法律改正によりクレジットカード申し込みの際、2種類の本人確認書類が必要に

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
パソコンの前で飲みながらカードを見る女性

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。
今回は、法律改正によりクレジットカード申し込みの際に2種類の本人確認書類が必要になるというお話です。

2020年4月1日(水)に「犯罪による収益の移転防止に関する法律」改正に伴い、クレジットカードの申込時に必要な本人確認書類が変更となる。

従来は運転免許証のコピー1枚の提出で良かったが、運転免許証のコピー+健康保険証などの2種類の本人確認書類が必要だ。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 住民票の写し

また、クレジットカード配送時に利用できる本人確認書類も変更となり、顔写真付きのものに限定される。

■日本郵便の本人限定郵便の場合

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカードなど

■佐川急便の受取人確認サポートの場合

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

クレジットカード会社によっては3月から変更する場合もあるが、多くは4月1日(水)以降に申し込んだ場合に適用される。

クレジットカードの申し込み時に本人確認書類が2種類必要にから引用
ほとんどのカード会社は4月から変更のようですが、3月に申し込みを検討されている方も、念のため、上記書類を2点準備されておいたほうがいいかもしれませんね

編集部T

クレジットカード配送時の受け取りにも顔写真付きの書類が必要になるんですね。お忘れなく!

編集部S

以下の記事も参考にしてみてください。

2020.06.01

OKサインをする女性

クレジットカードの多重申し込みとなる期間や上手な申し込み方法を解説

クレジットカードを短期間に何枚も申し込むことを、多重申し込みといいます。入会キャンペーンによるポイントが欲しくて、クレジットカードを何枚も発行した…

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断
    スポンサーリンク