一人暮らしに関わる費用解説&クレジットカードで生活費節約術

引越しの住所変更をする女性

これから春に向けて一人暮らしを始めようと思っている方は、実際に毎月どのくらいの費用が必要なのか不安ではありませんか。

一人暮らしの初期費用や毎月の費用の概算が分かれば、安心して新生活を始めることができるようになります。

加えて、一人暮らしを始めるために必要な初期費用毎月かかる費用を抑える方法を知り、一人暮らしに関するお金の不安を解消したいと思いませんか?

今回は毎月かかる生活費を節約する方法や、クレジットカードによるお得な割引ポイントを賢く使って家計を助ける方法をお伝えしていきます。

これで、一人暮らしに関してお金の不安を抱えている人が初期費用や毎月の生活費を節約する方法を知り自分で実践することができるようになります。

さらに、クレジットカードの割引特典やポイント制度を利用してお得な体験をすることができます。

最後まで読めば、一人暮らしのお金に関する不安が解消されて新生活を始めるのが楽しみになるでしょう!

一人暮らしを始めるまでにかかる費用

お金とメモ

一人暮らしを始めるまでには、以下の2つの費用がかかります。

  • 部屋を借りる費用や引っ越し費用
  • 家具や家電、その他の生活必需品を揃える費用

具体的にどのような費用がかかってくるのかを確認しましょう。

部屋を借りる費用・引っ越し費用

一人暮らしをするためには、部屋を借りる費用引っ越し費用がかかります。

部屋を借りる費用は「敷金」や「礼金」、「不動産会社への仲介手数料」といった費用があります。敷金や礼金は家賃の2ヶ月分、仲介手数料は家賃1ヶ月分が目安となります。

前家賃として1ヶ月分支払うこともあるため、最初に支払う費用は家賃の4~5ヶ月分と考えておきましょう。

敷金や退去時に返還してもらえる費用ですが、礼金は謝礼として支払うもので返ってきません。部屋を借りる際は「礼金0ヶ月」となっているものを選ぶことで初期費用を安くすることができます。

引っ越し費用は運搬する荷物の量によって金額が異なるため、家電や家具を持っていくのであれば解体してコンパクトな状態にすることで引っ越し費用を安く抑えることができます。

折り畳み式の家具を選ぶのも費用を安く抑えるための賢い方法です。

家具や家電、その他の生活必需品を揃える費用

一人暮らしを始めるためには、引越し先で使用する家具や家電、その他生活必需品を揃える費用も必要です。

冷蔵庫や洗濯機、電子レンジといった家電は生活する上でなくてはならないものですが、一度にすべてを購入するとなると費用がかさみます。 コインランドリーやコンビニなどを上手に活用しながら少しずつ買い足していけば、費用を分散できるようになります。

初期費用を節約する方法は、後述する「一人暮らしの初期費用節約術」で詳しく解説していきます。

一人暮らしを始めるために必要な費用にはどのようなものがあるのかを理解することができたら、次に一人暮らしの1ヶ月にかかる費用の内訳を確認していきましょう。

一人暮らしの1ヶ月にかかる費用内訳

電卓とお金

一人暮らしの1ヶ月にかかる費用内訳を、大学生と社会人に分けてまとめてみました。

どちらも部屋を借りる前提で家賃支払いが発生していますが、寮などの場合はもう少し安くなるとお考えください。

大学生の場合

大学生の1ヶ月の費用内訳は、以下の金額を一般的な目安として考えておきましょう。

  • 家賃(1DK):6万円
  • 食費:3万円
  • 光熱費(電気、ガス、水道、NHK受信料):1.5万円
  • 通信費:1万円
  • 娯楽、交際費:2万円
  • 大学までの交通費:0.5万円
  • 合計:14万円

食費の3万円は1日1,000円×30日で計算しているので、学食や自炊を活用すればもう少し抑えることができます。 光熱費は夏や冬はもう少しかかることになりますが、1年を平均するとだいたい1.5万円くらいになります。

NHK放送受信料は家族割引を活用すれば半額の受信料で済みます。 通信費は主に携帯端末の使用料ですが、格安SIMを活用すればさらに費用を安く抑えることができます。

大学までの交通費は片道30分の通学定期券1ヶ月分で計算しています。大学から徒歩圏内の部屋を借りれば交通費を0円にすることができます。

社会人の場合

社会人の1ヶ月の費用内訳は、だいたいこれくらいはかかると考えておきましょう。

  • 家賃(1DK):10万円
  • 食費:3万円
  • 光熱費(電気、ガス、水道、NHK受信料):1.5万円
  • 通信費:1万円
  • 娯楽、交際費:5万円
  • 会社までの交通費:0万円
  • 合計:20.5万円

社会人の場合は残業で帰宅が遅くなることを考慮し、都心にある会社周辺へ引っ越すことを想定して家賃を上げて計算しました。

家にいる時間が少なくなるため食費3万円は変わらない代わりに、飲み会が増えることが考えられます。

そのため、娯楽、交際費を2万円から5万円に増額しています。 会社までの交通費は通勤費が支給されるため0円となり、1ヶ月合計20.5万円の費用がかかると考えることができます。

ここまで、一人暮らしを始めた後にかかる費用についてお伝えしました。 続いて、一人暮らしの初期費用節約術をご紹介します。

これで、一人暮らしの初期費用を抑える方法が知ることができるようになります。

一人暮らしの初期費用節約術

豚の貯金箱

一人暮らしの初期費用を節約する方法には以下のようなものがあります。

  • 引越し費用削減のため少ない荷物であれば宅急便で送る
  • 家具家電をまとめて1カ所のお店で揃え、値引き交渉する
  • 家具家電のリサイクル品やアウトレット品を購入する
  • クレジットカードで購入すればかかった金額をまるごとポイントにできる

それぞれの具体的な方法について詳しく解説していきます。

引越し費用削減のため少ない荷物であれば宅急便で送る

少ない荷物であれば宅急便で送って引っ越し費用を安く抑えましょう。運搬する荷物をできるだけ少なくすることができれば、引越し業者へ依頼する必要はありません。

持っていく荷物を厳選するだけで、初期費用を大幅に削減することが可能です。引っ越し後に必要だと思うものがあれば、実家から送ってもらうようにしましょう。

家具家電をまとめて1カ所のお店で揃え、値引き交渉する

家具や家電はまとめて1カ所のお店で買い揃えて値引き交渉をしてみましょう。 商品が1つだけの場合に比べると、まとめて複数の商品を一度に購入することで値引き交渉が成功する確率が高くなります。

新生活フェアや買い替えキャンペーンを上手に活用すれば、家具や家電をお得に買い揃えることができるようになります。

家具家電のリサイクル品やアウトレット品を購入する

家具や家電は、リサイクル品やアウトレット品を狙うのも1つの手です。 リサイクル品でも品質保証がついているものもあるため、万が一のことがあっても安心して使うことができます。

アウトレット品には型落ち品や展示品などがあり、機能面でまったく支障のないものがほとんどです。色やデザインにこだわらないという人は、アウトレット品で家具や家電をお得に購入することができるでしょう。

クレジットカードで購入すればかかった金額をまるごとポイントにできる

現金ではなくクレジットカードで購入すれば、かかった金額をまるごとポイントにすることができるようになります。

特に家電や家具は高額になる傾向があるため、現金ではなくクレジットカードで支払えばポイントがたくさん貯まってお得です。

そしてクレジットカードによる節約術を利用するためには、実家にいるうちにクレジットカードを作っておくようにすると安心です。

クレジットカードの発行条件は高校生を除く18歳以上となっているものが多くなっています。家族カードなら追加カードとして発行することになるので、卒業と同時に申し込めばすぐに使えるようになります。

本人名義の学生用クレジットカードを作る場合でも、世帯主と同じ住所のほうが審査が通りやすくなるので、実家にいるあいだにクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

一人暮らしの初期費用を抑える方法を知っておけば、安心して新生活を始めることができるようになることが分かりました。

続いて、クレジットカードを活用した生活費の節約術についてご紹介します。

クレジットカードでの一人暮らし費用節約術

カードを持つ女性

一人暮らしの費用は、クレジットカードを活用すればお得に節約できるようになります。 ここでは、

  • クレジットカードを活用すると生活費がお得になる理由
  • 毎月の公共料金をお得に支払う方法
  • 一人暮らしにおすすめのクレジットカード

について詳しく解説していきます。

クレジットカードを利用すれば生活費がお得になる

クレジットカードを利用すれば生活費がお得になります。その理由は、クレジットカードで支払うことでクレジットカード会社のポイントを貯めることができ、決済手数料がかからないからです。

例えば、先ほどの1ヶ月の費用内訳には、

  • 家賃
  • 食費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 娯楽、交際費
  • 交通費

といった項目がありました。食費ならスーパーやコンビニで現金ではなくクレジットカードで支払ったほうがポイントがついてお得に買い物をすることができます。

クレジットカードで支払う金額が大きくなるほど貯まるポイントも増えますから、定期券などは1ヶ月単位ではなく6ヶ月単位で購入したほうが割引もされポイントも貯まってお得に購入できるようになります。

毎月の公共料金をカード払いにすることでポイントが貯まる

特に、以下のような毎月の公共料金はクレジットカード払いにすることをおすすめします。

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • NHK放送受信料

電気料金については、「クレジットカードの還元率が低い場合」と「電気料金支払いが少ない場合」は口座振替割引のほうがお得になることがあります。

クレジットカードと口座振替はどちらがお得なのかを見極める方法は、下記の記事でご確認いただけます。

2017.06.16

東京電力の電気代を節約したい!クレジットカードで払うべきかの判断基準

毎月必ず支払わなければならない電気料金。この電気料金の支払い方法ですが、口座振替やコンビニ払いだけではなく、クレジットカードでも支払うことができることをご存じですか? クレジットカードで電気料金を支払えば、 ・忙しい人でもいつでも支払うことができる ・カード会社のポイントが貯まってお得 といったメリットを感じる人が多いのではないでしょうか。 しかし、人によってはカード払いで損をすることがあります。クレジットカード決済、銀行振り込み、コンビニ支払のなかで、どれが一番お得なのかを知りたくはありませんか? 今回はそんな電気料金をもっともお得に支払う方法と、東京電力が発行する「TEPCOカード」について紹介します。東京電力圏内に住んでいる人であれば、「TEPCOカード」の概要やメリットデメリットを知っておいて損をすることはありません。 電気料金をクレジットカードで支払う前に、口座振替やコンビニ払いとの違いをしっかりと理解しておきましょう。そうすれば、自分にぴったりの電気料金の支払い方法を決めることができるようになります。

ガス料金は、都市ガスならクレジットカード払いに対応していることが多いのですがプロパンガスの場合はまだ対応している事業者が少ないのが現状です。

クレジットカード払いができるかどうか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。 NHK放送受信料については、家族割引を適用すれば半額になります。

なるべく早めに手続きして、NHK放送受信料をお得に支払うようにしましょう。

貯金箱と電卓

2018.03.12

NHK放送受信料をクレジットカード払いに変更する方法とメリット

NHK放送受信料の支払い方法には、銀行振込、コンビニ決済、口座振替、クレジットカード払いなどがあります。その中でも一番お得なのは、ポイントが貯まるクレジットカード払いであるということを知らない方が意外と多くいらっしゃいます。 たしかにポイントが貯まってお得かもしれないけれど、NHKがクレジットカード情報をどのように取り扱っているのかが分からないため、クレジットカード払いに切り替えることに不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 NHK放送受信料をクレジットカード払いに変更する方法やメリット、NHK放送受信料が少しでも割引になる方法について知りたいと思いませんか? 今回は、NHK放送受信料をクレジットカード払いにするメリットや手続き方法だけでなく、NHKがクレジットカードに関する情報をどのように取り扱っているのかについても詳しくお伝えしていきます。引越し時のNHK放送受信料の手続き方法もご紹介しますので、是非最後までお読みいただきたいと思います。 これでNHK放送受信料をクレジットカードで支払いたい、変更したい人が具体的な手続き方法を知り、スムーズに手続きすることができるようになります。

一人暮らしでお得に節約できるおすすめカード3選

一人暮らしでお得に節約できるおすすめのクレジットカードとして、

  • オリコカード・ザ・ポイント
  • イオンカード
  • 楽天カード

これらの3つをご紹介します。それぞれのクレジットカードのおすすめポイントは必見です!

Amazonユーザーにおすすめ!オリコカード・ザ・ポイント

Amazonユーザーにおすすめなのが「オリコカード・ザ・ポイント」です。    

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

オリコカード・ザ・ポイントは、

  • ポイント貯まりやすい
  • ポイントをすぐに使うことができる
  • 年会費無料

というメリットがあります。

カード会員専用のショッピングサイト「オリコモール」経由でAmazonを利用すると、ポイント還元率が「入会後6ヶ月間は3.0%」となります。

さらにすべての買い物が「入会後6ヶ月目以降は2.0%」になるのでお得にポイントを貯めることができるようになります。

Amazonをよく利用する人なら、年会費無料のオリコカード・ザ・ポイントは是非持っておきたい1枚です。

Amazonで一番お得なクレジットカードが判明!最強カード3種を比較

2017.05.30

Amazonで1番お得なクレジットカードが判明!最強カード3種を比較

大手通販サイト「Amazon」でクレジットカード決済を利用すると、普通のショッピングと同じようにクレジットカードのポイントが貯まります。一部の商品を購入すると独自のAmazonポイントが付与されることもありますが、ほとんどの商品はAmazonポイントが付与されません。なのでAmazonでお得に買い物するためには、クレジットカードのポイント還元率が重要になります。しかし単純に還元率が高いクレジットカードがお得になるわけでもありません。実はAmazonで利用する場合に限りポイント還元率がアップするクレジットカードがいくつか存在するのです。ここではAmazonをよく利用する方におすすめのクレジットカードを3種類ご紹介します。

イオングループをよく利用するならイオンカード

イオングループの店舗をよく利用するなら「イオンカード」がおすすめです。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

イオングループの対象店舗でイオンカードを使えば、

  • いつでもときめきポイントが2倍
  • 毎月20日と30日のお客さま感謝デーは5%オフ

というお得なカード特典を活用することができるからです。

全国のイオンだけでなく、ダイエーやマックスバリュ、アコレやピーコックストア、KASUMI、ウエルシア薬局、ミニストップなどでも上記のカード特典でお買い物がお得になります。

イオンカードは年会費無料で持つことができるので、持っているだけで損をすることはありません。お客さま感謝デーの日にまとめ買いをすれば家計の節約になってお得です。

ポイントが貯まりやすい!楽天カード

ポイントの貯まりやすさを重視するなら「楽天カード」がおすすめです。

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
今がチャンス!お得な入会特典
楽天カード新規入会&ご利用で5,000ポイントプレゼント

楽天カードには、

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1.0%(楽天市場で利用すればいつでも3.0%)
  • 貯めたポイントは街中で使える

というメリットがあります。 また、楽天は楽天エナジーや楽天モバイル、楽天銀行といったサービスも展開しています。

クレジットカード利用を連動させて月々にかかる費用をポイントで支払えば、もっとお得に一人暮らしの費用を抑えることが可能となります。

まとめ

一人暮らしにはさまざまな費用がかかりますが、初期費用を抑える方法節約術を知ることでお金に対する不安を解消できるようになります。

特にクレジットカードを利用した節約術は、ポイントがお得に貯まるだけでなく未払いを防ぐという隠れたメリットもあります。

「うっかり支払いを忘れて電気やガスを止められてしまった!」という事態を防ぐためにも、クレジットカードがあれば安心して一人暮らしをすることができます。

この記事を最後までお読みいただいた方なら、一人暮らしの初期費用や毎月の生活費を節約する方法やクレジットカードの割引特典やポイント制度を利用してお得に生活できるようになります。

年会費無料で持てるクレジットカードを有効活用して、新生活を思いっきり楽しんでください!

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら