伊勢丹や三越のクレジットカードはお得?メリットや注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ショッピングバッグとクレジットカード

伊勢丹や三越でよくお買物をする人にとって、伊勢丹と三越が発行しているクレジットカードの入会はお得なのか、他の百貨店カードとどのようにサービスが違うのか気になるところですよね。

三越伊勢丹の店員さんが積極的に教えてくれない、カードのデメリットも知りたいポイントです。

今回は、伊勢丹と三越のクレジットカードの基本的な情報や、入会すると得られるメリットなどをご紹介!

それに合わせてカード入会がおすすめな人、おすすめではない人もこの記事で解説します。

伊勢丹や三越で使うと一番お得なクレジットカード

ショッピングをする女性

伊勢丹や三越でお買い物をするときにお得になるのは、伊勢丹と三越が独自に発行するクレジットカードの利用です。

ここでは伊勢丹や三越のクレジットカードの年会費やポイント還元率、カード附帯など基本情報を解説していきます。

クレジットカードの基本情報として挙げられるのは

  • カードの種類と年会費
  • ポイント還元率
  • ポイントの交換先
  • カード付帯メリット

上記の項目が一般的です。この章では伊勢丹や三越が発行するクレジットカードの基本情報を元に、どのような人に向いているカードなのかもご説明します。

前提として、伊勢丹でも三越でも使える

伊勢丹や三越のクレジットカードは、両方の百貨店で使用可能です。

2つの百貨店は2008年に経営統合し、「株式会社三越伊勢丹ホールディングス」を設立しました。現在同じ企業が運営しているので、クレジットカードに関してのサービスに違いはありません。

伊勢丹アイカードを持っている人も三越でお買物すると、クレジットカードポイントはきちんと貯まります。

カードの種類と年会費

三越伊勢丹のクレジットカードは全部で2種類発行されています。

  • 「一般カード(三越 M CARD、MICARD、ISETAN I CARD)」
  • 「ゴールドカード(三越 M CARD、MICARD、ISETAN I CARD)」

それぞれの年会費を比べてみましょう。

一般カード

一般カードは年会費が2,000円(税別)です。国際ブランドはVISAとAMERICAN EXPRESSの2つから選ぶことができます。家族カードの申し込みも可能です。

  • 年会費:初年度無料、次年度から2,000円(税別)
  • 家族会員:無料(4枚まで申し込み可)

一般カードには「三越 M CARD」、「MICARD」、「ISETAN I CARD」のようにデザインと名称が3種類あり、よく利用する百貨店によって券面が異なります。基本情報に変わりはありません。

また、家族カードは4枚まで申し込むことができ、家族分の年会費は全て無料です。

エムアイカード

Medium micard

国際ブランド

VISA アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

- -
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5%~3.0% エムアイポイントワールド
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日発行 - 無料
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

ゴールドカード

ゴールドカードは初年度から年会費が10,000円(税別)必要になるタイプで、こちらも国際ブランドはVISAかAMERICAN EXPRESSの2つから選ぶことが可能です。家族カードの申し込みもできます。

  • 年会費:10,000円(税別)
  • 家族会員:1枚あたり2,000円(税別)(4枚まで申し込み可)

ゴールドカードの券面も3種類ありますが、カード基本情報は全て同じです。

家族カードは初年度から年会費2,000(税別)が必要になります。

ポイントの還元率

ポイント還元率は一般カードもゴールドカードも、三越伊勢丹グループでの利用で、初年度基本ポイントが5%になります。ゴールドカードは基本ポイントが優遇されている店舗もあり、一般カードとはポイント還元率に違いが出てきます。

一般カード

一般カードは、伊勢丹や三越で1商品を購入時、3,000円(税別)以上のとき、購入額に対して5%の還元率となります。3,000円(税別)未満の場合は還元率が1%です。

  • 伊勢丹・三越で1商品3,000円(税別)以上のお買物:5%(100円あたり)
  • 伊勢丹・三越で1商品3,000円(税別)未満のお買物:1%(100円あたり)
  • 食料品、レストラン、喫茶店:1%
  • ボーナス1回払い:1%
  • 三越海外店:0.5%
  • セール品、福袋、一部ブランド:対象外
  • VISA、AMERICAN EXPRESS加盟店:0.5%

各店舗やサービスによって還元率は変動します。また、セール品や福袋、一部ブランドはポイントサービスの対象外となっています。

ゴールドカード

ゴールドカードも一般カードと同様、伊勢丹や三越で1商品を購入時、3,000円(税別)以上なら、購入額に対して5%の還元率となります。3,000円(税別)未満の場合は還元率が1%です。

  • 伊勢丹・三越で1商品3,000円(税別)以上のお買物:5%(100円ごと)
  • 伊勢丹・三越で1商品3,000円(税別)未満のお買物:1%(100円ごと)
  • 食料品、レストラン、喫茶店:1%
  • ボーナス1回払い:1%
  • 三越海外店:1%
  • セール品、福袋、一部ブランド:対象外
  • VISA、AMERICAN EXPRESS加盟店:1%

一般カードよりも還元率が優遇され、VISA、AMERICAN EXPRESS加盟店は1%になります。

ポイントの交換先

一般カードとゴールドカードを使用して獲得したポイントは、下記の5つに交換することができます。

  • 伊勢丹や三越でのお買物ポイント(1ポイント=1円)
  • JALマイル(3,000ポイント=1500マイル)
  • ANAマイル(2,000ポイント=500マイル)
  • JTBトラベルポイント(1,000ポイント=1,000トラベルポイント)
  • TLCポイント(1ポイント=1ポイント)

三越伊勢丹グループ店舗で使えるお買物ポイントは、レジで「ポイントを使います」と声をかけるだけで使用可能です。

JALマイルは、「JALマイレージバンク」に事前登録が必要で、3,000ポイント以上1,000単位で交換、ANAマイルは「ANAマイレージクラブ」にて2,000ポイント以上2,000単位の交換になります。

JTBに関しては「JTBトラベルポイント番号」が必要となり、交換条件が1,000ポイント単位。TOKAIグループのポイントサービスである、TLCポイントは1ポイント単位から細かく交換が可能です。

付帯メリット(ゴールドのみ)

旅行保険などカード付帯が付いているのは、ゴールドカードのみです。一般カードには付帯メリットはありません。では、ゴールドカードの付帯メリットをご紹介しましょう。

  • 旅行保険:海外(最高補償1億円)、国内(最高補償5,000万円)
  • カードラウンジ:あり
  • ショッピング保険:年間300万円まで補償(三越伊勢丹グループでのお買物が対象)
  • クーポン券配布

空港ラウンジは国内14箇所、ホノルル国際、仁川国際を無料で利用できます。旅行保険は旅費をゴールドカードで支払うことが前提で、さらにお買物でゴールドカードを使用すると、ショッピング保険も対象になります。

毎年3月に駐車場料金や配送料がお得になるクーポン券(14枚:4,200円分)が送られてくるなど、年会費が10,000円(税別)必要な分、付帯メリットがとても大きいのが特徴です。

三越伊勢丹グループでポイントが最大10%貯まる!
エムアイカードの詳細をみる

こんな人におすすめ

三越や伊勢丹が発行するクレジットカードは、年会費の金額、年間利用額によっておすすめするカードの種類が違ってきます。

  • 一般カード:年間40,000円分の利用がある人
  • ゴールドカード:年間200,000円分の利用がある人

では、上記の内訳を詳しく解説していきます。

一般カード

  • 三越伊勢丹グループでの利用が年間40,000円(税別)以上になる人

一般カードは年会費2,000円(税別)ですので、三越伊勢丹グループでの利用が年間40,000円分で基本ポイント5%還元されると、年会費とほぼ同額のお買物ポイントを得ることができます。

初年度年会費が無料なので、自分がどれくらい伊勢丹や三越でお買物しているのか確かめるのも良いでしょう。

伊勢丹や三越以外のVISA、AMERICAN EXPRESS加盟店のポイント還元率は0.5%ですので、あくまでも三越伊勢丹グループ専用の支払いカードという認識を持てる人におすすめです。

ゴールドカード

  • 三越伊勢丹グループでの利用が年間200,000円(税別)以上になる人

ゴールドカードは年会費が初年度10,000円(税別)必要ですから、三越伊勢丹グループでの利用が年間200,000円以上の人だと年会費とほぼ同額のお買物ポイントを得ることができます。

毎年4,200円分のクーポン券が貰えたり、高額な旅行保険など付帯メリットが豊富ですので、カード付帯に魅力を感じる人もおすすめです。

また、伊勢丹や三越以外のVISA、AMERICAN EXPRESS加盟店での使用はポイント還元率が1%になり、一般カードよりも高い還元率ですので伊勢丹や三越以外の利用でもポイントが貯まりやすくなっています。

伊勢丹アイカードはここがすごい!

OKサインをする女性

伊勢丹や三越のクレジットカードの基本情報の次は、伊勢丹と三越のクレジットカード利用がもっとお得になるサービスや、入会して得られるメリットをさらにご紹介します。

伊勢丹と三越が実施しているすごいサービスは

  • 前年の利用額で還元率が変わる
  • 家族カードが無料で利用額を合算できる
  • ポイントアップキャンペーン

このの3つがおすすめのポイントです。

この章では伊勢丹と三越のサービスが、他の百貨店と比べてどのようにお得になっているのかも解説していきます。

前年の利用額で還元率が変わる

伊勢丹や三越のクレジットカードは、年間の利用額に応じて翌年の基本ポイントの還元率が変わるステージ制を設けています。お買物が多いほど最大10%まで還元率を引き上げることが可能です。

  • 年間30万円(税込)未満:5%
  • 年間30万円(税込)以上:8%
  • 年間100万円(税込)以上:10%

さらに、ボーナスポイント制度によって、前年の利用額に応じて10,000〜25,000ポイントが付与されます。

  • 年間200万円(税込)以上:10,000ポイント
  • 年間300万円(税込)以上:15,000ポイント
  • 年間500万円(税込)以上:25,000ポイント

前年度の利用額に応じたボーナスポイント付与は、他の大手百貨店である高島屋のクレジットカードにはない制度です。

家族カードが無料で利用額を合算できる

家族カードを申し込んで使用すると、家族カードの利用額を本会員カードに合算することができます。

つまり、基本ポイントの還元率が上がりやすくなり、三越伊勢丹グループでのお買物を8%や10%にすることも可能になるのです。

また、年間200万円以上からボーナスポイントも貰えるので、家族カードを作るとポイントが貯まりやすくなります。

一般カードとゴールドカードは、両方とも4枚まで発行できるので枚数が多い家庭は有利になります。

ポイントアップdays

三越伊勢丹グループ以外での還元率は一般カード0.5%、ゴールドカード1%です。しかし、大手企業とのタイアップで還元率が2〜3倍になるポイントアップキャンペーンが不定期で行われることもあります。

ポイントアップではなく、お買物をすることで3,000ポイントなど高額のポイントをプレゼントするサービスも実施しています。

過去にキャンペーンを実施した企業

  • ビックカメラ×ソフマップ
  • 紀伊國屋書店
  • ニトリ
  • セブンイレブン

キャンペーンの概要は伊勢丹や三越のクレジットカードサイトでもある「MI CARD」のキャンペーンから確認できますので、逐一確認するとお得にポイントを貯めることが可能です。

三越伊勢丹グループでポイントが最大10%貯まる!
エムアイカードの詳細をみる

こんな人にはおすすめしません

困っている男女

ポイントステージ制や合算システムで基本ポイントの還元率が高くなる、伊勢丹と三越のクレジットカードですが入会がおすすめできない人もいます。

伊勢丹と三越のクレジットカード入会に向かない人の特徴

  • 伊勢丹や三越での利用が40,000円以下の人
  • 年会費を払いたくない人

上記2つがポイントになるでしょう。この章では、上記の項目に当てはまるとどうして入会に向かないのかを解説していきます。

伊勢丹や三越での利用が40,000円以下の人

一般カードは年会費2,000円(税別)が必要になります。その年会費分のポイントを貯めきれない人は入会すると損と感じるケースが出てきます。

また、ゴールドカードは200,000円以上お買物しないと年会費と同額のポイントは貯まりません。

例)基本ポイント5%で計算(100円ごと)

  • 一般カード:2,000ポイント=40,000円×5%

→年間40,000円(税別)の利用で、年会費とほぼ同額の2,000ポイント得られる

  • ゴールドカード:10,000ポイント=200,000円×5%

→年間200,000円(税別)の利用で、年会費とほぼ同額の10,000ポイント得られる

還元率5%が対象なのは、三越伊勢丹グループでのお買物になります。さらに、セール品はポイント対象外です。

伊勢丹や三越で一般商品の購入額が少ない人は、年会費分のポイントを貯めるのが難しくなります。

年会費を払いたくない人

伊勢丹や三越のクレジットカードで、年会費が永久無料のカードはありません。

一般カードは初年度が無料ですが、次年度から年会費が2,000円(税別)必要となります。

クレジットカードに年会費を支払いたくないという人も、伊勢丹や三越のクレジットカード入会はおすすめできません。

まとめ

今回の記事では、伊勢丹や三越のクレジットカードの基本情報についてご紹介しました。

再度ポイントをまとめます。

  • 年会費は2,000円または10,000円(永久無料のカードはない)
  • 三越伊勢丹グループでのお買物は5%の還元率(1商品3,000円未満は1%)
  • 国際ブランド加盟店では0.5%または1%の還元率
  • 前年の利用額で翌年の基本ポイントが上がるステージ制度
  • 家族カードの利用分も合算できるからステージが上がりやすい
  • 三越伊勢丹でのお買物が少ないとデメリットになる場合もある

伊勢丹や三越のクレジットカードは利用額に応じて基本ポイントが上がるので、家族カードを作って合算することでお得になります。

しかし、年間利用額が少ない人はメリットを感じづらいでしょう。

三越伊勢丹グループでの利用状況を確認してから、入会を検討するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事