LINE PayがVisaと提携して「デジタル決済対応カード(バーチャルカード)」の提供を開始

握手するビジネスマン2人

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。 今回は、LINE PayがVisaと提携して「デジタル決済対応カード(バーチャルカード)」の提供を開始したお話です。

LINE Payは、2019年6月6日(木)にVisaと提携し、戦略的包括パートナーシップ提携を結び、新たなフィンテックサービスを開発・提供していくと発表した。

LINE Pay内からVisaブランドの「デジタル対応カード(バーチャルカード)」の申込・利用が可能となるほか、既存のVisaカードをLINE Payに連携してスマートフォン決済に利用する事も可能となる。

デジタル対応カードについては、現在のLINE Pay残高にチャージした金額を利用するタイプなのか、登録したVisaカードによる後払い決済なのか、提供するサービスは未定となっている。

今回の提携は、これまでに発表した日本と台湾におけるブランド提携カード「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」の取り組みに加え、協力範囲をさらに拡大するものとなる。LINE Pay Visaクレジットカードについては今年中に導入される予定だ。

LINE Pay、Visaと提携し「デジタル決済対応カード」の提供で提携から引用
今回の提携によりユーザーの利用シーンが広がっていくので、ワクワクしますね。

編集部T

ファイナンスとテクノロジーを掛け合わせた「フィンテックサービス」が今後ますます展開されていきそうですね。

編集部S

以下の記事も参考にしてみてください。

2020.06.12

電卓と通帳とカード

三井住友カードの年会費をカードごとに比較!年会費節約方法も紹介

国内のクレジットカード会社最大手の三井住友カード株式会社が発行しているクレジットカード、三井住友カードですが、三井住友カードには種類もたくさんあり、年…

2020.06.18

VISAのクレジットカードはどうしておすすめ?クレジットカードを選ぶ基準を解説

クレジットカードの代名詞ともいえる、VISAカード。実はVISAというのは特定のクレジットカードを指すわけではなく、決済する国際ブランドの名称です。V…

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断
    スポンサーリンク