• 2018.04.03

【2018年最新】おすすめのゴールドカード5枚を比較!専門家がカード選びのポイントも解説

財布の中でキラリと光るゴールドカード空港ラウンジ利用手厚い旅行保険など、普通カードにはないゴールドカードならではの特権があります。

しかし「高い年会費を払うほどメリットがあるのか」という疑問はありますよね。

実際に高い年会費を払っていても、ゴールドカードのメリットを活用できていない人が多いのも事実。ゴールドカードの特典を理解していなければ、「実は普通カードで十分」ということもありえます。

そこで今回は、当サイトナビナビクレジットカードがおすすめするゴールドカードを5枚厳選して比較し、ゴールドカードの基礎知識に加え、本当に自分にとってゴールドカードが適しているのかどうかを見極めるコツをお伝えします。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説

1980年頃に誕生したゴールドカードですが年会費は1万円程度と非常に高額です。この年会費をポイントや割引だけで回収するのは難しいでしょう。そこで重要なのがカードの付帯サービスです。ゴールドカードの大きな付帯サービスとしては「空港ラウンジ」と「保険」の2つ。

空港ラウンジは国内線の空港が基本となり、通常のカードラウンジは1人あたり1000円程度の利用料金となります。ゴールドカードの場合は入口で提示すれば無料で利用できます。年に何回空港を利用するかを考えてみましょう。ただし、同伴者は有料となるため、家族カードが無料となるゴールドカードを選ぶのがコツ。これで年に2回程度の出張・帰省・旅行などで十分ゴールドカードを使いこなせます。

また、ゴールドカードの場合は、保険も充実しています。一般カードでは付帯しないこともあるショッピング保険を利用できる場合も多く、メーカー保証がないものを購入して直ぐに故障・盗難にあった場合でもカードの補償を受けられます。

ナビナビクレジットカードおすすめのゴールドカード5枚を比較【2018年版】

ゴールドカードを見せる男性

ナビナビクレジットカードおすすめの人気ゴールドカードのサービス内容や特徴、年会費を箇条書きにまとめました。

JCB ゴールドカード

まずは日本初の国際ブランド、JCBのゴールドカードは、JCBがカード発行をしているプロパーカードです。

JCBゴールド

Thumbnail jcb%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.3%~1.25% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今なら最大11,000円分の特典プレゼント!
  • 年会費:10,000円(税別)
  • 上記からオンライン入会で初年度無料
  • 空港カードラウンジサービス(同伴者有料)
  • グルメ優待券サービス
  • 海外旅行傷害保険の補償最高1億円
  • 家族カード1枚年会費無料
  • ハーツレンタカー割引サービスなど
  • 年間100万円以上を2年利用すれば「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待状)が届く

海外旅行保険などの補償金額などが他カードと比較しても頭一つ抜けています。

海外での認知度の面でVISAとマスターに敵わないことが珠にキズではありますが、それでもなお充実したサービスのメリットは大きく、国内メインのユーザーには有力な選択肢の一つでしょう。

またこのJCBゴールドをおすすめする理由として、年間100万円以上を2年間利用すると、「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待状)が届くことです。

こちらはプラチナカードレベルの、VIPラウンジサービス「プライオリティ・パス」や指定のレストランが30%オフになる「ダイニング30」などの特典が魅力です。

JCBゴールド ザ・プレミアの年会費はゴールドカードの年会費とは別にオプションで5,000円(税別)かかりますが、年間100万円以上の利用で無料となります。

アメリカン・エキスプレス(アメックス)

ステータスカードの代表格とも言える、アメリカン・エキスプレス通称「アメックス」が発行するゴールドカードです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail amex gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

年会費は29,000円(税別)とゴールドカードの中でも高めの設定ですが、充実した優待内容と高いステータスが特徴です。

  • 年会費29,000円(税別)
  • 上記からオンライン入会で初年度無料
  • 海外旅行傷害保険の補償最高1億円
  • 空港ラウンジサービス(同伴者1名無料)
  • プライオリティ・パス(世界中のVIPラウンジを使える会員権)年間2回無料
  • 提携レストランの割引(コース料金2名以上で1名無料など)
  • 空港と自宅間の手荷物配送無料
  • 家族カード1枚会費無料
  • ゴールドカード会員限定イベント

通常はプラチナクラスのカードに付帯している、プライオリティ・パスが年間で2回まで無料です。家族カード会員も年会費が1枚まで無料で、同じくプライオリティ・パスを発行することができます。

また空港と自宅で手荷物を無料で送ることができます。旅行帰りの重たいスーツケースを自宅まで送ってもらえるのは、便利で快適なサービスですよね。

1年に1,2回は海外旅行に行く方に特におすすめのゴールドカードです。

楽天ゴールドカード

ポイント還元率が高くて人気の楽天カードのゴールドランクが、楽天ゴールドカードです。

楽天ゴールドカード

Thumbnail rakuten gold

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
2,000円(税別) 2,000円(税別) 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短約1週間 最高200万円(楽天ゴールドカード独自の審査基準によりご利用可能額を決めさせていただきます。) 無料
  • 年会費:2,000円(税別)
  • ポイント還元率1.0%以上
  • 楽天市場利用時にゴールド特典でボーナスポイント+1.0%
  • 国内空港カードラウンジサービス(同伴者有料)
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円
  • ETC年会費無料※普通カードは年会費500円(税別)

年会費が2,000円(税別)と持ちやすいゴールドカードです。

しかしながら空港のカードラウンジが、国内28空港とハワイのホノルル、韓国の仁川で利用できます。

また楽天のゴールドカードにはもうワンランク上の、楽天プレミアムカードもあります。

年会費が10,000円(税別)かかりますが、格安でプライオリティ・パスの会員権が付与されます。出張や旅行で海外へ頻繁に行く人はおすすめです。

楽天プレミアムカード

Thumbnail img rakuten premium edy

国際ブランド

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 300万円 無料

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

ポイントの貯まりやすさと使いやすさで人気のオリコカードから発行されているゴールドカードが、オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドです。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

Thumbnail orico premium gold

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,805円(税別) 1,805円(税別) 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万円〜300万円 0.6% 無料

空港ラウンジのサービスはないものの、年会費無料のオリコカード・ザ・ポイントにはない海外旅行損害保険が付帯されています。

  • 年会費1,805円(税別)
  • ポイント還元率が常に1.0%以上
  • 電子マネーの利用で+0.5%還元
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円

こちらも税込みで1,950円と、年会費が2,000円を切るお得なゴールドカードです。

またカードに同時搭載されている電子マネー、iDやQUICPayの利用で通常ポイントとは別に0.5%のポイントが特別加算されます。

コンビニや自販機でiDやQUICPayをよく利用する人におすすめのゴールドカードです。

MUFGカード ゴールド

三菱UFJグループから発行されているゴールドカードが、MUFGカードゴールドです

MUFGカード ゴールド

Thumbnail mufg gold

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ) Smartplus(スマートプラス)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,905円(税別) 0.4%~0.5% グローバルポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 200万円 1.0% 無料
  • 年会費1,905円(税別)
  • 上記からオンライン入会で初年度無料
  • 空港カードラウンジサービス※全国7箇所、国際線利用時のみ(同伴者有料)
  • 海外国内旅行保険が最高2,000万円補償

こちらも2,000円前後で持てるゴールドカードです。

ラウンジの利用は、新千歳空港、成田国際空港(第1ターミナル)、成田国際空港(第2ターミナル)、羽田空港(国際線ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の7箇所で国際線利用時にのみ利用できます。

上記の主要空港を国際線でよく利用する人なら、こちらのカードで十分にラウンジの恩恵を受けることができるでしょう。

ここまでナビナビクレジットカードがおすすめするゴールドカード5枚を紹介してきました。次の項では、特定の方におすすめのゴールドカードをご紹介していきます。

【特定の方向け】おすすめのゴールドカード

全ての方向けにおすすめの一般的なゴールドカードをご紹介してきましたが、こちらでは

  • 20代の若者におすすめのゴールドカード
  • マイルを貯めている方におすすめのゴールドカード
  • Amazonでお得なおすすめのゴールド
  • ドコモユーザーにおすすめのゴールドカード

といった、特定の方やサービスでおすすめのゴールドカードを紹介していきます。自分の生活スタイルに合わせたゴールドカードを見つけましょう。

20代におすすめの「JCB GOLD EXTAGE」

20歳以上29歳以下の人限定を対象とした、20代がお得に持てるゴールドカードです。

ゴールドカードなのに年会費3,000円と、20代限定だからこそ年会費を押さえているのが特徴です。

また、JCBカードのクレジットヒストリーを貯めることができるので将来的にJCBゴールドのさらに上のランクのJCBゴールド ザ・プレミアや、JCBザ・クラスを持つことにも繋がりますので、将来的にステータスのあるクレジットカードを持ちたいと考えている人におすすめです。

JCB GOLD EXTAGE

Thumbnail jcb gold extage

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 3,000円(税別) 0.5%〜3.5% Oki Dokiポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 個別に設定 0.30% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今なら最大11,000円分の特典プレゼント!

マイルが貯まるゴールドカード

マイルを貯めている方にとっては、せっかくゴールドカードを作るならマイルが貯めやすいクレジットカードが良いという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここではマイルを貯めやすいゴールドを紹介していきます。

ANAマイレージのマイルを貯める方
ANAのマイルを貯めたい方はANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail ana amex gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
31,000円(税別) 31,000円(税別) - ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.4%~1% 500円

JALマイレージのマイルを貯める方
JALのマイルJを貯めたい方はJAL CLUB-Aゴールドカード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。

JAL CLUB-Aゴールドカード

Thumbnail jal club a gold

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
16,000円(税別) 16,000円(税別) 1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 50万円~200万円 1.0%~2.0% 無料

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail saison gold amex

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 最高0.75% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 1.125% 無料

Amazonでおすすめのゴールドカード

Amazonをよく利用しているユーザーにとっておすすめなのが「Amazon MasterCard ゴールド」と「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」です。

年会費や特典に違いがあるので、自分に合っているのはどちらかをよく知ってから申し込みましょう。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)

ポイントが溜まりやすいカードでお馴染み、オリコカードのTHE POINTシリーズです。オリコモールを通してAmazonでお買い物することによりポイント還元率が2%にアップし、Amazonを使うユーザーにとってお得なクレジットカードです。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

Thumbnail orico premium gold

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,805円(税別) 1,805円(税別) 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万円〜300万円 0.6% 無料

Amazon MasterCard ゴールド

年会費10,800円しますが、プライム会員が無料になるなど、Amazon利用者にとってお得なクレジットカードとなっています。

Amazonマスターカードゴールド

  • 年会費10,800円(税込)
  • 通常3,900円(税込)のプライム会員の特典が無料
  • Amazonにおけるポイント還元率が2.5%(Amazon以外は1%還元)

Amazonでお得なクレジットカードについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Amazonを利用する

2017.05.30

Amazonで1番お得なクレジットカードが判明!最強カード3種を比較

大手通販サイト「Amazon」でクレジットカード決済を利用すると、普通のショッピングと同じようにクレジットカードのポイントが貯まります。一部の商品を購入すると独自のAmazonポイントが付与されることもありますが、ほとんどの商品はAmazonポイントが付与されません。なのでAmazonでお得に買い物するためには、クレジットカードのポイント還元率が重要になります。しかし単純に還元率が高いクレジットカードがお得になるわけでもありません。実はAmazonで利用する場合に限りポイント還元率がアップするクレジットカードがいくつか存在するのです。ここではAmazonをよく利用する方におすすめのクレジットカードを3種類ご紹介します。

ドコモユーザーにおすすめの「dカードGOLD」

ドコモ利用料金の10%がポイント還元され、通常のショッピング利用でも1.0%の還元率となり、ドコモユーザーにとってポイントが貯めやすいカードです。

ローソンやマクドナルドでの利用で最大5.0%のポイント還元になる特典や、ケータイ補償が購入から3年間で最大10万円という特典もあるため、ドコモユーザーにおすすめしたい1枚となっています。

dカード GOLD

Thumbnail master gold new 350

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) おサイフケータイ
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 公式サイト参照 dポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短5日間 - 公式サイト参照 永年無料
今がチャンス!お得な入会特典
【入会特典】最大14,000円相当プレゼント!

ゴールドカード一覧

今回おすすめのゴールドカードでご紹介していないクレジットカードでも、ゴールドカードを発行しているカードはあります。自分に合ったカードを見つけるためにもそれぞれの記事を参考にしてみてください。

カード名 参考記事
エポスゴールドカード https://navinavi-creditcard.com/service-epos-gold-2272
ANA JCB ワイドゴールドカード https://navinavi-creditcard.com/service-ana-jcb-wide-gold-2328
イオンゴールドカード https://navinavi-creditcard.com/service-aeon-select-2315
三井住友VISA https://navinavi-creditcard.com/service-smbc-gold-2274
JAL CLUB-Aゴールドカード https://navinavi-creditcard.com/service-jal-club-a-gold-2362
UCカード ゴールド https://navinavi-creditcard.com/uc-card-creditcard-2177
DCゴールドカード https://navinavi-creditcard.com/dc-creditcard-2182
タカシマヤカード《ゴールド》 https://navinavi-creditcard.com/takashimaya-creditcard-1688

次の項では、そもそもゴールドカードが普通カードに比べてどのようなメリットがあるのか解説します。

既にゴールドカードを利用されている方や、ゴールドカードと一般カードの違いを理解されている方は読み飛ばしてくださいね。

ゴールドカードと普通カードの違い

ゴールドカードを選ぶ夫婦

まずは、ゴールドカードって普通のクレジットカードと何が違うの?というところから解説していきます。

ゴールドカードとは、一般のクレジットカードよりもグレードが高いカード

ゴールドカードは、一般的なクレジットカード(クラシックカード)よりもグレードが高く、様々な特典やサービスを付帯したカードのことを指します。

クレジットカードステータス

多くのゴールドカードに付帯しているサービスや特典をまとめてみました。

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 空港クロークサービス
  • エアポート送迎サービス
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険
  • 還元率の優遇
  • レストラン優待サービス

この他にもカードによっては様々なサービスが付帯しています。ゴールドカードのメリットについては、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ゴールドカードを選ぶ夫婦

2017.09.21

ゴールドカードのメリットと意外な活用方法を合わせて解説!

ゴールドカードは、その名の示す通り金色に輝くデザインが目を引く、プレミアム感にあふれるカードです。 一般クレジットカードの上位に位置し、付帯サービスも充実しているため高い満足感を得られます。 ゴールドカードに興味を持った方なら ゴールドカードのメリットが知りたい ゴールドカードの付帯サービスや特典が知りたい ゴールドカードの賢い活用法が知りたい ゴールドカードを持つべきかの判断をつけたい といったことを思われることでしょう。 こちらの記事を最後まで読んでいただくことで、ゴールドカードを持つメリットを詳しく知ることができ、自分がゴールドカードを作るべきか、またゴールドカードを実際にどのように活用すれば良いのかの判断ができるようになります。 ゴールドカードのメリット

年会費は一般カードよりも高い

これだけのサービスや特典を付帯しているだけあって、さすがに一般カードよりも年会費は高いです。

しかしゴールドカードの年会費も様々で、2,000円前後~30,000円前後するものまであります。

また中には年会費無料のゴールドカードもあります。年会費無料のゴールドカードについてはこちらの記事で詳細に解説していますので参考にしてください。

3枚のゴールドカードと鍵

2017.09.15

ゴールドカードを無料で発行しよう!年会費無料でお得にゴールドカードを持つ方法を解説

クレジットカードにはステータスがあります。ランクの高いゴールドカードは、通常1万円ほどの年会費がかかりますが、なんと無料で持つことのできるゴールドカードがあることをご存知ですか? しかし、「無料で持てるゴールドカードはそれほど大きな魅力がないのでは?」とお思いになられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。年会費無料のゴールドカードのサービス内容にはどのようなものがあるのかを知りたいと思いませんか? 今回の記事では「ゴールドカードを無料で持ちたい!」という方におすすめのカードをご紹介していきます。 これでゴールドカードを無料で持ちたいと思っている人が、どのゴールドカードなら無料で作成できるのかを知ることができ、比較検討した上で自分に合ったゴールドカードを見つけることができるようになります。

次は、ゴールドカードを選ぶときに重視するべき4つのポイントについて解説します。

ゴールドカードを選ぶ4つのポイント

空港ラウンジ

ゴールドのクレジットカードを選ぶには、年間でカードの利用金額がどのくらいであるかなど自分のライフスタイルを考える必要があります。

ここでは「年会費」「ポイント還元率」「優待特典」「ステータス」の4項目について見ていきます。

選ぶポイント1:年会費を払う価値があるか

上記で述べたように、ほとんどのゴールドカードは年会費が発生しますが、一般のクレジットカードには年会費無料のものが多くあります。

また初年度は無料、2年目以降は年会費がかかる(ただし利用金額によって無料になることもある)というものもあります。

クレジットカード会社によっては、楽天ゴールドや楽天プレミアムなど、ゴールドカードの中にもランク分けされているものがあります。

その場合も、自分の年間の利用金額などを参考に、もっともメリットが大きいクレジットカードを選ぶようにしましょう。

反対に年会費を支払うとほとんどメリットが受けられない、年会費の方が特典よりも高くなってしまう場合は、一般のクレジットカードを持つのをおすすめします。

選ぶポイント2:ポイント還元率が高いものを選ぶ

ゴールドのクレジットカードの場合、一般のクレジットカードと比べて、ポイント還元率が高く設定されていることが多くあります。

通常0.5%程度のポイント還元率が、ゴールドカードならば0.75%~1.5%になることもあります。

先ほど紹介したオリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドならばiDやQUICPayでポイントが0.5%加算されます。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

Thumbnail orico premium gold

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
1,805円(税別) 1,805円(税別) 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万円〜300万円 0.6% 無料

またセゾンゴールド・アメックスは、通常0.5%の永久不滅ポイントが0.75%還元となりお得です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail amex gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

選ぶポイント3:自分に合った優待特典が多いものを選ぶ

最初にゴールドカードとは?でも解説したとおり、ゴールドカードには普通カードにはない優待特典があります。

これらの優待サービスはカードによっても異なるので、自分に合った優待特典が付帯されるカードを選びましょう。代表的な優待特典については、以下のような特典があります。

空港ラウンジ

空港ラウンジサービス

ゴールドカードの場合、空港の専用ラウンジを無料で使えることが多いです。フライトまでの時間をゆったりと過ごすことができるので、飛行機に乗る機会がある人にとってメリットがありますね。

また、同伴者1名は無料でラウンジを使えるクレジットカードもあったり、子供の料金は年齢によって違い大人より安いので、家族での旅行に使うこともできます。

国際線や国内線、国内空港も主要空港のみなど、使えるラウンジがクレジットカードによって違うので、事前に確認しゴールドカードを選ぶと良いでしょう。

ラウンジについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

空港にいる女性

2017.04.28

クレジットカードのラウンジとは?ラウンジの概要や違いを説明

ステータスの高いゴールドカードやプラチナカードには、付帯するサービスとして「空港ラウンジの無料使用」といったものがあります。一般カードからステータスの高いカードへ乗り換えをしている人は、「クレジットカードで使えるラウンジでは、どのようなサービスが受けられるのか知りたい」「国内の空港で使えるラウンジの概要を知りたい」「特典にラウンジがついてくるクレジットカードが知りたい」といった疑問が出てくるのではないでしょうか?特に出張や旅行によく人は、クレジットカードの空港ラウンジサービスを使えば、より快適な旅が楽しめるでしょう。この記事を読んで、クレジットカードに付帯しているラウンジサービスの概要やその特徴、そして対象となるカードを学び、今後のクレジットカード選びの参考にしてみてください。

旅行傷害保険の補償金額がアップ

海外旅行傷害保険は、通常のクレジットカードに比べてゴールドカードのほうが手厚く設定されています。

例えば、アメリカン・エキスプレスの場合、通常のクレジットカードでは最高5,000万円ですが、ゴールドカードでは最高1億円まで補償されます。

もちろん、国内旅行損害保険も付帯されているゴールドカードが多いです。国内出張や旅行の多い方も、ゴールドカードを1枚持っておくと安心です。

また保険の付帯には無条件で適用となる自動付帯と、カード利用などの条件が付く利用付帯の2種類がありますが、ゴールドカードではほぼ自動付帯です。

家族カードも優待対象に

ゴールドカードの中には、家族カードを無料で発行してくれるものもあります。

家族カードとは、クレジットカード契約者の家族に発行されるクレジットカードです。そのため、専業主婦や学生など定期的な収入がない人でもクレジットカードを持つことができるようになります。

また家族にもゴールドカードの手厚い特典を付帯することができます。

選ぶポイント4:ステータスが高いものがいいのか

ゴールドカードには、特典とは違う「ステータス」と呼ばれるものがあります。ただし、最近は年会費無料のゴールドカードも増えてきているため、ゴールドカードの全体的なステータスは減少傾向にあります。

ステータスになるゴールドカードの条件には、クレジットカードの歴史があるクレジットカードの審査が厳しい、といったものがあります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、ダイナースクラブカードなど、年会費の高いカードはステータス性があると考えられていることが多いようです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail amex gold

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

ダイナースクラブカード

Thumbnail preview

国際ブランド

ダイナースクラブ

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
22,000円(税別) 22,000円(税別) 0.3%~0.4% ダイナースクラブリワードプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
申し込みから:最短3営業日 一律の制限なし 1.0% 無料

以上、ゴールドカードの魅力や注意点について紹介してきました。

続いて、ゴールドカードの審査についても解説していきます。

ゴールドカード審査について

inspection

ゴールドカードには様々なサービスがあり、通常のカードよりもステータスが高いカードになるので、もちろん一般的なカードに比べて審査が甘いということはありません。審査基準の目安となる年収や利用額はどのくらいなのかを解説していきます。

年収400万円以上、年間カード利用50万円が目安

ゴールドカードの場合、年収400万〜500万円以上が目安になります。また、年間のカード利用金額は50万円が目安になります。

審査に通りやすい人は、一定の収入があり、クレヒス(クレジットカードヒストリー)が良い人です。

クレジットカード会社によってゴールドカードの審査基準は異なり、その基準も公開されているものでもありません。今の年収がいくら高くても、この先も安定して収入が見込めるか、良いクレヒスが積めているかが大切な基準となります。

審査に落ちた場合、他社カードまたは半年後に挑戦

クレジットカードの審査に落ちた場合、再挑戦しても結果は同じになってしまいます。もし、どうしてもゴールドカードが欲しい場合は、他のクレジットカード会社に申請しましょう。

また、個人信用機関では過去の申込み履歴が半年間保管されています。

そのため、同じクレジットカードを申請する場合は、期間を半年間開けてから改めて申請しましょう。

ゴールドカードの注意点

財布からカードを取り出す男性

普通カードからゴールドカードに切り替えた際の、注意点を紹介します。

カードをランクアップしたら、カード番号は変更になる

一般のクレジットカードからゴールドカードにランクアップした場合、クレジットカード番号が変わります。

そのため、携帯電話や光熱費をクレジットカード支払いにしている場合、利用カードの変更をする必要があります。

限度額を確認しておく

ゴールドカードの場合、限度額が普通カードよりも増額されることがあります。その際に気持ちが大きくなって「使いすぎてしまう」人も中にはいます。

支払時に困ってしまうことがないように、計画的に利用していきましょう。

まとめ

おすすめのゴールドカードからゴールドカードを選ぶコツ、審査や注意点について解説してきました。

ゴールドカードは普通カードに比べると年会費がかかりますが、その年会費も2,000円前後から30,000円前後まで様々です。

また旅行保険や空港ラウンジなど、使い方によってはそれ以上のメリットを受けることができる便利でお得なカードです。

一定より高い年収の方や、空港のラウンジを使うことが多い方など、ゴールドカードにあった生活スタイルをされている方は、是非ゴールドカードを検討してみてはいかがでしょうか。

きっと年会費以上の恩恵を受けれること間違いなしですよ!

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年1月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら