クレジットカードの種類はどう違う?間違えやすい誤解をわかりやすく解説

クレジットカードの種類

クレジットカードは、会社によって多くの種類に分かれます。

VISAとかマスターカードというのは、会社は会社でも「ブランド」と呼ばれており、カード発行会社とは区別されます。

カード発行会社は、一般にカード会社と呼ばれ、1社で複数のブランドのカードや、異なる付帯サービスを付けたいろいろな種類のカードを発行しています。

各ブランドの特徴や、どんなカード会社があるのか知って、自分のカードを決めましょう。

クレジットカードのブランド

creca_brand

クレジットカードが使える店舗は、そのカードのブランドの加盟店です。

国際ブランドには次のような種類があります。

  • VISA
  • マスターカード(MasterCard)
  • JCB
  • アメリカン・エクスプレス(アメックス)
  • ダイナース

国際ブランドは、カード発行会社に決済システムを提供しています。原則としてVISAのカードは、VISAの加盟店でしか使えません。

国際ブランドが提携していて便利になってきている

実際には、国際ブランド同士で提携して、相互の決済システムを使えるようにしていることが多くなっています。

以前は加盟店の多い地域や店舗の種類などもそれぞれ特徴がありましたが、提携によって不便を感じることは少なくなっています。

なお、中国発の銀聯カードは、1回払いのクレジットカードのような扱いをされることがありますが、基本的には後払いのクレジットカードではなく、そのまま預金口座から代金が引き落とされるデビットカードです。

カード会社別の特徴

番号を選ぶ

また、クレジットカードを発行しているカード会社は、次のような種類に分類できます。

  • 銀行系
  • 流通系
  • 鉄道・航空系
  • その他

銀行系クレジットカード会社

新卒で就職したとき、給与振込の銀行口座を作るのと同時に、銀行系のクレジットカードを持った経験のある人は多いでしょう。

支払い口座を、給与が振り込まれる口座に設定しているため、そのまま継続して持ち続ける傾向があります。

流通系クレジットカード会社

流通系のカード会社は、スーパーや百貨店の企業グループに属して、たとえばイオンカードなら、イオンの店舗で使うとポイントが貯まりやすいしくみになっています。

鉄道・航空系クレジットカード会社

鉄道・航空系では、JRのVIEWカードや全日空のANAカード、日本航空のJALカードが代表的です。

VIEWカードはSUICAや定期券の機能が付帯できるので、通勤にJRを使っていたり、電車の旅をする人には便利です。

ANAカードやJALカードは、飛行機に乗らなくてもショッピングでマイルが貯まったり、旅行をするときに使える会員特典などが付いています。

 

そのほか、家電量販店やレンタルショップのカードなど多数ありますが、その店舗の買い物やサービス利用に使えるポイントが貯まるようになっています。

自分がポイントを貯めたり、割引を利用する機会が多く、お得を享受しやすいカードはどれでしょうか?

カードを選ぶなら、まずよく使う店舗やサービスを提供している企業グループで、どんなカードを発行しているか調べてみましょう。

国際ブランド × カード会社

たとえば、同じカード会社でも、異なるブランドのカードを発行していることがあります。

楽天カード(JCB)

例えばこちらの楽天カードは、「国際ブランド:JCB、カード会社:楽天カード」となります。

しかしこの国際ブランドが、VISAブランドの楽天カードもあるのです。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

同じカード会社でも国際ブランドによってサービスが変わることもある

ブランドによってクレジットカードそのもののグレードや、付帯されている電子マネー機能やポイントの種類が違います。

それぞれの使い勝手を比べて1枚を選んだり、生活に合わせて複数持つことも考えられます。

たとえば、JCBは日本発の国際ブランドはアジアで加盟店が多く、海外のサービス窓口で日本語対応しているので、日本人にとっては持っていると安心感があります。

おすすめはVISAまたはMastercardに、JCBをプラス

もし複数のカードを持つなら、VISAかMastercardに、日本人にとって手厚いサービスを受けられるJCBを組み合わせると補完的な使い方ができます。

また毎日利用している鉄道系のカードをメインカードにして、家電量販店で買い物するときはその店舗のカードを使う、といった利用法もあります。

クレジットカードの組み合わせで、こんなにメリットが!知って得する賢いカード活用術」の記事に詳細を記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

JCB 一般カード

Thumbnail jcb%e4%b8%80%e8%88%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日お届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

カードのステータスにも種類がある

ゴールドカード

クレジットカードには「ステータス」や「ランク」と呼ばれる種類のものがあります。

一般的な年会費無料や2,000円前後のものを、「一般カード」または「シルバーカード」と呼び、それよりもステータスが上がると「プラチナカード」や「ブラックカード」というものが登場します。

もちろんステータスが上がると年会費も上がり、海外旅行保険や空港でのラウンジサービスなど、一般カードにはない特別な特典が受けられます。

ゴールドカードについては、「ゴールドカードを選ぶポイントがわかる!年会費や審査基準を解説」の記事も参考にしてみてくださいね。

カード会社を選ぶときの注意点

イスの上で首をかしげる犬

クレジットカードの種類を選ぶとき、注意することがあります。

引越しなどで利用しなくならないか注意

流通系や鉄道系は、引越しや転職などで、その店舗や沿線から離れてしまうというと、メリットが感じられなくなってしまいます。

最低でもここ半年~1年くらいの自分のライフスタイルを想定して、クレジットカードを選ぶと良いですよ。

入会キャンペーンにつられ、年会費貧乏にならぬよう注意

また、入会キャンペーンのボーナスポイントや商品券に釣られて申し込んだ場合、「結局あまり使わなくなって、カードによっては年会費だけを払っている!」なんてことになりかねません。

年会費がかかっているクレジットカードは、更新する2~3ヶ月前までには「この先も本当に使うのかどうか?」を考えてみましょう。あまり使わないのであれば解約するのも手です。

長い目で自分のライフスタイルを想像して決めよう

いろんな企業と提携したクレジットカードの種類が多いため、迷うのも事実です。

ただ、頻繁に申し込んだり解約するのは労力がかかります。カードの枚数がいたずらに増えると管理の手間も煩わしくなってしまいます。

少し長い目で自分の生活を想像しながらカード会社を比べ、どんな種類のクレジットカードが向いているのかよく検討しましょう。

こちらの記事ではナビナビクレジットカードがおすすめするクレジットカードを紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

まとめ

クレジットカードには、VISAやJCBといった国際ブランドがあり、そのカードが使えるのは、原則国際ブランドの加盟店に限られます。

また、発行カード会社を見ると、銀行系、流通系、鉄道・航空系などさまざまなカードの発行元会社があります。

クレジットカードにはいろいろな種類のカードがありますが、少し長い目で自分の生活を想像して、どんな種類のクレジットカードが自分に向いているのかよく検討してカードを選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事