クレジットカードからApple Payやおサイフケータイまで、iDの利用方法や注意点を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子マネーを利用すると現金を持ち歩く必要がなくなって便利ですし、実際の請求はクレジットカードに対して行われるので支払額に応じてポイントを貯められたりしてお得です。

ここでは数ある電子マネーの中でも「iD」について説明します。 電子マネーを使ってみたい、Apple Payやおサイフケータイで決済してみたいという方は参考にしてください。

考える女性

iDは電子マネーの一種です。 ドコモが始めた電子マネーサービスですが、対応しているクレジットカードを持っていればどなたでも利用することが可能です。

Apple Payやおサイフケータイに対応しているスマートフォンでも利用できますが、その場合でもiDに対応しているクレジットカードが必要になります。

iDは後払い式の電子マネーです。事前のチャージは不要で、読み取り機にかざすだけで支払いが完了します。

決済するとそのiDに紐づいているクレジットカードに請求が行われます。

一部の電子マネーについては他社のサービスと互換性があったりもしますが、iDはiDの加盟店でのみ決済することが可能です。  

ちなみにiDに対応しているお店では、レジ付近に分かりやすくiDマークのシールが貼られていたり掲示されているはずです。

例えばローソン・ファミリーマート・セブンイレブンなどの大手コンビニは一通り対応しているので、ぜひ1度レジの端末を確認してみてください。

レジでの支払いの流れは、現金で支払う場合とほぼ同じです。ただしiDを搭載したカードやスマートフォンをかざす前に、店員さんにiDで支払うという旨を伝えましょう。

すると店員さんがレジを操作して、専用の読み取り機にかざすように促されるはずです。それから読み取り機にカード、もしくはスマートフォンをかざしましょう。数秒間かざして認証されると音が鳴って決済が完了します。

次にApple Payを利用したiDの支払方法について簡単に説明します。

クレジットカードとスマホ

iDはApple Payに対応しているiPhone 7やiPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2でも利用可能です。

対応しているクレジットカードを登録すると、コンビニなどの読み取り機にかざして決済する際にiDとして処理されます。

ここでApple Payで支払うと伝えるのは間違いです。Apple Payでも店員さんにはiDで決済する旨を伝えましょう。

Apple PayでiDを利用する場合、必ずしもクレジットカード自体にiD機能が付帯されている必要はありません。

例えばソフトバンクカードにはiDが付帯されていませんが、Apple Payに登録すればiDとして利用することができます。

対応クレジットカードの多くは元々iDが付帯されていますが、iDが付帯されているクレジットカードでないと利用できないというわけではないということを頭に入れておくと良いでしょう。

おサイフケータイ

おサイフケータイに対応している機種も、対応クレジットカードを登録すればiDが利用可能になります。

必ずしもクレジットカード自体にiDが搭載されている必要はありません。 例えばファミマTカード(クレジットカード)はカード自体にはiDが搭載されておらず、おサイフケータイを利用することで初めてiD決済が可能です。

ただしおサイフケータイ版のiDは、おサイフケータイに対応している機種ならどれでも利用できるというわけではありません。

iDはNTTドコモが始めた電子マネーということもあり、基本的にドコモが販売した端末かSIMフリースマートフォンでないと利用できません。

またこれはSIMロックがかかっていなければ使えるというわけではありませんので注意してください。auやソフトバンクが販売した端末は、たとえSIMロックを解除したとしてもiDを利用することは不可能です。

初めからSIMフリーの状態で販売されているおサイフケータイ対応端末ならiD自体は利用できますが、さらに他にも気を付けないといけない点があります。

おサイフケータイのiDにdカードを登録できるスマートフォンは、ドコモが販売した機種に限られます。SIMフリー版のiDアプリは、dカードが登録できない仕様となっているのです。

dカード自体にもiDの機能は搭載されているのでdカード自体をかざして決済すれば良い話なので大したデメリットではありませんが、SIMフリーのおサイフケータイ対応機種を使っている方は注意してください。

どうしてもdカードを登録したい場合は、ドコモ端末の白ロムを利用しかありません。  ちなみにおサイフケータイでも、店員さんにはiD決済であることを伝えましょう。

大事なのは電子マネーで決済することではなく、どの電子マネーで決済するのかということです。

おすすめクレジットカード

iD決済を利用するのにおすすめのクレジットカードを、3つ紹介します。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードザポイントは年会費が永年無料のクレジットカードです。電子マネーはiD以外にQUICPayも搭載しています。

クレジット支払額100円につき1ポイントが貯まります。もちろんiDやQUICPay決済もポイント付与対象です。1か月に利用した合計金額から計算するので、少額決済でも無駄なくポイントを貯めることができます。

入会後6か月間はポイント還元率が2倍の2%になる点も魅力的です。 またオリコカードザポイントはインターネット通販にも強いです。

オリコカード・ザ・ポイント還元率

例えばAmazonはオリコモール経由で利用すると+1%されて合計2%のポイントが貯まります。入会後6か月間については破格の3%です。

まったく使わなくても年会費がかかることはないですし、少額決済でも確実にポイントを貯められるのでクレジットカード初心者にも向いています。クレジットカードに慣れていない方はオリコカードザポイントから作ってみてはいかがでしょうか。

ただしApple Payに登録する場合は、QUICPayで決済されてしまうので注意してください。Apple Payで利用するなら次のdカードがおすすめです。

入会でポイントがもらえる!
オリコカード・ザ・ポイントの詳細をもっと見る

dカードはドコモが発行しているクレジットカードですが、auやソフトバンクユーザーでも作れます。

またdカード自体にiD機能が搭載されているだけでなく、Apple Payやおサイフケータイに登録して利用することも可能です。

iDを含むクレジット決済のポイント還元率は1%です。dカードは1回利用するごとにポイントが付与されるので、オリコカードザポイントと比べると少し効率が悪いです。

しかしローソンやマクドナルドではdカードを提示してiDで決済すると、2%のポイント還元と3%の割引を受けられます。

大手のコンビニでここまで大きな割引を受けられるクレジットカード・電子マネーは、dカードのiD以外にありません。圧倒的な還元率です。

年会費は初年度無料、次年度についても前年に1回以上利用していれば無料になります。ローソンやマクドナルドをよく利用するなら、他社ユーザーであっても非常にお得です。

またドコモユーザーならゴールドカードのdカード GOLDがおすすめです。こちらは最大10万円のケータイ補償サービスや、ドコモ利用料金の10%ポイント還元など、ドコモユーザー限定のお得な特典がたくさん用意されています。

年会費が10,000円(税抜)かかりますが、それ以上のメリットが確実にあります。特に家族でドコモを利用しているなら1枚目の家族カードは年会費無料で持てるので、年間で1万ポイント以上貯めることも難しくありません。

そんなお得なdカード・dカード GOLDですが、SIMフリーのおサイフケータイ対応機種で使えないことだけが少し残念です。

しかしdカードがお得であることには違いありません。特にローソンやマクドナルドを利用する方におすすめです。

ファミマTカード(クレジットカード)はその名の通りファミリーマートでの支払いがお得になるiD対応クレジットカードです。ファミマTカードiDというサービスを利用することで、おサイフケータイのiDが利用可能になります。

ファミマTカードiDのメリットは、iD決済時にわざわざTカードとして提示する必要がないことです。iDで決済するだけでTポイントが貯まります。

他のクレジットカードに付帯されているiDで決済しようとすると、Tカードを提示してしまってから別のカードを取り出して…とすごく手間がかかりますよね。

しかしファミマTカードとおサイフケータイがあれば、スマートフォンを1回かざすだけでポイントを貯めつつ支払うことが可能です。

ファミリーマートをよく利用する方で、おサイフケータイ対応機種を持っている方におすすめです。

考える男性

ここまで説明した内容を踏まえて、iD決済のデメリットを考えてみましょう。

iDは後払い式の決済方法です。チャージ式の電子マネーであればチャージした金額以上に利用することはできませんが、基本的にiDはクレジットカードの限度額一杯まで決済できてしまいます。

銀行口座に入っているお金以上に支払うことができてしまうという意味ではクレジットカードとまったく同じです。計画的に利用しないと、請求金額が支払能力を超えてしまう恐れがあります。

ドコモユーザーならdカード miniというサービスを利用することで、iDの限度額を最大3万円以内で設定することが可能です。

dカード miniは保護者の同意さえあれば中学生以上の未成年でも利用できるので、必ず保護者の方が設定を行いましょう。

クレジットカードを紛失や盗難などにより不正利用の被害に遭った場合は、適切な対応を行えばクレジットカード会社の補償を受けられます。

これはiDについても同じで、iDを付帯しているクレジットカードに準じた補償を受けられるので心配は無用です。 またおサイフケータイを利用しているスマートフォンを紛失した場合は、ドコモに連絡することでおサイフケータイ機能を遠隔でロックしてくれます。

ただしSIMフリー端末の場合はこのようなサービスがありません。 もしSIMフリー端末でiDを利用していて紛失した場合は、iDを提供しているドコモのインフォメーションセンターに問い合わせて指示を仰ぎましょう。

楽天Edyやnanacoのような電子マネーは、クレジットカードからチャージすることでポイントを貯められます。また決済時にも支払額に応じてポイントが貯まるので、ポイントを二重取りすることが可能です。

しかし後払い式のiDではこのようなポイント二重取りはできません。 ただし例外的に、dカード miniならポイント二重取りが不可能ではありません。

dカード miniは簡単にiDを利用するためのサービスです。ドコモユーザーのみが利用できます。 少しややこしいですが、普通はiDで支払ってもポイントは貯まりません。

iDの請求をクレジットカードで支払うことで、クレジットカードのポイントが貯まるのです。 ところがdカード miniのiDについては唯一、支払額に応じてポイントが貯まるのです。

200円につき1ポイントがdポイントで還元されます。 dカード miniの利用料金はドコモの携帯電話料金と合算で請求されます。

これをクレジットカードで支払えば、クレジットカードの決済ポイントが貯められて二重取りが可能というわけです。

しかし、ポイント二重取りはお得ですがデメリットもあります。限度額が最大3万円なので、二重取りで得られるポイントは最大でも150ポイントと限られています。

さらに限度額は必ず3万円となるわけではありません。携帯電話の利用状況によっては3万円以下となることもあります。ドコモが決めた上限以内で設定可能なのです。

またdカード miniだとdカードの特典が受けられない場合もあります。なので基本的にiDでポイント二重取りはできないものと考えておいたほうが良いでしょう。

おサイフケータイのiDは、機種とクレジットカードの両方が対応していないと利用できないのでよく確認して選びましょう。

auやソフトバンクが販売した機種はiD自体が利用できませんし、SIMフリー端末はdカードを登録することができません。

ドコモが販売した端末なら確実ですが、他社ユーザーやSIMフリー端末を使っている方は注意してください。

iDを利用する方法はいろいろあります。クレジットカードと一体型になっているものもあれば、Apple Payやおサイフケータイに対応しているスマートフォンがないと利用できないものもあります。

Apple Payやおサイフケータイで利用する場合でも、基本的には対応しているクレジットカードが必要です。

例外的にドコモユーザーならdカード miniという選択肢もあり、おサイフケータイ対応機種と保護者の同意があれば未成年でも利用することができます。

ローソンやマクドナルドを利用するならdカードのiDが圧倒的にお得ですが、クレジットカード自体にあまり慣れていないという方は、年会費が永年無料のオリコカードザポイントから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた著者:GARNET

スマートフォンや格安SIMなどの話題が好きなブロガーです。 自分にとってベストなクレジットカードを模索中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加