クレジットカードのサインは重要?おすすめの書き方とは

ペンとカード

クレジットカードは、「サインをしないと利用できない」という規約があります。クレジットカードの裏にサインをする欄があり、そこと同じサインでないと本人だとは認めてくれないのです。

カードの裏が空欄であると、決済のときにペンを渡されカードにサインするように求められることも多いです。

このサインについて詳しく知っていますか?

今回はクレジットカードのサインについて、詳しく説明します。

クレジットカード裏面のサインは必ず必要

油性マジック

クレジットカードの利用規約に、「カードの表面に書かれている会員本人によるサイン」を記載しなければ使えないことになっています。

カードを手元に受け取ったら、何よりもまず先にカード裏面にサインをしましょう。

サインがないと紛失・盗難保険が適用されない

もしカードにサインをしておらず、カードを仮に紛失してしまい不正利用されてしまった場合、紛失・盗難保険の対象にはならなくなってしまいます。

もし不正利用されている場合も、サインが書かれていなければ「本人の過失」として考えられ、不正に使われた分の損害金額は返ってこなくなってしまいます。

※不正利用については「クレジットカード不正利用を素早く解決!補償を受ける方法と予防策」の記事を参照してください。

コールセンター

2016.11.18

クレジットカード不正利用を素早く解決!補償を受ける方法と予防策

クレジットカードも、盗難やスキミング(磁気の不正読込み)などの不正利用がされる可能性があります。クレジットカード会社は、不正利用の支払いを補償してくれる保険に入ってくれているため被害に遭ってしまっても、素早く正しい手続きをすればお金を支払う必要はないのです。それではどのようにしたら、カード会社は補償してくれるのでしょうか。こちらの記事では、実際にトラブルに巻き込まれてしまった際の正しい解決方法と、不正利用を予防する方法について紹介します

サインは漢字でもローマ字でもどちらでも可

クレジットカードにサインをするとき、「漢字にすべきか、ローマ字にすべきか」という疑問があります。しかし結論からいうと、どちらでも問題ありません。

名字だけでも、簡単で書きなれているものでOK

氏名のフルネームを記載しなくても、名字だけでも構いません。

丁寧な楷書のフルネームをカード裏に記載した場合、レジで同じように書く必要があります。簡単で、書きなれているサインがおすすめです。

クレジットカードのサインは同じ筆跡で

飲食店でクレジットカードを使う

決済時のルールとして、「カードの裏側と、伝票のサインが同一のものでないと本人確認が取れず、決済できない」ということになっています。

実際の運用を見てみると、店員さんでそこまで細かくサインをチェックする人は少ないのですが、とにかくそういうルールがあります。

ですので、カードの裏側にサインするときはあなたが最も普段使う標準的な筆跡でサインしましょう。特殊な書き方をしてしまうと、決済のたびにその特殊な筆跡でサインする必要ができてしまいます。

サインは本人確認、正しく記載しよう

また、サインは個人を識別する情報ですので、不正利用の際の証拠になります。

店側がカード裏のサインと異なったサインを伝票にしてそれを決済した場合、不正利用であれば支払いを拒否する根拠になります。

ですので、必ずサインは必要ですし、トラブル防止のために必ず同じ筆跡でサインするようにしましょう。

クレジットカードのサインと同様の意味合いを持つ顔写真つきカードの盲点

顔写真つきクレジットカードサインよりもはるかにセキュリティの高い本人確認方法として、カードの裏面などに顔写真のついたクレジットカードがあります。

ですが某弁護士によると、顔写真つきのクレジットカードは、もしも不正利用された場合に支払い拒否するのが難しくなるというデメリットがあるそうです。

本人確認を店員がきちんとしてくれない可能性がある

不正使用の際に、店員さんがしっかり確認をしてくれない可能性もあります。しかし、サインよりも本人確認の信用度は高いです。

店員さんは自分の確認を怠ってしまった際にも、「写真のこの人でした」と証言する可能性が高いことがあります。カードが通ってしまうと、「それが不正である」と言うことを証明することが、より困難になるからだそうです。

ですので顔写真付のクレジットカードが、「必ずしも不正利用防止に役に立つわけではない」ということだけ覚えておいてください。

不正利用されてしまったときに、顔写真がついていることで余計に不正立証を困難としてしまう可能性があるのです。

最近では顔写真つきのクレジットカードを見かける機会は、ずいぶん少なくなったように感じますが……。

クレジットカードのサインのおすすめは顔写真なし、筆記体のサイン

一番のおすすめは、顔写真なしのクレジットカードを選択し、筆記体でサインすることです。

筆記体は誰でもかけますが、書き方に独自の癖がでるため模倣が難しく、セキュリティを高めることができます。

イメージだけで考えると顔写真つきのクレジットカードにしてサインは漢字にしたほうが不正利用されないような気がしますが、実際は逆なのです。

数多くの不正利用の裁判を担当した弁護士によると、顔写真なしで筆記体のサインをしているのが一番本人確認を厳密にしてくれるそうです。

クレジットカードのサインは大切

クレジットカードとペン

日本ではあまりサインを重視せず、代わりに「はんこ」が活躍しています。外国ではんこを使っている国はなく、海外ではみんなサインがはんこの代わりです。それぐらいサインは、重要なものなのです。

クレジットカードは国際的なサービスですので、国外標準に合わせた利用が必要です。

はんこが使われない以上、サインは何よりも大切ですので、それを自覚した上でサインしましょう。またはんこを安易に押す人がいないのと同様に、サインも安易にあちこちに書かないようにしましょう。

まとめ

あくまで個人情報である事をしっかりと意識して、犯罪者に模倣されないように自分だけのサインを行いましょう。

筆記体がいちばん癖が出て、オリジナリティのあるサインができるというメリットもあります。

サインには「本人確認」の意味があるとしっかり肝に命じ、クレジットカード決済では正しく記載するようにしてくださいね。

2018年最新おすすめクレジットカードや選び方のコツを解説

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

キャッシュレスでポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。数百種類の中からあなたにぴったりのクレジットカードを比較して導き出します。おすすめのクレジットカードや、クレジットカードを利用する上で気をつけたい基礎知識も合わせてご紹介します。

お店でお花をカードで買う女性

2017.11.29

クレジットカードのサインレス決済は加盟店の契約次第!詳細を解説

クレジットカードで決済するときには、サインが必要な場合と暗証番号が必要な場合だけでなく、カードを通すのみで決済できるサインレス決済の場合があります。 会計処理を素早くできるサインレス決済ですが、クレジットカードを利用される方は サインが必要な場合と暗証番号入力でよい場合はどう違うのか どんなときにサインレスになるのか サインレスで購入できるお店は特徴があるのか サインレス後の処理がうまくいっているのか を知りたいとは思いませんか? 今回はクレジットカードのサインレスについて詳しく解説していきます。 この記事を読むことによってサインレスに関する知識を細部まで身に着けることができます。 サインが必要そうなときと不必要なときの条件の違いやお店の見分け方などを正確に理解していき、会計をスピーディに済ませていきましょう。

クレジットカードの暗証番号を入力する

2016.11.30

クレジットカードの暗証番号忘れの対処と変更方法!サインで対応できる場合

しばらくクレジットカードを使っていなかった時に、暗証番号を忘れてしまった経験はないでしょうか。急遽クレジットカードが必要になったのに、暗証番号がわからずに「カードが使えないかもしれない!」となると、焦ってしまいますよね。実際に正しい暗証番号を確認する方法や、もし暗証番号を間違えてロックされた場合に解除できるのかどうか、また暗証番号の変更方法も含め、わかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら