電子マネーとクレジットカードのダブル使い!便利でお得にポイントをためる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードと電子マネー。どちらも現金の持ち合わせがなくても買い物ができるだけでなく、ポイントが貯まり、便利でお得ですよね。似ているように見える“電子マネーとクレジットカードの違い”を、はっきり認識していますか?

日頃、なんとなく使っている電子マネーやクレジットカードも、「ポイントがいくら貯まっているかどうかわからない」、「もっとお得がカードがあるかもしれないけれど調べるのが面倒」と感じている人も多いのが事実です。

しかし、電子マネーやクレジット決済でたまったポイントは現金と同じように使えたり、好きな商品と交換したりとメリットはたくさん。

まだ “なんとなくクレジットカードや電子マネーを使っている”というあなたに、便利でポイントもザクザクたまる「電子マネー×クレジットカード」の活用術をご紹介します。

電子マネーとクレジットカードとの、明確な違いを理解していない人も多いです。どんな違いがあるのかを整理してみてみましょう。

電子マネーとは、現金の代わりに利用できる、データによって決済するお金です。ICカードやケータイで決済できるお金も、電子マネーといわれます。

クレジットカードは、クレジット(=信用)で支払い決済をするカードなので、クレジットカード会社から請求が来た後に、自分の口座から支払います。

電子マネーは、チャージが必要かどうかで2つに分けられます。

プリペイド型電子マネー図

あらかじめ現金を先にチャージしておくのを「プリペイド型電子マネー」といい、例えば「Suicaに1,000円チャージして電車に乗る」というパターンがこのプリペイド型です。

支払いは前もって現金やクレジットカードで支払う必要があります。年齢制限がなく子供でも使用でき、電子マネー内に金額がチャージされていなければ価値を持ちません。サインレスで素早く支払いが行えます。

・・・例)Suica、Edy、WAON、nanacoなど

 

electronic-money_postpay

事前に金額をチャージしなければいけないプリペイド型と違い、「ポストペイ型電子マネー」(=「後払型電子マネー」)であれば、お金の持ち合わせがなくても利用できます。iDやQUICPayが代表的なポストペイ型カードです。

利用にはクレジットカードと紐付けられている必要があり、そのクレジットカードの利用でポイントをためることができます。また支払いもサインレスで素早く行えます。

紛失や盗難時に補償される制度もあり、ちょうど電子マネーとクレジットカードの中間のように利用できます。しかし電子マネーを利用することによるポイントは得られません。

・・・例)iD、QUICPay、PiTaPaなど

クレジットカードは事前にチャージする必要もなく、事後決済で買い物ができます。銀行からの引き落としを先延ばしにして商品やサービスの対価を得ることができるので、その人の支払い能力を審査した後に発行できます。

コンビニやスーパーなどではサインレスで支払いが可能になってきましたが、基本的に支払いにはサインや暗証番号などの認証が必要です。

これまで、電子マネーとクレジットカードの違いを紹介しました。

それぞれに便利なポイントがありますが、プリペイド型の電子マネーがついたクレジットカードを利用すれば、チャージによって貯まるポイントと、利用によって貯まるポイントのダブルで「ポイント2重取り」が可能です。

次の章では、両方のメリットを得ることができる、おすすめの一体型カードをご紹介します。

電子マネーとクレジットカード一体型のカードも、一番便利でお得な種類はライフスタイルによって大きく変わります。

「電車に良く乗る」「ネット通販をよく使う」「イオンをよく利用する」など、それぞれの生活パターンでお得なカードを紹介しているので、生活パターンから自分にぴったりのカードを見つけてみてください。

電子マネーを利用するのに一番便利だなと感じるのが、やはり電車に乗るとき。改札をICカードをかざすだけで通ることができるので、都市部で通勤や通学する人のほとんどが持っているのが、交通系カードです。

その交通系カードの先駆けともいえ、最も利用者数が多いカードなのが、JR東日本が発行する「Suica」です。JR東日本が同じく運営しているのが、ビューカード。人気の2種類はこちらです。

ビックカメラスイカカード ビックカメラSuicaカード ・初年度無料 ・年間1回以上利用で次年度年会費無料 メリット
ビックポイントが追加付与(0.5%)
デメリット
定期券として利用できない
VIEWSuicaカード ビュー・スイカカード ・年会費 税込515円 メリット
定期券として利用○ 年間30万以上の利用でボーナスポイント
デメリット
年会費がかかる

通常年間515円かかるビュー・スイカカードの年会費は、「ビックカメラSuicaカード」にすれば年間1度でも利用があれば無料になります。JRの定期券と一緒に利用したい人は、ビックカメラSuicaカードにすれば、定期券・Suica・クレジットカードのすべてを1枚でまかなえます。

概要
  • Suica、クレジットカードが1枚に
  • Suicaへのチャージでビューポイントが貯まる(還元率1.5%)
  • SuicaをNewdaysやKIOSKなどの加盟店で利用すれば、Suicaポイントがダブルで貯まる(Suicaポイントクラブに登録する必要あり。還元率は0.5~1%)※ポイント二重取り
  • たまったビューポイントはSuicaへのチャージでキャッシュバック

Suicaとビューカードが一緒になったビックカメラSuicaカードまたはビュー・スイカカードは、「Suica を利用する人は必ず持っておいたほうが良い!」と断言できるカードです。実際、首都圏に住んでいない人でもSuicaは全国の交通系ICカードで使えるほか、チャージできるATM「ビューアルッテ」も北海道や名古屋、福岡に設置されています。

Suicaチャージ図

筆者はJR東日本エリアに住んでいるわけではないですが、数ヶ月に1度首都圏を訪れた際や、ビックカメラに設置されている「ビューアルッテ」で、クレジットからまとめてチャージするようにしています。全国ほぼすべての電車代や、細かな買い物で使えるSuicaに1.5%もの還元率があるのは、やはり大きなメリットです。

楽天カード(JCB)

自動販売機やほとんどすべてのコンビニで利用できるEdyも、便利な電子マネーです。そのEdyも2009年に楽天の傘下になり、「楽天Edy」として生まれ変わりました。

楽天Edyポイント二重取り解説

Edyユーザーに一番おすすめのカードが、この楽天カードです。Edyへのチャージ・オートチャージと、Edyの利用によりダブルでポイントをゲットできます。

概要
  • Edy、クレジットカードが1枚に
  • クレジット利用で1%、Edyへのチャージは0.5%の楽天スーパーポイント
  • Edyを利用すれば楽天スーパーポイントが貯まる(還元率0.5%)※ポイント二重取り
  • たまった楽天スーパーポイントは楽天内で利用したり、EdyやANAマイルに移行できる

もちろんクレジット利用で1%の楽天スーパーポイントが付与される上、楽天や楽天トラベルでの決済で2%の還元率でポイント付与がされるため、楽天ユーザーは必ず持っておきたいカードです。

card-040

近くにイオンの店舗があり、イオンをよく利用する人におすすめな電子マネーが、WAONです。

イオンが運営するイオン銀行のキャッシュカードも一体となった「イオンカードセレクト」はWAONへのチャージでWAONポイントが付与される、唯一の一体型カードです。

電子マネー、クレジットカード、銀行のキャッシュカードがすべてこの1枚でまかなえます。

WAONポイント二重取り

イオン銀行からのオートチャージで月間200円につき1WAONポイント、WAONでの利用200円が、1WAONポイントになります。

概要
  • WAON、イオンクレジットカード、イオン銀行キャッシュカードが1枚に
  • WAONへのイオン銀行からのチャージでWAONポイントが貯まる(還元率0.5%)
  • WAONを利用すればWAONポイントが貯まる(還元率0.5%)※ポイント二重取り
  • イオンカードの利用により、ときめきポイントが貯まる(0.5~1..0%)

イオンカードセレクトはイオン銀行の口座を開設する手間はかかりますが、普通預金金利が年0.12%(大手メガバンクでも0.001%)と高いため、金利の面から見ても有利です。

イオンを月に2~3回でも利用する人はお金を引き出したり、日用品を購入したりと便利なことは間違いないはず。作っておいて損はないカードです。

3つのカードを紹介しましたがそれぞれを簡単にまとめると、下記のカードがおすすめです。

“首都圏で生活し、日頃から電車に乗る機会が多い人”
  • Suica×ビューカード⇒ ビックカメラSuicaカードまたはビュー・スイカカード

“楽天通販や、楽天トラベルをよく利用しコンビニや自販機での小額決済をよく利用する人”
  • Edy×楽天カード⇒ 楽天カード

“イオンが近所にあり、月に2~3回でも利用している人”
  • WAON×イオンカード⇒ イオンカードセレクト

ライフスタイルによって、おすすめする電子マネー&クレジットカード一体型カードは変わってきます。

「自分は日常でどこにお金を使うのか」「その消費はポイントのたまる電子マネーやクレジットカードで決済できないか」を考えて、ぴったりのカードを見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加