クレジットカードを整理する賢い方法を解説!カードの取捨選択基準

5枚のクレジットカード

クレジットカードの新規入会キャンペーンや特典に惹かれてクレジットカードを作成したものの、枚数が増えて年会費がかさんだり、そのまま何枚も持ち続けてしまうことはよくありますよね。

クレジットカードを整理したいものの、

  • どのような判断基準で整理したらよいかわからない」
  • 何枚持てばよいか知りたい」
  • 「クレジットカードの上手な組み合わせ方法を知りたい」と思っていませんか?

今回は、多すぎるクレジットカードを整理したい人のために、必要な絞るための方法、残すべきカードと解約すべきカードの判断基準、クレジットカードの上手な組み合わせ方法などを詳しく解説します。

所有しているクレジットカードの枚数を減らして、支払い忘れや盗難・紛失のリスクを減らしつつ、今までよりもカード特典をお得に利用するための参考にしてください。

この記事を読むことで、クレジットカードの取捨選択の方法を知り、自分にとってベストなクレジットカードの組み合わせと枚数を知ることができるでしょう。

クレジットカードの枚数が多すぎるとデメリットが発生する

カードを持ちながらパソコンをする女性

クレジットカードが整理できずに枚数が多すぎると、様々なデメリットを生じてしまいます。

この章では、クレジットカードを持ちすぎていることによる、デメリットを5つ紹介します。

今回紹介するデメリットは

  1. 年会費がかさむ
  2. 支払い日を忘れてしまう可能性がある
  3. クレジットカードのポイントが分散されてしまう
  4. 盗難・紛失のリスクが増える
  5. キャッシング枠があると今後の審査に影響がでることがある

これらの5つです。それぞれについて詳しく解説していきます。

この章を読むことで、クレジットカードの枚数が多すぎることのデメリットを理解することができるでしょう。

年会費がかさむ

クレジットカードの枚数が多いことで発生しうる1つ目のデメリットは、年会費がかさむことです。クレジットカードは持っているだけで年会費がかかってしまうものもたくさんあります。

ゴールドカードやプラチナカードではなくスタンダードカードでも、1,000円~2,000円程度の年会費がかかるものもあります。

ましてやゴールドカードであれば、10,000円程度の年会費がかかるものが多くなります。

年間のクレジットカードを利用した決済額や決済回数によって、翌年の年会費が無料になるものもありますが、使用しなければ、年会費はかかってしまうので、注意が必要です。

うっかり支払い日を忘れてしまう可能性がある

クレジットカードの枚数が多いことで発生しうる2つ目のデメリットは、支払い日を忘れてしまう可能性があることです。

クレジットカードの口座引き落とし日は、カード会社によって異なります。例として3つのカードについて、口座引き落とし日をまとめます。

もし、支払いを忘れてしまい、口座の残高不足で引き落とせないようなことが発生してしまうと、自分からカード会社に連絡をしたり、銀行振込をするなどの手間がかかります

また、その対応が適切でないとクレジットカードの利用履歴(クレヒス)に悪い履歴が残り、今後クレジットカードを作るときや、ローンを組もうと思った時に、組めないということが起こります。

対策としては、引き落とし口座をまとめることですが、同一日に引き落としがかかり、支払いできないカード会社が発生してしまうようなこともあります。

十分な残高を用意しておく必要があるでしょう。

各クレジットカードのポイントが分散されてしまう

クレジットカードの枚数が多いことで発生しうる3つ目のデメリットは、各クレジットカードのポイントが分散されてしまうことです。

ポイントが分散されることで

  • 有効期限の管理ができずにポイントが失効する
  • 交換の最低単位まで貯まらずにポイントが失効する
  • ボーナスポイントが貰えない

これらの事態が発生し、ポイントを有効利用できなくなります。

ポイントの有効期限はカード会社によって異なるので、全てのカードに対して有効期限に気を付ける必要があります。

また、ほとんどのカードはポイント最低利用(交換)単位をもうけています。そのポイントまで貯まらずに失効してしまうこともあります。

カード会社によっては、年間の利用額に応じて、ボーナスポイントを付与してくれるところもあります。カードが分散されることで、利用額も分散されてしまい、ボーナスポイントがもらえないということも発生するでしょう。

対策としては、有効期限をしっかり管理することと、ボーナスポイントが貰えるように利用割合を調整することでしょう。

クレジットカードの盗難・紛失トラブルのリスクが増える

クレジットカードの枚数が多いことで発生しうる4つ目のデメリットは、クレジットカードの盗難・紛失トラブルのリスクが増えることです。

例えば、財布にたくさんクレジットカードを入れておけば、財布を盗まれたときに、一緒にカードまで盗まれてしまいます。複数枚入っていれば全てのカードを利用停止する手続きが必要になります。

ネットショッピングでクレジットカードで決済している人も多いと思います。利用しているカードが多ければ、ネットショッピングのサイトがハッキングされ、カード情報が盗まれるリスクも高まります。

また、作っただけで家に置いてるだけのクレジットカードもあるでしょう。しばらく使っていないため、管理もおろそかになり、見つからなくなってしまうというリスクも増えます。

対策としては、使用していないカードは1か所にまとめて保管しておき、トラブルが発生した場合には迅速に対応することが必要でしょう。

キャッシング枠があると今後の審査に影響を及ぼす可能性がある

クレジットカードの枚数が多いことで発生しうる5つ目のデメリットは、キャッシング枠があると今後のクレジットカード作成や住宅ローンなどの審査にも影響を及ぼす可能性がでてくることです。

多くのクレジットカードには、キャッシング枠が10万~100万円程度ついています。キャッシング枠をつけていると、今後キャッシングする可能性があると見られてしまいます。

カードのキャッシング枠の合計が多くなると、審査に影響がでてしまいます。キャッシング枠を0円に設定することで回避できます。

この章では、クレジットカードを複数枚持っていることで発生する可能性があるデメリットについてお伝えしました。次の章では、クレジットカードを整理するとき解約すべきカードについて解説します。

クレジットカードを整理するとき解約すべきカード

クレジットカードをはさみで切る

この章では、クレジットカードを整理するときに、解約すべきカードについて解説していきます。

解約すべきカードの候補の一例はこちらです。

  • 高い年会費を払うほど利用していないステータスカード
  • ポイント還元率が低いため利用していないカード

これについて、詳しく解説していきます。この章を読むことで、自分が持っているカードの中で、解約すべきカードを知ることができるでしょう。

高い年会費を払うほど使っていないステータスカードを解約する

真っ先に解約を検討するべきクレジットカードは、高い年会費を払うほど使っていないステータスカードです。

こういったカードで多いのは、「とりあえずと欲しいと思って作ったカード」であったり、「ステータス欲しさに作ってしまったカード」です。

どのくらいの金額だと高い年会費と感じるかは人それぞれだとは思いますが、1,000~2,000円の年会費でもカードを全く利用していないのであれば高いと言えるでしょう。

逆に持っていてステータスを感じ、生活の充実につながるのであれば、多少年会費が発生しても持ち続けることを検討しても良いでしょう。

ポイント還元率が低く利用していないカードを解約する

次に解約を検討すべきクレジットカードは、ポイント還元率が低く利用していないカードです。

クレジットカードを利用する方の多くは、現金で買う場合に比べて、ポイントによる還元があるからではないでしょうか?そうすると、ポイント還元率が低いカードは使用しなくなる傾向があります。

多くのカードの還元率は0.5%以上です。0.2%以下だと低いといえるでしょう。審査が比較的ゆるく作りやすかったり、カードを作った時に商品券プレゼントなどの特典欲しさに作ってしまい、それ以外のメリットがなければ解約しても良いと言えます。

ただし、ポイント還元率は低くても、ポイントの有効期限は無期限でポイント失効することがないカードもあるので、生活スタイルに合っているカードを選別するのが大事でしょう。

この章では、クレジットカードを解約するときに、整理すべきクレジットカードについてお伝えしました。次の章では、残すべきクレジットカードについて述べていきます。

クレジットカードを整理するとき残すべきカード

クレジットカードを沢山持つ女性

この章では、クレジットカードを整理するときに、残すべきカードについて、代表的な条件を解説していきます。

残すべきカードの条件は

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が高い
  • 国内外の旅行傷害保険を付帯している

これらの3つです。

3つ全ての条件がそろっているカードであれば残すべきでしょうし、全て条件がそろっていなくても自分のライフスタイルに合っているカードであれば、残しても良いでしょう。

この章を読むことで、持っているクレジットカードの中で、残すべきカードを知ることができるでしょう。

年会費無料のクレジットカードを残す

残すべきクレジットカードの1つ目の条件は、年会費無料のクレジットカードです。

年会費無料であるため、持ち続けていても維持費はかかりません。

「キャッシング枠を設定しない」「紛失・盗難に気をつける」ことをすれば、デメリットもなくなりますので、残しても良いカードといえるでしょう。

年会費無料のおすすめクレジットカード一覧

2016.12.01

【2018年版】年会費無料のおすすめクレジットカードを紹介!あなたに合った選び方も徹底解説!

初めてクレジットカードを作る人、2枚目のクレジットカードを作る人、どちらにとっても年会費が無料のクレジットカードは魅力的ですよね。「年会費無料のクレジットカードだとサービスが悪いのでは?」と、心配な方もいるかもしれませんが、年会費が無料でも、ポイント還元率が高かったり、お得なサービスが受けられるクレジットカードはたくさんあります。この記事では、おすすめの年会費無料のクレジットカードやクレジットカードの選び方などについて詳しくご紹介します。

ポイント還元率が高いクレジットカードを残す

残すべきクレジットカードの2つ目の条件はポイント還元率が高いクレジットカードです。

クレジットカードの多くの還元率は0.5%程度です。還元率が1%以上であれば、高還元率のカードであると言えます。

年会費が多少かかっても、還元率が高かったり、ボーナスポイントが付随したり、利用金額によって翌年無料になるなどの条件があるカードもあります。

今までの利用実績やこれからの利用計画によっては、残しても良いカードでしょう。

2017.03.30

【2018年最新】高還元率のおすすめクレジットカード6選!クレカで1ポイントでも多く稼ぐ方法も紹介します

クレジットカードを利用するメリットと言えば、ポイントが貯まること。すでに何枚かクレジットカードを持っている方の中にも、「ポイントがたくさん貯まるクレジットカードについて知りたい」、「自分にあったカードを見つけたい」と考えているのではないでしょうか。「高還元率のクレジットカードは年会費が高いのでは・・・?」と思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でも高い還元率を誇るカードはたくさんあります。今回は還元率の高い、おすすめクレジットカードを厳選してご紹介します。使い方によっては、1年間に数万円分のお得が手に入るかもしれません!

国内外の旅行傷害保険を付帯したカードを残す

残すべきクレジットカードの3つ目の条件は、国内外の旅行傷害保険を付帯したクレジットカードです。

旅行傷害保険といっても、「自動付帯」と「利用付帯」があります。

まず「自動付帯」とは、下記の条件です。

  • クレジットカードを保有しているだけで保険が適用される
  • 旅行代金の支払いなどの条件がない
  • 旅行時にクレジットカードを保有していなくても保険が適用される

「利用付帯」とは、利用しないと条件になりません。

  • クレジットカードでツアー料金を支払うことが条件
  • 日本を出国する以前に、クレジットカードで公共交通機関の料金を支払うことが条件

利用付帯はどちらかの条件を満たせば、その時点から保険適用となるところが多いようです。

クレジットカードによって条件は異なるため、詳細は確認する必要があります。

補償内容は、有料の保険より若干劣るところもありますが、クレジットカードに付帯している保険内容としては充実しています。

例えば、楽天カードの補償内容は以下の通りです。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円

国内外の旅行を頻繁にする方であれば、旅行保険代も年間で数万円になります。補償内容を確認した上で有効であると判断できれば、残しておいて良いカードでしょう。

海外旅行へ行く親子

2017.10.17

クレジットカードの付帯保険を比較!海外でも役立つ付帯保険の全知識

クレジットカードには旅行保険やショッピング保険などの付帯保険が付いていることが多く、クレジットカードを持つ大きなメリットとなっています。海外旅行では旅行会社から掛け捨て旅行保険の加入を勧められることが多いのですが、クレジットカードの保険で済ますことができれば、追加負担も不要です。そのようなクレジットカードの付帯保険が気になっている方であればクレジットカードの付帯保険が知りたい。クレジットカードによる付帯保険の違いが知りたい。クレジットカードの付帯保険の種類が知りたい。クレジットカードの付帯保険で最も使われるものが知りたい。海外で役立つ付帯保険が知りたい。付帯保険の比較がしたい。付帯保険の合算の可否が知りたい。といったことを思われるのではないでしょうか。こちらの記事を最後まで読んでいただくことで、クレジットカードの付帯保険の概要や役立つ画面を知り、自分に合ったカードを比較する際の参考にすることができます。また実際にトラブルに遭った時にもしっかりと保険を活用することができるようになります。

この章では、クレジットカードを整理するときに、残すべきカードについてお伝えしました。次の章では、クレジットカードを複数枚持つときの、上手な組み合わせ方法を紹介していきます。

クレジットカードの上手な組み合わせ方法

クレジットカードの種類

この章では、クレジットカードを複数枚持つときの、上手な組み合わせ方法についてお伝えしていきます。

上手に組み合わせて持つことで、多くのメリットを受けることができるでしょう。上手な組み合わせのポイントや例を4つ紹介します。

組み合わせのポイントは

  • メインカードとサブカードを絞る
  • 高還元率カードと良く利用する店のカード
  • 高還元率カードと国内外の旅行傷害保険付きカード
  • 国際ブランドが「JCBとVISA」、「JCBとMastercard」の組み合わせにする

これらの4つです。

この章を読むことで、クレジットカードの上手な組み合わせ方法を知ることができるでしょう。

クレジットカードを整理するならメインとサブに絞る

クレジットカードを整理するならメインとサブに絞るのがポイントです。メインとサブというのは、目的に分けて二つのカードを持つということです。

例えば、

  • メイン:高還元率のカード、サブ:利用頻度が高いお店で割引が受けられるカード
  • メイン:高還元率のカード、サブ:国内外の旅行傷害保険が充実しているものを選ぶ
  • メイン:信頼性やブランド力が高いカード、サブ:お店などでの割引特典が受けられるカード

などです。

メインカードとサブカードを選ぶときは、自分のライフスタイルを振り返り使用頻度やメリットが大きいものを最初にメインカードとして選び、メインカードにない特典やメリットをサブカードで補うようにしましょう。

高還元率カードとよく利用する店のカード

メインカードとサブカードの組み合わせとして、高還元率カードとよく利用する店のカードを持つことは良い組み合わせです。

1%以上の高還元率カードを広く利用することで、大きくポイントを貯めることができます

よく利用するお店のカードがあれば、そのカードで決済することで、割引を受けられたり、1%以上のポイント還元を受けられるなどの特典があります。

2つのカードを組み合わせて持つことで、1%以上の高いポイント還元や割引などのメリットをより多くの場所で受けることができるでしょう。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※ 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料

※翌日お届け対象外

今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

高還元率カードと国内外の旅行傷害保険付きカード

次の組み合わせとしては、高還元率カードと国内外の旅行傷害保険付きカードです。高還元率カードをメインで使用することで、ポイントを貯めることができます。

そしてサブカードに国内外の旅行傷害保険付きカードを持っておくことで、旅行時の補償を充実させることが可能です。

この組み合わせは、ポイント還元の特典と、傷害保険の特典をバランスよく組みわせている例です。

年会費が無料で海外旅行保険が自動付帯されているカードの例に、エポスカードがあります。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

「JCBとVISA」「JCBとMastercard」なら国内外で安心

カードを組み合わせて持つときの国際ブランドは「JCBとVISA」もしくは「JCBとMastercard」であるなら国内外で安心して使用できるでしょう。

この理由は、JCBは日本の国際ブランドなので、日本であればどこでも使用できます。

しかし、海外に出ると一気に使用できない場所が増えます。JCBは世界基準でみるとシェアは大幅に落ちてしまうためです。

そこで、VISAかMastercardを持っておくと、海外でも安心して利用できます。世界の加盟店でいうと、1位がVISAで2位がMastercardです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円

※マイ・ペイすリボ登録+買物利用で翌年度以降も無料

国内外で安心して利用したい方は、「JCBとVISA」もしくは「JCBとMastercard」の組み合わせにすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は、クレジットカードを整理する賢い方法についてお伝えしました。

要点をまとめると…

クレジットカードの枚数が多すぎて発生するデメリットとして、

  1. 年会費がかさむ
  2. 支払い日忘れや盗難・紛失のリスクがある
  3. クレジットカードのポイントが分散されてしまう

解約すべきカードの候補は、

  1. 年会費が高いが使用していない
  2. ポイント還元率が低い

残すべきカードの条件は、

  1. 年会費無料
  2. ポイント還元率が高い
  3. 国内外の旅行傷害保険を付帯している

クレジットカードを上手くもつ組み合わせのポイントは、

  1. メインカードとサブカードに絞り、国際ブランドは「JCB」と「VISAまたはMastercard」の組み合わせにする
  2. 「高還元率カード」と「良く利用する店のカードまたは旅行傷害保険付きカード」の組み合わせにする

今回の記事を読んで、クレジットカードの取捨選択の方法を知り、自分にとってベストなクレジットカードの組み合わせと枚数で保有することができるようになるでしょう。

クレジットカード決済をする女性

2016.12.20

クレジットカードの組み合わせで、こんなにメリットが!知って得する賢いカード活用術

もし今すでにクレジットカードを1枚持っていて、「もう1枚持とうかな…」と思っている人は、クレジットカードの組み合わせをしっかり考えてから、入会することをおすすめします!今持っているカード2枚目のカードを、どのように組み合わせれば最強のカードのコンビネーションになるのかどうか、クレジットカードマニアの筆者が徹底調査した結果を、わかりやすく解説します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら