おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

デビットカードはコンビニでも使える!使い方や注意点をまとめて紹介

コンビニで買い物をする女性

デビットカードはカード使用と同時に指定の銀行口座から支払い金額が引き落とされる仕組みとなっており、銀行口座からダイレクトに支払いできるところが大きな魅力です。

利用頻度の多いコンビニでも利用できるものなのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事では

をまとめてご紹介します。

最後まで読めば、コンビニでデビットカードを有効活用できるようになるはずです。

くれじい

デビットカードの使い方に迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

デビットカードはコンビニでも使える 

「デビットカードはコンビニで利用できるの?」と疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか。

まずは、デビットカードがコンビニで利用できることをご紹介します。

デビットカードはコンビニ支払いで利用できる

デビットカードはクレジットカードと同じように、レジに「VISA」や「Master」「JCB」など国際ブランドのマークがあるお店でならどこでも使用できます

各コンビニエンスストアでは「VISA」や「Master」「JCB」のマークが表示されているため、難なく利用することが可能です。

2018年に三井住友カードが実施した「SMBCデビット調査」では、デビットカードを利用する場所として

  • 1位:コンビニ
  • 2位:スーパーマーケット

となっており、実際にデビットカードをコンビニで利用している人が多いことが分かります。

【参考】:三井住友カード:「SMBCデビット調査」

ローソンのみ「J-Debit」が使用できる

J-Debitとは

デビットカードの一種で、J-Debitに対応している金融機関で発行されたキャッシュカードをそのまま買い物や食事、旅行などの支払いに利用できるところが特徴です。

J-Debitでの支払いができるコンビニは、今のところローソンに限られています

デビットカードの中でもJ-Debitを利用している場合は、使えるコンビニが限定されているので注意してください。

デビットカードがコンビニで利用できるところが分かったところで、次はコンビニで利用するときにはどのようなことに注意をしたらいいのかご紹介します。

コンビニでデビットカードを使うときの3つの注意点

デビットカードは基本的にコンビニのどのような支払いにでも利用できますが、一部除外があります。

ここでは、デビットカードをコンビニで利用するときに知っておきたい注意点を3つご紹介します。

  1. 一部の公共料金支払いやチャージに利用できないことがある
  2. 他の決済方法との併用はできない
  3. 分割払いやリボ払いはできない

一部の公共料金支払いやチャージに利用できないことがある

デビットカードによっては水道や電気代、電話代などの公共料金支払いに使用できない場合があります。

持っているデビットカードがどのような公共料金支払いに対応しているのか、ホームページなどで確認するのがおすすめです。

また、コンビニ支払い専用用紙を利用する場合、現金のみの支払いと限定されていることも多いですが、このようなパターンでもデビットカードでの支払いはできません。

他にも、デビットカードによっては不正利用が多く報告されている一部の電子マネーへのチャージ利用を制限していることもあります。

電子マネーへのチャージが可能かどうかもデビットカードによって異なるため、注意しておきましょう。

他の決済方法との併用はできない

コンビニでデビットカードを使用する場合現金やプリペイドカード、クレジットカードなどとの併用はできません

一度のお会計で「1,000円をデビットカードで残りを現金で」などと支払い方法を分けることはできないため、他の支払い方法と併用したい場合はお会計を分ける必要があります。

コンビニでデビットカードを使う場合には、他の支払い方法と混ぜて使えないことを覚えておきましょう。

分割払いやリボ払いはできない

デビットカードは、カード使用と同時に指定の銀行口座から支払い金額が引き落とされる仕組みとなっています。

そのため、銀行口座に残っている金額からの一括払いのみに対応しており、分割払いやリボ払いは使えません

コンビニでデビットカードを使用するときには、銀行口座内に残っている金額内での一括払いしかできないことを把握しておくことが大切です。

コンビニでデビットカードを使用するときの注意点が分かったところで、実際にどのような手順で使用したらいいのか見てみましょう。

デビットカードをコンビニで使用するときの手順

実際にコンビニではデビットカードをどのように使用するのか、手順に沿ってご紹介します。

STEP.1

コンビニで支払いをするときに「VISAでお願いします」といった感じでデビットカードの国際ブランドの名前と伝えデビットカードを提示します。
このときに「デビットカードで」と伝えるとJ-Debitと誤認されることがあり、使用できないと言われてしまう可能性があります。

.
STEP.2

支払い方法を聞かれた場合には「一括払いでお願いします」と回答します。
これで会計処理をしてもらえます。
(会計処理をするときに暗証番号やサインを求められる場合があります)

.

【タッチ決済に対応しているデビットカードの場合】
国際ブランドや「ID」のタッチ決済が利用できる場合には
「VISAのタッチ決済でお願いします」
「IDのタッチ決済でお願いします」
などと伝えた後に、カーリーダーにタッチをするだけで会計処理が完了します。

このように、コンビニ支払いでデビットカードを使うのはとても簡単で、手軽に使用できます。

デビットカード支払い時にエラーとなる原因

コンビニでデビットカード支払いをしたときにエラーとなる原因としては、次の3つが考えられます。

  1. 指定口座に支払い額分の現金が入っていない
    先ほども説明したように、デビットカードは使用と同時に指定の銀行口座から支払い額が引き落としされます。
    支払いをしようとしている現金が指定口座に残っていないと、エラーとなってしまい支払いが実行されません
    コンビニでデビットカードを使用する前には、銀行口座にどれくらい現金が残っているのか確認するようにしましょう。
  2. 利用限度額に達している
    多くのデビットカードは、1日の利用額設定や1ヵ月の利用額設定ができるようになっています。
    自分で設定した利用額に達している場合はエラーとなり、支払いができません
    デビットカード支払いの頻度が多い場合は、利用額に達していることが原因かもしれません。
  3. 稀にカード会社側でトラブルが発生している可能性も
    稀にカード会社のサーバーや回線トラブルにより、決済ができないことがあります。
    他の原因が考えられないのにデビットカードが利用できない場合は何らかのトラブルが発生している場合があるので、カード会社に問い合わせをしてみてください。
    コンビニでデビットカード支払いができない場合には、このような3つのケースが考えられるので当てはまるものはないかチェックしてみてください。

コンビニでのデビットカードの使い方が分かったところで次は、コンビニでデビットカードを利用するメリットをご紹介します。

コンビニでデビットカードを利用する3つのメリット

コンビニで手軽に支払いができるデビットカードですが、コンビニ支払いに利用するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、3つのメリットをご紹介します。

コンビニでの使いすぎを防止できる

現在、日本全国にコンビニは約55,000店あると言われています。

フラッと立ち寄れる場所にあるのでスイーツや飲み物、ご飯などついつい購入してしまう人も多いのではないでしょうか。

コンビニの支払い時にデビットカードを使うことで、コンビニでの利用額を抑えることができます。

口座に入っている金額しか使用できないのはもちろんのこと1日の利用額や1ヵ月の利用額を個人設定できるカードが多いので、上限に達すると使用できなくなります。

利用限度額は個人設定ができるため資金計画に合わせて、調整することが可能です。

「コンビニではデビットカード支払いしかしない」と決めれば、決められた予算内で買いすぎを予防しながら買い物が楽しめるようになります。

現金を持ち歩く必要がない

会社や自宅付近のコンビニに行くとき、財布や携帯電話など持ち歩くものが多いと荷物がかさばり手軽さに欠けますが、デビットカード支払いを覚えてしまえばデビットカード1枚でコンビニに出かけられます。

現金を持ち歩く必要がなく身軽に買い物ができるところも、デビットカードで支払いをするメリットだと言えるでしょう。

クレジットカード同等のセキュリティが備わっている

デビットカードはクレジットカード同等のセキュリティが備わっているため、安全に利用できるところも大きな魅力です。

カード会社にもよりますが不正感知システムを導入しカード利用を監視している場合や、カード利用履歴がプッシュ通知されるので不正利用にいち早く気付ける場合などさまざまな施策を取り入れています。

不正利用された場合やデビットカードを落としてしまった場合は、専用のヘルプデスクに問い合わせることですぐに対応してもらえます。

安全性と便利さの両方を兼ね備えているため、コンビニでも気兼ねなく利用することが可能です。

コンビニでデビットカードを利用するメリットが把握できたところで、最後にコンビニで使いたいおすすめのデビットカードを厳選してご紹介します。

コンビニで使える!おすすめのデビットカード3選

コンビニでのデビットカードの使い方やデビットカードならではのメリットが分かったところで、最後にコンビニでも利用できるおすすめのデビットカードを紹介します。

どのようなデビットカードがあるのか、ぜひ参考にしてみてください。

コンビニで利用できるおすすめのデビットカード
  1. 楽天デビットカード
  2. SMBCデビット
  3. デビット付きキャッシュカード

楽天ポイントが貯まる!「楽天デビットカード」

楽天ユーザーにおすすめなのが「楽天デビットカード」です。

コンビニで100円の買い物をすると1ポイント貯まり、楽天市場など楽天ポイントが利用できる場所で有効活用できます。(50ポイント~使用可能)

また、専用アプリでデビットカードの利用状況をタイムリーに確認できるだけでなく、利用制限や1日の利用限度額を個別に設定できるため使いすぎを防ぐことも可能です。

海外旅行や海外出張が多い人にピッタリな海外ATMからの現地通貨引き出しサービスも付帯しているため、必要な資金を口座内に用意しておけば現地での引き出しができるようになります。

即日発行できる!三井住友銀行「SMBCデビット」

「SMBCデビット」はアプリから即日発行ができるため、すぐにデビットカードを使いたいという人に向いています。(カードは後日郵送)

アプリからデビットカードの利用状況を常に確認できるため、使いすぎを予防したり口座内の残高確認がすぐにできたりするところがポイントです。

デビットカード利用での特典は 

  1. 1ヵ月分の利用料金の0.5%のVポイントがもらえる
  2. 1ヵ月分のショッピング利用額の0.25%を口座に自動キャッシュバック

という2つから選べます。

現金でのキャッシュバックを用意しているデビットカードは少ないので、ポイントを貯めて使う習慣がない人でも特典を有効活用できます。

セブンイレブンでお得!セブン銀行「デビット付きキャッシュカード」

コンビニの中でもセブンイレブンを利用することが多い人は、セブン銀行の「デビット付きキャッシュカード」がおすすめです。

セブンイレブンやセブンネットでの買い物では1,000円で10ポイントが貯まる1%の高還元率となっています。

ポイントはnanacoポイントとして貯まるため、スーパーや飲食店など多彩な対象展墓で有効活用することが可能です。

既にnanacoカードを持っている場合は、現在のポイントと合算し紐付けて使うこともできます。

まとめ

デビットカードはカード使用と同時に指定の銀行口座から支払い額が引き落とされる仕組みとなっており、「VISA」など国際ブランドのマークのあるコンビニで使用できます。

コンビニで使用するときは一括支払いを指定するだけなので手軽に使用でき、実際にデビットカードの使い道としてコンビニ利用が1位となっているのも事実です。

多くのデビットカードでは支払い上限額を個人設定できるのでコンビニでの使いすぎを予防できるのはもちろん、ポイントが貯まるなど現金支払いにはないメリットは得られます。

くれじい

ぜひ、コンビニでの支払いにデビットカードを上手に活用してみてください。

2020.08.27

ノートパソコンの前でデビッドカードを持つ女性

【2020完全版】おすすめのデビットカード4選!メリット&デメリットから作り方まで一挙大公開!

1枚持っているだけで十分ショッピングを満足できるデビットカード。クレジットカードとの大きな違いは、カードで支払った際の引き落としのタイミングで…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク
ページトップ