エディオンで一番お得なクレジットカード解説!最長10年間の長期保証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家電量販店で買い物をする男女

大手家電量販店のエディオンではエディオンポイントを貯められる2種類のクレジットカードを発行しています。競合する量販店と比べるとポイント還元率は低いですが、エディオンカードで購入すると商品に応じて最長10年間の長期修理保証が受けられるというメリットがあります。

また優待加盟店ではポイント還元率がアップし、特にオリコモールやセディナポイントモールでは最大10.5倍のポイントを貯めることができます。ETCカードを年会費無料で持つことができて、オリコなら発行手数料も無料になります。

ここではエディオンカードの特徴について解説します。エディオンのクレジットカードは家電他社が発行しているものと比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

また他社の高還元率なクレジットカードと比較して、エディオンのお得な支払方法についても紹介します。

エディオンカードの特徴

エディオンカード
IDカード
あんしん保証カード
会員サービス利用料
980円
2,000円
無料
クレジットカード機能
×
×

現在エディオンでは3種類のポイントカードが発行されています。

唯一クレジットカード機能が付いているのがエディオンカードです。IDカードは年会費とクレジットカード機能の有無以外はエディオンカードと同じと考えて差し支えありません。

このエディオンカードを持つ最大のメリットは、業界屈指の長期修理保証サービスを受けられるということでしょう。

業界屈指の長期修理保証サービス

エディオンカード
IDカード
あんしん保証カード
3年間保証
-
3万円(税込)以上の指定商品(21品種)
5年間保証
5,000円(税抜)以上の指定商品(100品種以上)
5万円(税込)以上の指定商品(21品種)
10年間保証
10万円(税込)以上のエアコン・冷蔵庫

エディオンカード会員の長期修理保証は5,000円(税抜)以上の指定商品を対象に自動的に適用されます。10万円(税抜)以上のエアコン・冷蔵庫は10年間保証、その他指定商品は5年間保証となります。

あんしん保証カードは少しハードルが高く、3万円(税込)以上の商品は3年保証、5万円(税込)以上の商品でようやく5年保証が適用されます。また長期保証対象の品種も少ないです。

いずれも1年以上のメーカー保証が付いているエディオン指定商品が対象です。長期保証の対象外となる商品もありますので、詳しくは店舗でご確認ください。

保証対象の費用と利用上限

保証対象となる費用は修理工賃と修理部品代に加え、出張修理の対象商品であれば出張費も対象となります。工事費や取付部材の費用は対象外です。

保証金額が購入金額に達するまで、何度でも保証してもらうことができます。

他社クレジットカードや電子マネー決済でも保証対象

指定商品の購入であれば、エディオンカード以外の決済でも長期保証は適用されます。

後述するように、エディオンカードのポイント還元率はあまり高くありません。特にパソコンを含む家電製品は1.0%還元となっており、ヨドバシカメラやビックカメラなど他の家電量販店と比べると、かなり低いです。

しかしエディオン会員、あるいはその家族会員なら他社クレジットカードや電子マネーで支払っても長期保証は適用されます。ポイント還元率が低い家電を購入する場合はエディオンカード以外で決済するのがお得です。

ポイント還元率は1.0%、エディオン指定商品は最大5.0%

エディオンカードのポイント還元率は1.0%、支払額100円(税込)ごとに1ポイントが還元されます。

またエディオンの指定商品なら100円(税抜)ごとに最大5ポイントが貯まります。

  • 家電・パソコン:100円(税抜)ごとに1ポイント
  • 消耗品・パソコンサプライ・各種アクセサリー:100円(税抜)ごとに3ポイント
  • 新品ゲームソフト・映像・音楽ソフト:100円(税抜)ごとに5ポイント

上記のポイントはエディオンカードでクレジット決済した場合に限らず、電子マネーの決済でも同率で付与されます。なのでエディオンカードで直接支払うよりも、楽天Edyにチャージして支払うほうがよりたくさんのポイントを貯められます。

ちなみに楽天Edyやnanacoなど電子マネーのチャージでも、1.0%のポイントを貯められる珍しいクレジットカードです。

ただし国際ブランドがMasterCardだと、nanacoチャージではポイントが付与されません。またエディオン自体はnanacoの支払いに対応していないので注意してください。楽天Edyで支払うことは可能です。

年間15万円以上の利用で次年度の年会費980円が無料

エディオンカードは会員サービス利用料という名目で、年間980円(税抜)の費用がかかります。これは初年度から支払う必要があります。

ただしクレジットカードの利用額が15万円(税抜)以上であれば、次年度は無料になります。

優待加盟店で決済するとお得

エディオンカードのポイント還元率はあまり高いとは言えませんが、優待加盟店においては最大10.5倍のポイントが還元されて非常にお得に利用することができます。

エディオンカードは2種類

番号を選ぶ

エディオンはオリコとセディナ、異なるクレジットカード会社と提携して2種類のエディオンカードを発行しています。

どちらもエディオンカードには違いなく、年会費やエディオンでのポイント還元率など、基本的なサービス内容は全く同じです。

発行会社によって特典が異なる

優待加盟店
オリコ発行
セディナ発行
オリコモール
ポイント最大10.5倍
-
セディナポイントモール for エディオン
-
ポイント最大10.5倍
セシール
ポイント2倍
ポイント2倍
エッソ・モービル・ゼネラル
ポイント1.5倍
ポイント1.5倍
タイヤ館
ポイント2倍
-
銀座山形屋
-
ポイント2倍
アート引越センター
ポイント3倍
ポイント3倍
サカイ引越センター
ポイント3倍
-
吉兆楽
ポイント5倍
-
オリコB&Cオンラインショップ
ポイント3倍
-
あずみエステール
ポイント2倍
-
ヤマノホールディングス
ポイント3倍
-
ジョイフル恵利
ポイント2倍
-
タカキュー
請求時に8%OFF
-

2種類のエディオンカードで異なるのは、主に優待加盟店です。

どちらでも同じ特典を受けられる優待加盟店もありますが、大半はオリコ発行のエディオンカードに限られています。

オリコならETCカードの発行手数料が無料

またオリコが発行するエディオンカードなら発行手数料無料、年会費も無料でETCカードを発行することが可能です。

セディナでも年会費は無料ですが、発行手数料が1,000円(税抜)かかります。

ETCカードを無料で作りたいのであれば、オリコがおすすめです。

エディオンの支払方法とポイントシステムについて

デビットカードで支払う

エディオンはクレジット機能が付いているエディオンカードの他に、年会費2,000円(税抜)のIDカードと、年会費が無料の代わりに特典がグレードダウンしたあんしん保証カードも発行しています。

IDカードはクレジット機能を持たない点以外はエディオンカードとほぼ同じです。年会費がエディオンカードよりも高いので、クレジットカードに抵抗がなければエディオンカードや、あるいは無料で持てるあんしん保証カードの検討をおすすめします。

あんしん保証カードは会員サービス利用料が無料なのは大きなメリットです。しかし他の2枚と比べると保証などのサービス内容面で劣るのがデメリットです。

ところで、実はエディオンはTポイントの加盟店でもあります。エディオンカードの代わりにTカードを提示することで、支払額200円(税抜)につき1ポイントのTポイントを貯めることも選べるのです。

提示するポイントカードによってポイント還元率が変わる

他の家電量販店では支払方法によってポイント付与率が変動することが多いですが、エディオンでは主に購入する商品と提示するポイントカードの種類によって還元率が決まります。

ただしエディオンカードを提示して他社クレジットカードで決済するなど、利用できない組み合わせがある点には注意が必要です。組み合わせられないポイントカードがあるという意味では、支払方法によってもポイント還元率は変わります。

またエディオンギフトカードでの支払いはポイントが付与されますが、その他のギフトカードや商品券については付与対象外となります。

エディオンのポイントカードと還元率

エディオンカード
IDカード
あんしん保証カード
Tカード
年会費(会員サービス利用料)
980円
2,000円
無料
カードにより異なる
家電・パソコンの購入
100円(税抜)ごとに1ポイント
×
200円(税抜)ごとに1ポイント
消耗品・パソコンサプライ・各種アクセサリーの購入
100円(税抜)ごとに3ポイント
新品ゲームソフト・映像・音楽ソフトの購入
100円(税抜)ごとに5ポイント
他社クレジットカード決済でのポイント付与
×

Tカードを提示すると一律で0.5%のTポイントが還元されますが、エディオンが発行するポイントカードは購入する商品によって還元率が決まっています。

また他社のクレジットカードで決済する場合、エディオンカードやあんしん保証カードを提示してもエディオンポイントは付与されません。エディオン発行のポイントカードは現金か電子マネーの支払いでのみエディオンポイントを貯めることが可能です。

しかし5.0%のエディオンポイントが付与されるのはゲームソフトやCD、DVDなどに限られています。消耗品やサプライ品は3.0%還元ですが、パソコンを含む家電製品は1.0%しか還元されません。

さらにエディオンカードは年会費980円(税抜)が必要です。年間利用額が15万円以上であれば次年度は無料になりますが、家電のポイント還元率が1.0%と低いので、年間利用額が多ければお得かと言えば必ずしもそうでもありません。

年会費を無料にするためには高額な商品を購入するのが近道ですが、家電のポイント還元率が低いことがあだとなりエディオンカードで決済すればするほど貯まるポイントの差は開いていきます。

最大で5.0%のポイントが還元される商品もあるので一概には言えませんが、保証面を考慮しなければ他社のクレジットカードで決済するほうがお得になるケースが多いでしょう。

他社の高還元率クレジットカードのほうがお得?

疑問を持つ女性

エディオンカードを選ぶ決め手はやはり業界屈指の長期保証です。ポイント還元率が低くても保証サービスを重視するのであれば、エディオンカードを持つことをおすすめします。

逆にポイントをたくさん貯めたい方に、エディオンカードはあまり向いていません。優待加盟店では最大10.5倍のポイントを貯めることができますが、エディオンにおいては特に長期保証が必要となる家電製品のポイント還元率が低いからです。

ポイント還元率を重視するのであれば、エディオンカード以外の高還元率クレジットカードで支払うのがおすすめです。還元率は一律固定になってしまいますが、少し工夫すれば常時3.5%のポイントを貯めることができます。

高還元率のクレジットカードを紹介

他の家電量販店とは異なり、エディオンでは自社カードのポイント還元率がそれほど高くはありません。しかし逆に言えば、一般に高還元率とされているクレジットカードでも十分お得に買い物することができます。

代表的な高還元率のクレジットカードと、その活用方法を紹介します。

LINE Pay

LINE Payカードで決済する方法で、2.0%のLINEポイントを貯めることができます。

LINE Payのメリットは、エディオンのようなTポイント加盟店でなくても常時2.0%のポイントが還元される点です。LINE Payカードはプリペイドカードなので公共料金など一部決済に利用できないサービスもありますが、JCBの加盟店であれば基本的にクレジットカードと同じように使うことができます。

LINEポイントはLINE Payのチャージに充当できるので、使い道に困ることはありません。

エディオン以外でもたくさんのポイントを貯めてお得に利用したい方におすすめです。

リクルートカード+楽天Edy

リクルートカードは年会費永年無料で1.2%の高還元率クレジットカード。主要な電子マネーのチャージに対応していて、チャージ分もしっかり1.2%のポイントを貯められるのが大きな特徴です。

Tポイントカードを提示して普通にクレジット決済すると、0.5%のTポイントと1.2%のリクルートポイントが付与されて合計1.7%還元となります。しかしリクルートカードは電子マネーの楽天Edyと組み合わせることで、もっとたくさんのポイントを貯める方法があります。

リクルートカードからチャージした楽天Edyで決済すると、先ほどの1.7%のポイントに加えて楽天スーパーポイントも獲得可能です。楽天Edyは支払額200円につき1ポイント還元されるので、0.5%上乗せして合計2.2%還元となります。

これだけでも普通にクレジット決済するよりはお得ですが、さらにお得な方法があります。

電子マネーで決済する場合はクレジットカードと異なり、エディオンカードやあんしん保証カードの提示でエディオンポイントを貯めることが可能です。あんしん保証カードは「家電の購入に対してポイントが付与されない」のがデメリットですが、消耗品やゲームソフトなどの購入についてはエディオンカードと同率のポイントが付与されます。しかも年会費無料で持つことが可能です。

リクルートカードと、リクルートカードからチャージした楽天Edyの決済において、各ポイントカードを提示して付与されるポイントの還元率をまとめてみました。

エディオンカード
あんしん保証カード
Tポイントカード
リクルートカード
-
-
一律1.7%
リクルートカード+楽天Edy
2.7%(家電)

4.7%(消耗品)

6.7%(ゲームソフト)
1.7%(家電)

4.7%(消耗品)

6.7%(ゲームソフト)
一律2.2%

あんしん保証カードで貯められるエディオンポイントはエディオンでしか使えないので、Tポイントよりも汎用性が低いです。しかしどちらも1ポイント=1円から使えるので大したデメリットにはならないでしょう。

エディオンにおいては家電を除けば、リクルートカードからチャージした楽天Edyのほうがたくさんのポイントを貯められてお得です。エディオンでお得に買い物することを重視するなら、リクルートカード+楽天Edyがおすすめです。

P-one Wiz

P-one Wizも年会費永年無料のクレジットカード。請求額1%割引の特典と、0.5%のポイント還元を合わせると実質1.5%還元となります。

クレジットカード自体の還元率はリクルートカードを上回っており、年会費無料のカードでは最高クラスです。

先ほど紹介したLINE Payカードの国際ブランドはJCBのみですが、P-one WizはJCB以外にもMasterCardやVISAを選ぶこともできます。この3つの国際ブランドではJCBよりもVISAやMasterCardの加盟店のほうが多いので、そういった意味でもP-one Wizのほうが利用可能なシーンは多いです。

注意点としてはP-one Wizはリボ払い専用のクレジットカードであることが挙げられます。「ずっと全額コース」に変更することで実質1回払いのカードとして使うことが可能ですので、カードが届いたらすぐに変更手続きを行うことをおすすめします。

エディオンのクレジットカードのデメリット

困る女性

ここまでの内容を振り返りつつ、他の家電量販店と比較してエディオンやエディオンカードのデメリットについて考えてみます。

ポイント還元率が低い

エディオン
ビックカメラ
ヤマダ電機
ヨドバシカメラ
年会費無料の条件
年15万円以上利用
年1回以上利用
無条件
提携クレジットカードのポイント還元率
5.0%
10%
10.5%
11%
電子マネー等を併用した最大還元率
6.7%
11.7%
11%
13%

ビックカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラでは現金で支払うと基本10%のポイントが還元されます。この時点でもエディオンは負けていますが、ヤマダ電機やヨドバシカメラでは提携クレジットカードで支払うとさらに還元率がアップします。

さらに4社とも年会費無料で持てるクレジットカードを発行していますが、ヨドバシカメラのゴールドポイントカードプラスは無条件で無料、またビックカメラSuicaカードやヤマダLABI ANAカードが年1回の利用で無料になるのに対し、エディオンカードは15万円以上の利用で無料と最も厳しいです。

同じ価格の商品を購入するのであれば、他の量販店で購入するほうがお得です。

エディオンカード会員でなくなると長期保証が無効になる

エディオンカード最大のメリットは対象商品に無条件で適用される長期保証ですが、保証期間中に退会してしまうと無効になってしまう点に要注意です。

年間クレジット利用額が15万円を超えれば翌年度のサービス利用料が無料になりますが、超えなければ980円がかかります。

例えばヨドバシカメラなら付与されるゴールドポイントから5.0%分を支払うだけで最大5年間保証してくれます。ヨドバシカメラの延長保証サービスは購入から年数が経過すると保証金額が下がるので、保証の内容自体はエディオンのほうが手厚く優れていますが、年会費やポイント還元率などの面では劣ります。

保証内容が手厚いので仕方ないことではありますが、長期保証を適用・維持するためにかかるコストが他社よりも高いのがデメリットですね。

エディオン以外で利用するメリットが少ない

エディオンカードはエディオンや加盟店以外で利用するメリットがほとんどありません。長期保証はエディオンで購入した指定商品のみが対象ですし、通常のショッピングにおけるポイント還元率は1.0%で標準的です。

他の量販店を見てみると、ビックカメラSuicaカードには電子マネーのSuicaが付帯されています。このカードからSuicaにチャージすると1.5%相当のポイントが還元されるので、コンビニなどの支払いに利用すれば常時1.5%の還元を受けられます。他にもモバイルSuicaの年会費が当面無料で利用できるメリットなどがあります。

またゴールドポイントカードプラスのショッピング保険はヨドバシカメラ以外で購入した商品も補償対象になります。このように他社のクレジットカードそれぞれ自社の店舗以外で利用しても大きなメリットがありますが、エディオンカードは優待加盟店以外で決済するメリットがほとんどありません。

強いて言えば、電子マネーの楽天Edyとnanacoの両方にチャージできるという点ではやや珍しいです。しかし電子マネーのチャージだけが目的なら、年会費無料で還元率が1.2%のリクルートカードのほうがお得です。

エディオンを利用する機会が少ないのであればエディオンカードを持つメリットは少なく、他のクレジットカードで代替することが可能です。

まとめ

クレジット機能が付いているエディオンカードは、年会費やポイント還元率などの面では他の家電量販店に劣っています。同価格の商品を購入するのであれば他社のほうがお得です。

エディオンカード最大のメリットは手厚い長期修理保証サービスです。対象商品なら単価5,000円から適用され、保証額が購入金額を超えるまで何度でも利用できます。

ただし保証が不要なら、特に家電を購入する場合はポイント還元率が低いのでTカードを提示してLINE Payで支払うほうが最大3.5%のポイントを貯められてお得です。

またエディオンはクレジット機能を持たず年会費無料のあんしん保証カードも発行しています。保証面ではエディオンカードに劣りますがポイント還元率は大差ないので、年会費が気になる方におすすめです。

保証よりもお得に買い物することを重視するのであれば、LINE Payか、リクルートカード+楽天Edyがおすすめです。前者は家電、後者は消耗品やゲームソフトを購入する場合に1番お得な支払方法です。

購入する物や、貯めたいポイントに合わせてカードを作ることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事