作りやすいクレジットカードはコレ!一度審査落ちした人でも作れるカードとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレットとクレジットカード

収入が少なかったり、 主婦や学生であったりして「自分にもクレジットカードは作れるのかな」「審査に落ちてしまうのではないかな」と不安に感じることもあるかと思います。

また「過去にクレジットカードの申請をしたのに落ちてしまった」人にとって、 この先もカードを作れるのかどうかは不安になりますよね。

せっかくクレジットカードを申請しても、一度でも落ちてしまうと作りにくくなってしまうのがクレジットカード。しかし逆に、 作りやすいクレジットカードをきちんと見極めて利用し、滞りなく支払っていくことで、プラスの信用情報を積んでいくことができるのです!

今回の記事では、収入が安定しない人や、過去に審査に落ちたことがある人でも、 安心して作りやすいクレジットカードをご紹介していきます。

カフェでクレジットカードを使う

クレジットカードは、カード会社があなたの支払を一時的に「信用」によって代理で支払ってくれ、 後払いでまとめてあなたの銀行からお金が引き落とされるカードです。

なので、その支払時にお金を支払ってくれる見込みのない人では、クレジットカードを発行するための審査が通りません。

しかしこの審査には、カード会社や種類によって難易度があります。 作りやすいカードは、大きく分けると「流通系」と「消費者金融系」のカードです。

系統 こんな人におすすめ 特典
流通系 楽天カード

イオンカード

エポスカード
・主婦

・学生

・一度でも審査に落ちたことがある人
ポイント還元などの特典が豊富
消費者金融系 アコムマスターカード ・流通系カードも審査落ちした人 特典が少ないため、緊急時に

  • 流通系カード:安定収入が少なくても作りやすい。一度審査に落ちたことがある人もチャレンジする価値あり。
  • 消費者金融系カード:最も作りやすいカード(ただし、緊急時以外はおすすめしない)

緊急の人は” 審査に落ちてしまう人へおすすめなのが消費者金融系「アコムマスターカード」”へ

それぞれのカードについて、順に紹介していきます。

安定した収入がなくても、 流通系のクレジットカードが作りやすい理由について説明します。

一般的に難易度が高いといわれているのは、ゴールドカードなどのランクが高いカードや、アメリカン・エキスプレスなどのステータスカードと呼ばれているものです。

しかし、スーパー、百貨店、コンビニ、ネット通販各社が発行する流通系のクレジットカードは、 顧客の囲い込みが何よりも大切なので、審査が通りやすいです。

実際、収入のない多くの 専業主婦や大学生がクレジットカードを使っています。扶養してくれる夫や、親からの援助で将来的に支払能力があると判定されることが多いです。(審査に関しては ”クレジットカードの審査は何が見られるのか”を参照)

流通業者が発行するカードは、目的が顧客の囲い込みのため、カードを運営する企業の店舗で利用してもらえる 特典も豊富です。「できるだけ多くの人に自社のカードを使ってもらい、店舗での売上を上げたい」とカード会社も考えているのです。

ここでは筆者のおすすめとして、3種類のカードを選びました。

楽天カード(JCB)

年会費無料、 カード利用分の1%がポイント換算されます。顧客満足度ランキングは例年一位。

主婦でも作れるカードをうたっており、 新規入会のポイントがもらえます。

楽天カード

Medium rakuten normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

イオンカード

年会費無料、カード利用分の 0.5%~1%がポイント換算されます。

20日と30日が5%割引になり、ポイント2倍デーも月に4回ある。

多くの専業主婦に支持されているカード。

作りやすくてお得がいっぱい   
★★イオンカードの詳細を見る★★

エポスカード

年会費無料、カード利用分の 0.5%がポイント換算されます。

海外旅行保険も自動付与されていて、 持っているだけの特典が多いのも特徴です。

マルイの店頭にあるカードカウンターで 即日審査&発行され、大学生に多くの支持を集めているカード。

即日審査&発行で使いやすい!
エポスカードの詳細はこちら

クレジットカードが欲しいからといって、 数日間に2社以上のカード会社に申請するのは、絶対にやめてください。 「お金に困ってたくさんのカード会社から借金をする恐れのある人」と判断され、 1枚も審査が通らないこともあります。

「審査が通るか心配だから、一度に何枚も申請して、通ったカードを作ろう」というのは誤った考えです。確実に審査に通りそうなカードを1枚、まずは申請してみましょう。

カードを複数持ちたいと考えている人は、1枚目のカード発行がすんでから 最低でも3ヶ月は空けておきましょう。

理想は、 6ヶ月間以上は申請と申請の期間が空いていると良いです。期間が空いていて、カード利用履歴に未払いや滞納がなければ、まず問題はないといえます。

作りやすいクレジットカードの例でよくあげられるのが、消費者金融の「アコム」が発行している「ACマスターカード」です。

ACマスターカード

 

しかしこのカードを発行するのは、「どうしてもカードが必要だけれど他社で作れない」という、 緊急用だけにしておくのをおすすめします。あらかじめリボ払いに設定されていてリスクのあるカードなので、万人にはおすすめしません。

どのカードにも審査落ちしてしまって、どうしてもクレジットカードが作れない人には重宝するカードです。

「アコムマスターカード」を利用した際には、利用額と支払額を毎月確認し、計画的に支払っていけるプランを考えましょう。 リボ払いはできるだけ早く繰り上げ返済すれば、利子を減らすことができます。

最短即日、スピード発行!
ACマスターカードの詳細はこちら


ここまで紹介したカードの中で、自分にぴったりのカードは見つかりましたか?

クレジットカードは、カードの種類によって審査の基準が異なります。「作りやすい」といわれているのは、 流通業者の発行するカードです。

その流通業者の中でも、 作りやすさとポイント還元などの特典の多さでおすすめなのが、「楽天カード」「イオンカード」「 エポスカード」の3種類です。

系統 こんな人におすすめ 特典
流通系 楽天カード

イオンカード

エポスカード
・主婦

・学生

・一度でも審査に落ちたことがある人
ポイント還元などの特典が豊富
消費者金融系 アコムマスターカード ・流通系カードも審査落ちした人 特典が少ないため、緊急時に

さらに審査が気になる人向けに、 少しでも審査に通りやすくするための情報をこれから説明します。

inspection

まず、クレジットカードの審査では何が見られるのかを、簡単にまとめてみました。

過去に 滞りなく支払っているかが重要です。過去に一度でも支払が遅れてしまった場合は、 クレヒスと呼ばれるクレジットヒストリー(利用履歴)に延滞してしまった履歴が残ります。

延滞してもすぐに支払い、その後もそのカードを延滞なく支払っていれば、別カードの新規入会審査は通過できる可能性が高いです。

この審査基準はカード会社によっても異なりますが、延滞が起きてしまったことは間違いなく審査でチェックされ、その記録は 5年間残ります

CICと呼ばれる個人の信用情報機関に、過去5年の借金などの情報が残されています。 住宅ローンや自動車ローンがあっても、クレジットカードの審査は 通るので安心してください。

しかし、他社クレジットカードの リボ払いで未払いの金額が多額だったり、 キャッシングの履歴があると 審査落ちする可能性が高いです。 「将来的に支払い能力があるか」ということが最も大切なことです。

 

クレジットカードの審査の流れ

無職の主婦の場合、扶養してくれる夫がいるかどうかが審査されます。しかし夫の収入は 自己申告制であるため、流通系のカードのほとんどは 夫の収入証明や在籍確認をしません

もちろん、虚偽の申告をしてしまい、それが虚偽だともしも判明してしまったときには審査落ちとなります。

学生の場合、将来的にカード顧客になる可能性も高く、援助してくれる親が期待できるため 審査が通りやすいです。

学生専用のカードを発行している「ライフカード」や「三井住友VISAカード」もあります。

これらの審査条件に不安のある人は、あらかじめカード会社に問い合わせてから申請すると安心です。

どうせクレジットカードを作るなら、 「作りやすい時期に作りたい」と考えている人もいるかもしれません。クレジットカードを作りやすい時期があるかというと、「審査の基準が少しだけ甘くなる」ということはあるようなのです。

というのは、どのクレジットカード会社も「目標のカード発行枚数や入会者数」があります。その目標を決算までに達成するために、通常会社の決算前である 2月~3月上旬には目標をクリアするために、審査が甘くなるのだとか。

しかし3月下旬から4月上旬には、たくさんの人が新生活のカード利用を見据えて申請が多くなり、 逆に審査の基準が厳しくなるということもあるようです。「審査がギリギリの人には、時間をかけて審査するよりもリスクをとらずに通さないでおく」という判断がなされるようです。

この審査の基準やカードの作りやすさに関しては、どうしても カード会社によって違うこともあるので、「そんなこともあるんだな」くらいに頭にいれておいてもらうくらいでいいでしょう。

カードの作りやすさの基準はやはり、無収入であっても扶養してくれる配偶者や親がいるかどうか、ということが大きいです。

この記事を呼んで、作りやすいクレジットカードについて、有益な情報が得られましたか?

まずは作りやすいカードの利用と支払を滞りなく繰り返して、 自分のプラスの信用情報を積んでおけば、 将来的に希望するステータスカードを作りやすくなることは確かです。

クレジットカードは計画的に発行して利用していくことがとても大切なことを、覚えておいてくださいね。

楽天カード

Medium rakuten normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加