おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

三井住友カードが国内コード決済の取扱をまとめるサービス「stera code」の提供を開始

女性がスマホとショッピングバックを持って喜んでいる様子

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。 今回は、三井住友カードが国内コード決済の取扱をまとめるサービス「stera code」の提供を開始するお話です。

三井住友カードは、2020年3月末より、次世代決済プラットフォーム「stera」で展開する新端末「stera terminal」をリリースし、同時に国内コード決済の取扱をまとめる「stera code」の提供を開始するというお話です。

stera terminal では、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、DISCOVER、銀聯の国際ブランドに対応し、iD、QUICPay+、nanaco、WAON、楽天Edy、Suicaなどの交通系ICカードにも対応。stera codeとして、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)、d払い、PayPay、メルペイ、au PAY、ゆうちょPAYにも対応。今後BankPayにも対応予定だ。

stera codeは、複数の国内コード決済の申し込みや資金精算などを三井住友カードがとりまとめ、事業者にワンストップで提供するサービスだ。

事業者はstera terminalの設置と合わせてstera codeサービスを導入すると、stera terminal 1台でクレジットカード、電子マネー、コード決済に対応することが可能となる。

三井住友カード、国内コード決済の取扱をまとめるサービス「stera code」を開始から引用
1台の端末で、リアル決済からネット決済まで、幅広い決済手段にワンストップで対応できるので、これまで初期・運用等の手続きで躊躇していた事業者さんも導入のハードルが低くなりそうですね

編集部T

事業者サイドの環境が整うことで、ますますキャッシュレス化に追い風が吹きそうですね。

編集部S

以下の記事も参考にしてみてください。

2020.10.29

知らなきゃ損する?2019年10月スタート!消費者還元事業と4種類のキャッシュレス決済概要

2019年10月にスタートした消費者還元事業は消費者である皆様に関わりのあることなので、活用すればかなりのメリットがありますが一方でその仕組みがよくわ…

(↑)上記記事は、キャッシュレス決済の基礎から、2020年6月までのお得な施策などをわかりやすく紹介していますので、気になる方はぜひご一読くださいね。

編集部

2020.02.06

消費税率引き上げ!日常でキャッシュレス決済を意識している人は約8割「キャッシュレス決済に関する意識調査」を実施!

消費税率引き上げ!日常でキャッシュレス決済を意識している人は約8割「キャッシュレス決済に関する意識調査」を実施!

20歳以上で月1回以上キャッシュレス決済を利用している男女331名に「キャッシュレス決済に関する意識調査」を行いました。 2019年10月1日…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年8月~2020年9月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ