジットカードがあります。年会費は税抜50,000円です。その黒い券面やサービス内容からも、「ブラックカードクラス!」と呼び声高いカードですが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値が高いです。そこで今回ナビナビクレジットカード編集部が実際に、JCBザ・クラスを愛用している方にインタビューを試みました!

JCBカードのメリット

ポイント二重取り

各JCBカードの特徴が分かったところで、この章では改めてJCBカードのメリットについてまとめてみます。

カード選びの判断材料にもなりますので、数々のメリットについてもしっかりとチェックしておきましょう。

Oki Dokiポイントが貯まる

JCBカードは「Oki Dokiポイント」と呼ばれるポイントプログラムを採用しています。1,000円のカード利用につき1ポイント貯まり、1ポイント5円相当の金券に交換することができます。

またこのOki Dokiポイントは、オンラインモールのOki Dokiランド経由での買い物、ポイント優待店でのカード利用で通常よりも高い倍率でポイントが付与されます。

他にもJCBカードの「JCB STAR MEMBER」と呼ばれるボーナスポイントプログラムでは、年間利用額に応じて以下のようなポイント加算率アップも期待できます。

  • 年間50万円以上のカード利用 ポイント1.1倍
  • 年間100万円以上のカード利用 ポイント1.2倍
  • 年間300万円以上のカード利用 ポイント1.25倍

ディズニーデザインが選べる

JCBのクレジットカードは、ディズニーデザインの取り扱いが多いのが特徴です。

JCBは東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのスポンサーであるため、他社よりもディズニーデザインのクレジットカードの充実度では優れています。

一般カード、ゴールドカードともにオシャレなデザインが目白押し。期間限定デザインのカードも発行されています。

海外旅行好きに嬉しい特典

  • 主要な旅行先にラウンジがある

JCBカードのザ・クラス、プラチナ、ゴールドザ・プレミア、ゴールド、ネクサス、ビジネスカード等を所持している会員は、国内主要空港及び海外のハワイ・ホノルル空港のラウンジを無料で利用することができます。同伴者も同伴者料金でラウンジを利用することが可能です。

  • ハワイではトロリーが無料で乗れる

ハワイのトロリーバスがピンクラインに限り無料で乗車できます。ピンクラインは、ショッピングや食事などワイキキ観光を楽しむのならこれで十分な路線です。もちろん途中下車も自由自在。

細かいことを気にせずにワイキキを堪能したいのなら、JCBカードは必須です。

ディズニー関連の特典が多い

JCBは東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーのスポンサーですので、カードデザイン以外にも特典があります。

  • Oki Dokiポイントをディズニーリゾートのチケットや、キャラクターグッズなどと交換できる
  • メッセージカードや壁紙等、JCBオリジナルコンテンツを無料で利用できる
  • JCB会員限定完全貸切キャンペーンに参加できる
  • JCBプレミアムカードなら、トラベルデスクからの申し込みでポイントがお得に貯まる

ディズニー関連のコンテンツの充実度は、他の追従を許さないJCBカード。ディズニーファンは要チェックです。

JCBカードのデメリット

困る女性

JCBカードのメリットについて見てきました。より良いカード選びをするためにも、反対のデメリットの部分についてもしっかり把握しておきましょう。

ポイント還元率は一般的

JCBカードはポイント還元率が優遇されるチャンスが色々と多いですが、還元率はごく一般的な0.5%です。

高い還元率が設定されているお店に頻繁に通うのならその恩恵は大きいかもしれませんが、生活圏内にこれらのお店があまりない場合にはごく普通のクレジットカードと変わりありません。

また、ポイントをキャッシュバックした場合は0.45 %にしかならないのもデメリットです。

海外では使いにくいことも

JCBカードは、海外での利用となると、予想以上に使い勝手が悪いということもあるようです。

日本発のクレジットカードブランドですので、まだまだ海外では加盟店が少なめになってしまう傾向にあります。

海外旅行保険が大きな数字ですが、最高補償額は死亡時の数字ですし、利用付帯ですので旅費等をこのカードで支払っていないと補償を受けられません。

まとめ

いかがでしたか。JCBカードは日本発の国際ブランドならではの魅力がたっぷり詰まったクレジットカードであることがわかりました。ここでもう一度メリット・デメリットについて簡単におさらいしておきましょう。

“JCBカードのメリット”
  • 日本国内では加盟店も多く、利便性が高い
  • 海外でも日本語のサポートデスクに相談できる
  • ディズニー関連のコンテンツに強い
“JCBカードのデメリット”
  • 海外では決済の面でVISA、MasterCardに劣る
  • ポイント還元率は平均的

国内では随一のカードですが、海外では若干使いづらい面もあります。

しかし他の国際ブランドと組み合わせて所持することでこの欠点はカバーできますし、海外において日本語のサポートは心強いです。

かつては「サムライカード」とも例えられたJCBカード、この機会に検討してみてはいかがですか。

パソコンしながらクレジットカードを見る人

2017.10.24

JCBの高還元「JCB CARD W」詳細をレビュー!年会費無料のお得すぎるスペックとは

クレジットカード発行だけでなく、国際ブランドとしてもその名を博しているJCB。そんなJCBのオリジナルシリーズに新しく、年会費無料&ポイント高還元のクレジットカード「JCB CARD W」が10月24日より、39歳以下を対象に新規申し込みを開始しました。年会費無料でポイント高還元。さらにJCBならではのハイスペックな特典や補償もついているため、まさに「お得すぎて作らなきゃ損!」ともいえるような、『すごいカード』が登場したといえます。 こちらの記事で、JCB CARD Wの特徴やメリット、さらにデメリット(あんまりないのですが、念のため調査して)を限りなくわかりやすく紹介します。同じく新登場した、女性向けの「JCB CARD W plus L」についても紹介しているので、女性の皆さんも必見ですよ!

JCBザクラス

2017.08.24

JCB最高峰VIPサービス?JCBザ・クラスは実質○円で持てるお得なカード(私がJCBザ・クラスを持った訳)

日本が誇るクレジットカードブランド、JCB。T&E(トラベル&エンターテイメント)カードと呼ばれ、旅行やレジャーに特化した優待サービスがたくさんあるのが、JCBの魅力です。そんなJCBの、ゴールドやプレミアカードよりもさらに上を行く、JCBザ・クラスという最高ランクのクレジットカードがあります。年会費は税抜50,000円です。その黒い券面やサービス内容からも、「ブラックカードクラス!」と呼び声高いカードですが、招待されないと持つことができないカードのため、希少価値が高いです。そこで今回ナビナビクレジットカード編集部が実際に、JCBザ・クラスを愛用している方にインタビューを試みました!

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら