おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

三井住友カードがポイントプログラム「ワールドプレゼント」をリニューアル

ピンクの豚の貯金箱とクレジットカード2枚

※こちらの記事は2020年1月27日に公開された記事です。

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。 今回は、三井住友カードがポイントプログラム「ワールドプレゼント」をリニューアルするお話です。

三井住友カードは、2020年6月1日(月)より、同社のポイントプログラム「ワールドプレゼント」をリニューアルすると発表した。

三井住友カードが発行する個人カードが対象となり、三井住友ビジネスカード for Ownersと三井住友コーポレートカード(個人システム型)を除く法人カードは対象外だ。

従来は、利用金額合計1,000円(税込)につき1ポイント貯まっていたが、利用金額合計200円(税込)につき1ポイントへの変更となる。ただし、従来は1ポイント=5円相当だったものが、リニューアル後は1ポイント=1円相当還元率は変わらない

6月以降は、新ポイントサービスに自動移行され、1ポイント=5ポイントで換算される。有効期限はそのまま引き継がれる。なお、マイ・ペイすリボの場合は、利用代金請求月にリボ払い手数料があれば、そのままポイントが2倍となる。200円(税込)につき1ポイントの通常ポイントに加え、1ポイントのボーナスポイントを獲得可能だ。

ANAカードの場合も交換レートは変更とならない予定だが、具体的な交換数などは未定となっており、現状のまま移行された場合は以下のようなレートとなる。

  ワールドプレゼント 新ポイントサービス
(予定)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 1ポイント=15マイル 5ポイント=15マイル
ANA VISAワイドゴールドカードや
一般カード・ワイドカードの10マイルコース
1ポイント=10マイル 5ポイント=10マイル
ANA VISAカードの5マイルコース 1ポイント=5マイル 5ポイント=5マイル
ボーナスポイント・プレミアムポイント 1ポイント=3マイル 5ポイント=3マイル
なお、2020年5月16日(土)~5月31日(日)の期間中はリニューアルのためポイント交換ができない。

三井住友カード、ワールドプレゼントがリニューアル 1ポイント=5円相当から1ポイント=1円相当への変更から引用 
還元率は変わりませんが、ポイント付与対象の利用金額合計が1,000円(税込)から200円(税込)へ変更になったので、ポイントが貯まりやすくなりますね。

編集部T

リニューアル期間中の2020年5月16日から31日までは、ポイント交換ができないようですのでご注意ください。

編集部S

以下の記事も参考にしてみてください。

2020.06.24

野菜の入った買い物バックを前にカードを持ちっ笑顔の女性

入会審査は厳しい?三井住友カードの種類別の申込み要件・審査のポイントを解説

三井住友カードへの申込みを検討している方は、入会難易度や審査のポイントが気になるのではないでしょうか。むやみに申込むと審査落ちする可能性もあるので、審…

2020.10.29

三井住友カード担当者インタビュー

日本最大手の安心と信頼の三井住友カード!担当者インタビュー

日本で最大手のクレジットカード会社の三井住友カード。テレビCMも流れており、認知度も高く、クレジットカードと聞いて三井住友カードを思い浮かべる方も多い…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年8月~2020年9月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ