「じゃらん」を利用する旅行好き必見!クレジットカードのお得な活用方法とは

きれいな砂浜に立つワンピースと帽子を身に着けている女性

旅行好きで頻繁に国内・海外に出かけている人や出張などでよくホテルを利用するという人にとって、「じゃらんnet」はすっかりおなじみのサイトでしょう。

旅行雑誌「じゃらん」の公式サイトとして人気で、航空券や新幹線とセットになった宿泊券はとてもお得。
施設にこだわった検索なども可能で、旅行上級者からの評判も上々です。

「じゃらんnet」利用者におすすめなのが、還元率最大11.2%のリクルートカード

家族カードも含めて年会費はすべて無料ながら基本のポイント還元率が1.2%と高く、日本最大級の旅行サイト「じゃらんnet」でのお得度は他のカードと比較になりません

くれじい

ここでは、「じゃらんnet」のポイント制度など、最大限お得に活用する方法を伝授します。

あわせて、「じゃらんnet」でリクルートカードをおすすめする理由についても徹底解説。

家族旅行や出張でポイントをしっかり貯め、お得を実感してみてください。

旅行好きや出張の多い人が活用する「じゃらんnet」とは

旅行好きや出張が多い人がよく活用している「じゃらんnet」は、国内最大級の宿泊予約サイトです。

国内のホテルや旅館などさまざまな宿泊施設に加えて、格安の宿泊プランが手軽に予約できるうえに、リクルートという大手資本がバックについているため、安心して利用できるのが強み。

さらに、割引クーポンなどが配布されていて、最大10%の割引が受けられるとあって人気です。

ここではまず、「じゃらんnet」の特徴を以下の3点にしぼって改めてご案内します。

国内/国外旅行および宿泊、ツアーや遊び体験などを
予約・決済できる

「じゃらんnet」の特徴は、国内/海外旅行および宿泊施設、ツアーや遊び体験などを予約し、決済までできるサービスにあります。

以下のような人気のコンテンツも多数あります。

  • JRの新幹線や特急、ANAなどと宿泊(レンタカー)がセットになった「じゃらんパック」
  • 日本全国の温泉や観光名所などを予約できる「遊び・体験予約」
  • 日本全国の観光名所・グルメスポットをめぐるパッケージツアーを紹介する「旅行ガイド」 など

さらに、レンタカーや高速(夜行)バス、ゴルフ場、国内/海外航空券などの予約も簡単に行うことができます。

「じゃらんnet」で利用できるポイントは4種類

「じゃらんnet」では、以下の4種類のポイントを利用できます。

  • 「Pontaポイント」
  • 「リクルートポイント」
  • 「リクルート期間限定ポイント」
  • 「じゃらん限定ポイント」

どのポイントの場合でも、1ポイント=1円で利用可能

「じゃらんnet」を運営するリクルートは、さまざまな分野で事業を展開していますが、それらを利用して貯まるポイントはそのほとんどを「じゃらんnet」で利用でき、ポイントが無駄になる心配がありません

また、関連するポイントを「じゃらんnet」で集約して利用できるのも、大きな強みです。

期間限定ポイントを無駄にしないためにも、賢く「じゃらんnet」を利用しましょう。

国内宿泊予約でPontaポイントが貯まる

「じゃらんnet」を利用して貯まるのは、「Pontaポイント」です。

「Pontaポイント」は、「じゃらんnet」をはじめ、HotPepper Beautyやポンパレモール、HotPepperグルメ、ローソンなどを利用して貯められるポイントで、利用する場所によって還元率が異なります。

「じゃらんnet」の場合は、宿泊料金の1%~2%のポイントを貯めることができ、貯まったポイントを宿泊費として利用できます

キャンペーンの開催時にはポイントが10%となることも多く、非常にお得にポイントが貯まると評判です。

仮にポイントを利用して宿泊予約をし、その予約をキャンセルしてしまった場合でも、ポイントの有効期限内であればポイントは戻ってきます。

では、「じゃらんnet」を利用する場合に気をつけておくべきポイントは何でしょう。

次の項目で4つのポイントを挙げ、解説していきます。

「じゃらんnet」を利用する際の4つのポイント

「じゃらんnet」を利用する際には、以下に挙げる4つのポイントに気をつけておきましょう。

これらのポイントをおさえておけば、さらに便利にお得に「じゃらんnet」を活用できます。

「じゃらんnet」ならリクルートIDを使った会員登録が便利

「じゃらんnet」を利用する際、会員登録をせずに予約することも可能です。

しかし、予約内容を変更する可能性があるなら会員登録しておくべきです。

会員登録をしていない場合、予約内容の変更がきかなかったり、電話での予約キャンセルなどにコールセンターを利用しなければならないといった制限がかかります。

仮に、リクルートが展開するさまざまなサービスでリクルートIDを利用しているなら、このIDを利用するのがおすすめ。

リクルートで貯まるポイントが利用できるうえに手続きが簡単で、サービスに関する制限もなくなります

リクルートポイントをPontaポイントに移行可能

先にも少しふれましたが、リクルートが展開するさまざまなサービスで貯まるポイントが「リクルートポイント」です。

「リクルートポイント」はリクルートグループ内で利用でき、さらに「Pontaポイント」にも移行可能

リクルートグループで貯めた「リクルートポイント」をさらに多くの場所で活用したいなら、「Pontaポイント」に移行しましょう。
交換時のレートは、1リクルートポイント=1Pontaポイントです。

ただし、交換する際は全ポイント一括となっており、一部ポイントだけをPontaポイントに移行することはできません

Pontaポイントは実質無期限で利用可能

「Pontaポイント」の有効期限は、ポイントを利用した最終日から1年間と定められています。

これは、「Pontaポイント」を利用している限り、有効期限もどんどん延長されていくという仕組み

このため、さまざまなサービスを利用して「Pontaポイント」を貯めている限り、実質無期限でポイントを利用できるというのが「Pontaポイント」のメリットです。

ただし、各種キャンペーンで付与された「Pontaポイント」には、有効期限が設けられたものもあります

こうしたポイントを利用して宿泊を予約し、キャンセルした場合はポイントが戻らないケースもありますので、注意が必要です。

一方、有効期限つきのポイントであっても、「じゃらんnet」での予約時に期限内であれば、宿泊施設利用時の日付は関係なくポイントを利用できるということでもあります。

キャンペーンで付与された有効期限つきの「Pontaポイント」を賢く利用し、お得に旅を楽しみましょう。

Pontaポイントを利用するには上限あり

「じゃらんnet」で「Pontaポイント」を利用する場合、もうひとつ注意しなければならないのは、ポイント利用に上限があるということ。

「Pontaポイント」の利用単位は100ポイントで、1回の予約で使えるポイントは100,000ポイントまでと決まっています。

また、月間での上限は300,000ポイントとなっているため、旅行代金全額をポイントで支払えないケースもあることを理解しておきましょう。

さまざまなポイントを活用し、お得な旅行・出張を可能にしてくれる「じゃらんnet」。

このサイトをよりお得に利用したいという人におすすめなのが、リクルートカードです。

次の項目ではまず、リクルートカードの特徴を3つのポイントから解説します。

「じゃらんnet」をよりお得に利用したい人におすすめの「リクルートカード」を徹底解説

「じゃらんnet」をよりお得に利用したいという人にぜひおすすめしたいのが、リクルートカードです。

その特徴は、以下の3点。日ごろから利用するクレジットカードとしてもコスパがよく、ポイントを貯めるうえでも優秀。

さらに、「Pontaポイント」を貯めやすいサービスが多々展開されています。

たっぷりのカード特典にもかかわらず年会費無料

リクルートカードの特徴は、クレジットカードならではのサービスを多々備えているにもかかわらず、年会費が無料だということ。

JCB・MasterCard・VISAの3種類の中からブランドを選ぶことができ、そのいずれにおいても会員年会費や家族カード年会費が無条件で無料となっています。

発行後、なかなか利用する機会がない場合でもコストがかからないため、安心して保持することが可能。

ETCカードの場合、MasterCardとVISAブランドに限っては1,000円(税別)の発行料がかかりますが、年会費は無料で、コストパフォーマンスとしても文句のつけようがありません。

「ポンパレモール」なら1.2%のリクルートポイント+3%のPontaポイントが貯まる

リクルートカードの基本のポイント還元率は、1.2%(リクルートポイント)です。

どこで使ってもこの還元率でポイントを獲得できるというのは、0.5%~1.0%のポイント還元が通常の年会費無料のクレジットカードの中では、異例ともいえるでしょう。

もちろん家族カードやETCカードを利用しても、ポイントをゲットできます。

また、ポイントの有効期限は最終獲得月から1年後の末日までとなっていて、カードを利用する限り、実質無期限でポイントを利用できるというのもうれしいところ。

さらに、リクルートが運営する「ポンパレモール」を利用してカード払いをすれば、1.2%の「リクルートポイント」に加えて、3%の「Pontaポイント」が貯まり、還元率4.2%にまでポイント還元率が跳ね上がるのです。

商品ごとにポイント還元率が設定されているため、商品によっては還元率が21.2%にまでアップすることも。

これは、リクルートカードならではの還元率といってよいでしょう。

Pontaポイントを貯めやすいサービスも

リクルートカードで貯まる「リクルートポイント」は「Pontaポイント」に移行することで、街中で利用可能です。

さらに、リクルートカードを決済に利用することで、「Pontaポイント」が貯まりやすいサービスも多く展開されており、普段の食事や飲み会などで大量のポイントを獲得できるチャンスも。

リクルートが運営する「ホットペッパーグルメ」などを利用する際リクルートカードを利用すると、予約人数×50の限定ポイントがもらえるサービスがあり、店舗によっては予約人数×150にまで上がります

基本の1.2%だけでもかなりお得に感じますが、これらのサービスが用意されていることで、さらにポイントを貯めやすい仕組みになっているのです。

次に、「じゃらんnet」を利用する際、特にリクルートカードがおすすめな理由を3つ挙げ、解説していきます。

「じゃらんnet」でリクルートカードがお得な3つの理由

「じゃらんnet」はオンラインカード決済に対応しており、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersなどを支払いに利用できます。

その中でも特におすすめなのが、「リクルートカード」です。

リクルートカードは、上述したようなお得さに加えて、「じゃらんnet」における使いやすさ、お得さが群を抜いています

ここでは、「じゃらんnet」でリクルートカードをおすすめするポイントを以下の3つに絞って紹介します。

「じゃらんnet」で決済するとポイント還元率が最大11.2%までアップ!

じゃらんnet」で旅行の予約をし、リクルートカードを使って支払うと、ポイント還元率は基本で3.2%プランによっては最大11.2%にもなります。

還元率が11.2%になるのは、「じゃらんnet」中の「10%還元プラン」を利用するとき。

「10%還元プラン」で、仮に100,000円の旅行プランを利用した場合は、11,200リクルートポイントを獲得できるという仕組みです。

「じゃらんnet」で得た「リクルートポイント」はサイト内での宿泊予約などに利用可能。

さらに「Pontaポイント」に移行すれば、街中での多種多用なショッピングでも利用できるとあって、利用価値が高いのも大きなメリットです。

リクルートポイントの使い道は多彩

「じゃらんnet」で特に還元率の高い「リクルートポイント」は、1ポイント=1円換算で、「じゃらんnet」だけでなく以下のお買い物にも利用できます。

さらに「Pontaポイント」に移行すれば、多彩な使い道が広がるのも魅力のひとつ。

1Pontaポイント=0.5JALマイルとしてマイルに移行可能なほか、1Pontaポイント=1dポイントとして利用することもできます。

さまざまなシーンで活用できるのは、「リクルートポイント」を貯めるうえでの大きなメリットといえるでしょう。

旅行傷害保険/ショッピング保険が付帯するので安心

「じゃらんnet」をよく利用するという旅行好きに特におすすめしたいポイントのひとつが、リクルートカードにおける補償の確かさです。

年会費が無料でありながらリクルートカードでは、利用付帯の海外旅行傷害保険が最大2,000万円国内旅行傷害保険が最大1,000万円となっています。

また、国内国外を問わず、カード決済で購入した商品の破損・盗難・故障時には、購入日から90日以内に限り年間最高200万円が補償されるショッピング保険が付帯されていて、大きな安心感を得ることができます。

旅行先でのもしもの事故・ケガ・病気などに加えて、買い物の心配にも備えられるという点で、非常に魅力的なカードのひとつです。

まとめ

この記事では、旅行や出張などで「じゃらんnet」をよく利用する人に向けて、そのサービス内容やポイントの詳細をお伝えすると同時に、「じゃらんnet」利用時に最大限のパフォーマンスを得られるクレジットカードとして、リクルートカードを紹介しました。

リクルートカードは、年会費無料ながらポイント還元率が高く国内/国外旅行における補償内容も充実

さらに、「じゃらんnet」におけるお得度においてピカイチのクレジットカードです。

ネットショッピングをポンパレモールに統一すれば、商品代金の3%のPontaポイントがさらに付与されるのも非常に魅力的。

また、普段の飲み会やコンビニでの買い物で貯まるポイントを「じゃらんnet」での宿泊費に充てれば、もっとお得に旅行することができます。

頻繁に旅行したり出張に出る必要があるなら、ぜひリクルートカードの利用を検討してみましょう。

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク
ページトップ