JALのクレジットカードを徹底解剖!無料で飛行機に乗るための全知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「飛行機に乗る機会も多いし、どうせクレジットカードを作るならマイルが貯まりやすいのがいいな」と思うことはありませんか?

JALの飛行機に1年に1度でも乗る人は、是非知っておいて欲しいのがJALカードです。

「マイルを貯めるって何だかめんどくさい」「他のクレジットカードを持っているから」という人も、JALカードの本当の力を知ったらカードを作りたくなってしまうこと間違いなしのお得なポイントをご紹介します。

今回の記事を読めば、JALのクレジットカードのメリットがどこにあるのか、自分に合っているのか、理解できるようになります!

「ANAのクレジットカードとどちらを作ればいいのか迷っている!」という人も必見ですよ。

JALカードが優れているポイントをANAと比較

考える女性

はじめに、JALカードの概要とメリットについてご説明していきます。

JALカード簡単概要

JALカードには以下の4種類が存在します。

カードの種類 本会員年会費(税込) 家族会員年会費(税込) 提携ブランド
普通カード 2,160円 入会後1年間無料 1,080円 JCB、MasterCard、Visa、AMEX、Suica、OPクレジット
CLUB-Aカード 10,800円 3,780円
CLUB-Aゴールドカード 17,280円 8,640円 JCB、MasterCard、Visa、AMEX、Suica、OPクレジット、ダイナース
プラチナ 33,480円 16,740円 JCB、AMEX

初回搭乗マイルが貯まる

JALカードのメリットは、初回搭乗時にボーナスマイルを貯めることができる点です。

「入会搭乗ボーナス」と「毎年初回搭乗ボーナス」の2種類がありますのでご説明します。

通常、CLUB-Aカード、ゴールドなどランクによって搭乗マイルがもらえる

以下のように、カードのランクに応じて初回搭乗マイルが貯まっていきます。

カードの種類 入会搭乗ボーナス 毎年初回搭乗ボーナス
普通カード 1,000マイル 1,000マイル
CLUB-Aカード 5,000マイル 2,000マイル
CLUB-Aゴールドカード
プラチナ

ショッピングでマイルが貯まる

ショッピングの決済を通じてマイルを貯めることもできます。

一般的なショッピングだけではなく、JAL特約店や「マイレージモール」というネットショッピングモールに使用することで、より多くのポイントがつきます。

基本は200円で1マイル。オプションで100円で1マイル

ショッピングにJALカードを使うと、200円=1マイルでマイルが貯まっていきます。

また、年会費に3,240円(税込)を追加して「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すれば、100円=1マイルとなります。

マイルと航空運賃の関係で見ると、1マイル=1~4円以上の価値があります。

ショッピングでカードを積極的に利用することで、どんどん「お得」が貯まっていくんです。

JAL特約店なら2倍に

他にも、JAL特約店を積極的に利用すればポイント2倍のメリットを享受できます。

JAL特約店には、イオンやENEOS、松坂屋、ロイヤルホストなど身近なブランドがずらり。

普段のお買い物や食事などの機会にJALカードを利用することで、ポイントを2倍分貯められます。

JALマイレージモールを通してボーナスマイルも

「マイレージモール」を利用すると、ボーナスマイルが手に入ります。

マイレージモールはJALが運営しているネットショッピングモールなので、JALカードが優遇されているのです。

使い方は簡単で、このマイレージモールを経由して、パートナーになっている企業のショッピングサイトで買い物するだけです。

これによって、通常のショッピングマイルとは別に追加でマイルをゲットすることができます!

パートナーになっている中には、Amazon、ユニクロ、ビックカメラ、ロハコなどの有名店が目白押し。

マイレージモールからリンクをクリックしてパートナーのショッピングサイトにアクセスし、買い物すればボーナスマイルを貯められます。

マイルが搭乗券に交換しやすい

マイルが搭乗券に交換しやすいというのは、特にANAカードと比較したときに際立つJALカードのメリットです。

手数料をかけず、少ないマイルで搭乗券へ交換できます。

マイル移行に手数料がかからない

JALカードは、全種類ともマイルを搭乗券へ交換する際の手数料が必要ありません。

ANAカードの場合、最大で6,480円(税込)の移行手数料を取られてしまいます。

2倍キャンペーンなどを利用してコツコツマイルを貯めても、いざ使おうとしたときにごっそり手数料が抜かれてしまうのは、少しもったいないですよね。

JALカード特典で必要マイルが少なくなる

カード特典をうまく利用すれば、航空券と交換する際のマイルを少なくすることができます!

特典航空券と交換できるマイルには、「通常マイル」と期間限定の「ディスカウントマイル」「JALカード割引」があります。

通常マイル ディスカウントマイル JALカード割引
東京・沖縄往復 15,000マイル 12,000マイル 11,500マイル
日本・ヨーロッパ往復 55,000マイル 45,000マイル 44,000マイル

こうした割引を利用すれば、通常マイルよりも20%以上お得に交換できますよ。

自分がJALカードを作るべきなのかの判断基準

電話をする女性

ここまでは一般論。気になるのは「自分は本当にJALカードを作る必要があるの?」というところですよね。

ここからは、JALカードを作るべきかどうかを判断するための基準を筆者からお伝えします。

1年に1回でもお金を払ってJALの飛行機に乗るならおすすめ

最大のポイントは、「JALの飛行機に年1回以上乗る機会があるかどうか」でしょう。毎年初回搭乗時にボーナスマイルが多く貯まりますし、逆に年に一回も乗らないとボーナスマイルが付与されないためです。

乗るのであればJALカードを作るべきですし、一度も乗らないのであれば作る必要はないでしょう。

初回搭乗マイルがお得

ANAカードと比べて、JALカードは初回搭乗時のボーナスマイルが多く貯まります。

特にCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナの3種類のカードは、入会後の初回搭乗時に5,000マイルもプレゼントされます。その後も、毎年初回搭乗時に2,000マイルプレゼント。

ANAカードですと最高でも2,000マイルですから、JALとは差がありますね。「JALカードは初回搭乗マイルがお得」というのはよく覚えておいてください。

全く乗らない人にはおすすめしない

その一方で、「年1回も乗らないな…」という人にはJALカードをおすすめしにくいです。JALの飛行機に搭乗しない限り、初回ボーナスが付与されないからです。

これに対して、ANAカードの場合は搭乗しなくてもカードを所有しているだけでマイルを付与。

したがって、年1回以上飛行機を利用する機会があればJALカード、年1回も利用しないならANAカードとざっくり決めておきましょう。

貯めたマイルで旅がしたいならおすすめ

次の判断基準としては、マイルの利用方法が挙げられます。貯めたマイルで旅行をしたいのであれば、JALカードが大変お得です。

「マイルを航空券に交換しやすい」という特徴があるからです。次に、その特徴についてご説明します。

マイルは特典航空券が一番お得

JALカードの場合、マイルを航空券に交換するのがとても便利です。

ANAカードですと、ショッピングの支払いに使っても「マイル」が貯まりません。代わりに貯まるのはクレジットカードのポイントで、航空券と交換したい場合はポイント→マイル→航空券と、2段階の手続きが必要となります。

その点、JALカードの場合は「マイル」が貯まりますから、直接マイルから航空券へ交換できます。空の旅に使うのであれば、JALカードの方が便利さを実感しやすいでしょう。

他のポイントに移行したい人は別のカードがおすすめ

航空券ではなく他のポイントに交換したいのであれば、JALカードを使うメリットはあまりないでしょう。

JALカードも電子マネーWAONやファミリーマート専用プリペイドカードなどの移行先がありますが、やや利用範囲が狭いです。

他のポイントに交換するなら、別のカードの方がおすすめです。

こんな人はANAのクレジットカードがおすすめ

次に、JALカードよりもANAカードの方がおすすめとなる条件を説明します。

飛行機搭乗以外の手段でマイルを貯めたい人や、そもそもJALが飛んでいない地方に住んでいる場合はANAカードの方がおすすめです。

飛行機にあまり乗らずにマイルを貯めたい

飛行機にあまり乗らないけれどマイルを貯めたい場合は、ANAカードの方がおすすめです。所有しているだけで毎年ボーナスマイルをもらえるからです。

前述の通り、JALカードは飛行機に乗らない限りボーナスマイルをもらうことができません。

それに対して、ANAカード(一般)であれば入会時に1,000マイル、翌年以降カード更新時に1,000マイルがそれぞれ自動的に付与されます。

飛行機には乗らないが、マイルを貯めたい人はANAカードの方がおすすめです。

よく搭乗する路線ではANAしか飛んでいない

「搭乗する飛行機がANAだけ!」という人の場合は、当然ANAカードの方がおすすめです。

主要空港であればだいたいJAL/ANA双方の飛行機が発着しているのですが、地方によっては「JALがない…」という空港もあるからです。例えば、山形県にある庄内空港が当てはまります。

こうした地方に住んでいる方は、ANAカードを作った方がよいでしょう。地方在住の人は、最寄りの空港の発着便をチェックしてみてください。

JALカードを最大限お得に使う裏ワザ

解説する女性

概ねJALカードにどのようなメリットがあるのか、ご理解いただけたと思います。ここからは、せっかく作ったJALカードをよりお得に使う「裏ワザ」をご紹介します。

オプションに加入しよう

ショッピングの金額が多い人や、飛行機への搭乗頻度が高い人は、JALで用意されているプレミアムオプションに加入するとお得です。どちらも、オプション料金以上にポイントを貯められる可能性があるからです。

まず、月6万円以上使う場合は、3,240円(税込)払って「ショッピングマイル・プレミアム」に入りましょう。

ショッピングマイル・プレミアムに入ると、200円=1マイルだったものが100円=1マイルとなります。

これによって、年間3,600ポイント以上追加加算となります。前述の通り1マイル=約1~4円といったところですから、払った3,240円以上にお得になります。

また、出張や帰省で搭乗頻度の高い人は年会費に2,160円(税込)を追加して「ツアープレミアム」を利用しましょう。区間マイルと同等(100%分)のマイルが貯まります。

国際線エコノミークラスで比較すると、年間4,000マイルほど搭乗すれば元が取れる計算となります。

東京からバンコク(片道2,869マイル)やホーチミン(片道2,706マイル)といった東南アジアへ年1回以上渡航すればOKです。

賢くオプションを利用することで、よりお得にポイントをゲットすることができますよ。

JAL特約店を利用しよう

日本に約52,000店舗あるJAL特約店では、通常の2倍のマイルを貯めることができます。

リアル店舗以外でも、マイレージモールを経由することでボーナスをゲットできるショッピングサイトがあります。

イオン、ファミマ、エネオス、大丸松坂屋など

特約店として特に利用頻度が高かったり、購入単価が高かったりするのは以下の店舗です。

  • イオン
  • ファミリーマート
  • エネオス
  • 大丸松坂屋
  • マツモトキヨシ

などが特約店に加盟しています。

オンラインショップでもマイレージモールを経由してボーナスをゲット

「eマイルパートナー」として登録されている、オンラインショップサイトがあります。このサイトへマイレージモール経由でアクセスすれば、通常のポイントとは別にマイルを貯めることができます。

例えばAmazonであれば、200円=1マイルの割合でマイルをゲットできます。1万円の買い物をした場合、50マイルがショッピングマイルとは別で、追加で加算されることになります!

特典航空券はディスカウントマイル期に使うとお得

マイルを航空券へ交換するときは、ぜひディスカウントマイルのタイミングを狙いましょう。どういったタイミングでマイルを航空券に換えるべきかご説明します。

必要なマイル数が減る

特定の期間を狙うことで、マイルを航空券へ換えるために必要なマイル数が減ります。JALのホームページで、期間限定の、「ディスカウントマイル期間」という情報が発表されているためです。

2017年3月30日の段階では、以下の通り期間が設定されています。

2017年4月1日(土)~2017年5月31日(水)

※除外日:2017年4月28日(金)~2017年5月8日(月)

先ほども紹介しましたが、ディスカウントマイル期の通常マイルとの違いは下記の表を見るとおり、必要マイル数が異なります。

通常マイル ディスカウントマイル JALカード割引
東京・沖縄往復 15,000マイル 12,000マイル 11,500マイル
日本・ヨーロッパ往復 55,000マイル 45,000マイル 44,000マイル

この時期に交換すれば、20%以上お得に特典航空券をゲットできます。

年末年始、夏休み、GWを避けて利用する

マイルを利用したところで、繁忙期のチケットの争奪戦が激しいのは変わりません。

JALでは、年末年始や夏休み、GWなどといった時期でも必要なマイル数が増えることはないのですが、さすがに割引期間にはなりません。

どうせなら賢くマイルを交換したいところですから、繁忙期を避けましょう。

新サービス「どこかにマイル」でお得に旅行

2016年11月に発表された新企画が、「どこかにマイル」です。事前に行き先を知らされないドキドキツアーで、少ないマイルで旅行ができます。簡単に説明します。

往復6,000マイルで旅ができる

マイルの行き先は、通常であれば12,000マイル以上必要なところです。それが往復6,000マイルと半分以下で利用できます。

自分で行き先は決定できない

事前に候補地を知ることはできますが、その中でどこにいくのか自分で決めることはできません。これがどこかにマイルの最大のメリット(?)といえるでしょう。

申込を済ませると、後日メールで行き先を知らせてくれます。このように、ちょっとした冒険心を格安で味わえるのが「どこかにマイル」の特徴ですね。

JALカードの注意点やデメリット

困る女性

どんなカードにも一長一短があります。デメリットを知らないと、驚くほど損する可能性もあります。

最後に、JALカードを使用する際の注意点やデメリットをまとめましょう。

年会費がかかる

カードの種類に応じて年会費がかかります。初年度は無料でも、最も安い普通カードでも2,160円(税込)かかります。

グレードが上がるごとに年会費も高くなります。例えば、プラチナともなれば本会員33,480円(税込)、家族会員16,740円(税込)もかかります。

年会費に見合ったメリットがあるのか、注意する必要があります。

マイルには期限がある

せっかく貯めたマイルですが、取得して3年後の月末には失効してしまいます。自分が保有しているマイルの有効期限は、メールマガジンや会員サイトですぐに確認できるため、月に1度は確認するようにしましょう。

特典航空券は本人か家族しか使えない

マイルから交換した特典航空券を使用できるのは本人、配偶者、二親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者だけ。

家族とはいえど、例えば叔父や叔母、いとこは使用できません。

国際線の燃油や税金は別途支払う必要がある

飛行機に乗るときは、航空運賃以外にもサーチャージや航空保険料などがかかります。

こうした別料金については、特典航空券を使ったとしても別途支払う必要があります。

まとめ

以上、JALカードの魅力や注意点についてをまとめました。

  • JALカードは、年1回以上JALの飛行機に乗る人におすすめ
  • ショッピングやレストランなどの支払いには積極的にカードを利用する
  • 貯まったマイルは特典航空券へ交換するのがベスト
  • 月6万円以上使用するならショッピングマイル・プレミアムへ入会すべき

JALカードは、JALの飛行機への搭乗を前提として使用するのがよいでしょう。搭乗するならば本当にお得なクレジットカードなので、ぜひ入会を検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事