海外旅行保険はクレジットカードだけで大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
travel
簡単に言うと…
  • 海外旅行に行くときには、海外旅行保険が必須で、クレジットカードのなかには海外旅行保険が付帯しているものもあります。
  • 海外では健康保険がきかず、万が一病気や怪我をしたときに大きな出費となるためです。
  • クレジットカードの付帯保険などを確認したうえで、補償額1,000万円を目安として、足りない場合は増額して補償をカバーしましょう。

海外旅行のイメージ

海外旅行に行くとき、海外旅行保険は必須です。

海外では健康保険がききませんから、万が一病気や怪我をしたときに大きな出費となります。

アメリカなどでは数百万円の請求が来ることもあるそうです。

そのため、海外旅行には保険をかけるのが一般的です。

その際に、クレジットカードに付いている海外旅行保険も利用できます。

でも、それだけで足りるでしょうか?

まずは、クレジットカードの海外旅行保険の条件を確認すべきです。

すべてのクレジットカードに海外旅行の保険がついているわけではなく、特にゴールドカードなどのプレミアムカードに付帯しています。

そのため、持っていくクレジットカードの種類によっては保険が付帯していませんので注意が必要です。

また、保険で重要なのは、万が一のときにちゃんと保険金が下りるかです。

カードによっては旅行代金をそのカードで決済していないと保険がおりないという規約になっている場合もありますので、よくよくカードの利用規約を確認しておいてください。

もし、クレジットカードの海外旅行保険の適用ハードルがあまりに高い場合は、旅行を手配した旅行代理店で保険に加入するのが一番です。

料金も日数によりますが数百円から千円程度で加入できますので、安心を買ったと思えば安いものでしょう。

ムリしてでもクレジットカードの保険を適用させてお金を節約する方法もありますが、別口で保険をかけてもいいでしょう。

空港の出発口で、搭乗ゲートを超えて搭乗に至るまでの通路に、保険の契約機が備え付けてある場合があります。

それによってその場で数日間の保険に加入できて、その日のうちに保険が適用されるサービスがあるのです。

これはついていない空港もありますが、空港ではよく見かけるものです。

あまり気がつかないかもしれませんが、通路などに小さな機械が備え付けられています。

保険加入を忘れていたり、空港で思い出したり、クレジットカードそのものを忘れてしまったりなどしたときに緊急で加入できます。

緊急であってもかかる保険は強力なものですので、いざと言うときには空港で保険を手配してください。

事故や病気が起こりやすい国というのはなく、どこの国でも同じように事故や病気が起こるリスクがあります。

ここで気をつけたいのは最高補償額です。

最低でも1,000万円はほしいところです。

支払いが高額になるケースとしては、万が一の場合にチャーターヘリなどで輸送されたときの輸送料です。

当然、国民健康保険はきかず、100%自腹になっていまいます。

国内は医療費の支払が3割で救急車も無料ですから感覚がわきにくいですが、海外にいけば10割自己負担です。

単純に計算しても3倍以上の医療費が請求されることになります。

これは経済的にものすごく負担となるでしょう。

そのため、カードの保険で足りないと思ったら、保険の増額を行うのもひとつの手です。

クレジットカード会社によってはついている保険にプラスして補償を手厚くすることもできますので、別で入るよりは手厚く、なおかつ経済的に保険をかけることが可能になります。

お持ちのクレジットカードの保険について一度ホームページを見てみたり、問い合わせたりしてみてください。

大切なのは、出発の前に持っているクレジットカードをすべて取り出して、海外旅行保険をチェックすることです。

それでも足りないようでしたら増額しましょう。

そして自動付帯なのか、使って初めて適用される利用付帯なのかもしっかりと確認しましょう。

保険適用は条件が変わりやすいものでもあるので、常に最新の情報を手に入れるようにしましょう。

海外に出かけるとき、まず第一にクレジットカードに海外旅行保険が付帯しているか確認しましょう。

自分が持っている適用される保険をすべてチェックして、それでも足りないものを追加でかけましょう。

事故や病気はどこの国であっても一定のリスクの元に発生する可能性があり、海外での怪我や病気はとてつもない経済的出費を伴います。

旅行を満足いくものにするためにも、海外旅行保険は常に契約をチェックして、楽しく安心して旅を続けられるようにしましょう。

1,000万円を目安として、足りない場合は増額して補償をカバーしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加