法人カードの特徴やメリット、種類や審査について解説

ビジネスマン

インターネットショッピングやレストラン・ホテルなどの代金支払いなど、いまやクレジットカードは私たちが豊かな生活を送るのになくてはならない大切なアイテムの1つです。

そんなクレジットカードですが、実は個人だけではなく企業や個人事業主などの法人も多くが利用しているということをご存知だったでしょうか?こうした企業などが利用するクレジットカードは法人カードと呼ばれ、一般的な個人向けクレジットカードとは区別されています。

ここでは法人カードの特徴や導入するメリットなどについて詳しくご紹介していきます。

法人カードのメリットは経理の効率化

通帳とカードと電卓

個人向けのクレジットカードと区別されている法人カードですが、使い方に大きな違いがあるというわけではありません。では、わざわざ事業者が法人カードを導入することのメリットはどのような点にあるのでしょうか?

経理のシンプル化による効率性向上

法人カードを導入することによる最大のメリットとされているのが、事業者にとって大変面倒な経理手続きのシンプル化です。

企業の規模にもよりますが、社員を数十人数百人と雇用している場合、交際費や出張費用を社員一人ひとりが自身の現金やクレジットカードで支払いをしてしまうと後々の精算作業は極めて厄介であり、無駄な労力を割かなければなりません。

しかし、社員に法人カードを持たせていれば、社員が一時的に立て替える必要はなくなり、費用も法人名義の銀行口座から引き落とされるため、経理の手続きをシンプル化でき格段に効率性の向上を図れるというわけです。

併せて個人ごとに独自の明細書が作られるため、仕事と関係のない費用の請求といった社員の不正を防止する効果も期待できます。

ポイント還元による経費の削減

個人に比べ遥かに大きな金額を扱う事業者にとって法人カードのポイント還元は非常に魅力的です。

例えば、ポイント還元率1.0%の法人カードを作り、年間1000万円利用したとすれば10万円分ものポイントが還元され、経費の削減につながります。

事業経営をサポートするサービス

法人カードに付帯するサービスは個人向けクレジットカードに比べると事業経営をサポートする内容を重視していることも特徴の1つです。

例えば、今後の事業について相談できるビジネスコンサルティングサービス、経費の見直しを行ってくれるビジネスセービング、企業の福利厚生を助けるクラブオフプログラムなど内容はカードごとに異なりますが、さまざまなサービスが用意されています。

このように事業者が法人カードを導入するメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

法人カードの種類

Close-up portrait of happy businessman showing credit card

上記では一口に法人向けのクレジットカードとしてまとめてお話してきましたが、実は法人カードにはビジネスカードとコーポレートカードの2つの種類が存在します。

ビジネスカード

ビジネスカードは主に個人事業主・中小企業向けの法人カードです。ビジネスカードは発行枚数や限度額に制限があることが一般的なため社員の少ない事業者向けとなっています。

一方、コーポレートカードに比べると年会費が安いものが多いといった特徴があります。

コーポレートカード

コーポレートカードは主に大企業や官公庁向けの法人カードです。ビジネスカードのような発行枚数制限はなく、部署単位で限度額を設定できるなど柔軟性に優れていることが特徴です。

上記で示したように法人の規模に応じてどちらのクレジットカードを発行するか選択するようにしましょう。

法人カードの審査

解説する女性

私たちが個人向けクレジットカードを作成する際のハードルとなる審査ですが、もちろん法人カードも同様に審査をクリアしなければ発行することはできません。

しかも、法人カードの審査は個人向けクレジットカードに比べるとかなりハードルが高めに設定されいる言われています。

審査の基準とされる項目

そこで、以下では少しでも法人カードの審査通過率をアップさせるため、審査の基準とされる項目をピックアップして確認していきましょう。

◆事業年数

(設立から3年以上が目安)

◆経営の黒字化

(2期連続以上の黒字が目安)

◆経営者のステータス (申し込む名義は経営者となることが多く、審査では企業だけでなく経営者個人のステータスもチェックされる)

主に上記のような項目が審査の対象となります。

個人向けクレジットカードとは大きく違う点の1つですから、導入を検討している方はこれらも事前に確認することが重要です。

ただし、全ての法人カードが上記の審査基準を採用しているわけではありませんので、口コミ等も参考にし通りやすいとされるところに思い切って申し込んでみるというのもいいかもしれません。

まとめ

以上、法人カードの特徴やメリット、個人向けクレジットカードとの違いについてご紹介してきました。

  • 法人カードを使うことで、経理手続きのシンプル化が実現する
  • 法人カードには「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の2種類が存在する
  • 法人カードの審査は、個人向けカードに比べてハードルが高めに設定されている
事業経営にはコストの削減がとても重要となります。ぜひ積極的に、法人カードを活用してみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事