審査なしのクレジットカードを作るには?正しいカードの知識を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの審査が心配な方は、「審査のないクレジットカードはあるのだろうか」「審査の甘いクレジットカードがほしい」と考えますよね。

審査なしでクレジットカードが作れるのかどうか知りたいと思いませんか? 今回の記事では、「審査のないクレジットカードは存在するのか」という疑問に答えます。

また、比較的審査が厳しくないクレジットカードや、100%審査のないクレジットカードに変わるカードについても解説します。

本記事を読めば、審査の厳しくないクレジットカードやプリペイド、デビットカードの種類が分かり、自分のニーズに合ったカードを発行することができるでしょう。

「クレジットカードを持ちたいけど、審査が気になる…」という方は、ぜひ目を通してみてください。

ジャッジする男性

この章では、クレジットカードの審査について詳しく解説していきます。なぜなら、クレジットカードを作るときには必ず審査を経なければならず、100%無審査のクレジットカードはないからです。

審査がどのようにして行われ、何を重要視されているのかについて知っておきましょう。

クレジットカードを申し込むと、カード会社で審査が行われます。カード会社は自社が保有しているデータ以外に、信用情報機関に信用情報を提供してもらい、総合的に発行可否を判断しています。

信用情報機関とは、お金の貸し借りやクレジットカードの利用実績などのデータを保管している機関です。クレジットカード会社の他に、ローン会社、金融機関からデータを提供してもらい、個人の信用情報を管理しています。

信用情報機関に登録されている信用情報には、以下のようなものがあります。

  • 個人情報(名前や生年月日、住所、電話番号など)
  • 過去の取引実績(過去に作成したクレジットカードの契約年月日や使用履歴、金額、支払回数など)
  • その他申し込み内容

すべて客観的な事実の情報のみで、個人の思想や趣味に関する項目はありません。使用目的は、クレジットやローンの審査のためだけに限られています。

そして、これらの情報を管理する機関には、全国銀行個人信用情報センターやCICがあります。 信用情報機関に登録されている信用情報は、個人で問い合わせて開示してもらうことができます。

信用情報を確かめたい人は、一度確認してみてもいいでしょう。万一、誤った情報が登録されている場合は、調査を依頼することもできます。

このように、クレジットカードの審査はカード会社で行われていますが、その判断材料となる信用情報は、信用情報機関から提供してもらっています。

そのうえで、クレジットカードの申し込み者が信用できる人物なのか、支払い能力があるのかなどを審査しているのです。

クレジットカードを申し込んだ後の審査の流れをご紹介します。大まかには、以下の手順で審査が進みます。

カード審査の流れ

  1.  クレジットカードを申し込みたい人が提出した書類で審査をスタートします。カード会社にて、名前、住所、勤務先などをチェックします。
  2. 提出された書類を見ながら、本人確認、申し込み意思の確認、勤務先に本当に在籍しているかどうかの確認をします。
  3. クレジットカード会社内で過去にカードを使用した実績があれば、取引の内容をチェックします。
  4. 信用情報機関に依頼して、過去のクレジットカード利用実績などを確認します。

これまで確認した項目をもとに、発行の可否を決定します。 これらの確認作業を経て、最終的に審査に通るかどうかが決まっているのです。

クレジットカードの審査において、重要視されている項目をご説明します。審査基準は各クレジットカード会社によって異なりますが、概ね次の項目をチェックされています。

勤務先や勤務形態、勤続年数から支払い能力があるのか、安定収入があるのかなどを確認されます。

一定の収入がある人のほうが、支払い能力があると判断されるので、自営業よりも会社員のほうが審査に通りやすいと言われているのはこのためです。

会社へ在籍確認されるケースもあるので、申し込み手続きをするときに虚偽の申告をすることは絶対にやめましょう。

本人にクレジットカード利用金額を支払う意思があるかどうかを判断されます。これは、過去に支払い遅延や残高不足などがなかったかどうかで判断されます。

クレジットカードは代金が後払いになるシステムなので、期日までにきちんとお金を払う几帳面な性格であることが重視されます。

担保となるような資産の有無をチェックされます。預貯金や不動産、負債などが該当しますが、口座情報をチェックされるというわけではありません。

ただ、預貯金がたくさんあれば審査が有利になるため、申し込みの時に預貯金を記入する欄があれば、事実を申告しましょう。銀行系クレジットカードを作る際は、預金残高も合わせて確認されることがあります。

以上が、審査の時に重視されているポイントです。すべてを完璧に満たしていないと審査に通らないというわけではなく、これらのポイントを総合的に見て、最終的には各クレジットカード独自の審査基準で可否が決定されています。

どのクレジットカードに申し込んでも、審査は必ず行われるため、審査のないクレジットカードというものはありません。

クレジットカードで商品を購入した場合、代金の支払いは後払いになります。クレジットカード利用者に支払い能力や意思があると判断された場合でなければ、安心して取引をすることができないため、審査は必須なのです。

クレジットカードは、だれでも作ることができるものではなく、信頼された証です。審査があるとなると、どうしても審査のないクレジットカードはないか探してしまいますが、審査のないクレジットカードはないと心得ておきましょう。

PCを見つめるカップル

この章では、審査が比較的甘かったり、短期間で発行されるものなど、比較的作りやすいクレジットカードをご紹介します。

クレジットカードには様々な種類がありますが、審査の厳しさは、種類によって差があります。信用情報に傷がついていたり、専業主婦やニートなどで収入がないため審査に通るかどうか心配という人は、比較的審査の甘いカードを作るようにしましょう。

次の項目で、具体的なクレジットカードをご紹介します。

流通系クレジットカードは、銀行系クレジットカードよりも比較的審査が甘いと言われています。

クレジットカードによっては入会条件として、年齢以外に“安定した収入のある方”という条件が設定されているケースがあります。

銀行系のクレジットカードやゴールドカードなどによく設定されている条件ですが、流通系クレジットカードにはこうした収入に関する条件が明記されていないカードが多数あります。

そのため、専業主婦やニート、フリーター、学生などは、流通系のクレジットカードを作りましょう。

イオンカードはWAONポイントが貯まる流通系クレジットカードです。イオングループの店舗の他、コンビニ、大手外食チェーン店などでもポイントが貯まるので人気があります。

クレジットカードの種類はたくさんありますが、発行手数料や年会費は無料あるいは格安のものばかりで、年齢条件はありますが、収入に関してはとくに設定されていないものが多いです。

優待が受けられる店舗が約7,000店あり、年会費が永年無料なのがエポスカードです。

加盟店でポイントを貯めれば、商品券やマイルに交換したり、マルイの店舗やネット通販でポイントを利用して買い物を楽しむことができます。

エポスカードも年齢条件はありますが、収入については、特段明記はされていません。無収入の方や収入が安定していない方におすすめです。

流通系クレジットカードには、他にもセゾンカードやセブンカード、OMCカードなどがあります。

よく利用するスーパーやコンビニ、デパートなどでポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶといいでしょう。

消費者金融系クレジットカードも比較的作りやすいクレジットカードです。アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融が発行しているカードで、即日発行されるものもあります。

例えば、アコムのACマスターカードは、クレジットカードにアコムのマークなどは入っていないので、消費者金融に抵抗がある方でも「持っていて恥ずかしい」と感じることはないでしょう。

クレジットカードの利用限度額は最高300万円まで可能で、マスターカード加盟店で利用できるため、使い勝手のよさが魅力です。 年会費は無料で、一部の自動契約機では、その場ですぐカード発行することも可能です。

いざというときは、カードローンの利用もできるので、審査が比較的甘く、即日発行されるクレジットカードをお探しの方には、消費者金融系クレジットカードがおすすめです。

女性

この章では、審査なしでクレジットカード代わりになるカードについてご紹介します。

審査なしのクレジットカードはないとしても、過去に支払い遅延などを繰り返して信用情報に傷がついている人の場合、新しいクレジットカードを作りたくても審査に通らないのでは…と不安になりますよね。

ここでは、審査なしで作れるカードで、なおかつクレジットカード代わりとして使えるものをご説明します。

デビットカード

デビットカードとは、買い物代や飲食代を現金の代わりにカードで支払えるサービスです。カードを使用したら、登録している口座から即座に引き落としされ、預金残高が足りないと引き落としされないので使いすぎる恐れがありません。

例えばJCBデビットならJCBマークのあるお店で、VISAデビットならVISAマークのあるお店で使えるので、利用加盟店が多いのが特徴です。

デビットカードは金融機関で申し込みことができ、各金融機関が定めた年齢条件をクリアすれば、審査なしでだれでも作ることができます。 また、利用限度額を設定することによって、さらに使いすぎを防止することができ、盗難や紛失の場合でも被害を最小限に抑えることができます。

デビットカードを作るには、引き落とし口座を設定する必要があるので、すでに口座開設している金融機関のデビットカードサービスを探すか、作りたいデビットカードと提携している金融機関に口座開設をしましょう。

クレジットカードのように現金代わりに使えるので、使い勝手はよく、使いすぎる心配もありません。信用情報が気になるけど、クレジットカードのように支払いを済ませたい方は、デビットカードを検討してみてください。

プリペイドカードは、事前にカードに入金しておくことで、買い物時に入金額分だけ使えるカードのことです。

商品券と似ていますが、残高がゼロになっても、またお金をチャージして繰り返し使うことが可能です。代金が前払いになっているので、使いすぎることがありませんし、盗難や紛失にあっても、失う金額は入金している額に限定されます。

プリペイドカードの種類によっては、利用分に応じてポイントが貯まるカードもあるので、クレジットカードのように買い物をしながらポイントを貯めてお得を手にすることができます。

審査なしでだれでも気軽に持つことができ、発行手数料や年会費も無料のものがたくさんあります。

デビットカードと同じく、マスタープリペイドならマスターカードマークのあるお店で、VISAプリペイドならVISAマークのあるお店で使うことができるので、利用できる店舗は多数あります。

それぞれのプリペイドカードのサービス内容を確認して、気に入ったカードを作るようにしてください。

デビットカードやプリペイドカードは、現金を持たずにカードで支払いができる点は、クレジットカードと共通です。審査されたくない方は、デビットカードやプリペイドカードを検討してみましょう。

今回の記事では「審査なしのクレジットカードはあるのか」という疑問にお答えしました。再度、ポイントをまとめます。

  1. 100%無審査のカードはない
  2.  審査で重要視されるポイントは 、「年収などの支払い能力 」「支払い意思」「性格 」「預貯金などの資産」
  3. 比較的作りやすいクレジットカードは流通系と消費者金融系のカード
  4. 審査なしでクレジットカード代わりになるカードは、デビットカードとプリペイドカード
  5. デビットカードとプリペイドカードは使いすぎる心配がない

クレジットカードの審査が心配な人は、審査なしのクレジットカードはないだろうかと気になりますが、実際に100%無審査のカードはありません。

代わりに、審査が甘くて比較的作りやすいクレジットカードや、審査なしで作れるデビットカードやプリペイドカードを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加