債務整理でクレジットカードの借入を軽減する方法と債務整理後の流れを解説

借金が膨れ上がったときの救済策とされる、債務整理。もちろんクレジットカードの借入も対象となります。

債務整理を受けたときにクレジットカードがどうなるのか、債務整理後にいつからクレジットカードが作れるのか、知っておきたいと思いませんか?

  • 債務整理とは何か
  • クレジットカードの借入額の債務整理はどうするのか
  • 債務整理を行うメリットとデメリットは何か
  • 債務整理後にいつからクレジットカードは作れるのか

クレジットカードの借入額の債務整理や、「債務整理後にクレジットカードを発行できるのか」などの疑問について、こちらの記事で解説します。

クレジットカードの借入を債務整理する方法

相談する夫婦

まず、クレジットカードの借入額を債務整理する方法について、債務整理とは何かということや債務整理のメリットやデメリットとともに解説していきます。

債務整理とは

債務整理とは、 借入額が大きくなりすぎて返済が困難になった人の借金を法的に見直し、今後無理なく生活ができるようにしていくための方法のことを言います。

債務整理には、主に以下の3つの種類が存在しています。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

任意整理とは、 債権者と債務者の話し合いによって、借金の額を減らすものです。裁判所などの公的機関を通すことなく、当事者間の話し合いで借金の額を減らします。

民事再生とは、 地方裁判所に申し立てを行って再生計画を作り、借金の額を大幅に減らすことができるものです。借金の額にもよりますが、5分の1から10分の1に減らすことが可能となっています。

自己破産とは、 任意整理や民事再生でも返しきれないほど借金が残っている場合に、地方裁判所に申し立てを行って借金を帳消しにすることができるものです。家などの財産を持っている場合は、財産を手放す必要も出てきます。

ここまでは、債務整理の概要について解説しました。次は、債務整理のメリット・デメリットについて解説していきます。

債務整理のメリット

債務整理は、メリットが数多く存在する制度です。債務整理の主なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 借金が減額、または帳消しにできる
  • 誰にもばれることなく借金を圧縮できる
  • 弁護士に依頼することで督促をやめさせることができる

債務整理の最大のメリットは、やはり借金の額を大幅に減らすことができる点です。借金が膨れ上がって身動きが取れないという方にとって、人生の再スタートをすることができる制度だと言えるでしょう。自己破産の場合には借金を帳消しにすることもできるため、返済する必要がなくなります。

債務整理では、基本的に家族や友人などに債務整理を行った事実がばれてしまうことはありません。 ただし、民事再生と自己破産の場合には官報に破産者の名前が載るため、一般に知られてしまう可能性はあります。

しかし、基本的に一般の方が官報を見ることはほとんどないため、破産の事実が知れ渡ることはないでしょう。

債務整理の際には、どの方法をとる場合でも弁護士に依頼することになります。弁護士に依頼し、その弁護士が債務整理に着手した段階で、これまで借金の督促などがあった方への連絡はストップすることになります。この点も、債務整理のメリットです。

債務整理のデメリット

借金を減額、または帳消しにすることができる債務整理ですが、債務整理には様々なデメリットも存在します。主なデメリットを、以下に挙げていきます。

  • ブラックリストに載ってしまう
  • 方法によっては財産を失い、職業選択なども制限される
  • 弁護士費用がかかる

債務整理を行う場合、どの方法を利用したとしてもブラックリストに載ってしまうことは避けられません。一般的に言われているブラックリストとは、信用情報に金融事故の事実が記載されることであり、債務整理を行ったことも確実に信用情報に記載されることとなります。

債務整理のうち自己破産を行った場合借金が帳消しとなる代わりに家などの財産を失ってしまうことになります。

さらに自己破産後には弁護士・司法書士・税理士などの資格、会社役員になる資格を失ってしまうことになり、保険外交員や証券外交員などの仕事に就くことも制限されます。

しかし職業選択に関しては、借金を帳消しにできる「免責決定」がなされるとともに制限を解除されることになります。

債務整理を行う際には、弁護士への依頼が不可欠です。そのため、弁護士費用がかかるという点も債務整理のデメリットのひとつです。

ここまでは、債務整理のメリット・デメリットについて詳しく見てきました。次は、債務整理を行うにあたって最初に何をすべきかについて解説します。

最初に相談するべき機関

債務整理を行う際には、まず最初に法律事務所への相談を行いましょう。自分の借金の状況を踏まえたうえで、どのような選択肢があるのかを法律のプロとともに話し合うことができます。

現在では「過払い金請求」など、 債務整理関係の業務を専門に行っている弁護士も多くなっています。クレジットカードの借入を含めた借金に悩んでいる方は、債務整理に関する相談をしてみるだけでも、状況が好転することも考えられます。

法律事務所へ相談する際、初回の相談はほとんどの法律事務所が無料で行っています。法律事務所で実際に相談を行い、債務整理を進めていくことになった段階で、弁護士との委任契約が結ばれます。

契約の段階になって、初めて弁護士費用が発生する法律事務所がほとんどです。

債務整理にかかる費用は債務整理の種類によって違う

債務整理を行うにあたってかかる費用は、任意整理と民事再生・自己破産で大きく違ってきます。

任意整理は債務整理のファーストステップであり、費用も比較的安価に抑えられていますが、民事再生と自己破産の場合には手続きを進めるだけでも比較的高額のお金が必要になります。

任意整理を行う際の費用の相場は、おおむね以下のようなものとなっています。

  • 交渉する会社1社につき、着手金が3万円程度
  • 成功報酬は債務整理1件あたり10万円~15万円程度

合計すると、 おおよそ15万円から20万円程度で任意整理を行うことが可能です。しかし複数社から借入している借金をすべて任意整理する場合には、そのぶん着手金の額が増えてしまうこともあります。

民事再生、および自己破産を行う際の費用の相場は、着手金と成功報酬を合わせて、 おおむね40万円から60万円程度となっています。任意整理と違い裁判所で一元的に手続きを行うため、複数社からの借入がある場合でも費用は変わりません。

ここまでは、債務整理を行う際の方法、メリット・デメリット、具体的な流れについて解説しました。次は、債務整理を行った後にクレジットカードを作ることが可能か否かについて、解説していきます。

債務整理後、新規カードを作るには最低5年は待つ

疑問を持つ男性

債務整理を行うと、その事実がブラックリストに載ってしまうため、一定期間は新規のクレジットカードを作ることができなくなります。

どのくらいの期間が経てば新規にクレジットカードを作れる可能性があるのか、また新たにクレジットカードを作る際に気を付けなければならないことは何かについて、詳しく解説していきます。

待たなければいけない年数

債務整理後にクレジットカードを新しく作るためには、 少なくとも5年、長ければ10年は待たなければなりません。

前述したとおり、債務整理を行った際にはその情報が信用情報に記載され、いわゆる「ブラックリストに載った状態」となります。クレジットカードを申し込み、審査が行われる際には必ず信用情報が参照されます。

そこに債務整理の情報が載っている場合には、他の条件が問題なかったとしても即座に審査に落ちてしまうこととなるのです。

個人の信用情報は、「信用情報機関」という期間で管理されています。主要な信用情報機関としては、「クレジット・インフォメーション・センター(CIC)」「日本信用情報機構(JICC)」「全国銀行協会信用情報センター(KSC)」という3つが挙げられます。

これらの信用情報機関において、信用情報から債務整理の事実が消えるまでの期間は、以下のとおりとなっています。

機関名 任意整理・民事再生の場合 自己破産の場合
CIC 5年 7年
JICC 5年 10年
KSC 5年 10年

このように、任意整理や民事再生よりも、借金を帳消しにできる自己破産の場合には信用情報からその情報が消えるまでの期間が長く設定されています。

債務整理を行ってから新しくクレジットカードを作る際には、上記の期間を経てから申し込むようにしましょう。

発行するときの注意点

債務整理を行ってから新しくクレジットカードを発行する際には、以下のようなポイントに気を付けておく必要があります。

  • 申し込んでも作れないことが多い
  • カードを一度作ったことがある会社では基本的に作れない

信用情報から債務整理の情報が消え、新しくクレジットカードを申し込んだ場合でも、 実際に審査に通過して新しくクレジットカードが作れる可能性は非常に低いのが現実です。

信用情報から債務整理の情報が消えると、信用情報には自分の情報がなにも記載されていない状態となります。この状態になると、参照した人は「まだ一度もカードを作ったことがない人」もしくは「債務整理をしたことがある人」というように解釈することになります。

また取引履歴がなくなってしまうことから、「クレジットヒストリー(クレヒス)」がなくなってしまうのも大きなマイナスです。審査の際にはクレヒスも参考にされるため、この部分が全くないことも審査通過には大きなマイナスポイントとなります。

債務整理後には、 基本的にカードを一度作ったことがある会社では新しくカードが作れなくなります。信用情報機関における債務整理の情報とは別に、カード会社が個別に「過去に債務整理を行った人」として情報を記録しておくため、審査通過が極めて難しくなってしまうのです。

債務整理後に新しくカードを作る際には、これまでカードを作ったことがない会社に申し込むことが大切です。

クレジットカードを残しておくには任意整理を行おう

相談する夫婦

債務整理後にクレジットカードを少しでも長く残しておくためには、債務整理の中でも任意整理を選択して行うようにするとよいでしょう。

前述したとおり、債務整理を行った後には、基本的に一度カードを作った会社では新しくカードを発行することは極めて難しくなります。

そのため、できるならばクレジットカードは手元に残したままで、債務整理を行うようにするのがベストだと言えます。

民事再生や自己破産の場合、 残債が1円でも残っているクレジットカードは整理対象となって使うことができなくなります。しかし 任意整理であれば、クレジットカードを手元に残しておくことが可能です。

ところがクレジットカード会社では一定期間ごとに「与信の確認」を行っており、その際に信用情報機関に確認を行います。そこで債務整理の情報が見つかってしまった場合には、任意整理であってもクレジットカードは解約となってしまいます。

また、クレジットカードの更新時には必ず信用情報が確認されるため、そのタイミングで債務整理の情報があった場合でもカードが解約されてしまいます。

任意整理でクレジットカードを手元に残しておいたとしても、結局は近い将来必ず手元のクレジットカードは使えなくなってしまうのです。

ここまでは債務整理後にクレジットカードを新しく作るための方法について解説しました。次は、家族カードならば債務整理後でも持つことができるのか否かについて、解説していきます。

家族の持つクレジットカードの家族カードならば可能

家族イメージ

債務整理を行った後でも、 本人の家族が持つ「家族カード」であればクレジットカードを持つことは可能です。本人名義ですぐにカードを持つことはできませんが、本人の家族カードという形で家族がカードを持つことは可能となっています。

家族カードは本会員のみの審査

家族カードは、所有する際に新たに審査を行うことはないため、債務整理の後でも持つことが可能となっています。

カードの審査は本人のみに行われるものであり、家族カードはあくまでも「本人のカードに付随するカード」であるため、債務整理の後に審査が入ることもなく持つことが可能なのです。

ただし、カード会社によっては債務整理のあとにその家族に家族カードを持たせることを良しとしていないところもあるため、そういったところであれば家族カードであっても持てない場合もあります。

まとめ

債務整理とクレジットカードについては、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

  1. 債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」があり、借金を圧縮または帳消しにできるなどのメリットがある反面、ブラックリストに載ってしまうというデメリットがある
  2. 債務整理を行った後、信用情報に債務整理を行った旨が載ってしまうため、債務整理後の5年から10年間は新しくカードを作ることができない
  3. 任意整理を行った場合には手元にカードを残しておくことも可能だが、与信の確認や更新時に信用情報を確認されるため、手元に残しておいても近い将来使えなくなってしまう。
  4. 家族カードは新しく家族を審査せずにカードが作れるため、債務整理後でも多くの場合には作成することが可能である

クレジットカードで作った借入は、債務整理によって圧縮したり帳消しにしたりすることが可能となっています。

しかし、債務整理後には最大で10年間は新しくカードを作ることができなくなってしまうため、メリットやデメリットを理解したうえで債務整理を進めていくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら