ドトールでクレジットカードは使える?ドトールバリューカードが便利!

カフェでお茶する女性達

全国各地に1,000店舗以上展開している、ドトールコーヒー。

便利な場所にあり、値段も手ごろで人気のチェーン店です。よく利用する駅や、自宅・職場の近くにドトールがある人にとっては、毎日の生活に欠かせない存在ともいえますよね。

日常的にドトールを利用する人なら、利用した分ポイントを貯められるクレジットカードが利用できればいいなと考えたことがあるかもしれません。

しかしドトールでは、残念ながらクレジットカード決済はできません。

しかしドトールバリューカードを利用することで、間接的にクレジットカード決済ができます。それ以外にもドトールを便利に利用できるサービスがあります。

そんなドトールを便利に利用できるドトールバリューカードについて知りたくありませんか?

今回の記事では、

  • ドトールで利用できる支払い方法
  • ドトールバリューカードについて
  • ドトールで貯められるポイント

を説明していきます。

ドトールバリューカードについて詳しく知ることで、ドトールをお得に利用できるようになります。

ドトール店頭ではクレジットカード決済できません

カフェでクレジットカードを使う

ドトールの店頭では、クレジットカードを利用することができません。

利用できる支払い方法は、

  • 現金
  • ドトールバリューカード
  • 交通系電子マネー
  • ドトールドリンクチケット

上記の4種類です。一部ショッピングモール内の店舗では、nanacoや楽天Edy等の電子マネーを利用できる場合もあります。

ドトールバリューカードは、ドトールのみで利用できる、チャージ式のプリペイドカードのことです。

また、利用できる交通系電子マネーは、

  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

上記の交通系電子マネーが対象です。

PiTaPaや、全国各地の相互利用に対応していない交通系電子マネーは利用できません。ドトールドリンクチケットは、現在は販売していないので、出回っているもののみが対象です。

このようにドトールの店頭においては、クレジットカード決済はできません。

ドトールバリューカードを使えば間接的にカード払いできる

ドトールバリューカード

ドトールの店頭ではクレジットカード決済はできませんが、ドトールバリューカードを利用することで、間接的にクレジットカード決済を利用することができます。

ドトールバリューカードは、店頭での現金チャージの他に、ネットでのクレジットカード決済も可能です。

店頭でクレジットカードからチャージすることはできないので、公式サイト「マイドトール」からオンラインチャージでのみ、クレジットカード決済が可能なので注意してください。

クレジットカードでチャージを行ったら、間接的にクレジットカード決済をしていることになります。

ドトールバリューカードは下記の条件でポイントが付与されます。

  • チャージ2,000円以上で5%相当還元
  • 飲食や売店の購入100円ごとに1%相当還元
  • 毎月1日にチャージ1,000円以上で10ポイント還元

これらのポイントが付与されていくため、合計で6%還元されます。

なお、ドトールバリューカードとTポイントカード同時の付与はできません。

さらにクレジットカードのポイントも貯められるため、ドトールを定期的に利用する機会がある人にとっては大変お得です。

交通系電子マネーも、クレジットカードでのチャージが可能なカードですが、貯められるのはクレジットカードのポイントとTポイントのみです。

クレジットカードのポイント還元率は0.5~1%、Tポイントは1%なので、ドトールバリューカードのポイントと比べると劣ります。

そのためドトールでの利用に関しては、ドトールバリューカードを利用する方がお得です。

このように、ドトールの店頭でクレジットカード決済は利用できませんが、ドトールバリューカードを利用することによって、間接的にクレジットカード決済できることがわかりました。

次の章では、ドトールバリューカードについてさらに詳しくご紹介していきます。

ドトールバリューカードのお得な活用方法

クレジットカードで支払う

ドトールバリューカードは、ドトールを定期的に利用する人にとって、大変お得なチャージ型のプリペイドカードです。

利用頻度が多いほどお得にサービスを受けられるカードです。サービス内容を詳しく見ていきます。

ドトールバリューカードとは

ドトールバリューカードは、ドトール専用の、繰り返し使えるチャージ型プリペイドカードです。

1回の会計で利用できるドトールバリューカードは1枚ですが、複数枚持っている場合は会員ページで合算することも可能です。

発行は、全国のドトールの店頭で行えます。発行に関する諸費用は、

発行手数料 300円
300円相当の300ポイントが付与されます
発行手数料の支払い 現金のみ
年会費 無料

発行手数料と同じ金額相当分のポイントが付与されるため、実質無料で発行可能です。

有効期限は、

ドトールバリューカード なし
チャージ残高 最終利用日より3年
ポイント 最終利用日より1年

となっています。

チャージ残高にも有効期限があるので、もし引っ越しや異動等でドトールに行く機会が少なくなってしまう場合は、コーヒー豆を購入したりして、有効期限の内に使い切るようにしましょう。

ポイントやチャージ残高は、webでマイドトールに会員登録をするとチェックできますので、細目に確かめるのがおすすめです。

チャージ方法は、

店頭 現金支払い
web(要会員登録) カード決済

で行うことができます。

1,000円から1,000円単位で30,000円までチャージできます。

発行手数料が実質無料なので、利用の頻度に合わせてチャージを行うのが便利に利用するポイントです。毎月1日がポイントサービスデーなので、その日に毎月利用しそうな額をチャージする習慣を付けるとよりお得に利用することができます。

オンラインでクレジットカードからチャージする

ドトールバリューカードは、webでマイドトールに会員登録をすることで、クレジットカードでチャージすることが可能です。

利用できるクレジットカードは、

  • VISA
  • MASTER
  • JCB
  • Cedyna

の4種類です。

国際ブランドである、AMEX、Diners、銀聯カードは利用することができません。

しかし、日本国内のクレジットカードのシェアは、VISA、JCB、Mastterだけで約9割を占めているため、ほとんどの人がドトールバリューカードにチャージ可能なクレジットカードを持っていると言っていいでしょう。

ドトールバリューカードにクレジットカードでチャージするには、マイドトールへの登録が必須となります。少しマイドトールについてご説明します。

マイドトールについて

マイドトールとは、ドトールバリューカードを持っている人のための会員サービスです。

ドトールバリューカードを購入した後、パソコンやスマートフォンから会員登録を行うことで利用が可能です。

登録するためには、ドトールバリューカードの番号の入力が必須であるため、ドトールバリューカードを持っていない人は登録ができません。

会員登録を行うと、次のようなサービスを受けることができます。

  • 新メニューの告知
  • ドトールバリューカードと連動したキャンペーンの告知
  • 残高照会
  • クレジットカードでのドトールバリューカードへのチャージ
  • 利用履歴の確認
  • 特別企画やイベントへの招待

これらは、登録をしないと受けられないサービスです。

特に、ドトールバリューカードを持っていると、新メニューの発売後4日間はボーナスポイントの付与サービスもあるため、発売情報を見逃さないためにも、会員登録するのがおすすめです。

また、クレジットカードでチャージできるのも大きなポイントです。クレジットカードのポイントが付与されるため、店頭で現金払いをするよりもお得に利用できます。

2,000円以上チャージで5%のポイントが貯まる

ドトールバリューカードには、ポイントが付与されるのは2,000円以上のチャージなので、2,000円以上をチャージしたほうがお得です。

チャージは1,000円から1,000円単位で30,000円まで可能です。

利用金額に応じてポイント付与率が変わる

またポイント付与率は、カードを作成した年度は5%ですが、それ以降は年間の購入利用額に応じて変わります

年間のチャージ金額ではなく、利用金額が付与率に影響するということを押さえておきましょう。

年間購入額 チャージ時のポイント付与率
20,000円未満 5%
20,000円以上50,000円未満 7%
50,000円以上 10%

(毎年の集計期間は10月1日から9月30日までです。)

例えば、週に2回ドトールコーヒーでブレンドコーヒーS(220円)を飲む人であれば、

1ヵ月を4週間として計算すると、1年間の利用額は
220×(2×4週×12ヶ月)=21,120円となります。

20,000円以上となるため、支払いを全てドトールバリューカードで行うことで、翌年はポイント付与率が5%から7%に上がります。

通勤途中や仕事の途中でドトールに立ち寄る習慣のある人にとって、週に2回はありえない頻度ではないため、ドトールバリューカードを利用するととてもお得です。

ランチやスイーツをよく利用する人ならば、利用金額はもっと増えますよね。

翌年以降もチャージの際ポイントが付与されるのは2,000円以上、という点は変わらないため、ポイントをしっかりもらうためにも、チャージは2,000円以上で行いましょう。

毎月1日にチャージすると10ポイント

チャージは、毎月1日に行うとボーナスポイントとして10ポイントをもらえるため、毎月1日に行うのが、よりたくさんポイントを貯めるコツです。

金額は、例えば週に2回カフェラテS(250円)を注文する人であれば、
250×(2×4週)=2,000円です。

おおよそ

週に2回ドリンクのみ利用 2,000円程度
週に3回ドリンクのみ利用 3,000円程度

を目安にするといいでしょう。

この程度の利用頻度であれば、月に1回毎月1日のチャージがおすすめです。

ドトールバリューカードは、チャージはもちろん、食事をしたりコーヒー豆を買ったりするのにも利用できますので、利用頻度に応じて金額や回数を調整しましょう。

月に何回かチャージする人であっても、毎月1日はボーナスポイントがもらえるため、忘れずに覚えておきましょう。

10ポイントから利用できる

貯まったポイントは、10ポイントから店頭の全商品に利用可能です。10ポイントが10円相当として換算されます。

2,000円チャージして、ポイント付与率が5%の場合、
2,000×5%=100ポイント
100円相当分の100ポイントが貯まります。

ポイントは、ドリンク・フード・コーヒー豆などのすべての商品の購入に利用できるため、ドトールであれば商品を選ばず10ポイント単位で利用ができます。

エクセルシオールカフェでも2017年9月16日~利用可能に

ドトールコーヒーのグループでは、エクセルシオールカフェ、カフェ レクセル、ル カフェ ドトールなどどいくつかのカフェを展開しています。

かつてはドトールのみでしかバリューカードが利用できなかったのですが、2017年9月16日より、ドトールでもエクセルシオールカフェでもドトールバリューカードが利用できるようになりました。

利用できる店舗が増えたことは、大きなメリットですよね。

ここまでご説明してきたように、ドトールバリューカードは、ドトールを定期的に利用する人にとってお得なカードであることがわかりました。

ドトールを利用するのがドリンクのみでも、週に2回程度利用するのであれば使うとお得です。

またドトールでは、ドトールバリューカードの他にTポイントも貯めることができる方法もありますので次の章でご紹介していきます。

ドトールでTポイントが貯まって使える

クレジットカードで支払う

ドトールでは、Tポイントを貯めて利用することができます。

利用に一定の制限はありますが、様々なお店で利用可能なTポイントを 貯められるのは、手持ちのカードを増やさなくていいので、大変便利です。

ドトールでのTポイントの利用の仕方を見ていきます。

Tポイントの貯め方

ドトールでTポイントを貯めるには、会計時にTポイントカードを提示するだけで大丈夫です。

ドトールバリューカードやドリンクチケットと併用はできませんが、交通系ICカードでの支払い時にもTポイントを貯めることが可能です。

特に、

  • たまにしかドトールを利用しない人
  • Tポイントカードを持っていてこれ以上カードを増やしたくない人

にとっては、手持ちのカードに貯められるので大変便利です。

もしTポイントカードを持っていない場合は、ドトールの店頭で申し込みすることも可能です。

ポイントは、100円利用ごとに1ポイント貯められます。

Tポイントの使い方

ドトールでは、Tポイントを会計時に利用して支払いを行うことができます。

会計時にポイントを使う旨を申告するだけで利用することが可能です。10ポイント(10円相当)単位で利用できます

まとめ

今回の記事では、ドトールで利用できる支払い方法や、ドトールバリューカードについて、ドトール利用時に貯められるポイントなどをご紹介してきました。

再度内容を振り返ります。

  • ドトールの店頭ではクレジットカード決済ができない
  • PiTaPaを除く主な交通系ICカードの利用ができる
  • ドトールバリューカードのポイント付与率はチャージ2,000円以上で最低でも5%相当、年間利用額によって付与率が上がることがある
  • 購入時100円利用ごとにも1%相当ポイントが貯まる
  • ドトールバリューカードへのチャージはネットでのクレジットカード決済がお得
  • ドトールバリューカードのチャージ残高とポイントには有効期限がある
  • チャージ単位は1,000円から1,000円単位で30,000円まで
  • 毎月1日にチャージすると10ポイントもらえてお得
  • 現金か交通系ICカードの利用時にTポイントを貯めたり使ったりできる
  • ドトールバリューカードのポイントもTポイントも利用は10ポイントから

ドトールバリューカードを使うことで、間接的にクレジットカード決済も選ぶことができます。ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すれば、お得にドトールを利用できますよね。

さらにドトールバリューカードのポイントとクレジットカードのポイント両方を貯められます。

還元率1%以上の楽天カードオリコカード・ザ・ポイントJCB CARD Wが特に、ドトールバリューカードと一緒に使うとお得な、ポイント還元の高いカードとしておすすめです。

ドトールバリューカードを利用して、お得にドトールコーヒーを利用しましょう。

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

2017.05.31

スタバはスターバックスカードで支払うのがお得!チャージにおすすめのクレジットカードや使い方を解説

「スタバ」の愛称で親しまれているスターバックスコーヒーはクレジットカード決済に対応しています。スタバでは基本的にサインレスで決済可能なので、現金払いよりもスムーズに支払いを済ませることが可能です。またクレジットカードは利用額に応じてポイントやマイルを貯められるのでお得でもあります。 しかしスタバではクレジットカードよりもお得な支払方法が存在します。それは独自のプリペイドカード「スターバックスカード」です。スターバックスカードはチャージ式のスタバ専用プリペイドカードです。あらかじめ現金やクレジットカードなどからチャージしておくことで、コーヒーなどの支払いに使えるようになります。スマートフォン用のアプリはおサイフケータイとしてかざして決済するだけでなく、バーコード決済にも対応しているので、おサイフケータイに対応していないiPhoneでも利用可能です。ここではスターバックスカードの活用方法と、組み合わせて使うとお得なクレジットカードについて解説します。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    スポンサーリンク

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら