高還元率のおすすめクレジットカード4選!ポイントが貯まりやすいお店も紹介します【2020年最新】

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

クレジットカードを利用する1番大きいメリットと言えば、ポイントが貯まることですよね。

すでに何枚かクレジットカードを持っている方の中にも、

  • 自分にとって1番ポイントを貯めやすいクレジットカードを見つけたい。
  • 今よりもっと高還元率のクレジットカードを知りたい。

と考えている方が多いのではないでしょうか。

実際に、ナビクレにて行ったアンケートでもポイント還元率の高さを重視する人が最も多いという結果が出ました。

ナビクレことナビナビクレジットカードが調査した、クレジットカードを作る際のこだわりポイントについてのグラフ。こだわり1位は「還元率の高さ」
※こちらは一般ユーザーの方へ向けてナビクレが独自に行ったアンケートの結果です。

ポイント還元率の高いカードが欲しいという方にぜひ注目していただきたいのが以下のポイントです。

着目するポイント
  • 基本の還元率が平均より高いか(1.0%以上であるか)
  • 自分が良く利用するお店で還元率がアップするか

また、「ポイントが高還元のクレジットカードは年会費が高いのでは・・・?」と思う方もいるかもしれませんが、 年会費無料でも高還元を誇るカードはたくさんありますよ。

例えば、本記事でもご紹介する「JCB CARD W」は、年会費が永年無料にも関わらず、基本の還元率が1.0%もあります。

今回は還元率の高いおすすめクレジットカードを厳選してご紹介します。

使い方によっては、1年間に数万円分のお得が手に入るかもしれません!

高還元率のおすすめカード4選!



カード 総合人気No.1! JCB CARD W JCB CARD W オリコカード THE POINT オリコカード
THE POINT
dカード dカード 楽天カード 楽天カード
年会費 無料 無料 無料 無料
ポイント
還元率
1.0%~5.5% 1.0%〜3.0% 1.0%〜4.0% 1.0%〜15.0%
国際ブランド JCB JCBMasterCard VISA MasterCard VISA JCB MasterCard アメリカン・エキスプレス
電子マネー QUICPay(クイックペイ)Suica(スイカ) ID(アイディ)QUICPay(クイックペイ) ID(アイディ)おサイフケータイ 楽天Edy(エディ)
こんな方におすすめ
  • Amazonでよく買い物をする方
  • その他JCB優待店をよく利用する方
  • ネットショッピングをよくする方
  • 貯めたポイントをすぐ使いたい方
  • docomoユーザーの方
  • dポイント特約店をよく利用する方
  • 楽天のサービスをよく使う方
  • 楽にポイントを使いたい方
リンク
 高還元率カード4選の詳しい解説はこちら!

【2020年最新】高還元率のお得なおすすめカード4選!

還元率の高いお得なカードを選ぶためのポイント

そもそもポイント還元率とは、
クレジットカードの利用金額に対して得たポイントをお金(キャッシュバックや金券など)にすると何円相当か」という比率を表したものです。

この、ポイント還元率の高いカードを選ぶために意識したいのが以下の2つのポイントになります。

また、クレジットカードを本当にお得に使うためには、

も意識すべき一つのポイントです。

高還元率と呼ばれるカードはポイント還元率1%以上!

一般的にポイント還元率が高いか低いかは以下の基準でレベル分けすることが出来ます。

ポイント還元率 レベル
0.5% 普通
0.75% やや高め
1.0% 高め
1.2%~1.5% かなり高め

特定の条件下での還元率の上下を含まない「標準還元率」が1.0%以上であれば、高還元率カードといえるでしょう。

日常的に利用する特定店舗で還元率の上がるカードは更にお得!

クレジットカードには、特定のお店やサービスで標準還元率より更に高いポイント還元を受けることが出来るものがたくさんあります。

したがって、自分の利用しない店舗でのみ還元率が高いカードを選んでしまうと、他のカードを選ぶより損をする可能性があるのです。

楽天カードとJCBCARDWの還元率の比較

上の例でいくと、Aさんは楽天系のサービスで還元率が高い楽天カードよりも、Amazonで還元率がアップするJCB CARD Wを作ったほうが、たくさんポイントを貯められそうですよね。

先程ご紹介した標準還元率に加えて、「どこで使うとお得なカードなのか?」は確認するようにしましょう。

監修者

菊地 崇仁/ クレジットカード専門家

一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

クレジットカードを選ぶ上で重要なのが還元率です。

還元率とは使った金額に対するリターンのことで、例えば200円につき1ポイント獲得でき、1ポイント=1円として利用できる場合は還元率0.5%です。

1000円につき1ポイント付与で、1ポイント=5円として利用できる場合も同じく還元率0.5%となります。

後者の方が貯まるポイント自体は少ないですが、実際の価値を考えなければ比較できないので注意してください。また、還元率で重要なのが、特定の店舗のみ高い事が強調されている場合です。

例えば「タカシマヤカード」は高島屋での買い物では8%(対象外商品もある)還元ですが、高島屋以外では一般カードで0.5%還元、ゴールドカードで1%です。

クレジットカードは、様々な店舗で利用することが多く、特定の店舗だけが高くても、トータルで見ると、どこで使っても還元率が高いカードを使い続けた方がお得になるケースもあります。

特定店舗での還元率だけでなく、一般的な加盟店での還元率を確認し、それぞれのカードを比較するようにしましょう。

ポイントが活用出来てこそお得な高還元率クレジットカード!

せっかく高還元率のクレジットカードを作ってたくさんポイントを貯めたとしても、そのポイントが使い辛くては意味がありませんよね。

そこで、本当にお得なカードを作りたい方はそのカードで貯めたポイントが、どこで何に使えるのかまで注目すると良いでしょう。

おすすめは、

  • ポイントをカード利用額に充当できるクレジットカード
  • 1ポイント=1円として買い物に利用できるクレジットカード

など、誰にでも活用できる方法で還元されるクレジットカードです。

ポイントの使い方に関しては、以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

2020.04.21

パソコンを見る家族とクレジットカードを持つ女性

クレジットカードのポイント一番得する使い方は?効率的に交換する方法

利用するたびにポイントが貯まるクレジットカードですが、ポイントをうまく使いこなしている自信がありますか?「何に交換すればいいかわからない」「有…

ここまで還元率の高いカードの選び方について解説してきました。では、次に本題の高還元率でおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

【2020年最新】高還元率のお得なおすすめカード4選!

数あるクレジットカードの中から、還元率の高いカードをおすすめの4つに絞って解説します。

高還元率のおすすめクレカ4選

それぞれのクレジットカードについて以下を紹介しますので、比較検討しながら自分に合ったクレジットカードを見つけてみてください。

  • 標準の還元率
  • 還元率UPのお店・サービス
  • ポイントの使い道
  • そのカードを持つのに向いている方

普段使うサービス・お店でポイント還元率が高いのがたくさんポイントを貯める秘訣なので、「還元率UPのお店・サービス」も要チェックです。

JCB CARD W

JCB CARD W

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~5.5%
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 39歳以下限定のJCBオリジナルシリーズ!
  • 【期間限定】Amazonポイント10倍!
  • Web入会なら最大11,500円をプレゼント!
【Amazon利用でもれなくポイント10倍キャンペーン】 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

国際ブランドのJCBが発行する年会費無料で高還元のクレジットカードです。

入会条件が39歳以下限定ですが、逆にいえば39歳以下ならば作っておきたい、おすすめのカードです。

今なら新規入会で最大11,500円分プレゼント&大幅ポイントアップ!
  • ネット新規入会限定!最大11,500円分プレゼント
  • スマリボ登録&利用でポイント10倍に!
    【対象期間】:2020年4月1日~2020年9月30日の間の申し込み分

JCB CARD Wの年会費と還元率

年会費 永年無料
標準のポイント還元率 1.0%
1,000円につき2ポイント
1ポイント=5円相当(※)
(1ヶ月の利用金額から換算)

※1ポイントは利用方法や交換する商品・ポイントによって3~5円相当となっています。

還元率UPのお店・サービス

JCBの加盟店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)となっている店舗で還元率が上がります。

JCB優待店の事例 ポイント倍率 ポイント還元率
Amazon 4倍 2.0%
スターバックス 11倍 5.5%
セブン-イレブン 4倍 2.0%
イトーヨーカドー 4倍 2.0%

セブンイレブンやスターバックスを日常的に利用する人には、特におすすめしたいカードです。
上記以外にも、百貨店やガソリンスタンドなど様々なお店でお得にポイントが貯まります。

ポイントが貯まりやすくなるJCB ORIGINAL SERIESパートナー一覧はコチラを参考にしてください。

元々1.0%と還元率が高いクレジットカードでありながら、優待店でのポイント還元率の上がり幅がとても優秀です。

ポイントの使い道

JCB CARD Wを利用すると、毎月の利用金額の合計に対し1,000円ごとに2ポイントのOkiDokiポイントが付与されます。

そうして貯めたOkiDokiポイントは、以下のような商品券やマイルなどに交換することが出来ますよ。

ポイント交換の事例
  • 1,050ptを「JCBギフトカード5000円分」に交換
  • 1ptを「ANAマイレージクラブの3マイル」に交換
  • 1ptにつき3.5円分として「Amazonでのショッピング」に利用

JCB CARD Wはこんな方におすすめ

  • Amazonでよく買い物をする方
  • その他JCB優待店をよく利用する方(スターバックス、セブン-イレブン、イトーヨーカドーなど)

39歳以下のAmazonユーザー必見!

人気 JCB CARD W

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~5.5%
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
【Amazon利用でもれなくポイント10倍キャンペーン】 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

JCB CARD Wの特典はそのままに、「女性疾患保険」「プレゼントキャンペーン」がある女性向けのクレジットカードもあります。

女性の方はこちらがおすすめ!

JCB CARD W plus L

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~5.5%
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
【Amazon利用でもれなくポイント10倍キャンペーン】 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード THE POINT

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%〜3.0%
国際ブランド
MasterCard JCB
電子マネー
ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 高還元率のハイスペックカード!
  • 入会後半年間はポイント2倍!
  • 「iD」と「QUIC Pay」の同時搭載

オリコカード・ザ・ポイントは、100円の利用ごとにオリコポイントが1ポイント貯まるカードで、基本の還元率が1.0%といつでも高い還元を受けることが出来ます。

オリコカード・ザ・ポイントの年会費と還元率

年会費 永年無料
標準のポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント
1ポイント=1円相当の価値
(500オリコポイントから交換可能)

還元率UPのお店・サービス

オリコカード・ザ・ポイントは通常の還元率だけでももう十分お得なカードと言えますが、

  • 入会後6カ月間はポイント還元率が2倍の2.0%にアップ
  • オリコモール経由での買物で更に+1.0%以上の還元(※)
    ※「オリコモール利用」で+0.5%、「オリコモール特別加算」で+0.5%となります。

となり、使い方によっては3.0%以上の還元を受けることが可能となります。

オリコモールには、

  • Amazon
  • ヤフーショッピング
  • 楽天

などの、誰もが利用しているショップが参加している為、普段のお買い物をオリコモール経由にするだけでかなりのポイントが貯まるでしょう。

ポイントの使い道

上でもご紹介したように、オリコカード・ザ・ポイントを持っていると100円の利用ごとにオリコポイントが1ポイント付与されます。

ポイントの交換先は、電子マネーやギフトカードやマイルなど豊富に用意されています。
また、ポイントの交換は即時で実行されるため、交換先のクーポンやポイントはすぐに使うことが出来ます。

ポイント交換先の事例
  • 500ポイントを500円分のAmazonギフト券に交換
  • 1,000ポイントを、1,000WAONポイントに交換
  • 1,500ポイントをイオンシネマ鑑賞券1枚に交換

オリコカード・ザ・ポイントはこんな方におすすめ

  • ネットショッピングをよくする方
  • 貯めたポイントをすぐ使いたい方

オリコカード・ザ・ポイントは、オリコモールを上手く利用することでよりお得に使うことが出来ますよ。

オリコカード THE POINT

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%〜3.0%
国際ブランド
MasterCard JCB
電子マネー
ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)

dカード

dカード

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0~4.0%
国際ブランド
MasterCard VISA
電子マネー
おサイフケータイ ID(アイディ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 年会費永年無料
  • ローソンで最大5%おトク!マツモトキヨシで最大4%たまる!
  • いつでもdポイントが1%たまる※100円(税込)毎に1ポイント
【入会特典】新規入会&各種設定&エントリー&ご利用で最大8,000ポイントプレゼント! 申し込みはこちら

ドコモユーザーなら必見!携帯電話料金でポイントが貯まるクレジットカードです。

dカードの年会費と還元率

年会費 永年無料
標準のポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント
1ポイント=1円相当
(クレジットカード利用ごとに換算)

還元率UPのお店・サービス

dポイントの加盟店(d POINT CLUB)で利用すると、通常のポイント還元率1%からさらにポイント還元率のUP、請求金額からの割引が受けられます。

dポイント加盟店の事例 追加還元内容 還元率
ローソン カード提示1%
請求額から3%割引
5%
マツモトキヨシ カード提示1%
特約店ポイント2%
4%
マクドナルド カード提示1% 2%

ポイントが貯まりやすくなるd POINT CLUB一覧はコチラを参考にしてください。

ポイントの使い道

dカードでは、100円につき1ポイントのdポイントを貯めることが出来ます。

そうして貯めたdポイントの使い道はかなり幅広く存在し、マイルはもちろん商品との交換も可能です。

ポイント交換先の事例
  • dポイント2,000ポイントにつき、「2,000円分のiDキャッシュバック」へ交換
  • 1ポイント=1円として、「ドコモ携帯の利用料金」に充当

dカードはこんな方におすすめ

  • dポイント特約店をよく利用する方
  • ドコモユーザーの方

dカードの利用で還元率の上がる特約店は幅広く存在するので、普段のお買い物の中でポイントをたくさん貯めたい方におすすめです。

docomoユーザー必見!!

「dカード GOLD」ならドコモ料金の10%をポイント還元! さらに豪華キャンペーンも実施中!

dカード GOLD

年会費
初年度:10,000円(税別) 2年目以降:10,000円(税別)
ポイント還元率
1.0~10.0%
国際ブランド
MasterCard VISA
電子マネー
ID(アイディ) おサイフケータイ
【入会特典】最大18,000ポイントプレゼント! 申し込みはこちら

詳しくは「dカード GOLD」の解説で!

楽天カード

楽天カード

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~15%
国際ブランド
VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス
電子マネー
楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 顧客満足度No.1
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天カード感謝デー利用でポイント3倍

楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスをよく利用する方にがぜひとも持っておきたいクレジットカードです。

楽天カードの年会費と還元率

年会費 永年無料
通常ポイント還元率 1.0%
100円につき1ポイント
1ポイント=1円
(クレジットカード利用ごとに換算)

還元率UPのお店・サービス

楽天が運営するサービスの利用で還元率が上がります。

楽天が運営するサービスの事例 ポイント倍率 ポイント還元率
楽天市場 3倍 3.0%
楽天トラベル 2倍 2.0%
また楽天カードでは、楽天のサービスを使えば使うほど楽天市場の買い物で貯まるポイントが増える(※)という特徴もあります。
※SPU:スーパーポイントアッププログラム

楽天市場では、各楽天のサービスの条件を達成すると、楽天市場でのお買い物にて最大16倍までポイントアップします。

SPUサービス事例 達成条件 ポイント倍率
楽天カード 楽天カードを利用して楽天市場で買い物 +2倍
楽天銀行+楽天カード 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし +1倍
楽天トラベル 対象サービスを月1回5,000円以上予約、対象期間で利用 +1倍
楽天市場アプリ 楽天市場アプリでお買い物 +0.5%

楽天市場でのポイント倍率が上がるSPUはコチラからを参考にしてください。

ポイントの使い道

楽天カードはポイントを交換する必要がなく、楽天ポイントをそのままで利用が可能なので、とてもポイントが使いやすいクレジットカードと言えます。

ポイント利用例
  • 楽天市場での支払い
  • 実店舗では楽天Payでの支払い

楽天カードはこんな方におすすめ

  • 楽にポイントを使いたい方
  • 楽天のサービスをよく使う方

楽天カードはポイントの交換を行わなくていいため、ついつい面倒くさがってポイントを失効させてしまいがちな方におすすめですよ。

以上、JCB CARD W、オリコカード THE POINT、dカード、楽天カードの4種類をご紹介しました。

次は還元率が高いゴールドカードについて紹介していきます。

特典を利用してさらに高還元率になるゴールドカード

アメコミ風でゴールドカードのサービスメリット

クレジットカードによって異なりますが、ゴールドカードの還元率は一般カードよりも高く設定されているものがほとんどです。

そして、ゴールドカードだけに用意されている特典を上手に活用することによって還元率を更に高くすることが可能となります。

ここでは特典によって還元率が高くなるクレジットカード2種類について解説します。

ドコモユーザー必見!dカード GOLD

dカード GOLD

年会費
初年度:10,000円(税別) 2年目以降:10,000円(税別)
ポイント還元率
1.0~10.0%
国際ブランド
MasterCard VISA
電子マネー
ID(アイディ) おサイフケータイ
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 今なら最大13,000ポイントプレゼント!※期間・用途限定
  • 毎月のドコモケータイおよびドコモ光ご利用料金10%還元※1,000円ごとに100ポイント
  • ローソンで最大5%おトク!マツモトキヨシで最大4%たまる!
【入会特典】最大18,000ポイントプレゼント! 申し込みはこちら

dカード GOLDは、ゴールドカードの特典でドコモ利用料金の10%をdポイントで還元してくれます。

年会費が10,000円(税別)かかりますが、毎月のドコモ利用料金が8,334円(税別)以上であれば、簡単に元は取れてしまいますね。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

年会費
初年度:2,000円(税別) 2年目以降:2,000円(税別)
ポイント還元率
1.0%~15%
国際ブランド
VISA MasterCard JCB
電子マネー
楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
  • 充実したポイント制度でいつでも5倍

楽天ゴールドカードは、楽天市場内で利用すると通常の1.0%に4.0%分のポイントが加算されるため、合計の還元率はなんと5.0%となります。

普段楽天市場でお買い物をする人にとってはとてもお得ですよね。

ゴールドカードの還元率については以下の記事で詳しく説明しています。

2020.06.16

ゴールドのコインのカードを持つ男性

ゴールドカードの還元率徹底比較!おすすめのゴールドカードはズバリこれ

せっかくゴールドカードを持つなら、ポイント還元率の高さでゴールドカードを選びたいと思いませんか? 還元率が高ければ使えば使うほどポイントが貯まりお得に…

次に、高還元率カードの注意点について説明します。

高還元率カードを利用する際の4つの注意点

高還元率カードの注意点

高還元率のカードを作るときは、年会費や交換レート、交換できる商品やサービスについて確認しておくことが大切です。

年会費無料の場合、条件なしで無料になるカードと、〇円以上の利用で無料になるといった条件付きのカードがあります。そうした利用規定をチェックしておきましょう。

また、還元率や交換レートが期間限定のものではないか、交換できる商品やサービスが自分の暮らしになじみのあるものかどうかも重要です。

面倒でも加入前にチェックしておけば、後から不満を感じることもありません。

年会費を無料でおさえるための条件をチェック

高還元率のカードを狙ったものの、年会費が高くて十分なメリットが受けられないようでは意味がありません。

クレジットカードによっては、利用金額にかかわらず年会費が無料になるものもあれば、利用金額に応じて年会費が無料になるものもあります。

クレジットカードを作るときに、年会費が無料になる条件は必ずチェックしておきましょう。

年会費が安いカードでも、数年保有すると結構な金額となってしまいます。

例えば・・・

年会費も積もれば山となる

たった1,250円と思って年会費を払っていても、チリが積もって25,000円もの支払いになっていると考えたら痛手ですよね。

まずは年会費無料のカードから探してみましょう

還元率や交換レートが変わらないかチェック

クレジットカードによっては、還元率や交換レートが変わってしまうものもあります

例えば

オリコカード THE POINTは入会直後の還元率が2.0%

→ 半年後には標準の還元率である1.0%に・・・

高還元率のカードを見つけたら、その還元率が期間限定のものなのか、それとも永続的なものなのかを確認するようにしましょう。

そして、貯めたポイントを交換するときの交換レートにも着目してください。

交換レートが期間によって変わることがないかをチェックしたうえで、お得かどうかを判断するようにしましょう。

何に交換できるかを確認する

還元率の高いカードでポイントを貯めても、最終的に自分に合った商品やサービスに変換できなければメリットがありません

例えば
  1. ポイントの交換先がマイルしかないカードの場合
    飛行機に乗らない人がマイルを貯めても使い勝手がありません。
  2. ポイントの交換が2,000ポイント以上というカードの場合
    少額の買い物ばかりする方には向きません。

還元率の高いカードを選んだら、どのような商品・サービスに変換できるのかを確認しておきましょう。

そのなかからよく使うサービスに特化しているクレジットカードを選べば、お得に買い物ができるでしょう。

リボ払いの条件は利用金額の管理に注意

クレジットカードでリボ払いを利用するときは、利用金額の上限をできるだけ上げておきましょう。

リボ払いは、月々の支払額は少なくなるというメリットがありますが、手数料として利子を取られてしまいます

月々の返済額を低く設定しておくと、その分支払い期間が長くなり、結果として多くの利息を払ってしまうことになります。

リボ払いはできるだけ高めに設定しておくことで、少ない利息で買い物をすることができます。

FAQ(よくある質問)

クレジットカードについてよくある質問をまとめています。

ポイント還元率が高いのは何%から?

特定の条件下での還元率を含まない、基本の還元率が1.0%以上であればポイント還元率が高いと言えるでしょう。

ポイント還元率の高さは以下のようにレベル分けができ、0.5%が普通レベルです。

ポイント還元率 レベル
0.5% 普通
0.75% やや高め
1.0% 高め
1.2%~1.5% かなり高め

基本の還元率が1.0%以上のクレジットカードはこちらを参考にしてください。

貯まったポイントは何に使えるの?

クレジットカード会社によって様々ですが、ポイントの使い道には以下のようなものがあります。

  • nanacoポイントやTポイントなど他のポイント・マイルに交換
  • Amazonギフト券や店舗で使える商品券に交換
  • 街でのキャッシュレス決済にそのままポイントを使う
  • 家電やオリジナルグッズなど商品に交換

記事内で紹介しているクレジットカードにポイント交換の事例を載せているので参考にしてみてください。

ポイント還元率が上がることはあるの?

あります。

クレジットカードによって異なりますが、期間限定の新規入会キャンペーン、特定のお店でのカード利用、前月のカード利用額に応じたポイントアップ制度などでポイント還元率が上がることがあります。

まとめ

クレジットカードのなかには、年会費が永年無料あるいはカード利用額に応じて無料になる高還元率のカードがあります。

お得にポイントを貯めるために、まずは年会費が無料のクレジットカードから探して、交換できる商品やポイントがプラスで加算される店舗などをチェックして、自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを作成しましょう。

還元率の高いカードを集中的に利用すれば、1年であっという間に数万円分のお得を手に入れられるでしょう。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
    クレジットカード診断