【支払いがもっと楽に!】Google Payの特徴と相性の良いクレジットカード3選

端末にスマホをかざす手元

2019年10月からキャッシュレス・消費者還元事業がスタートし、対象店舗でキャッシュレス決済を行えば、5%の還元を受けられるようになりました。

これにより、これまでスマホ決済に興味のなかった方でも、「スマホ決済を始めてみようかな」と興味が出てきた人もいるのではないでしょうか。

スマホ決済サービスを利用すれば、お財布からお金を出さなくても、レジでスマホをかざすだけで簡単に支払いを済ませることが可能です。

Google Payは世界4大IT企業の一つであるGoogleが開発したスマホ決済サービスで、セキュリティ性が高く、使い方も簡単というメリットがあります。

この記事ではGoogle Payの特徴や、Google Payと相性の良いクレジットカードなどについて、詳しくご紹介します。

まずは基礎知識をチェック!Google Payの基本情報

Google Payを使い始めるのに、知っておきたい基礎知識は下記の通りです。

これらについて、詳しく見てみましょう。

Google Payを使うにはスマホとクレジットカードが必須

Google Payを始めるには、スマホとクレジットカードを持っている必要があります。

スマホであれば何でも良いわけではなく、

  • Androidであること
  • バージョンは5.0以上であること

が条件です。

手持ちの端末がこの条件をクリアしていれば、スマホでGoogle Playストアを開き、Google Payをダウンロードして支払い方法を設定するだけで、すぐにGoogle Payを始めることができます。

なお、Google Playストアはスマホにあらかじめインストールされているアプリで、スマホで使いたいアプリやゲームなどはここから入手することができますよ。

電子マネーなどを登録してスタート

Google Payの支払い方法には、

  • 電子マネー
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

を登録することができます。

Suicaを登録する場合はメールアドレスが必要ですが、いずれも設定は簡単なものばかりです。

Google Payで使える電子マネーは全部で6つ

Google Payで使える電子マネーは、楽天Edy・nanaco・WAON・Suica・QUICPay・iDの6つです。

このうち、「プリペイド型電子マネー」と呼ばれるのが、

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica

の4つで、これらの電子マネーを使うときは、あらかじめチャージをしておかなければなりません。

チャージ残高を超えるものを購入しようとすると、残高不足で決済できませんので、注意しましょう。

プリペイド型電子マネーはチャージする手間がかかりますが、事前にチャージが必要なので、使いすぎを防げるというメリットがあります。

また、プリペイド型電子マネーにはポイントが二重取りできるというメリットもあります。

たとえばGoogle Payの支払い方法に楽天Edyを設定し、手持ちのクレジットカードから楽天Edyへ5000円分チャージをしたとしましょう。

このとき、手持ちのクレジットカードの還元率が1%の場合、まずクレジットカード利用分として50ポイントが付与されます。

さらに、楽天Edyは200円利用するごとに1ポイントたまりますので、楽天Edyでも25ポイントが付与され、ポイントを二重取りすることができるのです。

QUICPayとiDは「ポストペイ型電子マネー」と呼ばれ、チャージをしなくても使うことができます。

簡単に買い物ができますが、支払える金額以上にお金を使いすぎてしまうかもしれない点は、デメリットといえるでしょう。

ポストペイ型電子マネーを使う場合は、最初に決済用のカードを登録してからGoogle Payを利用するという流れになります。

Google Payでは6つの電子マネーが使えるので、ドコモユーザーならiD、セブンイレブンへよく行くのであればnanacoなど、生活スタイルに合わせて電子マネーを選ぶことができます。

続いて、Google Payのメリットについてチェックしてみましょう。

レジでの清算がもっと手軽になる!Google Payのメリット3つ

Google Payのメリットは下記の通りです。

これらのメリットについて、詳しく見てみましょう。

アプリを開かずに支払いができる

Google Payの使い方はとても簡単で、スマホをカバンから取り出して店頭に置いてある読み取り機にかざすだけで、清算をすることができます。

これは、Google Payが採用している「NFC」と呼ばれる非接触型決済技術によるもので、わざわざスマホのロック画面を解除してGoogle Payのアプリを開かなくても、支払いを行うことができるのです。

Google Payと異なり、メルペイなどの「QRコード決済タイプ」と呼ばれるサービスではこの技術を採用していないので、利用時にスマホのロック画面を解除しなければなりません。

QRコード決済タイプのサービスは他にもPayPayやOrigami Pay、Line Payなどがありますが、これらを利用する場合は、一度スマホに入っているアプリを立ち上げる必要があります。

その後アプリ内にあるQRコードまたはバーコードを表示させ、店頭の読み取り機にかざすか、店員の方に読み取ってもらうという流れになります。

Google Payの「アプリを開かずに支払いができる」というメリットを活かせるのが、駅の自動改札です。

Google Payでは、支払い方法でSuicaを選択することができます。

そのため、実際のSuicaのカードを用意しなくてもGoogle PayにSuicaを登録することで、スマホを改札機にかざすだけで改札を通ることができます。

セキュリティがしっかりしている

Google Payは世界4大IT企業の一つであるGoogleが開発したアプリで、セキュリティがとてもしっかりしているのが魅力です。

Google Payでは、個人情報の安全を守るためユーザーの支払い情報を暗号化し、セキュリティで保護されたクラウド上で管理しています。

クレジットに関する情報が端末内に保存されませんので、安心してアプリを使うことができます。

ポイントカードも一元管理できる

Google Payでは、Tポイントやdポイントなどのポイントカードもまとめて簡単に管理することができます。

Google Payにこれらのポイントカードを登録し、店頭でそれぞれのカードのバーコードを提示するだけで、ポイントを貯めることが可能です。

ファミリーマートやエディオン、ガストなどモバイルTカード使えるお店では、Tポイントを使うこともできますよ。

Google Payはレジにかざすだけで使えるなど、さまざまなメリットがあります。

続いて、Google Payのデメリットについてもチェックしてみましょう。

他のスマホ決済との違いを比較!Google Payのデメリット2つ

レジでの支払いがよりスムーズになるGoogle Payですが、Google Payにはデメリットもあります。

続いて、Google Payのデメリットについて見てみましょう。

Google Payのデメリットは、下記の通りです。

これらについて、詳しく見てみましょう。

ポイント制度がない

Google Payには、残念ながらポイント制度がありません。

LINE PayやPayPayでは、利用分に対してLINEポイントやPayPayボーナスが付与されます。

ポイント制度の点については、他のスマホ決済サービスに比べ見劣りすると感じる人もいるかもしれません。

iPhoneでは利用できない

Google PayはAndroidユーザー向けのスマホ決済サービスのため、iPhoneで利用することができません。

また、Androidでもバージョンが5.0以降でなければ使用できませんので、Google Pay の利用を考えている方は、手持ちの端末を事前にチェックしておきましょう。

Google Payは以前Android Pay(アンドロイドペイ)という名前で、Androidユーザー向けスマホ決済であったため、iPhoneで利用できないのは大きなデメリットといえます。

続いて、Google Payを実際に使い始める前の、設定手順についてチェックしてみましょう。

スマホ決済を始めよう!Google Payの設定手順

ここでは、実際にGoogle Payで楽天Edy を設定する方法についてご紹介します。

今回は人気のある楽天Edyの設定方法をご紹介しますが、nanacoやSuicaについても同じ手順で設定することができます。

楽天Edyを設定する方法

STEP1 Google Play を開き、
Google Payのアプリを検索してダウンロードしましょう。
STEP2 Google Pay のアプリを起動して「支払い」タブを開き、
「お支払い方法」で電子マネーを選択して、
楽天Edyのチェックボックスに印を入れましょう。

無事登録が完了すれば、「支払い」タブで電子マネーの残高を確認することもできますよ。

チャージの手順を確認しよう

次に、楽天Edy へのチャージ手順を確認しておきましょう。

Google Pay アプリで楽天 Edy へチャージするときは、まず Google Pay アプリを立ち上げ、「支払い」タブを開き、楽天Edy を選択します。

次に「チャージ」ボタンを押して金額を入力し、「続行」ボタンを押すと、カード情報を入力するページが表示されます。

チャージを行うクレジットカードの番号や有効期限などの情報を入力すれば、チャージ完了となります。

プリペイド型の電子マネーを利用するのであれば、事前にチャージするのを忘れないようにしましょう。

続いて、Google Payと相性が良いクレジットカードについてチェックしてみましょう。

Google Payにはこれ!
Google Payと相性が良いおすすめクレジットカード3選

Google Payの支払い方法でプリペイド型の電子マネーを登録し、チャージの際にポイント還元を受けられるクレジットカードを利用すれば、ポイントの二重取りを行うことができます。

また、ポストペイ型の電子マネーを登録する場合でも、決済用のカードを登録しておけば、利用した金額に応じてクレジットカードのポイント還元を受けることができます。

今回はGoogle payと相性のよいクレジットカードを3枚セレクトしました。

Google payを利用したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

JCB CARD W(plus L)

Google Payの支払い方法でポストペイ型電子マネー「QUICPay」を利用する方は、JCB CARD W(plus L)がおすすめです。

JCB CARD W(plus L)は年会費が無料で、還元率は1.0%と高水準、保険も手厚いなど、バランスの良いクレジットカードです。

また、JCB のパートナー店であるセブンイレブンではQUICPayが利用できるため、ポイントが合計4倍となり、ポイント還元率が2.0%にアップします。

39歳以下の方限定のクレジットカードですが、一度入会してしまえば、40歳以上であっても利用を継続することができます。

現在40歳以上の方は、JCBの一般カードを検討してみてください。

JCBの一般カードでもセブンイレブンでの利用がポイント3倍となります。

また、海外旅行保険やショッピング保険も付帯しています。

JCB CARD W

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~5.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※ 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※翌日お届け対象外

今がチャンス!お得な入会特典
【Amazon利用でもれなくポイント10倍キャンペーン】

三井住友カード

Google Payの支払い方法でポストペイ型電子マネー「iD」を利用する方は、三井住友カードがおすすめです。

三井住友カードは、iDが利用できる、

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

などで利用すると、ポイントが5倍になるというメリットがあります。

三井住友カードは初年度の年会費が無料で、2年目以降は1,250円(税別)がかかりますが、条件をクリアすれば、2年目以降も年会費が無料になります。

年会費が免除となる条件はとても簡単で、「マイ・ペイすリボ」に登録していることと、前年度中に1回以上クレジットカードを利用することだけです。

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」は、毎月の支払額が設定した金額以上になった場合、超過分の金額が自動的にリボ払いになるサービスです。

超過分の金額に対しては利息がついてしまいますが、「マイ・ペイすリボ」の設定金額は自分で決めることができます。

そのため、設定金額を限度額と同じにしておけば、実質的に一回払いと変わらず利息がつく心配もありません。

事前にこの準備をしておくだけで、2年目以降もずっと年会費を無料にすることが可能です。

セブンカード・プラス

電子マネーのnanacoを利用する方におすすめなのが、セブンカード・プラスです。

セブンカード・プラスは、セブンイレブンなどセブン&アイグループでの利用で、ポイント還元率が1.0%になります。

セブンカード・プラスでnanacoへチャージすれば、チャージ分に対し0.5%のポイントを獲得でき、さらにnanacoを利用すればnanacoポイントも同時に貯めることが可能です。

イトーヨーカドーでは、ハッピーデーにセブンカード・プラスを利用することで会計が5%オフになるため、クレジットカードのポイント還元分と合わせて、合計6%のポイントを獲得することができます。

セブンカード・プラス

国際ブランド

VISA JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5~1.0% nanacoポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 10万〜80万 - 無料

まとめ

Google PayはGoogleが開発したスマホ決済サービスアプリで、レジでの支払いを簡単かつスムーズに済ませることができます。

スマホとクレジットカードがあれば始めることができ、登録する電子マネーは6種類から選ぶことが可能です。

Google Payはメルペイなどと異なりアプリを開かずに支払いをすることができ、セキュリティがしっかりしているというメリットもあります。

ただし、Google Payにはポイント制度がなく、iPhoneユーザーの方は利用することができません。

Androidユーザーの方で、安心して使えるスマホ決済サービスを探している方は、Google Payを始めてみてはいかがでしょうか。

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断