クレジットカード会社別、支払日と締め日リストはこちら!支払い遅延の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカードのスケジュールをチェックする

クレジットカードの支払いスケジュールでよく勘違いされがちですが、クレジットカードの「支払日」と「締め日」はそれぞれ違った意味を持ちます。

またカード会社によって日にちが異なるので、きちんと把握しておかないと支払い遅延といった事態になってしまうこともあるので注意が必要です。

この記事では、

  • 支払日と締め日はどこが違うのか
  • カード会社別の支払い日と締め日
  • 支払い遅延を起こしてしまった場合、どう対処したらよいのか

などについて解説していきます。

時計とカレンダー

クレジットカードで大事なスケジュールは、「締め日」「支払日」の2つです。この2つをしっかり把握しておかないと、「うっかり買い物をしすぎてしまって支払いが大変なことに…」や「支払い日に口座の残高が足りない!」といった事態に陥りかねません。

2つの違いを簡単に説明すると、

  • 締め日:1ヶ月単位で利用分が締め切られ、支払い金額が決定される日
  • 支払日:締め日で決定した金額が、銀行口座から引き落とされる日

となります。次の項からは、この2つについてもう少し詳しくみていきましょう。

締め日とは、先にも触れた通り「クレジットカードの利用分が1ヶ月単位で締め切られ、支払い金額が決定される日」のことです。

たとえば、締め日が「15日」だった場合は、当日の15日までにクレジットカードで買い物をすると、その使用金額は15日で締め切られます。そして、16日以降の利用は、翌月15日までの締め日で締め切られます。

締め切りと聞くと「月末」を想像してしまいますが、締め日はカード会社によって異なるため、月末であるとは限りません

月の初めに締めて当月に支払いの場合もあれば、月の後半に締めて翌々月に支払いの場合もあります。

また、締め日に関して気をつけておきたいのが「締め日で決定される支払い金額は、実際の買物のタイミングとズレる場合もある」という点です。

たとえば、締め日が15日で、15日にクレジットカードを利用して買い物したにもかかわらず、その分が翌月の請求に反映されていないことがあります。

これは、加盟店からクレジットカード会社への請求処理が決定されるまでのタイムラグによって生じる現象で、その場合は次の請求時に支払うことになります。

締め日は、土日祝日などの休日に左右されることはなく、締め日が日曜であろうと祝日であろうとその日に支払い金額が決定します。

お金と時間

支払日とは、「締め日で決定した金額が、銀行口座から引き落とされる日」です。いわゆる「返済日」とも言えるでしょう。

たとえば、15日が締め日で当月の月末が支払日の場合、15日に確定した金額が月末に口座から引き落とされます。

このとき、口座の残高が不足していると、「支払い遅延」になってしまうので気をつけてください。

支払日は、土日祝日などの休日によって口座から引き落とされる日が前後します。これは、支払い手続きを行う銀行が休みだからです。

多くの場合は、休日の翌営業日(例:日曜日か支払日の場合は、その翌日の月曜日に支払い)ですが、中には前倒しで金曜日に支払いになることもあるため、自身が契約しているカード会社の利用規約にしっかり目を通しておきましょう。

締め日と支払日の違いを理解しておかないと、「他の支払いと重なって口座が残高不足に…」といったことになりかねません。

逆に言えば、両者の違いをしっかり理解しておくと「締め日は今日だから、大きな買い物は明日にして支払の負担を分散させよう」といった風に、賢く買い物ができるようになります。

締め日と支払日の違い、そして自身が契約しているカード会社の締め日と支払日、それらを正しく把握することが、クレジットカード活用の第一歩なのです。

クレジットカードの種類

締め日と支払日の違いがわかれば、次は契約しているカード会社別の締め日と支払日を把握する必要があります。

国内で主要なカード会社の締め日と支払日をまとめてみましたので、ぜひ活用してみてください。

(※クレジットカード会社名…締め日、支払日)

  • 三井住友カード…毎月15日締め、翌月10日払い、もしくは毎月月末締め、6日払い
  • JCBカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • MUFGカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • イオンカード…毎月10日締め、翌月2日払い
  • ダイナースクラブカード…毎月20日締め、翌月10日払い
  • 楽天カード…毎月月末締め、翌月27日払い
  • ジャックスカード…毎月月末締め、翌月27日払い
  • オリコカード…毎月月末締め、翌月27日払い
  • アメリカン・エキスプレス:会員で個別に設定
  • シティカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • セブンカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • ファミマTカード…毎月月末締め、翌々月1日払い
  • NICOSカード…毎月5日締め、当月27日払い
  • NTTファイナンスカード…毎月月末締め、翌月25日払い
  • ENEOSカード…ガソリン:毎月月末締め、買い物:毎月5日締め、翌月27日払い
  • 東急カード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • 三井住友トラストカード…毎月15 日締め、翌月10日払い
  • UCカード…毎月10日締め、翌月5日払い
  • セゾンカード…毎月月末締め、翌々月4日払い
  • 出光カード…月末締め、翌々月7日払い
  • シェルスターレックスカード…毎月5日締め、当月27日払い
  • リクルートカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • DCカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • りそなカード…毎月月末締め、翌々月4日払い
  • トヨタT3カード…毎月5 日締め、翌月2日払い、もしくは毎月20日締め、翌月17日払い
  • セディナカード…毎月月末締め、翌月27日払い
  • OMCカード…毎月月末締め、翌月27日払い
  • セントラルファイナンスカード…毎月10日締め、翌月6日払い、もしくは毎月月末締め、翌月26日払い
  • アプラスカード…毎月5日締め、翌月27日払い
  • エポスカード…毎月4日締め、翌月4 日払い、もしくは毎月27日締め、翌月27日払い
  • UCSカード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • ライフカード…毎月5日締め、当月27日払いもしくは翌月3日払い
  • TOP&カード…毎月15日締め、翌月10日払い
  • ポケットカード…毎月月末締め、翌々月1日払い
  • ビューカード…毎月月末締め、翌々月4日払い

このように、締め日と支払日がひとつしかないカードもあれば、ふたつあってどちらかを選ぶカードもあります。

これらの支払日に遅れると、どんなデメリットがあるのでしょうか?具体的な内容について、次の章から見ていきましょう。

銀行のATMで入金する

クレジットカードの支払日に残高が不足していると、さまざまなリスクやデメリットが発生してしまいます。

「毎月しっかり支払う」ことが大前提ですが、うっかりミスやその他の理由で支払日に口座残高が不足していた場合はどうなるのでしょうか?

「テレビや映画で見たような借金取りが来て、何かとんでもないことになるのでは…」と不安になる前に、うっかり残高不足だった場合には具体的にどのようなことが起こるのか、そのリスクやデメリットは何かといったことについて、正しく学んでおきましょう。

まず大前提ですが、支払日に口座が残高不足になってしまわないように、入金は支払日の「前日」までに必ず行ってください。

「当日ではダメなの?」と思う方もいるかもしれませんが、当日に入金した場合は、カード会社の引き落とし手続きが入金より先に行われることがあります。

そうなると、カード会社から「残高不足で支払い遅延」と判断されてしまいます。

また、入金を土日祝日に行った場合、入金処理が月曜に持ち越されてしまうため、引き落とし手続きが入金処理よりも早いと、これも残高不足と判断されてしまうでしょう。

引き落とし 日が月曜日の場合は、前の週の金曜日までに入金するようにしてください。

残高不足になってしまうと、「クレヒスに傷がつく」「延滞金の発生」、そして場合によっては「利用停止・強制解約」へと発展してしまうリスクやデメリットが発生します。

クレジットカードの引き落とし時間については「クレジットカードの引き落とし時間はいつ?入金が遅れた場合の対処法」の記事も参考にしてくださいね。

口座が残高不足になってしまった場合、何回にもわたってそういった事態になっていない限り、すぐに利用停止になるようなことはほぼありません。

まずは、カード会社から「口座が残高不足で引き落としできませんでした」というお知らせ、そして「この期日までに入金してください」という指示と支払い用紙が届きます。

このお知らせを無視して、指示のあった支払い期日を過ぎてしまった場合、「遅延損害金」という延滞金が発生してしまいます。

遅延損害金は、そのまま放っておくとどんどん膨れ上がっていくので気をつけてください。

クレヒスとは、正式名称を「クレジットヒストリー」といって、個人信用情報機関に登録されている個人のクレジットカード利用履歴のことです。

クレヒスを辿れば、契約の年月日、ローンの状況、過去の支払い履歴、延滞の記録などがすべてわかるようになっています。

残高不足で支払いが遅延してしまうと、クレヒスに「この人は残高不足になって支払いを延滞したことがあります」という情報が登録されます。

クレジットカードの更新が不可になったり、新しいクレジットカードを作れなかったりするなどのリスクが発生してしまうのです。

ただし、クレヒスの保有期間は解約後5年なので、延滞を繰り返していた人でも、5年間真面目に滞りなく支払いを続けていれば、クレヒスの傷は消えます。

困った顔で電話をする女性

「どうしても支払日までにお金が用意できない……」。そのような状況になったとき、そのまま問題から目を背けて放置してしまうと、先に説明した通り最悪の事態に陥ってしまいます。

支払日までにお金が用意できないとわかったときは、クレジットカード会社に早めに連絡をして支払い期限を伸ばしてもらったり、事前にリボ払いや分割払いに変更したりするなどの対応が必要です。

連絡の際のポイントや、事前に支払い方法を変更するメリットも、併せてみていきましょう。

入金を遅延するにしても、「連絡あり」と「連絡なし」ではカード会社から見た印象は大きく変わってきます。

連絡をしてもクレヒスに傷をつけることは避けられませんが、連絡なしで遅延するよりもその傷を浅くすることはできるでしょう。

連絡は各カード会社のカスタマーセンターに行い、状況を正直に話して返済計画を伝えましょう。

計画を伝えるときは、「来月の引き落とし日にまとめて支払います」「給料日後の◯◯日に支払います」といった風に、具体的に返済日時を伝えるとよいでしょう。

また、どうやって返済するのが一番良いのかがわからないときは、カスタマーサポートの相談員に質問すれば、的確なアドバイスをもらえるはずです。

下手にごまかしたり、見栄を張ったりすると、相談員も適切なアドバイスができなくなるので、包み隠さず状況を話すようにしてください。

クレジットカードで支払い手続きをした場合、後からその買い物をリボ払いや分割払いに変更できるサービスもあります。

たとえば、店頭ではクレジットカードで一括払いの手続きをしておき、後からカード会社に連絡して6回の分割払いにしてもらう、といったことができるのです。

もちろん、一括払いに比べて手数料は発生してしまいますが、遅延する場合に比べるとクレヒスにも傷がつかないという大きなメリットがあります。

ただし、「後からリボ払い」や「後から分割払い」の手続きは、申し込みから手続き完了までに数日かかるため、「支払日直前に支払い方法を変更して遅延を防ぐ」といったことはできません。

また、カード会社によっては「最低◯◯万円から」といった金額条件が決まっている場合もあるので、カード会社の利用規約をよく読んでおきましょう。

利用規約を読むのが大変!という人は、やはりコールセンターに相談してみるのがおすすめです。

この記事で紹介した内容をおさらいしてみましょう。

  • 締め日は「支払い金額が確定する日」、支払日は「口座からお金が引き落とされる日」
  • 締め日は曜日に左右されず、支払日は曜日に左右される
  • 締め日と支払日はカード会社によって異なる
  • 引き落としの際に残高不足になると、延滞金の発生、クレヒス(クレジットヒストリー)に傷がつく、利用停止といったリスクが発生する
  • どうしてもお金が用意できない場合は、その 事実が判明した時点でカード会社に連絡、もしくは後からリボ払いや分割払いにして対応する

締め日と支払日の違いを、正しく理解できましたか?

支払日に口座が残高不足になりそうなときは、早め早めに対策をすることが大切です。

クレジットカードの正しい知識を身につけて、計画的な利用を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加