クレジットカードが作れない!審査落ちする理由と作りやすいカードを紹介

クレジットカードを申し込んだものの、審査に通らずに「作れない」という状況に陥ってしまったことはないでしょうか?

そうであればクレジットカードが作れない理由が知りたいと思いませんか。

なぜ審査に落ちてしまったのか」や、「どうしたら作ることができるのか」を知れば、他のクレジットカードを作れる可能性もあります。

この記事では、クレジットカードが作れない理由や、どうしたら作ることができるか、そしてその対策を種類別に解説していきます。

また、一度審査に落ちてしまった方にも比較的作りやすいクレジットカードがあるなら、試してみたくないでしょうか。

それらを申し込むことでクレジットカードを作成できる確率をグンと上げることができます。

お急ぎの人のために、この記事で紹介している比較的作りやすいカードを以下で一覧化しています。

作りやすいクレジットカード5選

その他クレジットカードを作る以外にも、審査不要でクレジットカードと同じような役割を果たすカードを知りたくはないでしょうか。

これら全てについて本記事内で解説していきます。それではまずクレジットカードが作れない理由について見ていきましょう。

クレジットカードを作れない(審査落ちする)理由

悩む女性

この章ではクレジットカードを申請しても審査落ちする理由について、解説していきます。この章を読むことで、なぜクレジットカードを作れないのかを理解できます。

「なぜ審査に通らないのかわからない」という方はこの章を読んで、ご自身に当てはまるところがないかチェックしてみてください。

申し込み内容に間違いがある

申し込み内容に間違いがある場合クレジットカードを作れない可能性が大いにあります。

なぜなら申し込み内容に間違いがあると正確にカードを作ることができないからです。

クレジットカードはもともと「信用」を元に作られるものであり、その信用を立証するために個人情報などの申し込み情報をクレジットカード会社に提供しなければいけません。

しかし申込みで記載する内容を間違ってしまった場合、信用できるかどうかの判断がクレジットカード会社側でできません。

そのような理由から申し込みで記載する内容を間違えると審査落ちしてしまう可能性があると言えます。

信用情報に難がある

過去の信用情報で何か良くないことがある場合、それもクレジットカード作成を難しくする要素となります。

さて、クレジットカード業界には「クレヒス」という言葉があります。

これは個人信用情報機関というところで記録されているもので、個人の住所、現在、過去の職業や、借金、クレジットカード使用状況が記されているもので全てのクレジット会社は企業間関係なしにこれを参照できます。

これを元にクレジットカード会社はクレジットカードを発行するかを決定するいわゆるブラックリストとなります。

例えばクレヒスが悪いとクレジットカード会社から「社会的に信用できない」、「返済能力がない」とみなされてしまいます。

このような理由から、信用情報に難があるとクレジットカードが作りにくくなってしまいます。

以上でよくあるクレジットカードを作れない理由を紹介しました。

次の章では、信用情報機関について詳しくご説明していきます。

クレジットカード情報を管理する信用情報機関

前章でも触れたように、信用情報機関にはクレヒス(クレジットヒストリー)という過去のカードの利用状況などが蓄積・管理されています。

国内にはどんな信用情報機関があるのかや、そこにはどのような情報が登録されるのかを見ていきましょう。また、ブラック判定されてしまう条件についてもご紹介します。

国内の信用情報機関

国内における信用情報機関としては以下の3ヶ所があります。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー):主にクレジットカード会社や信販会社が加盟
  • JICC(株式会社日本信用情報機構):主に消費者金融会社やクレジットカード会社が加盟
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター):主に銀行や信用金庫が加盟

信用情報機関によって加盟している企業は異なり、上記のうち1ヶ所にだけ加盟している会社もあれば、3ヶ所すべてに加盟している会社もあります例えば、ジャックスは現時点でCICにのみ加盟していますが、オリコカードはCICとJICCに加盟しています。

全銀協とも略されるKSCは、三井住友銀行やみずほ銀行などの銀行系が中心ですが、アメックスは一般的なカード会社としては珍しくKSCを含めた3ヶ所すべてに加盟中です。

ご自身が保有するクレジットカードの発行会社がどの信用情報機関に加盟しているかは、公式サイトの個人情報取り扱いのページに記載されていることが多いので、一度確認しておきましょう。

信用情報機関に登録される情報

信用情報機関には主に以下のような情報が登録されています。

  • 氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先などの本人を特定する情報
  • 契約日・契約の種類・契約金額など契約に関する情報
  • 残債額・入金履歴・延滞履歴など支払い状況に関する情報
  • クレジットカードやローンの申込み先・申込み日などの新規申込みに関する情報

クレジットカードやカードローンなどの金融商品に申し込む際は、本人を特定する個人情報をはじめ、過去の利用履歴などに問題がないかどうかをチェックされます。

登録情報の保存期間は情報の性質や信用情報機関によっても異なりますが、CICの場合、契約や返済に関する情報は5年間、申込み情報は6ヶ月となっています。

信用情報機関にブラック判定される条件

信用情報機関にいわゆる事故情報があると、ブラックリストに載りやすくなると言われています。

これまでの利用履歴などに何らかのトラブルがあると事故情報とみなされ、その人の信用力を低下させてしまいます。カード会社が照会したときに事故情報が確認されるとブラック判定される可能性がかなり高まるため、以下の項目をチェックしておきましょう。

なお、ブラックリストは一般的に「異動情報」として記録されます。

支払いの延滞がある

クレジットカードの支払いや、カードローンや住宅ローンの返済が滞ると金融事故としてブラック判定されることがあります。特に、延滞が3ヶ月以上もしくは61日以上にわたる場合や遅延をくり返している場合は、信用を著しく損ねる状態とみなされてほぼ確実にブラックリスト入りするでしょう。

債務整理をしたことがある

以下のような債務整理をしたことがある場合もブラックリストに入ります。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停

これらは法的な手続きに基づいて借金を減額する方法なので、法的な問題はありません。とはいえ、お金を貸す側からすると、「この人にお金を貸したら戻ってこないかもしれない」という印象を受けるため、要注意扱いとなるのです。

なお、過払い金請求については現在ではブラックリストの対象外となっています。

携帯電話本体の支払いを遅延したことがある

スマートフォンなどの携帯端末をクレジットカードで支払っている場合、支払いが遅れるとブラックリストに掲載されてしまいます。

携帯電話の本体は分割払いで購入することが多いですが、これはローン契約(割賦契約)に該当します。そのため、支払いが長期にわたって滞っていたり、督促状が届くまで支払わない状態が続いていたりするとブラック判定されやすいです。

「携帯ブラック」という言葉があるくらい増えている事象なので注意しましょう。

奨学金の返済が遅れたことがある

大学などの学費として借りていた奨学金も、返済が遅れるとブラックリスト入りしてしまいます。

奨学金の管理を行っている独立法人日本学生支援機構は、全国銀行個人信用情報センターに加盟しているので遅延があると事故情報として残ります。返済が3ヶ月以上遅れるとブラック判定される可能性がかなり高くなるようです。

短期間に申し込みをくり返している

短期間にクレジットカードやカードローンなどにいくつも申込む多重申込みは、ブラック判定されやすいです。多重申込みをする人は、「審査に通らないような問題がある人」とか「お金にとても困っている人」とみなされてしまいます。クレヒスに問題がなくても、「入会特典が目当てですぐに解約されてしまうのではないか」と思われることもあるので要注意です。

目安としては、半年のうちに3枚以上申込むと「申込みブラック」と判断されて審査落ちしやすくなります。複数のカードに申込みたい場合は、信用情報機関の申込み情報がリセットされる6ヶ月以上が経過してからにしましょう。

この章では、信用情報機関やブラックリストに入ってしまう主な条件について確認しました。

次はどのようにすればクレジットカードを作れるのかどうかを説明していきます。

クレジットカードを作れるようにするためにできること

家計管理

この章ではクレジットカードの審査に落ちてしまった方がその後、どうしたらクレジットカードをつくることができるかということを解説していきます。

またどうしても、そしてなんでもいいのでクレジットカードを作りたい人向けに、比較的作りやすいと言われているクレジットカードを4つ紹介しています。

一度審査に落ちてしまった方で、それでもクレジットカードが欲しい方は必読です。

正しい情報を記載して再度申し込む

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、まず真っ先に確認すること、そしてできることは正しい情報を記載し直して再度申し込むこととなります。

審査落ちする理由で一番大きいのは、実は単なる個人情報の間違いなのです。

上でも述べたように間違った情報ではその申請者が信用に価する人物かどうかを評価することができません。

なぜクレジットカードの審査に落ちたか理由がわからない場合は、焦るのではなく、まず先にご自身の申請した情報が間違っていないかどうか詳細にチェックしましょう。

別のカードを申し込む

特定のカード会社のクレジットカードが欲しいのでなければ、 他の会社のカードを申請してみるとそこではクレジットカードを作れるかもしれません。

なぜならばカードの審査はカード会社ごとに異なるので、別のカードであれば通る可能性も高いのです。

例えば、流通系、産業系、消費者金融系クレジットカードは一般に審査が緩いとされています。

もし評価が一番厳しいと言われている銀行が発行しているカードを申し込んで審査に落ちてしまったとしたら、他のカードを申請したら審査に通る可能性は十分にあると言えます。

このような理由から特定のカードにこだわらないのであればより条件が厳しくないと言われている流通系、産業系、消費者金融系カードを申請するのも一つの選択肢と言えます。

比較的作りやすいクレジットカード

それではここで比較的作りやすいと言われている4つのクレジットカードを紹介していきます。

  • ACマスターカード
  • Yahoo! JAPANカード
  • エポスカード
  • セゾンカードインターナショナル

などが比較的作りやすいカードといえるでしょう。

単なる「本当は作りたかったカード」の代替手段としてではなく、それぞれのクレジットカードに特徴があり、どれもおすすめできるものばかりです。

それではそれぞれを詳細に見ていきたいと思います。

ACマスターカード

ACマスターカード

Thumbnail ac mastercard

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 - -
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 10万~300万円まで

消費者金融のアコムから発行されているカードで、発行時点であらかじめリボ払いに設定されています。

最短即日発行で緊急時に申し込むクレジットカードとしてよく使われているようです。

特に他のカードと比べてクレジットカードとしてのお得な得点があるとは言えないカードですが、「どうしても審査が通らなくて、でもクレジットカードがどうしても欲しい」という方の最終手段となるカードです。

なので、以後紹介する4つのカードの中でも特に作りやすいカードとなります。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
審査により決定

年会費無料、カード利用分の1%がポイント換算されます。

ポイントがTポイントとして貯まるため、「ポイントはTポイントで一本化したい」と考えている人にもとても便利です。

Yahoo! ショッピングやLOHACOでは3倍ポイントが貯まります。

エポスカード

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

年会費無料、カード利用分の0.5%がポイント換算です。

海外旅行保険も付与されていて、持っているだけの特典が多いのが特徴です。 マルイの店頭にあるカードカウンターで即日審査&発行され、大学生に多くの支持を集めているカードです。

セゾンカード インターナショナル

セゾンカード インターナショナル

Thumbnail saison international

国際ブランド

JCB Mastercard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%〜15% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 30〜150万円 0.60% 無料

年会費無料、カード利用分の0.5%がポイント換算です。永久不滅ポイントなのでポイントの有効期限がありません。

オンラインから申し込みをしておけば、セゾンカウンターで即日発行が可能です。

期間をあけて申し込む

どうしても特定のクレジットカード会社のカードが作りたくてそれを申請したのにもかかわらず、審査落ちしてしまった場合も期間を開けて再度申し込みをすることで、そのクレジットカードが作れる場合があります。

なぜならもしクレヒスに傷がついているせいで審査に落ちてしまった場合、ある一定期間がたてばそれが時効になりカウントされなくなる可能性があるからです。

クレヒスに傷が付いている場合、上記に述べた個人信用情報機関に解約してからも5年間その履歴が残っているので、最大でその間、クレヒスの回復を待つ必要があります。

また、それ以下でも、クレジットカードをたくさん使ってしっかり返済をするということを繰り返していくとクレヒスが回復すると言われています。

これにおいてどの程度使ってどの程度返済すればどの会社が審査OKになるのかという期間はそれぞれ異なってきて、それぞれの会社内部でしかその基準はわかりません。

しかしそのようにクレヒス回復対策をとりつつ、期間を開けてもう一度クレジットカードを申し込むと、クレジットカードを作成できる確率が大きく上がります。

キャッシング枠を0円にしておくと安心

審査に不安のある人は、キャッシング枠を0円にしておくと安心です。

キャッシング枠は個人によって「収入の3分の1」と決められているため、キャッシング目的でクレジットカードを作る人を審査で厳しく判断しているためです。

以上が一度カード会社の審査に落ちてしまった人がその後クレジットカードをつくるためにできることとなります。

一方で「クレジットカードを作らない」という選択肢もあり、なぜなら他のカードで代用可能かもしれないからです。 次の章で詳しくみていきましょう。

審査なしで作成できるカード

クレジットカードを持つ女性

デビットカードやプリペイドカードなど、審査なしで作成できるカードもあります。

何もクレジットカードを作らなくてもこれらのカードで十分なケースもあります。

この章ではなぜそれらのカードが審査なしでも作れるのか、そしてクレジットカードと何が同じで何が違い、どうしてクレジットカードの代わりとなることができるのかについて解説していきたいと思います。

審査なしでも作れるので自分自身で「クレヒスに傷が付いていてクレジットカードが作れない」と思われている方はこの章を読むことで解決策が見つかります。

デビットカード

デビットカードは審査なしでも作成できるカードです。 デビットカードは特に信用情報が必要となるカードではないからです。

これはデビットカードの仕組みがクレジットカードとは根本的に異なるためです。

クレジットカードはクレジットカード会社から一時的にお金を借りて、例えば月末などに返すと言ういわゆる「借金」をすることになるので、お金を借りるために信用情報が必要なのです。

クレジットカード会社側としてはその人物がカードで借りた借金を返済するかどうかの保証が欲しいのです。

一方でデビットカードは自分の銀行口座と直結し、使った分が直ちに銀行口座から落ちるため、「借金」をすることにはなりません。

つまり銀行口座に残金がなかったらデビットカードの場合もうそれ以上使うことができなくなるのです。

しかし、カード番号やセキュリティ番号、有効期限やその見た目もクレジットカードと同じ形式で、Webサイトの決済やそれぞれ現地レストラン、ショッピングでもクレジットカードと同じ感覚で使えるのです。

なにもクレジットカードをつくる必要はなく、デビットカードで十分かもしれません。このような理由からデビットカード作成の際には特にカード審査なしでも大丈夫なのです。

プリペイドカード

またプリペイドカードも特に審査なしで作成することが可能です。

なぜならこれもまたデビットカードと同様カード会社から「借金」をすることにはならないからです。

プリペイドカードはその名の通りプリペイド、つまり「事前に支払い」その分をのちになんらかのサービスを受けるために使えるもので、ユーザーが後から返済するものではないからです。

このような理由から、プリペイドカードも特に審査は必要となりません。

最後の章では、無職や専業主婦といった方が、クレジットカードを作れるかどうかについてご説明していきます。

こういう人はクレジットカードを作る事ができるかチェックしよう

以下に当てはまる方は、そもそも自分がクレジットカードを作れるかどうかをチェックしておきましょう。

  • 無職
  • 外国籍の人
  • 専業主婦
  • 自営業
  • 過去に自己破産などの債務整理をした人

クレジットカードの審査は申込んだすべての方が通過するわけではありません。審査基準にもよりますが、属性などによってはクレジットカードを保有しにくい場合もあります。ここからは審査で見られるポイントなどをタイプ別に解説していきます。

無職

無職の方は、クレジットカードを作れる場合と作れない場合があります。なぜ判断が分かれるかというと、無職には以下のようなケースもあり、それによって審査に通過するかどうかも変わってくるからです。

  • 学生
  • 専業主婦
  • 年金生活者

クレジットカードは借りたお金を返す経済力がないと利用できないものなので、カード会社は審査で申込みをした人の返済能力を最も重視します。その意味では、収入のない無職の人はカードを作るのは難しいです。

親や配偶者に安定収入があれば作れる

働いていなくても、学生や専業主婦のように扶養されている方の場合は、親や配偶者に安定収入があれば審査に通過できる可能性が高いです。アルバイトで生計を立てている単身者より有利な場合もあります。この場合、申込み時に記入する職業欄では「無職」ではなく「専業主婦」や「学生」を選びましょう。

ゴールドカード以上のハイグレードなカードは難しいかもしれませんが、主婦をターゲットにした流通系カードや学生向けカードなら高い確率で入会可能です。

「年金=収入」とみなされる場合も

また、退職していて年金で生計を立てている人の場合も、働いてはいないものの「一定の収入を継続的に得ている」とみなされ審査に通過できる可能性があります。ただし、中には年金受給者は不可とするカードもあるので、あらかじめ調べておきましょう。

外国籍の人

日本の国籍を持たない外国人でも、日本のクレジットカードを作ることは可能です。外国籍であっても返済能力があれば、基本的に日本人と同じように審査され、問題がなければカードを持つことができます。

ただし、外国籍の方は身分証明書として「在留カード」や「特別永住者証明書」などのコピーを提出する必要があります。ほとんどのカード会社ではどちらかが必要となるので、きちんと準備しておきましょう。

在留カードや特別永住者証明書を持っていない方や、日本の滞在期間が数ヶ月と短い方は貸し倒れのリスクがあるとみなされるため、審査落ちする場合が多いようです。

専業主婦

無職の項目でもお伝えしたように、専業主婦のように本人に収入がなくても、配偶者に安定収入があればクレジットカードを作ることができます。

世帯収入の欄にご主人の年収を記入すれば、それに基づいて審査が行われます。ただしキャッシング枠を高くすると審査のハードルが高くなるので、キャッシング枠は0円にするかなるべく低い額にしておくと通過しやすいです。

もちろん、配偶者の収入が不十分な場合や、クレヒスに問題がある場合は審査に落ちる可能性があります。

自営業

自営業やフリーランスの方はクレジットカードを作ることはできますが、審査では厳しめにチェックされることが多いようです。その主な理由は、一般的な会社員や公務員と比べて収入が不安定だと判断されるからです。

クレジットカードの審査では、「安定した継続収入」が重視される傾向があります。そのため、毎月一定の給料が出る会社員や公務員は審査に通りやすいのに対し、毎月の収入にバラつきのある自営業の方は、たとえたくさん稼いでいても審査に必ず通るとは限らないのです。

なお、会社員は勤続年数が長い方が有利なように、自営業の場合も事業の営業年数が長い方が審査に通りやすい傾向があります。

過去に自己破産などの債務整理をした人 

最初の章でもご説明したように、過去に自己破産や債務整理をしたことがある人はブラックリスト入りし、信用情報に難があるとみなされるためクレジットカードを新たに作るのは難しくなります。

とはいえ、信用情報機関に債務整理の履歴が保存されている期間はおおむね5年なので、それを過ぎれば信用情報がリセットされます(自己破産の場合、KSCでの登録期間は10年)。そうすれば、過去のブラック情報が照会されなくなるためクレジットカードの申込みがしやすくなります。

ただし、債務整理を行ったカード会社には事故情報が残っているので、他のカード会社で申込むことをおすすめします。

信用情報がリセットされるとどうなるのか

信用情報がリセットされると利用履歴が消え、クレジットカードを一度も使ったことがない人と同じような状態になります。債務整理後にリセットされた状態は「ホワイト」、クレジットカードを使ったことがない人は「スーパーホワイト」と呼ばれ、同じように登録情報が真っ白なのでカード会社は見分けがつきません。

そのため、特に30代以上で登録情報が真っ白な人は、「この年齢まで一度もクレジットカードを使ったことがないのは不自然」「過去に重大な金融事故を起こしたのでは?」と怪しまれて審査落ちすることも珍しくありません。

ホワイトやスーパーホワイトの場合は、健全なクレヒスを積むことが重要です。そうすれば、信用力が高まり審査に通過する可能性も高くなるでしょう。

まとめ

クレジットカードを作れない方が、審査に通らない理由としては

  1. 申し込み内容に間違いがないかどうか
  2. 信用情報、つまりクレヒスに難がないかどうか

これらが審査に落ちてしまう主な理由となります。

また、一度審査に落ちてしまっても

  1. 正しい情報を記載し直す
  2. クレジットの返済を続けクレヒスを改善する
  3. 期間をあけて再度申し込みする

ことで審査に通る可能性があります。

比較的作りやすいクレジットカードとしては

  1. ACマスターカード
  2. Yahoo! JAPANカード
  3. エポスカード
  4. セゾンカードインターナショナル

があります。

その他

  1. デビットカード
  2. プリペイドカード

という代替手段もあります。

この記事で自分がそれらを持てるかどうか、どのような選択肢があるのか、そしてそもそもそれらを持つべきかどうかの判断がつけたと思います。

以上のことに気をつけて一度審査に落ちたからといってあきらめることなく、上の方法を試し、ご自身にとってベストな判断をしていきましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら