クレジットカードは何歳から?18歳から持てる条件と親の同意方法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
座っている学生

クレジットカードは、何歳から持つことができるのでしょうか。

その答えはズバリ、「高校生を除く18歳から」です。しかし未成年でもあるため、親の同意が必要です。

今回の記事では、クレジットカードを持てる年齢や、親の承諾方法がどのように行われるのかを解説します。

キャンパスで相談する大学生

クレジットカードを持てる年齢は、基本的に18歳からと決まっています。

しかし、18歳以上であってもクレジットカードを持てない場合や、条件付きで持てるようになる場合があります。

年齢が満18歳であったとしても、高校生はクレジットカードを持つことができません。

ただし家族カードについては、下記のように条件付きで高校生でも持てる場合があります。

多くのクレジットカードは、配偶者や子どもに持たせることができる、「家族カード」を発行できます。

家族カードも基本的に、「高校生を除く18歳以上」でなければ持つことができませんが、特殊な条件下では高校生でも持てるカードも存在します。

例えば一部のJALカードは、「留学やホームステイなどの目的で保護者を伴わずに海外に滞在する場合」に限り、15歳以上18歳以下の高校生でも家族カードを申込むことができます。

ただしこれは、例外中の例外です。普通に国内で利用することが目的であれば、残念ながら高校を卒業するまで待つしかありません。

留年や留学などの特殊な事情により、19歳かそれ以上の年齢で高校生という方もいらっしゃるでしょう。例えば19歳の高校生はクレジットカードを持つことは可能なのでしょうか。

これについてはカード会社の判断によるところも大きいですが、「高校生」として申込む時点でお断りされる可能性が高いです。

しかし次で述べるように、高校生ではなく「フリーター」などで申込めば、一先ず申込むことはできるでしょう。ただし申込めたとしても必ず発行されるとは限らないので、その点はご注意ください。

それでは、18歳でフリーターの場合はどうでしょうか。

高校生ではない、もしくは卒業済みであれば、年齢については問題ありません。引っ掛かる点があるとすれば、「職業がフリーターであること」ですね。

結論から述べると、職業がフリーターでもクレジットカードを申込むことは可能です。

クレジットカードの審査では、「具体的な職業よりも安定した収入があるかどうか」という部分が重視されています。

学生や会社員と比べると、審査に通りにくい可能性はありますが、絶対に持てないというわけではありません。

審査に通るかどうかは、実際に申込んでみないことには全く分かりません。

まずは楽天カードあたりの、年会費永年無料のカードから挑戦してみてはいかがでしょうか。

ペンでサインする

さてここまで、「基本的に18歳以上であればクレジットカードの申込みが可能」であることを説明しました。

しかし18歳以上であっても、未成年でもある18歳と19歳に関しては、親(保護者)の同意がなくては申込むことができません。

書面で申込む場合は、親(保護者)本人による署名が必要となったり、後日カード会社から電話をかけて確認が行われることもあります。

ここで、「親の同意を得ずに、申込んでいたことが発覚してしまった場合」は、カードの発行は拒否されてしまいます。

なのでクレジットカードを作りたい場合は、まず両親や保護者の方に相談しましょう。

お互い話し合って納得した上で、クレジットカードを申込むのがベストです。

あるいは成人するのを待てば、親の同意は不要でクレジットカードを作ることができるようになります。

買い物袋と一緒に座る女性

20歳は立派な成人です。もし両親に反対されたとしても、自分の意思だけでクレジットカードを申込むことができます。

ただし20歳以上であったとしても、まだ学生の身分で経済的に自立できていないのであれば、実質的に支払人になるであろう両親と、あらかじめ相談してから、クレジットカードを作るべきでしょう。

そうでなくても、申込者が学生であれば、成人でも親の許可を必要とするカードも存在します。

20歳以上なら本人の意思だけで作っても、カード会社的には問題ありません。しかし定期的に、カード関係のダイレクトメールなどが届きます。

親の反対があった場合でも、なるべく親を説得して堂々とカードを利用することをおすすめします。

学生だけが申込める、お得なクレジットカードをご紹介します。

lifecard

学生専用ライフカードは、年会費永久無料の学生限定カードです。そのお得さは他の学生向けカードと比べてもずば抜けています。

事前申込みが必要ですが、海外でショッピングする際に、利用した総金額の5%がキャッシュバックされます。

「インターネットサイトでの利用は対象外」、「キャッシュバック金額は年間累計5万円まで」といった制約はありますが、5%還元は非常に大きいです。

旅行などで海外へ出掛けるなら、必携とも言えます。また海外旅行でお得になるだけでなく、保険も付帯されています。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯されるクレジットカードはそこまで珍しくありませんが、楽天カードなどその多くは利用付帯となっています。

利用付帯とは、カードを持っているだけでは保険を適用することができず、その旅行代金の支払いに利用することで初めて有効になります。

しかし学生専用ライフカードは、持って行くだけでも保険が適用される自動付帯なのです。年会費無料で持てるにも関わらず、自動付帯なのは大きなメリットです。

ライフカードには「LIFEサンクスプレゼント」という、ポイントプログラムが用意されています。基本ポイントとして利用金額1,000円につき1ポイントが貯まりますが、年間利用金額が50万円を超えると1.5倍の1.5ポイント、さらに150万円を超えると2倍の2ポイントが貯まります。

ただ学生の身で年間50万も150万も利用することは、なかなか難しいかと思います。なのでそこまで利用しない人は、「学生専用ライフカードは1,000円につき1ポイントが貯まるものだ」と考えておきましょう。

貯まったポイントは様々な商品やギフト券、あるいは他社ポイントや電子マネーと、交換することができます。

例えば比較的使いやすいdポイントやau WALLET、楽天スーパーポイントなら1ポイント=5円相当で交換可能です。最もレートが良いものでは、AOYAMAギフトカードセットなら1ポイント=10円相当となっています。

そんなライフカードのポイントシステムですが、誕生月はポイント還元率が5倍になるという、これもまた非常に大きな特典を受けられます。

「誕生月だけライフカードを使って、がっつりポイントを貯める!」という人もいるくらい、それくらいお得な特典です。

学生の間にぜひ作っておきたい、1番おすすめのカードです。

JALカードnavi

JALカード naviは、学生向けの特典が追加されたJALカードです。

同じJALの普通カードが年会費2,000円かかるところ、JALカード naviは在学中の年会費はずっと無料です。

年会費無料だからといって、通常のJALカードの特典がなくなるわけではありません。むしろ、学生ならではの特典が受けられます。

JALカード naviにも、海外旅行傷害保険が自動付帯されます。特定の交通機関を利用したり、その代金をこのカードで支払う必要はないので、利用ハードルが低いのは嬉しいですね。

普通カードのマイル積算率は、200円につき1マイル、つまり0.5%です。

しかし学生専用のJALカード naviなら、100円につき1マイルが貯まります。さらに特約店では2倍の100円につき2マイルが貯まります。かなりお得です。

マイルをお得に貯められるのは、ショッピング利用だけではありません。JALカード naviオリジナルのボーナスマイル特典も用意されています。

  • 搭乗実績に応じて最大2,000マイル
  • 獲得フライトマイル数に応じて最大300マイル
  • JAL国際線に搭乗すると片道につき300マイル
  • 対象の語学検定に合格すると500マイル
  • 卒業後もJALカードを継続すると2,000マイル

このように、様々なボーナスマイルを獲得するチャンスがあります。

ちなみにJALの普通カードに切り替えると初年度の年会費は無料ですが、次年度からは2,000円かかる点に気を付けましょう。

JALカード naviはマイルを貯めやすいだけでなく、在学期間中はマイルの有効期限が無期限になる点も見逃せません。

航空系カードの中でも、かなりお得な部類です。

MUFGイニシャル

MUFGのイニシャルカードは、18歳以上29歳以下の学生、もしくは社会人が申込めるクレジットカードです。

初年度の年会費は無料、次年度からは1,250円となりますが、学生なら在学中の年会費は無料になります。

イニシャルカードは学生しか持てないわけではありませんが、無条件で年会費無料で利用できるのは学生だけの特権です。

イニシャルカードで貯まるポイントは、グローバルポイント。支払金額1,000円につき1ポイントが貯まります。

グローバルポイントは様々な商品と交換できるだけでなく、楽天スーパーポイントやdポイントなどの他社ポイントと交換することもできます。

レートは交換先のポイントによって変動しますが、おおむね500グローバルポイントを2,500円分の他社ポイントと交換できるようになっています。つまりポイント還元率は0.5%ですね。

また特典として、入会後3か月間はポイント付与率が3倍になるので、ポイント還元率は1.5%にアップします。この期間を利用して、お得にお買い物をしましょう。

イニシャルカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯で付いています。

ところでクレジットカードに付帯されている海外旅行関係の保険は、基本的に複数のカードの保険の補償額を合算して利用することができます。

死亡補償と後遺障害補償については補償額が大きいものを適用されますが、これ以外なら補償金額をアップさせることが可能なのです。

海外旅行傷害保険が付帯されているカードを複数持つことは無駄ではなく、むしろ補償金額が増えることでより安心できます。

もちろんむやみにたくさんのカードを作るのは良くありませんが、海外へ行く機会が多いのであれば、複数持っておくのもおすすめですよ。

イニシャルカードには、年間100万円のショッピング保険も付帯されています。

ショッピング保険とは、「カードで購入したものが壊れてしまったり、盗難に遭ってしまった場合」に補償される保険です。

注意点としては、「購入日から90日以内に起きたトラブル」が、補償対象となり、1事故につき3,000円の自己負担が必要ということです。

またこのイニシャルカードのショッピング保険は、「国内でのお買い物に関しては分割払い、もしくはリボ払いしか対象にならない」という条件があります。

しかし海外で利用する際には、1回払いでもショッピング保険の対象となることは心強いですね。

解説する女性

学生向けのクレジットカードの中には、10代・20代であれば社会人でも申込めるお得なクレジットカードもあります。

学生向けということもあって一部25歳以下でないと申込めないカードもありますが、概ね20代であれば利用することが可能です。

 

MUFGイニシャル先ほど紹介したMUFGのイニシャルカードは、18歳以上29歳以下であれば社会人でも申込むことが可能です。しかし学生とは異なり年会費が無条件で無料になるのが初年度のみ、次年度からは1,250円かかります。

ただし、一定の条件を満たすことで次年度の年会費も無料にすることが可能です。

大学に在学中でなくても、下記2点の条件を満たせば次年度の年会費は無料になります。

  • 20万円以上のショッピング利用
  • WEB明細チェックの登録

WEB明細の登録は簡単にクリアできますが、やや難しいのが1年間で20万円以上利用しなければいけない点です。

一人暮らしであれば光熱費や携帯電話、固定回線などの支払いに設定するだけでも簡単に年間20万円くらいにはなりますが、実家暮らしの方など人によっては厳しいかもしれませんね。

ポイントや保険制度など、年会費以外については学生と全く同じ条件で利用することが可能です。特に自動付帯の海外旅行傷害保険や、ショッピング保険が年会費無料で付帯されるならうれしいですよね。

ただしポイント還元率はあまり高くはない0.5%なので、保険を重視しないのであれば次に紹介するJCB CARD EXTAGEや、三井住友VISAデビュープラスカードがおすすめです。

jcb-card-extage

JCB CARD EXTAGEは、学生や10代・20代向けにお得な特典が用意されているクレジットカード。下記のいずれかの条件を満たしている方が申込可能です。

  • 18歳以上29歳以下で、本人または配偶者に安定継続収入のある方
  • 高校生を除く18歳以上29歳以下で学生の方

基本的に大学生ならどなたでも、学生でなくても29歳以下で本人か配偶者に安定した収入源があれば申込むことができます。

入会から5年後の初回更新時にJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)に切り替わるため、最大5年間だけ持つことができるクレジットカードです。

JCB CARD EXTAGEは支払金額1,000円につき1ポイントのOki Dokiポイントが付与されます。Oki Dokiポイントは最大で1ポイント=5円分の電子マネーと交換することができるので、ポイント還元率は0.5%と見ることができますね。

またエクステージボーナスとして入会後3か月間はポイント付与率が3倍の1.5%、4か月目以降はずっと1.5倍の0.75%になります。JCB一般カードと同じく優待店で決済するとさらにボーナスポイントが付与されますし、ポイントを貯めやすくてお得なカードです。

JCB CARD EXTAGEにも、海外旅行傷害保険やショッピングガード保険が備わっています。

ただし海外旅行傷害保険は利用付帯、ショッピングガード保険は海外のみが補償対象で自己負担額1万円が必要です。イニシャルカードと同じような保険が備わってはいますが、その内容は少し見劣りします。

JCB CARD EXTAGEは、JCBが展開している後払い式の電子マネー「QUICPay」を搭載させることが可能です。

クレジットカードで支払うとカードの受け渡しを行ったり、サインや暗証番号を求められることがあります。

そういったやり取りが不安な方は、読み取り機にかざすだけで決済できるQUICPayのような、電子マネーを利用するのがおすすめです。

三井住友カードデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生を除く18歳から25歳までの方が申込可能です。

申込自体は25歳までの方しか受け付けていませんが、1度発行してしまえば26歳以上になったとしてもカード更新時までは使い続けることができます。

  • 申込めるのは25歳以下
  • 26歳以上でもカード更新時までは利用可能

同じ三井住友VISAでも、通常カードのポイント還元は1,000円につき1ポイントとなっています。1ポイント=5円相当なので還元率は0.5%です。しかしデビュープラスカードは、ポイント付与率が常に2倍の1.0%になります。

しかもデビュープラスカードは、入会後3か月間の付与率はなんと5倍、還元率2.5%の高還元率になります。

ポイントをたくさん貯めたい方は、作ってから3か月間がチャンスです。

18歳から25歳までの限定特典がたくさん!
デビュープラスカードの詳細はこちら

デビュープラスカードも、ショッピング保険を付帯しています。海外、もしくは国内でリボ払いか分割払い(3回以上)で購入した商品を、年間100万円まで補償してくれます。

ただし海外旅行傷害保険は付帯していないので、海外旅行向きではありません。

デビュープラスカードも、電子マネーの「iD」を搭載させることが可能です。

QUICPayと同じく後払い式なので、チャージ不要で気軽に利用することができます。

基本的に高校生を除く18歳以上であれば、クレジットカードを持つことができます。

ただし未成年でもある18歳と19歳に関しては、親や保護者の同意がなければ申込むことができません。家族と話し合ってからお互い納得した上でカードを作りましょう。

カード会社によっては、一般カードよりもお得な学生向けのカードを発行しているところもあります。また学生でなくても、25~29歳くらいまでであれば同様の特典を受けられるカードも多いです。

必ずしも一般向けのカードよりも得とは限りませんが、ここで紹介したような学生限定の特典を用意しているカードも、いくつか存在します。

10代・20代で初めてクレジットカードを作ろうとしている方の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加