クレジットカードの複雑な「保険」を誰にでもわかりやすく解説!

クレジットカードの保険

クレジットカードの保険とひとくちで言っても、海外旅行保険、盗難紛失保険、ショッピング保険など、さまざまな保険が付帯しています。

しかしクレジットカードの保険についての正しい知識を身につけなければ、補償を受けることが出来ない可能性があります。

今回は、複雑なクレジットカードの保険について解説していきます。

あなたの生活や旅行に安心を提供します!

クレジットカードの保険の種類

空港に立つ男性

クレジットカードの保険には、大きくわけると3つの種類があります。

「旅行の時に利用できる保険」、「盗難された時に利用できる保険」、「買い物した時に利用できる保険」です。

また、クレジットカードによっても補償となる金額にかなりの差が出ます。

では、それぞれどのような時に保険の対象になるのか、どんなクレジットカードの保険が充実しているのかを、詳しく説明していきます。

旅行保険

クレジットカードの中でも一番耳にするのがこの旅行保険でしょう。その名の通り、旅行や出張などで何かがあった時に、補償してくれるものです。

海外旅行保険と国内旅行保険の2通りありますが、付帯されることが多く、補償の額が大きいのは基本的には海外旅行保険です。

複数枚のクレジットカードがある場合は、「死亡補償は一番大きい金額が補償され、それ以外については合算することができる」という特徴があります。

それでは、具体的に保険の内容とおすすめのクレジットカードについて紹介していきます。

海外旅行保険

クレジットカード会社のホームページを見ると、海外旅行保険は死亡後遺傷害保険が大きく記載されていることが多いのですが、実はそれ以上に見ておくべきところがあります。

それは、傷害・疾病保険と携行品損害です。

傷害・疾病保険と携行品損害

傷害・疾病保険とは、旅行中のケガや病気などで入院・治療した時に適用になる保険です。携行品損害とは、時計やバックなど旅行時に身に着けているものが破損した時や、盗難に遭った時に適用になる保険です。

万一の時に備える保険とはいえ、旅行に行って死亡したり、後遺傷害になる可能性よりも、入院・治療したり、持っているものが盗まれたり、壊れたりする方が、はるかに確率が高いためです。

海外旅行保険については、「海外旅行保険はクレジットカードだけで大丈夫?」の記事も参考にしてくださいね。

上記を踏まえたうえで、おすすめのクレジットカードは、セゾンブルーアメックスカード、楽天カード、エポスカード、ライフカード(旅行保険付き)などです。

国内旅行保険

国内旅行保険は、海外旅行保険と比較すると補償の範囲が狭まり、死亡補償、入院補償、通院補償、手術補償のみとなっています。

さらに、適用範囲が狭く、以下が原則的な適用範囲となります。

  1. 公共交通乗用具(航空機、バス、タクシー、モノレールなど法律によって運用される乗用具)搭乗中の傷害事故
  2. 宿泊施設に宿泊中の火災・破裂・爆発による傷害事故
  3. 宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の傷害事故

自家用車搭乗中の事故や、宿泊施設外での事故は対象にならないので注意が必要です。

また公共交通乗用具での事故の場合は事故証明書必要ですので、発行してもらいましょう。

国内旅行保険でおすすめのカードは、

  • 死亡補償が充実している最高5,000万円の補償のアメリカンエキスプレスカード
  • 最高3,000万円のJCB一般カード
  • 年会費無料で入院補償1日当たり3,000円、通院補償1日あたり2,000円付帯してくるイオンSuicaカード

などです。

盗難・紛失保険

クレジットカードの利用を忘れる女性

クレジットカードを利用する時に一番心配なのは、「クレジットカードを盗難や紛失した時に不正利用されること」ですよね。

ご安心ください。実はすべてのクレジットカードに、「盗難・紛失保険」が付帯されています。

具体的にどのような保険かというと、カードを盗まれたり、紛失して第三者に不正利用された時に、その被害を原則として100%補償するという保険です。

手続きの方法は、被害に遭ってから60日以内にカード会社に届出をして、警察に被害届を出しましょう。自分に落ち度がない場合はしっかり補償してくれます。

しかしながら、残念ながら盗難・紛失保険の対象にならない場合があります。

盗難・紛失保険の対象にならない場合
  • 裏面にサインがない
  • 家族による不正利用
  • 不正から60日を過ぎた場合

1つ目は、裏面にサインがない場合。「面倒くさいから書かない」という人も中にはいると思いますが、実はサインんをしていないと、クレジットカードの所有者が誰だかわからない状態なのです。

サイン忘れによる不正利用は個人の過失となり、被害分を支払う必要があります。必ずサインはしておきましょう。

2つ目は、家族による不正利用の場合。これも血縁で第三者ではないので通用しません。

3つ目は、補償期間60日を過ぎてしまった場合。60日は長いようで短いです。しっかり早め早めの対応を心がけましょう。

クレジットカードの不正利用と補償については、「クレジットカード不正利用を素早く解決!補償を受ける方法と予防策」の記事を参考にしてくださいね。

ショッピング保険

買い物をする女性

現金での買い物では得ることができない、クレジットカードで買い物するメリットが「ショッピング保険」です。

ショッピング保険とは、「クレジットカードで購入した商品」が原則として90日以内に盗難された場合や、破損した場合に、その損失を補てんするという保険です。

「お買い物安心保険」、「ショッピング・プロテクション」など、呼び方はいろいろありますが、基本的に全部同じ意味です。

特に優れたショッピング保険を提供しているのがアメリカンエキスプレスカードです。年間500万円まで補償してくれ、なおかつ返品が受け付けられなかった場合にアメリカンエキスプレスがその商品を代わりに購入してくれる、「リターンプロテクション」というサービスもあります。

その他保険

滑走路に着陸する飛行機

また、ゴールドカード以上のクラスになると、上記の基本的な保険以外にも付帯してくる保険があります。よく使われるのが、飛行機の遅延やロストバゲージなどで使われるものです。

  1. 出航遅延、欠航、搭乗不能費用保険(4時間以上)
  2. 乗継遅延費用保険(4時間以上)
  3. 受託手荷物遅延保険(6時間以内)
  4. 受託手荷物紛失保険(96時間以上)

などで、2~4万円程度の補償があります。

セゾンアメリカンエキスプレス、アメリカンエキスプレス、MUFGカード、ゴールド三井住友VISAプラチナカードなどが、代表的な付帯しているクレジットカードです。

海外出張などで飛行機によく乗る人は、持っておいて損はない保険です。

保険の適用条件

議論する夫婦

クレジットカードの保険の適用条件には2つあります。1つは「自動付帯」、もう1つは「利用付帯」です。

文字だけ見ても分かりづらいですが、簡単に説明すると、自動付帯はクレジットカードを利用しなくても持っているだけで保険の適用になり、利用付帯は旅行代金をクレジットカードで決済しないと適用になりません

また、あたりまえのことですが、保険が適用されるためには、こちらからクレジットカード会社に申請しなければなりません。そのため、事前に保有しているクレジットカードの保険について十分に理解しておく必要があります。

自動付帯

持っているだけで保険の対象になる自動付帯のカードは、利用付帯と比較して数が少なく、補償額も小さいことが多いですが、その中でも輝きを放つカードはあります。

“自動付帯でおすすめカード”
  • 年会費無料:エポスカード、JCB EITカード、レックスカードライト
  • 手厚いサポート:ダイナース、アメリカンエキスプレス
  • 国内旅行保険:イオンSuicaカード

以上のようなカードが、自動付帯しているカードでおすすめのカードとなります。

利用付帯

上述のように旅行代金をクレジットカードで決済することによって保険の対象になる利用付帯ですが、1つ注意が必要です。

それは、クレジットカードによっては、旅行前の決済では適用外で、旅行中に決済しないと適用にならないカードがあるということです。

具体的には、空港までのバスやタクシーなどの支払いをしたり、ツアー料金をクレジットカードで決済することで保険の適用になります。

お持ちのクレジットカードの要件を確認してみましょう。人気の楽天カードは自動ではなく利用付帯となるので、注意が必要です。

保険の対象になる人

保険の対象になる人は、基本的にはクレジットカードを持っている人だけですが、中には家族特約で家族にも適用される場合もあります。

家族特約とは、原則として生計をともにしている配偶者、子供、親を対象としています。ご自身が同行しない場合でも対象となります。

また、家族特約とは別に家族カードを所有している人は、所有している家族の方も保険の対象になります。

家族特約が付帯していない場合は家族カードを所有するのもよいでしょう。

注意!クレジットカードの保険だけで問題ないのか

迷う女性

中には、「クレジットカードの保険だけで大丈夫なの?」「保険会社の旅行保険には入らなくていいの?」と疑問に思われた方もいるでしょう。

しかしながら、クレジットカードの保険と言っても、その保険の範囲や補償額はカードによって大きく異なるので、一概には言えません。これは、所有しているクレジットカードの保険の補償額によって、入った方がよい場合や入らない方がよい場合があるということです。

では具体的に、どのような場合に旅行保険に入るべきなのかを説明していきます。

掛け捨ての旅行保険に加入するべきかを判断するポイント

判断するポイントは、持っているクレジットカードの補償内容について、しっかり理解できているかどうかです。

具体的には、キャッシュレス診療があるかどうか及び補償の金額、範囲は十分かどうか、補償対象になるかということです。

海外旅行保険であれば、しっかり保険の内容を理解していれば、クレジットカードの組み合わせ次第で十分な内容になります。

国内旅行保険であれば、クレジットカードの保険内容では不十分なので、国内旅行保険のために掛け捨ての旅行保険に加入してもよいでしょう。

健康保険の「海外療養費」には落とし穴がある

海外に行くと日本よりも格段に医療が高くなる国が多いです。盲腸の手術や骨折の治療などでも200~300万円の医療費がかかってくることはざらにあります。

日本には健康保険があるからクレジットカードの保険などなくても大丈夫なのでは?と思う方もいるでしょう。確かに日本の健康保険制度には、「海外療養費」という制度があります。

「海外療養費」とは、海外旅行中や海外赴任中に急な病気やけがなどにより、やむを得ず現地の医療機関で診療等を受けた場合、一部の医療費の払い戻しを受けられる制度です。

しかしながら、この海外療養費制度があってもクレジットカードの海外旅行保険は海外旅行に行くのであれば必須です。

なぜならこの海外療養費制度は落とし穴が2つあるからです。

落とし穴①:現金で立て替える必要がある

1つ目は、一度高額な医療費を現地で立て替え払いをしなければならない可能性があるということです。200~300万円やそれ以上の医療費がかかってきてしまった場合、立て替えるのが難しい方も多いでしょう。

そのため、充分な現金がない方は、立て替え不要のキャッシュレス診療付帯のクレジットカードを選択するのがよいでしょう。

最近ではキャッシュレス診療が付帯されているクレジットカードが多くなっており、下記のカードはキャッシュレス診療の主な対象カードです。

キャッシュレス診療付帯のクレジットカード
  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカード
  • JALカード
  • UCカード
  • セゾンカード
  • ライフカード

また下記はキャッシュレス診療が対象外ですので、注意が必要です。

オリコカード、ビューカード、ANAカード、アメックスグリーンなど

以上が、主要カードのキャッシュレス診療が可能なカードと、不可のカードです。事前にしっかり確認するのが良いでしょう。

落とし穴②:日本で同じ治療を受けた時の医療費の7割のみ

2つ目は、実は海外療養費は日本で同じ治療を受けた時の医療費の7割を負担するのみで、現地でかかった医療費の7割ではないということです。

具体的に言うと、「現地で100万円かかっても、日本で同じ治療を受けた時に10万円しかかからない場合は、7万円しか負担してくれない」ということです。

そのため、クレジットカードによる傷害・疾病保険の備えというのは非常に重要であるというのがお分かりいただけるかと思います。

結論として、海外へ行く際にはクレジットカードの保険を利用するのが良いでしょう。年会費無料でも自動付帯となるエポスカードは、入会しておくだけで海外で手厚い保険が受けられます。

“結論”

「クレジットカードの海外旅行保険はお得なサービス。日本の健康保険だけでは不十分」

年会費無料と有料クレジットカードの保険の違い

判断する男性

年会費無料と有料のクレジットカードでは、補償の額及び補償の範囲が変わってきます。

年会費無料のクレジットカードの保険では、海外旅行に行く時に1枚では心もとないので、2枚、3枚と併せて持つ必要があります。

しかしながら、年会費有料のカード。特にゴールドカードやプラチナカードにもなると、1枚でも十分すぎる補償になる場合が多く、何枚も持っていく必要も少なくなります。

さらに、年会費無料のカードでは付帯されていない種類の保険や家族特約などが付帯されることも多く、充実した補償を受けたい方は、年会費有料のカードを選択するのがよいでしょう。

過度な心配はする必要がないという方や、民間の保険に加入しているという方は、年会費無料のクレジットカードでも問題ありません。しかし、いざ持つとなると、どんなカードを持てばよいか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、年会費無料と有料のおすすめのカードをお伝えします。

年会費無料でも保険のついているクレジットカードの例

最近では、年会費無料のクレジットカードでも保険が付帯しているものが多いです。特におすすめのクレジットカードはエポスカードです。

死亡後遺障害は最高500万円とやや心もとないですが、傷害保険最高200万円、疾病保険最高270万円、携行品損害20万円と充実の補償内容になっており、なんと自動付帯してきます。

さらに、キャッシュレス診療も対応していますので、海外に行くのであればまさに必携の1枚と言っても過言ではないカードとなっています。

またJCB EITカードも、エポスカードには劣りますが、自動付帯とキャッシュレス診療可能で、死亡後遺障害最高2,000万円と手厚い補償が付帯され、傷害・疾病保険最高100万円、携行品損害最高20万円となっており、充実した内容になっています。

年会費が有料なものの、保険でおすすめのクレジットカードの例

年会費が有料で保険が充実しているカードを選択するのであれば、ゴールドカード以上を選択するのが好ましいでしょう。

特におすすめできるのが、セゾン・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード、SBIゴールドカードです。

セゾン・ゴールド・アメリカンエキスプレスカード

セゾン・ゴールド・アメリカンエキスプレスカードは、年会費が10,000円(税抜)ながら、本人のみならず、家族特約も充実した手厚い補償内容になっています。

死亡傷害保険が本人最高5,000万円、家族で最高1,000万円。本人、家族ともに傷害・疾病保険が最高300万円、携行品損害最高30万円。さらに自動付帯でキャッシュレス診療可能となっています。

SBIゴールドカード

SBIゴールドカードは、死亡保障金額最高5,000万円、傷害疾病最高500万円、携行品最高50万円、キャッシュレス診療可能と充実した補償内容です。

利用付帯ではありますが、家族特約もあり、1枚で充実した補償内容になっています。

まとめ

以上のように、クレジットカードの保険はカードによって内容が大きく異なるため、内容についてしっかり理解することが重要ということがお分かりいただけたかと思います。

まとめますと、海外旅行保険については手厚い補償になっていますが、国内旅行保険については範囲が狭まり適用が限定的になります。

海外旅行保険は自動付帯、キャッシュレス診療可能、傷害疾病の金額が大きいカードを選択するのがよいでしょう。

補償額が不安な方は、年会費無料と有料のおすすめのカードを組み合わせて補償額を合算し、安心して旅行に行きましょう!

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら