クレジットカードをお得に使って節約!ポイントや割引を活用するには

クレジットカードのお得な魅力には、

  • ポイントが貯まる
  • カード会員独自の割引や優待制度を活用できる

といったものがあります。

自分が普段何気なく使っているクレジットカードも、使い方次第ではもっとお得にポイントが貯まったり、割引特典が使える可能性があります。 今使っているクレジットカードよりもお得なクレジットカードがあれば、入会するべきかどうか知りたいと思いませんか?

今回は、

  • クレジットカードのお得な使い方が知りたい
  • お得なクレジットカードをいくつか知りたい
  • お得なクレジットカードを選んで、入会するべきかどうか知りたい
  • 日常生活で節約がしたい
  • ポイントやマイルをなるべくたくさん貯めたい

というさまざまな内容を解説していきます。また、お得な特典が満載のクレジットカードでおすすめできるものを、こちらの記事でいくつかご紹介します。

これで自分に合ったクレジットカードを見つけて、お得に使いこなすことができるようになります。

クレジットカードをお得に使うポイント

カードを持つ女性

それではまず初めに、クレジットカードならではのお得ポイントについて解説していきます。

クレジットカードのお得ポイントには、

  1. ポイント還元率
  2. キャッシュバック特典
  3. カード会員独自の優待

の3つがあります。

クレジットカードのお得なポイントや魅力的な特典を知ってしまうと、 現金で支払うのがもったいないと思えるようになります。

ポイント還元率

クレジットカードには、ポイント還元率があります。このポイント還元率という仕組みは、クレジットカードを利用する醍醐味であると言えます。

クレジットカードのポイント還元率は、利用金額の0.5%程度が一般的です。ポイント還元率が 1.0%以上の還元率なら大変お得なクレジットカードだと言えるでしょう。

このポイント還元率は、クレジットカードの特典を利用することで通常以上の還元率を適用することができます。

たとえば、

  • 提携店舗でのお買い物
  • 期間限定や期間指定日でのお買い物
  • お誕生月による特典

などがあります。

具体的には、イオンカードの通常還元率は0.5%(付与時:200円で1ポイント/還元時:1ポイント1円)ですが、

  • イオングループの対象店舗でのお買い物はポイント2倍(=200円で2ポイント≒ポイント還元率1.0%)
  • 毎月10日のときめきWポイントデーはポイント2倍(=200円で2ポイント≒ポイント還元率1.0%)

というように、ポイント還元率が上がるのです。

しかし、上記以外のお買い物をした場合は、通常のポイント付与(=200円で1ポイント)が適用されることになります。

  • イオングループ対象外店舗でのお買い物
  • 毎月10日以外のお買い物

このように、通常ポイント還元率と特典利用時のポイント還元率の仕組みを理解しておけば、ポイント還元率0.5%のカードでも、 通常ポイント還元率1.0%のカードとしてお得に利用することができるのです。

キャッシュバック特典

クレジットカード利用で貯まったポイントが、キャッシュバックされるカードもあります。

キャッシュバック方法には、

  1. 利用代金を割引きするキャッシュバック(支払金額に充当するタイプ)
  2. 引き落とし口座へ直接キャッシュバック(口座に入金されるタイプ)

の2つの方法があり、クレジットカード会社によってどちらが適用されるのかが異なります。

たとえば、JCBカードのOkiDokiポイントのキャッシュバック方法を確認してみましょう。JCBカード利用で貯まったポイントを、まずは支払金額に充当して割引することでキャッシュバックされます。カードの利用金額によって充当しきれない場合は、引き落とし口座へ現金が直接振込まれるという仕組みになっています。

下記のクレジットカードは、筆者が調査したところ、口座へ直接キャッシュバックされる方法が採用されています。

  • VIASOカード
  • P-oneカード

どちらのキャッシュバックの方法がお得に感じるかは、人によって異なることもあるかと思います。

しかし、口座に直接振込まれるキャッシュバック方法は、クレジットカード利用代金から割引されるキャッシュバックに比べて 自由度が高くなるというメリットがあるのは確かな事実です。

キャッシュバックの方法をしっかりと確認しておかないと、 「口座に振り込まれると思って楽しみにしていたのに、クレジット利用代金から割引されるなんてちっともお得じゃない…。」と後悔することになりかねません。どちらが自分にとってメリットがあるのか、よく確認するようにしましょう。

カード会員独自の優待

さらに、カード会員だけの優待を利用することができます。

具体的には、

  • 指定日に5%OFFになる
  • 提携している店舗で割引の制度がある
  • 空港ラウンジ利用が無料

といった優遇サービスがあります。

先述したポイント還元率が通常よりも上がる仕組みも、カード会員独自の優待の1つであると考えることができます。

カード会員だけの優待で有名なのは、

  • イオングループでのお客さま感謝デー(毎月20日と30日)に5%OFF
  • イトーヨーカドーグループでのハッピーデー(毎月8日、18日、28日)に5%OFF

などがあります。

クレジットカードで支払うことによって、

  • ポイント還元
  • キャッシュバック
  • 割引

などを利用することができます。これらのお得なポイントは、 現金支払いではぜったいに受けられないメリットであるといえます。

それでは次に、筆者おすすめのお得なクレジットカードをご紹介していきます。

おすすめのお得なクレジットカード

カードを取り出す

おすすめのお得なクレジットカードを、一覧表でまとめてみました。年会費や還元率などの違いを確認してみてください。

一覧表

まずは、クレジットカードの概要を一覧表で確認しましょう。

カード名 筆者の一言! 特典 年会費 ポイントの付き方と還元率 その他
楽天カード 顧客満足度8年連続No.1の実績と安定感! 楽天市場でのお買い物はポイント4倍! 無料 100円で1ポイント
還元率1.0%
1ポイントから使えてお得
オリコカード・ザ・ポイント 通常ポイント1.0%の高還元率カード! 入会後2か月間はポイント還元率2.0% 無料 100円で1ポイント
還元率1.0%
オリコモール利用で0.5%特別加算
iDとQUICPayのダブル搭載
VIASOカード 現金がキャッシュバックされるのが嬉しい! 1000ポイント以上でオートキャッシュバック 無料 1000円で5ポイント
還元率0.5%
ネットショッピングで最大10%のポイント付与
エポスカード マルイとスターバックスをよく利用する人におすすめ! 年間50万円ご利用で2500ポイントなどの豊富な会員特典 無料 200円で1ポイント
還元率0.5%
RoomID利用で家賃支払いでポイント付与
楽天カード 顧客満足度8年連続No.1の実績と安定感! 楽天市場でのお買い物はポイント4倍! 無料 100円で1ポイント
還元率1.0%
1ポイントから使えてお得
P-oneカード
(Wiz)
税金支払いも1%割引きでお得! 100ポイントはTポイント500ポイントに交換できる 無料 1000円につき2ポイント
還元率0.6%
(1000円で6円還元)
・リボ払い専用カード
・2ポイント6円としてキャッシュバック
イオンカードセレクト ディズニー大好きな人におすすめ! 貯まったポイントはパークチケットに交換できる オンライン入会は初年度無料 1000円につき1ポイント
還元率0.3%
(1,000円で3円還元
・キャッシュバックでポイントを無駄なく使える
・1ポイント3円としてキャッシュバック
(1,000ポイント以上なら4.5円)


続いて、カード毎の詳細について解説していきます。

上記一覧のカードの詳細

一覧表でご紹介したクレジットカードについて、さらに詳しく解説していきます。

楽天カード

平成28年度日本版顧客満足度指標の調査によると、楽天カードは 顧客満足度調査8年連続1位を受賞しているクレジットカードです。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

これほど多くの支持を得ている理由は、通常ポイント還元率が1.0%であることが挙げられます。

そのうえ、

  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天ブックス

などでざくざくポイントが貯めることができる嬉しいメリットがあります。

たとえば楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をするだけで、

  • 楽天市場利用ポイント 1.0%
  • 楽天カード通常ポイント 1.0%
  • 楽天スーパーポイントアッププログラム 2.0%

の合計 4.0%がポイントとして加算されるのです。

貯めたポイントは楽天市場だけでなく、楽天ポイントカードが使えるお店で 1ポイント=1円から使うことができます。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントは、とにかくポイント力(りょく)にこだわったクレジットカードです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
  • 家族カード
  • 分割払い

その理由は、以下の3つが挙げられます。

  • 通常ポイントが1.0%の高還元のクレジットカードである
  • 入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%になる
  • オリコモール経由でのネットショッピングで 0.5%のポイント加算

そのうえ年会費は永年無料で、カードを持っているだけで負担になることはありません。

VIASOカード

VIASOカードは、三菱東京UFJニコスから発行されている キャッシュバックが嬉しいクレジットカードです。

VIASO(ビアソ)カード

Thumbnail viaso normal

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~10% VIASOポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 100万円 無料
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

ポイント還元率は1,000円につき1ポイントとなっていることから、それほど高い還元率を期待することはできません。

しかし、

  • ETCマークのある一般道路有料代金
  • 携帯電話の通信料
  • インターネットのプロバイダー利用代金

などはポイント2倍になっているため、1000円につき2ポイントを貯めることができます。上記の利用代金は1000円以上かかるのが一般的であるため、 ポイント還元率の低さをカバーすることができるでしょう。

さらにポイントが1000ポイント以上になると、1ポイント1円で手続き不要でキャッシュバックされます。VIASOカードを使うほど口座に現金が振込まれるため、 お金がどんどん貯まっていくことを実感することができるでしょう。

エポスカード

エポスカードは、丸井のグループ会社であるエポスカードが発行している、200円につき1ポイントが貯まるカードです。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

エポスカードは、以下のようなさまざまな会員特典があります。

  • マルイとモディにて年4回 会員限定10%OFF
  • エポスカード提携店舗にて ボーナスポイントの付与
  • たまるマーケットでのネットショッピングでポイント 2~30倍
  • 旅行やホテルの予約でポイント 最大6倍
  • RoomID利用で 家賃支払いでポイントが貯まる
  • 電子マネー 楽天EdyやSuica、スターバックスカードへのチャージでポイントが貯まる

特に電子マネー楽天Edyと連携させることによって、効率よくポイントを貯めることができます。楽天Edyへチャージするごとにポイントが貯まるだけでなく楽天Edy利用200円(税込)につき1エポスポイントが貯まるからです。

また、エポスカードはスターバックスコーヒーをよく利用する人にもおすすめします。貯まったエポスポイントをスターバックスカードにチャージすることができるからです。

年間50万円ご利用で2500ポイントが付くので、大きな買い物の予定がある人にもおすすめしたカードです。

P-oneカード(スタンダード)

P-oneカード(スタンダード)Wizは、カード請求時に 自動で1%OFFになるクレジットカードです。

公共料金や税金の支払いでも1%割引きが適用されるので、他のクレジットカードで支払うよりもお得になる可能性があります。なぜなら、自動車税や住民税は高額になりやすいからです。

そのうえ、貯まったポイントは 1ポイント=3円としてキャッシュバックされます。キャッシュバックされる口座は引き落とし口座だけでなく、

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

へキャッシュバックすることも可能です。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、イオンをよく使う人におすすめしたいクレジットカードです。

なぜイオンをよく使う人におすすめするのかというと、通常のポイント還元率は0.5%ですが、イオングループでのお買い物は いつでも還元率1.0%になるからです。

そのうえ年会費は無料で、クレジットカードを持っているだけで費用が発生することはありません。

ただし、イオンカードセレクトには唯一のデメリットがあります。それは、 イオン銀行で口座を新規開設しなければならないということです。

もしイオン銀行の口座を既にもっているのであれば、すぐにクレジットカードを作ることができるためデメリットにはなりません。しかし、イオンカードをつくるためにイオン銀行の口座を新規開設する人にとっては、 時間がかかるというデメリットが発生します。

ただし、イオン銀行を開設すれば、 普通預金金利が店頭表示金利より上乗せされるメリットがあります。

そのうえイオンでお得にお買い物することができるため、発行までに時間がかかるデメリットを差し引いても、メリットのほうが残ると考えることができるでしょう。

JCBカード

JCBカードは、ディズニーが大好きな人におすすめしたいカードです。

JCB 一般カード

Thumbnail jcb%e4%b8%80%e8%88%ac%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別) 0.5%~2.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日お届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

JCBは東京ディズニーランド®・東京ディズニーシー®のオフィシャルスポンサーであるため、 貯まったポイントをパークチケットやディズニーホテル宿泊利用券に交換できるのはJCBならではの魅力であると言えるでしょう。

クレジットカードで貯めたポイントは、せっかくなら豊富な交換プレゼント商品のなかから選びたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、

  • ポイントで交換してまで欲しいとは思えない
  • ポイントで交換するより店舗で購入したほうが安くてお得

ということもあるでしょう。

そんなとき、ディズニーのパークチケットと交換することができれば、せっかく貯めたポイントを有効に活用している実感が得られるのではないかと思います。

またオフィシャルスポンサーならではの、

  • JCB会員限定のオリジナルディズニーコンテンツ
  • JCB会員限定の貸切限定イベント(抽選当選者のみ)

といった魅力的な特典が満載です。

まとめ

クレジットカードのポイントや割引を活用する方法を最後までお読みいただきありがとうございます。最後にクレジットカードのお得なポイントをおさらいしましょう。

  • クレジットカードのお得なポイントは 【ポイント還元率・キャッシュバック特典・カード会員独自の優待】の3つ
  • ポイント還元率の低いカードでもキャッシュバック特典やカード会員独自の優待というメリットの高いカードがある

これらのポイントの中から、自分がクレジットカードで どのようにお得感を感じたいのかによって、選ぶべきカードが異なります。

しかし、この記事を最後までお読みいただいた人なら、クレジットカードのポイントや割引、優待特典などを知り、お得に使いこなすことができるようになります。

是非クレジットカード選びの参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事