賢くお得に!公共料金はクレジットカードで支払おう!

請求書を計算する男性

意外と知られていないのですが、電気料金や携帯電話料金、一部の税金など多くの公共料金は、クレジットカードで支払うことができます。

毎月の支払い先にクレジットカードを指定しておけば、現金を用意してコンビニで支払ったり、振込作業をする必要がなく便利です。

またクレジットカードのポイントも貯まりお得です。公共料金は固定費となるため、1年を通して貯まるポイントを考えると、現金支払いと比べても大きな差となります。

「クレジットカードはショッピングで使いすぎてしまう」と感じている人は、まずはこの公共料金からクレジットカードで支払うことによって、ポイントの恩恵を受けてみてはいかがでしょうか。

クレジットカード払いならポイントがもらえる

日常の支払いで、例えば、電気・ガス・水道・スマホ・インターネット・NHKを全部クレジットカードで支払えば一般的には、月25,000円程度になります。

これをカードで払ってポイントを貯めれば、1%の還元率だと250ポイントも貯まることになります。

一年で3,000ポイント。

何かに引き換えてもいいし、ギフト券をもらってもいいですね。

ただ、クレジットカードで支払うだけで、これがそのまま手に入るのです。これは大きな魅力です。

東京電力、東京ガスの節約について知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

2017.06.16

東京電力の電気代を節約したい!クレジットカードで払うべきかの判断基準

毎月必ず支払わなければならない電気料金。この電気料金の支払い方法ですが、口座振替やコンビニ払いだけではなく、クレジットカードでも支払うことができることをご存じですか? クレジットカードで電気料金を支払えば、 ・忙しい人でもいつでも支払うことができる ・カード会社のポイントが貯まってお得 といったメリットを感じる人が多いのではないでしょうか。 しかし、人によってはカード払いで損をすることがあります。クレジットカード決済、銀行振り込み、コンビニ支払のなかで、どれが一番お得なのかを知りたくはありませんか? 今回はそんな電気料金をもっともお得に支払う方法と、東京電力が発行する「TEPCOカード」について紹介します。東京電力圏内に住んでいる人であれば、「TEPCOカード」の概要やメリットデメリットを知っておいて損をすることはありません。 電気料金をクレジットカードで支払う前に、口座振替やコンビニ払いとの違いをしっかりと理解しておきましょう。そうすれば、自分にぴったりの電気料金の支払い方法を決めることができるようになります。

2017.07.20

東京ガスのガス代を節約したい!クレジットカードで払うべきかの判断基準

関東地方の主要都市で、都市ガスが施工されている物件に住んでいている人であれば毎月必ず支払う必要のあるガス料金。ガス料金を支払う人は、都市ガスかプロパンガスのどちらかを支払うことになりますが、関東近郊の都市ガスである「東京ガス」のガス料金を支払うためには、 ・口座振替 ・コンビニ支払 ・クレジットカード決済 の中から選択することになっています。クレジットカードで支払えば、カード会社のポイントが貯まって一見お得そうに感じますが、実は口座振替には割引があるため、人によってはカード払いで損をしてしまうこともあります。複数の支払い方法があるなかで、どの支払方法が一番お得なのかを知りたいと思いませんか? 他にも、 ・東京ガスの支払いで使えるクレジットカードは何か? ・ガス料金の支払いでポイントが貯まるか? ・ガス料金を節約する方法はあるのか? といったことを知りたいと思いませんか?東京ガス圏内に住んでいる人であれば、是非知っておきたいお得な情報を紹介していきます。ガス料金をクレジットカード決済しようと思っている人が口座振替やコンビニ払いとの違いを知れば、ガス代を最もお得に支払う方法を選んで決めることができるようになります。

クレジットカード払いなら支払いを2ヶ月遅らせられる

現金からクレジットカードに切り替えることで、検針→請求→カードの精算日となりますので最大で2ヶ月支払を遅らせることができます。

つまり、カードに切り替えた月はライフラインを支払う必要がなくなるのです。

これは使いようによってはピンチのときを切り抜けるのに有効なやり方ではないでしょうか。

実際の使用量とカードの支払いにタイムラグを持たせることによる時差が発生します。

ただし、これは逆に、カード払いを止めると、その月の支払とカードの支払で一度に2か月分払うことを意味しますので気をつけてください。

クレジットカードの利用実績となる

公共料金をクレジットカードで支払うことで、カードの利用実績として評価されます。

具体的に、カード会社は何に使ったから評価する、といったことではなく、金額と返済の確実さで利用実績を評価し、それを信頼につなげます。

多額のお金を毎月正しく返済することは、社会人として非常に大切なことであり、社会的信頼の基本です。

この利用実績を積み重ねることで、より大きな利用枠を得ることができるのです。

ですので、日頃の利用額は、どうせ現金で支払っているものがあるのならクレジットカードにすべきでしょう。

どうせ毎月払う公共料金ですので、クレジットカードにまとめて支払ってしまいましょう。

クレジットカード払いなら支払いが一本化される

毎月、引きと落としの場合は残高が残っているか管理するのが大変です。

大金を残しておける人ならいいですが、それでも貯金の口座と日常の引落し口座が異なる人も多いでしょう。

ライフラインは引き落としに失敗するとストップされてしまうことがあり、そういったことがあった際のストレスは相当なものです。

電気などが止まった場合は生活が成り立たなくなりますし、ガスが止まってもお風呂に入れず、水が止まったら死んでしまうし、ネットが繋がらないのも不便です。

そのようなことを確実に回避して、なおかつ支払いを一本化できるのが、クレジットカードによる公共料金支払のメリットです。

これならば残高を確認するのはクレジットカードの支払日だけでよいのです。

さまざまな支払いをまとめて一本化できますので、生活にかかる面倒な管理が一本化されます。

カード払いにしておけばその他の支払いと統合できますので、時間をもっと別の生産性の高いものに振り分けることもできるでしょう。

まとめ:公共料金はクレジットカードで支払おう!

公共料金をクレジットカードで支払うことは、単に清算の方法を変えること以上に大きなメリットがあります。

今やほとんどの公共料金がクレジットカード払いに対応しています。

メリットも多く、現金払いよりもはるかに多くの利益をもたらしてくれます。

特にクレジットカードのポイントが1%還元のカードなら年間3,000ポイントも貯まるというのはすごいと思いませんか?

これらのメリットを活かして生活をより便利なものにしましょう。

現金払いは卒業して、クレジットカードで公共料金を支払ってみると、その利便性に驚くと思います。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

 
 

利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

全ての人気ランキングはこちら

スポンサーリンク

目的別

掲載クレジットカード

  

全てのカード一覧はこちら

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら

ニュース

全てのニュースはこちら

クレジットカードお悩み相談室

全ての相談はこちら