クレジットカードのポイント一番得する使い方は?効率的に交換する方法

パソコンを見る家族とクレジットカードを持つ女性

利用するたびにポイントが貯まるクレジットカードですが、ポイントをうまく使いこなしている自信がありますか?

「何に交換すればいいかわからない」
「有効期限が過ぎて無駄になってしまった…」
「もっとお得なポイント交換方法があるなら実践したい!」

と、あまりうまく使いこなせていない人も多いのではないでしょうか。

せっかくクレジットカードを持っているのなら、どうしたらお得にクレジットカードのポイントを使うことができるかを知りたいと思いませんか?

クレジットカードのポイントをどう使ったらいいのかわからない方でも、

  • ポイントの基本的な使い方
  • 賢くお得にポイントを使う方法

これらを知ることができ、自分がどう使ったらお得かを判断してポイントを有効に利用することができるようになります。

特におすすめのポイントの使い方は必見ですので、クレジットカードの達人になりたい人は、どうぞ最後までお読みください!

クレジットカードのポイント交換の基本

ポイントイメージ

まずは最初に、クレジットカードのポイント交換の基本を確認しましょう。この基本を知っているかどうかで、ポイント交換のお得感に差がついてしまいます。

自分から申請しないと期限切れで無効になるものがほとんど

クレジットカードのポイントは、自分から申請しなければ期限切れでポイントがなくなってしまうのがほとんどです。

だからこそ、セゾンカードのような「永久不滅ポイント」は有効期限がないという希少価値が加わることになり、他社のクレジットカードよりもお得であることをアピールしているのです。

「クレジットカードのポイントには有効期限があるのが原則」ということを、しっかりと心に留めておきましょう。

交換商品によってお得なものとそうでないものがある

交換商品によって、お得なものとそうでないものがあります。もしせっかく貯めたポイントをあまりお得ではない商品に交換してしまうと、「これなら普通に買ったほうが安かった…」と後悔することになってしまいます。

ポイント交換商品には、

  • ポイント移行
  • 商品券
  • 雑貨
  • グルメ商品

など多数ありますが、どのようなポイント交換商品がお得なのかを見極める必要があります。

それでは次にどのような商品がお得なのか、後悔しないためのおすすめ度をチェックしていきます。

ポイント交換のおすすめ度をチェック

選ぶイメージ

ポイント交換商品がお得かどうかを、△〇◎の3段階で評価していきます。ここでは客観的にお得であるといえるかという切り口で解説していきます。

市販でも買えるもの:△

市場に出回っており、通常購入できる商品については△の評価です。

なぜなら、市販でも買えるものは自分で探したほうが安いことのほうが多いからです。特に生活家電製品や健康家電製品は物流コストがかかりやすくなるため、レートが悪くなる傾向があります。

本当に欲しい商品であれば無料で手に入れることができるので、人によってはお得感を感じられることがあるかもしれません。

しかし実際にポイント交換商品を眺めても、それほど欲しいと思える商品がないと感じる人がほとんどなのではないでしょうか。市販ではない限定オリジナル商品であれば、非売品の付加価値分だけお得感を感じることができるため、評価は〇になります。

また、交換商品の中には、最新のものではなく旧モデルが指定されているものもあります。失効しそうなポイントを消化したいという目的なら、市販で買えるものに交換することを検討してもいいかもしれません。

商品券などの金券類:○

商品券などの金券類は〇の評価です。ポイント交換に迷ったら、商品券などの金券にしておけばまず後悔することはありません。

商品券は現金に比べると、

  • 使用できる店舗が限られている
  • お釣りがでないことがある

というデメリットがあるため、自由度が低くなる傾向があります。それでも市販で買える商品に交換するよりは、お得感を感じることができるでしょう。

商品券などの金券に交換するときには、1ポイント=1円の価値があるかを確認するようにしましょう。たまにレートが悪いものがあるため、商品券だからといって油断しないように注意しましょう。

提携ポイントなどへの移行:○

提携ポイントなどへ移行するのは〇評価です。

クレジットカードのデメリットを補うために、メインカードとサブカードで使い分けている人もいらっしゃるかと思います。クレジットカードの枚数が増える分だけポイントが分散することになりますが、提携ポイントへ集約することでポイント分散のデメリットを解消することができるようになります。

自分がよく使うポイントはこれ!と決めて、提携ポイントへ移行するようにしましょう。できればメインカードのポイントへ集約するのがベストです。

電子マネー:◎

電子マネーへのポイント交換は◎です。

電子マネーに交換するためには、

  • iD
  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy
  • Suica

などの電子マネーを用意する必要があります。電子マネーを持っていない人にとっては作成する手続きが必要となり、手間がかかって面倒だと感じることがあるかもしれません。

しかし電子マネーを利用することで利用ポイントを獲得できるメリットがあるのです。

商品券と電子マネーを比較してみると、利用ポイント加算のメリットが分かりやすくなります。

  • 商品券で決済:商品を購入したりサービスを受けるだけ
  • 電子マネーで決済:商品購入やサービスを受ける+電子マネー利用ポイント加算

ただモノを買ったりサービスを受けたりするだけでなく、電子マネー利用で貯めたポイントはそのまま電子マネーにチャージして利用したり提携ポイントへ移行したりすることもできます。

つまり、現金や商品券で決済するのに比べて、

  • プラスアルファの価値が発生する
  • 利用用途が広範囲になる

というメリットを受けることができるのです。

特に楽天カードのポイントは楽天Edyにするのがおすすめです。楽天スーパーポイントを楽天Edyへ交換するためには、Edy付きの楽天カードを用意する必要がありますが、無駄なくポイントを消化することができておすすめです。ただし、期間限定ポイントは楽天Edyへ移行対象外となっている点で、注意が必要です。

航空会社のマイル:◎

航空会社のマイルへ交換するのは◎です。貯めたマイルは航空券と交換することができ、実質1マイル=1円以上の価値があるからです。特に国際線のファーストクラス航空券は1マイル8円以上の価値があるため、1ポイントを8円分として使うことができるようになります。

しかしポイントをマイルに交換するときのレートが悪いものもあります。たとえば楽天スーパーポイントは2ポイントで1マイルになってしまいます。それでも1マイルに2円の価値があるとすれば、結局同じことになります。

自分が交換したい割引航空券の必要マイル数が分かれば、1マイルにいくらの価値があるのかを知ることができます。

また、LCCなどの格安航空会社を利用すれば、マイルを貯めずにお得にフライトを楽しむことができるでしょう。飛行機に乗る機会が少ない人にとっても、マイルへの交換はあまりお得ではないかもしれません。

ここでは1ポイントが1円以上として利用することができるという意味で、◎という評価にしています。

割引券:◎

割引券やクーポンへの交換は◎です。割引券やクーポンを発行する店舗にとっても集客になるメリットがあるので、換算レートが優遇されていることが多くなっています。

よく使うお店なら、割引券やクーポンに交換するとお得にポイントを利用することができるでしょう。

どのようなポイント交換商品がお得なのかを見極めるためには、交換後の商品やサービスに1ポイント以上の価値があるかどうかという視点が必要になることがわかりました。それでは最後に、ポイントがたくさん貯まるおすすめのクレジットカードをご紹介します。

ポイントがたくさん貯まるおすすめのクレジットカード

クレジットカードを選ぶ

ポイントがたくさん貯まるクレジットカードをご紹介します。クレジットカードによって異なるポイントの使い方についての特徴もご紹介していきます。

楽天カード

楽天カードは、100円につき1ポイントが貯まる高還元率カードです。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公共料金や税金の支払い、通常の店舗利用はポイント還元率1.0%が適用されますが、楽天市場でお買い物をするとポイントが4倍になるため、ポイント還元率4.0%の超高還元カードとして利用することができるのです。

楽天市場のお買い物100円につき4ポイントを貯めることができますから、1万円のお買い物で400ポイントを貯めることができます。そのうえ貯めたポイントは、1ポイントから無駄なく使うことができる大きなメリットがあります。

そして楽天ポイントカードと連携させれば、貯めたポイントを以下のような実際のお店で使うことができるようになります。

  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • くら寿司
  • 松坂屋
  • 大丸
  • ツルハドラッグ
  • 紳士服のコナカ
  • ジョーシン
  • 出光SS

もちろん貯めたポイントをそのまま使うのではなく、楽天Edyへ交換すればさらにお得です。

街中のレストランやショップなどでポイントを使うことができるので、ポイントだけで生活することも不可能ではありません!

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード ザ ポイントも、楽天カードと同様に100円につき1ポイントが貯まるカードです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

楽天カードと異なるのは、入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%になるところです。もちろん公共料金や税金の支払いも100円につき2ポイントが貯まるので、固定資産税や車検などまとまった支払いをする際に、ポイント還元率2.0%の威力を発揮することができます。

貯めたポイントはAmazonギフトやLINEギフトコードなどのオンラインギフト券に交換することができます。楽天カードからもAmazonギフトへ移行することができますが、楽天Edyを経由してFelicaリーダーなどを用意する必要があり手間がかかるデメリットがあります。

オリコカード ザ ポイントならそのような手間をかけずに、リアルタイムでポイント交換できるメリットがあります。

ただし、貯めたポイントは500ポイント以上にならないと使うことができないため、ポイントがムダになってしまうことがあるかもしれません。

YJカード

YJカード(Yahoo!JAPANカード)は、100円につきTポイント1ポイントが貯まるクレジットカードです。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短7日 最大100万円
  • 分割払い

Yahoo!ショッピングやLOHACOなら毎日Tポイント3倍となるため、ポイント還元率3.0%のカードとして使うことができます。

そのうえYJカードはTカードとして使うことができるため、TSUTAYAやファミリーマートなどの提携店舗でTポイントを使うことができるようになります。過去にファミリーマート利用でポイントが3倍になるキャンペーンを実施していたこともあり、Tポイントを効率よく貯めたい人におすすめのカードです。

特にヤフオク!を利用している人は、YJカードで本人確認が不要になる特典を受けることができ、ヤフオク!利用でも1.0%のTポイントを貯めることができます。

いろいろなポイントサービスがある中で、唯一Tポイントだけはしっかり貯めている!という人にYJカードをおすすめします。

JCB EIT

JCB EITは、1,000円につきOkidokiポイントが2ポイント貯まる、リボ払い専用のクレジットカードです。

JCB EITカード

Thumbnail %e6%96%b0jcbeit

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0% Oki Dokiポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 公式サイト参照 0.30% 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

原則としてリボ払いのみに対応したカードですが、ショッピングリボ払いの支払金額を変更すれば、リボ払いを回避することができます。リボ払いにする金額を自由に設定できることを上手く利用すれば、利用金額を一括払いにすることができるのです。

リボ払いを回避する方法は、以下2つの手順で行うことができます。

  1. MyJCBにログインし、自分のご利用可能額を調べる
  2. お支払い方法の変更・照会の毎月のお支払い金額変更で1のご利用可能額に変更する

たとえば上限額50万円のカードでリボ払いの金額を50万円に設定してしまえば、リボ払い手数料を支払うことなく2倍のOkidokiポイントを貯めることができます。

Okidokiポイントはもちろん他のポイントへ交換することができます。

  • Okidokiポイント1ポイント→dポイント4ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→nanacoポイント5ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→WALLETポイント4ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→楽天スーパーポイント4ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→楽天Edy3円分
  • Okidokiポイント1ポイント→スターバックスカード5円分
  • Okidokiポイント1ポイント→Tポイント4ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→WAONポイント5ポイント
  • Okidokiポイント1ポイント→JALマイル/ANAマイル/スカイマイルそれぞれ3マイル

Okidokiポイント2ポイントを獲得するのに利用代金1,000円が必要になりますが、ポイントが2倍になるだけでなく、海外傷害保険2,000万円が自動付帯されている特典があります。

リボ払い専用のカードでも手数料を支払わないように設定しておけば、お得にポイントを貯めることができるようになります。

こちらの記事でも高還元率を誇るおすすめのクレジットカードを紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

2017.03.30

高還元率のおすすめクレジットカードはこれ!クレカで1ポイントでも多く稼ぐ方法も紹介します

クレジットカードを利用するメリットと言えば、ポイントが貯まること。すでに何枚かクレジットカードを持っている方の中にも、「ポイントがたくさん貯まるクレジットカードについて知りたい」、「自分にあったカードを見つけたい」と考えているのではないでしょうか。「高還元率のクレジットカードは年会費が高いのでは・・・?」と思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でも高い還元率を誇るカードはたくさんあります。今回は還元率の高い、おすすめクレジットカードを厳選してご紹介します。使い方によっては、1年間に数万円分のお得が手に入るかもしれません!

まとめ

「クレジットカードのポイント一番得する使い方は?効率的に交換する方法」はいかがでしたか?

この記事の内容を最後におさらいしておきましょう。

  • ポイントには有効期限がある
  • ポイント交換は1ポイント=1円以上の価値があるかどうかを見極める
  • 一番得するポイントの使い方は、「電子マネー」「マイル」「割引券/クーポン」の3つ

これで今までクレジットカードのポイントをなんとなく貯めていた人でも、どの使い方が自分にとってぴったりなのかを判断することができるようになります。

せっかく貯めたポイントを有効活用して、お得な毎日を過ごしましょう!

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、クレジットカード。うまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのおすすめクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事