家族カードがほしい人必読!審査基準やメリット・デメリットを徹底解説

パソコンとクレジットカードと夫婦

クレジットカードの利便性を理解し、活用しているからこそ、家族にもそのメリットを享受させたい……そう考える方は少なくありません。

クレジットカードを持つには厳しい審査に通る必要があり、年収がなかったり少ない人にとってはなかなか厳しいのが現実ですが、そういった方向けに用意されているのが、家族カードです。

審査通過率が非常に高く、年会費も割安。それでいて、本カードと同程度のサービスを受けられるのが、家族カードの特徴です。

ここでは、家族カードの特徴についてくわしく述べるとともに、メリットやデメリット、初めて家族カードをもつ方におすすめしたいカードなどを解説しています。

家族カードの審査基準、審査に落ちる可能性、申し込み方法など、家族カードに関する情報をご用意していますので、家族カードを作る際の参考にしてください。

審査通過率の高さが特徴!家族カードとは

そもそも「家族カード」は、最初にクレジットカードを契約した本会員の家族用に用意されたカードのこと。クレジットカードならではのメリットを親カードと同様に享受できる一方で、格安の年会費ですみ、審査通過率も高いというまさに夢のようなカードです。

本人に収入がない、もしくは収入が少ないという場合でもカードをもつことができ、専業主婦や学生にとってはありがたいシステムといえるでしょう。

ここでは家族カードの特徴を以下の2点にしぼって解説していきます。

追加で発行されるため、返済能力などの審査はほとんどなし

クレジットカードで審査が行われるのは、確実な支払能力があるかどうかを見定めるため。

その点、親カードに追加して発行され、審査対象が本会員である家族カードでは、返済能力などの審査がほとんどありません。

すでにクレジットカードを所有し、利用している本会員の利用歴や職歴、年収などが問われるため、家族カードを使う人が審査の対象にはならないのです。

親カードを所有している段階で、クレジットカード会社の審査には通過しているため、よほどのことがない限り、審査に落ちる心配はありません。

基本的に複数枚発行でき、個人の名義を指定する

家族カードは、本会員が家族の名義を記載して申し込むもの。

カードの名義は家族の個人名になりますが、カードの利用額を支払うのは本会員で、債務の責任を負うのも本会員です。

また、1枚の親カードにつき複数枚の家族カードを発行できるのが基本ですが、カードを使えるのは、カードに指定された個人のみ。カードに記載された個人しか利用できません。

カードの名義人が審査対象にならず、名義人の返済能力が問われないというのは、専業主婦や学生にとっては大きなメリットですが、だからといって、無審査でカードが発行されるわけではありません。

次の項目で、家族カードの審査で問題となりかねないケースについて解説します。

家族カードだからといって無審査ではないことに注意

家族カードを発行する際、名義人である家族のクレジットヒストリーなどは照会されません。

たとえ家族がブラックリストにのっていたとしても、家族カードが発行される可能性は十分にあります。しかし、家族カードが無審査で発行されるわけではありません。

家族カードの審査対象となる本会員の信用が、支払い遅れや返済遅れなど、何らかのかたちで傷つけられていた場合などは、審査に通らない可能性もあるのです。

ここでは、家族カードの審査に落ちるケース、落ちかねないケースを3つ挙げ、解説していきます。

家族カードの入会条件を満たしていない場合

本会員の家族であれば、だれでも家族カードをもてるというわけではありません。

クレジットカードごとに家族カードの対象者が決まっていて、その条件に合わない場合は、家族カードの審査に落ちてしまうのです。

家族カードの対象は一般的に、本会員と生計が同一の配偶者や本会員の親、満18歳以上の子(高校生を除く)となっています。

将来結婚する約束の婚約者などもこの条件を満たしていません。

また、本会員の親についても、同居が条件となっている場合がありますので、ご注意ください。

本会員の利用状況に問題があった場合

また、本会員の返済能力が信用できないと判断された場合も、家族カードの審査に落ちる可能性が高まります

支払遅延・返済遅延などがあったり利用規約違反があったりと、本会員の利用状況に問題が見られる場合は、信用力がないとみなされがち。

ここで、本会員の信用力を調べる際に参照されるのが、個人信用情報です。

支払遅延などの情報は「ブラック情報」として数年間残されることになっており、一度支払いが滞ると、かなり不利な状況に陥る可能性も。

ただし、支払遅延として情報がのせられるのは、3ヶ月以上支払いが遅れた場合ともされています。

銀行残高のチェック漏れなどで期日の支払いができなかったという人は、できるだけ早急に振り込むようにしましょう。

家族が同じクレジットカード会社で何らかの問題を起こしていた場合

家族カードを作る際、家族本人の個人信用情報はとわれませんが、申し込んだ家族本人が過去にそのクレジットカード会社で何らかの金融事故を起こしていた場合は、審査に落ちる可能性があります

過去にいずれかのクレジットカードで支払遅延などをした覚えがあるのであれば、今申し込もうとしているクレジットカード会社でないかどうか、同じ系列のクレジットカード会社でないかどうかを確認してみましょう。

仮に、同じクレジットカード会社であったり同系列のクレジットカード会社であったりした場合は、他のクレジットカードを検討すべきです。

こうした審査をへて、家族カードを手にした場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

次の項目で詳しく解説します。

家族カードならではの5つのメリット

家族カードには、親カードである本会員用のカードにはないようなメリットがあり、使い勝手のよさでは折り紙つき。

ここでは家族カードならではのメリットとして以下の5つを挙げ、それぞれを詳しく解説していきます。

入会方法がとても簡単なので気軽に利用できる

家族カードを作る際のメリットのひとつが、面倒な手続きが必要ないということ。

本人情報を入力したり、カードの審査を待ったりという手間がかからず、カードを所有できるのです。 親カードの所有者が家族カードを作りたいと思ったら、各クレジットカード会社の公式サイトから申請するだけ。

マイページから家族カードの申し込みページへ行き、家族の氏名や生年月日、性別、本会員との続き柄を入力すればよいというケースが大半です。

クレジットカードによっては、本会員がカードを申し込むタイミングで家族カードを申請することも可能です。

ただし、家族カードを追加カードとして用意していないクレジットカードもありますので、家族カードを持つ予定がある場合は、その点を事前に確認しておきましょう。

格安もしくは無料の年会費で本会員と同等のサービスを受けられる

家族カードの年会費は、格安か無料という設定が多いにもかかわらず、本会員と同等のサービスを受けられるというのも、大きなポイントです。

家族カードは、本会員と引き落とし口座や利用限度額、利用明細などを共有することになります。

このため、クレジットカード会社側のコストとしてはあまりかからず、年会費としてさほど請求せずにすむというわけです。

その一方で、クレジットカードに付随するサービスは、親カードとほとんど変わりません

夫婦2人でクレジットカードにそれぞれ入会する場合と、妻のカードを家族カードにする場合とを仮定してみると、同じようなサービスを受けながら、年会費に数万の差が生まれることもあるでしょう。

家族間の利用明細書・引落口座などがまとめるので家計管理が簡単になる

家族カードを利用すると、その利用明細書は本会員とまとめて確認することになります。

また、引落口座も本会員の口座になっているので、確認が容易。このため、家計を管理しやすく、家計簿を作る手間が省けるのです

利用明細書には、クレジットカードの利用先や利用日、利用額などがわかりやすくまとめられています。

口座から引き落とされる総額も明確で、買い物の予定を立てたり、家計を引き締めなければならないタイミングなどもわかりやすいので、節約にもつながるはず。

家計を預かる人にとっては、とてもありがたいサポートを得られるでしょう。

家族単位でポイントを共有でき、ポイントが貯まりやすい

多くのクレジットカードには、利用分のポイントが貯まるサービスが付帯しています。

しかし、ポイントがなかなか貯まらなかったり、せっかく貯めたポイントが失効してしまったりと、苦い経験をお持ちの方もおられるかもしれません。

家族カードのメリットは、家族単位でポイントが貯められるということ。
家族でポイントを共有できるので、ポイントが貯めやすく、失効しにくくなるのです。

クレジットカードのポイントは、ギフトカードやアイテムなどと交換できます。

高額な商品を狙う場合はそれなりのポイント数が必要になりますが、家族カードを活用すれば、比較的容易に入手できるでしょう。

解約する際は電話1本でも大丈夫

万が一家族カードに何らかの不満が出た場合、解約に時間や手間暇が必要であれば、かなり面倒な思いをすることになります。

しかし、そんな心配はありません。

家族カードの解約については、電話1本すればよいケースが多いのです。

クレジットカードの本会員もしくは家族会員から電話をして、カードについての情報を伝えるだけ。

ほとんど時間をかけずに解約・退会できるというのは、家族カード取得のハードルを下げる大きな要素です。

ただし退会の際は、チャージしている電子マネーなどを使い切り、公共料金などの支払い先も設定していれば変更する必要がありますので、注意しましょう。

家族カードならではのメリットを確認したところで、家族カードのデメリットについても知る必要があります。次の項目で説明していますので、確認しておきましょう。

家族カードをもつなら気をつけておきたい3つのデメリット

家族カードにはさまざまなメリットがありますが、その反面、いくつかのデメリットがあるのも確かです。

ここでは、家族カードのデメリットについて3つの項目を挙げ、それぞれを解説していきます。

デメリット・注意点

  1. 利用限度額を本会員と共有するので限度額に注意する必要あり
  2. 家族のクレジットヒストリーが育たないため、他の審査に通りにくいまま
  3. 利用明細・引落口座が本会員分とまとまるため、プライバシーが守られない

利用限度額を本会員と共有するので限度額に注意する必要あり

家族カードを使う場合に気をつけないといけないのが、利用限度額が制限されるということです。

家族カードの利用限度額は、親カードと共有しています。

これは、かりに親カードの利用限度額が30万円だった場合、親カードが30万円、家族カードで30万円使えるわけではなく、それぞれの利用額を合計した額が30万円までという意味です。

自分の好きなように家族カードを使ってしまうと、親カードの所有者がカードを利用したいときに使えないという事態に陥ることもあるのです。

家族カードを利用する際は、事前にそれぞれの限度額を設定するなど、ルールを決めておくのがよいでしょう。

家族のクレジットヒストリーが育たないため、他の審査に通りにくいまま

通常、クレジットカードを利用すると、返済能力を証明するクレジットヒストリー(クレヒス)を育てることができます。

これは、クレジットカードやローンの利用履歴のことで、クレジットカード会社などで共有され、利用されるもの。

しかし、家族カードの場合は、返済者が本会員であるため、クレヒスを育てられないのです。

本会員のクレジットカードを解約すると、家族カードは使えなくなるうえにクレヒスもないため、他のクレジットカードの審査に通りにくくなるかもしれません。

利用明細・引落口座が本会員分とまとまるため、プライバシーが守られない

家族カードを利用する場合、家族全員の利用明細が同じ明細書にまとめられます。

家計を管理するという面ではメリットですが、本会員に自分の買い物の内容がすべて筒抜けになってしまうということをデメリットとしてとらえる人もいるでしょう。

さらに、家族内での買い物の代金がすべて同じ口座から引き起こされることが原因で、何らかのトラブルが起きる可能性もあります。

自分のプライバシーを守りたい、家族間で買い物に関するトラブルを起こしたくないという人には、家族カードはあまりおすすめできません。

家族カードのメリット・デメリットを把握したうえで、自分にぴったりのクレジットカードを探したいという方に向けて、初めて家族カードを作る方におすすめのクレジットカードをご紹介します。

初めて家族カードを作る人におすすめのクレジットカード

家族カードの活用方法を理解し、家族カードのメリットを存分にいかしたいとお考えの方に向けて、ここでは、以下のクレジットカードを紹介します。

初めての家族カードを作ろうとお考えの方におすすめの2枚ですので、ぜひご活用ください。

コンビニをよく利用するなら!
三井住友カード

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの大手コンビニでの買い物が、ポイント5倍になるのが三井住友カードです。

本会員の年会費も1,250円(税別)しかかかりませんが、家族カードはわずか440円(税別)。

これだけ年会費を抑えているにもかかわらず、付帯する海外旅行傷害保険は最高2,000万円と、サービスが充実しています。

コンビニをよく利用するなら、本会員の親カードと家族カードとでポイントがどんどん貯まるのも魅力的。

1日に親子で合わせて1,000円コンビニを利用すれば、1年で貯まるポイントは13,500円分になります。

貯まったポイントの活用法も多く、使い勝手のよいクレジットカードといえます。

三井住友カード

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜)※ 0.5%~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.5% 500円

※マイ・ペイすリボの申込+カード利用で年会費無料

今がチャンス!お得な入会特典
《入会特典》今なら最大8,000円プレゼント!

ポイントを効率よく貯めたいなら!
楽天カード

楽天カードの大きなメリットは、本会員・家族会員ともに年会費が無料で、ポイント還元率1%であること。

ちょっとした買い物でもポイントがどんどん貯まるうえに、カードを維持しても特段コストがかからないため、本会委員のクレヒスを作るという意味でも最適です。

高還元で、ポイントが貯まりやすく仕組みがあるうえに、貯めたポイントを任意で家族に移行できるといった独自のサービスも楽天カードの魅力です。

さらに、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯したり、「商品未着あんしん制度」「ネット不正あんしん制度」といった不正利用防止の対策がなされていて、初めてクレジットカードをもつ方も安心して利用できます。

こういったクレジットカードでクレヒスを磨いたあとにぜひ挑戦していただきたいのが、ゴールドやプラチナのカード。

年会費が高く、手が出ないようにも思えますが、家族カードをもつ方にとっては非常にお得なのです。

楽天カード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 0.5% 500円(税別)

せっかく家族カードを作るならコスパが高いゴールドカードに

ゴールドカードは、一般のクレジットカードに比べると、年会費が高めに設定されています。

通常ならなかなか手がでませんが、家族カードを作ることを前提にすると、コストパフォーマンスの高さに目がいきます。

サービスの質が圧倒的によくなる一方で、家族カード年会費の割引率が高まるため、利用価値が高まるのです。

ここでは、ゴールドカードで家族カードを作りたいという方に以下の2枚をおすすめします。

本カード同様のステータス感、サービスが大きな魅力!
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

数あるクレジットカードの中でも、ステータス感の高さでは1、2を争うのが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

  • 国内外の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」
  • 守られる安心感のある「キャンセル・プロテクション」「オンライン・プロテクション」「リターン・プロテクション」「ショッピング・プロテクション」
  • 海外旅行などで活用したい「オーバーシーズ・アシスト」

など、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならでの魅力があり、家族会員にも同様に用意されているというのが大きなメリット。

これだけ充実したサービスを受けられるにもかかわらず、1枚目の家族カードに関しては年会費12,000円(税別)が無料になるというのもうれしいですね。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
29,000円(税別) 29,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

高いコスパのゴールドカード!
三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードは、本会員の年会費11,000円(税別)、家族会員の年会費無料のゴールドカード。

ゴールドカードとしては年会費が安く設定されているにもかかわらず、付帯するサービスは充実しており、コストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。

海外・国内旅行傷害保険は最高5,000万円。さらに、国内主要空港でラウンジを無料で利用できる「空港ラウンジサービス」なども備わっており、ご家族での海外旅行などにも最適です。

一般カードと同じく、大手コンビニでのポイント還元率が高いのも、三井住友ゴールドカードの魅力。

ゴールドカードならではのサービスを求めつつも、年会費を抑えたいというご家族にぴったりの1枚といえるでしょう。

三井住友カード ゴールド

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別)※ 0.5%~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 50万~200万円 0.5% 500円

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

今がチャンス!お得な入会特典
利用金額の20%(最大8,000円)をプレゼント!

まとめ

家族カードは、専業主婦や学生でも気軽に作れるのが大きな魅力。

審査対象になるのは本会員の信用情報だけで、家族の収入やクレヒスなどが問われることはありません。

無審査というわけではありませんが、審査に落ちる心配はほとんどないといってもよいでしょう。

家族カードを利用するメリットはさまざまですが、無料もしくは格安の年会費で本会員と同様のサービスを受けられるというのは大きな魅力。

ご家族が海外で行く際などには、大きな安心になるでしょう。

ここでは、初めて家族カードを持つという方や、家族カードならではのメリットをより強く感じたいという方に向けて、おすすめのクレジットカードをいくつかご紹介しました。ぜひご活用ください。

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断