クレジットカードが初めてでも!超初心者さんおすすめクレジットカードの使い方

解説する女性

クレジットカードを初めて持つ場合、たくさん種類がある中で、どのクレジットカードを選んで作ったらいいか、複雑でよくわからないこともありますよね。

そんなクレジットカード初心者さんでも、使いやすくてわかりやすいおすすめのクレジットカードを選んでおけば、安心ですよね。

自分にぴったりのクレジットカードを選ぶ方法や、クレジットカードを手にしたあとの使い方も合わせて、こちらの記事で紹介します。

初心者さんにおすすめ!シンプルでわかりやすいクレジットカード5つ

買い物をする女性

まず初めてクレジットカードを作る方に、おすすめのクレジットカードを5枚紹介します。

ここで紹介するクレジットカードは、入会費や年会費などの費用は基本的に一切不要なので、クレジットカードを作ったものの全く使わなかったとしても、余計な出費は発生しません。

また不要になった場合は、更新時期が訪れても更新や切り替えなどを行わずに、解約すれば大丈夫です。なのでカードをちゃんと使えるかどうか不安な方も安心して試してみてください。

楽天カード

楽天カード(JCB)

楽天カードは、年会費永年無料のクレジットカードです。

どこで利用しても支払金額100円につき1ポイント、つまり1.0%の楽天スーパーポイントが還元されます。

国際ブランドはJCB、MasterCard、VISAの3つに対応しています。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

楽天市場でのお買い物なら最大6.0%ポイント還元

楽天カードのポイント還元率は、通常のショッピングについては1.0%と特別高い数字ではありません。しかし楽天市場のお買い物については最低でも4.0%、2つの条件を満たすと最大で6.0%の高還元率に化けます。

まず楽天市場において楽天カード決済するだけで、通常の4倍=4.0%還元になります。

次にひとつめの条件として、iPhoneもしくはAndroidスマートフォンなどで「楽天市場アプリ」から注文すると+1.0%されて5.0%となります。

さらにふたつめの条件として、楽天モバイルの通話SIMを契約していると、その期間中は+1.0%されて合計6.0%になります。

楽天市場をよく利用するならぜひ持っておきたいクレジットカードです。

電子マネーの楽天Edyも利用可能

楽天カードには、いくつかの種類が存在します。

その1つに電子マネーの楽天Edyが一体となった、Edy機能付き楽天カードがあります。

クレジットカード決済は、サインや暗証番号の入力を求められるので、利用するのが不安でためらってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし電子マネーなら楽天Edyで支払いたい旨を伝えて、カードを読み取り機にかざすだけで簡単に決済できます。

楽天Edyで支払ってもポイントを貯められるので、より簡単に決済を済ませたいなら電子マネーを併用すると良いでしょう。

またこの1枚があれば、クレジットカードと楽天Edyの両方を利用することができます。電子マネーのために、わざわざ別のカードを持ち歩く必要がありません。一石二鳥ですね。

楽天カード

Thumbnail master

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

エポスカード

エポスカード

エポスカードも、年会費無料のクレジットカードです。国際ブランドはVISAのみです。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

最短即日発行可能

エポスカードは、最短で申込んだその日のうちに受け取ることが可能です。

即日で受け取りたい場合はインターネットで申込み、審査通過後に丸井系の店舗内にあるエポスカウンターで受け取りましょう。

ただし、カード審査に通らなければ当然受け取れないので、注意が必要です。

ポイント還元率は0.5%

エポスカードのポイント還元率は、0.5%と標準的。特に高くはないので、たくさんポイントを貯めてお得に利用したいのであれば、他のカードがおすすめです。

ただし丸井系の店舗で年に4回開催される、「マルコとマルオの7日間」の期間中はエポスカードで決済すると10%OFFになります。

マルイなどでよく買い物をするのであれば、10%OFF狙いで持っておくも良いかもしれませんね。

対象の店舗で優待サービスが受けられる

エポスカードには丸井系の店舗以外でもお得に利用できる優待サービスが用意されています。

レストランやホテルなどの宿泊施設、あるいはカラオケやレジャー施設などでエポスカードを提示すると、利用料金の割引など店舗独自の特典が受けられます。

エポスカードのポイント制度はいまいちですが、この優待サービスを利用できる人にとっては非常にお得なカードとなるでしょう。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC

ライフカード

lifecard

ライフカードも、年会費永久無料のクレジットカードです。国際ブランドはJCB、MasterCard、VISAの3つから選べます。

誕生月はポイント3倍!最大1.5%以上の高還元率

ライフカード最大の魅力は、誕生月にショッピングすると還元率が通常の3倍=1.5%にとなることです。

ライフカードは基本ポイントとして、1,000円につき1ポイント貯まります。これはギフト券や他社のポイントサービス、電子マネーなどと交換することが可能で、最低でも1ポイント=5円くらいのレートで交換することができます。

1ポイント=5円だとしても、3倍になればポイント還元率は1.5%と高くなります。

誕生月だけライフカードを利用して、ポイントを貯めている人もいるくらいだと言えば、そのお得さが伝わるでしょうか。

初年度は無条件でポイント1.5倍

さらに誕生月以外でも、初年度は無条件で1.5倍=0.75%のポイントが貯まります。

しかも2年目以降については、前年度の利用額に応じて1.8倍にアップします。

  • 年間100万円以上:1.8倍=0.9%

ライフカードでクレジットカードに慣れつつ、たくさんポイントを貯めてみるのもおすすめです。

セゾンカードインターナショナル

セゾンインターナショナル

セゾンカードインターナショナルも、年会費が永久無料のクレジットカードです。セゾンカード自体は、「永久不滅ポイント」で有名なのでご存知の方も多いでしょう。

国際ブランドはJCB、MasterCard、VISAの3種類から選べます。

最短即日発行可能

セゾンカードインターナショナルも、最短で即日発行が可能となっています。

インターネットかセゾンカウンターで申込んだ後、審査に通ればセゾンカウンターで受け取ることができます。

ポイント還元率は0.5%、セブンイレブンなら1.5%

セゾンカードインターナショナルは、1,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。その名の通りポイントに有効期限はなく、永久に失効することはありません。

貯まったポイントは、1ポイント=5円程度のレートで、ギフト券や他社ポイントと交換することができます。例えばAmazonギフト券の交換レートは、200ポイントで1,000円分です。

永久不滅ポイントは1,000円につき1ポイントしか貯まりませんが、実はセブンイレブンやイトーヨーカドーで決済するとnancoポイントも同時に貯まります。

こちらは事前登録が必要ですが、100円につき1ポイントが貯まります。永久不滅ポイントと合わせると実質1.5%の高還元率です。

全国の西友・リヴィン・サニーでお得

毎月5日と20日は、西友・リヴィン・サニーの利用額が5%OFFになります。一部対象外の店舗や商品を除き、食品でも衣料品でも割引されます。結構大きな割引ですよね。

近所に対象の店舗がある方におすすめです。

セゾンカード インターナショナル

Thumbnail saison international

国際ブランド

JCB Mastercard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%〜15% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 30〜150万円 0.60% 無料
  • 分割払い

JCB CARD EXTAGE(エクステージ)

JCBカードEXTAGE

JCB CARD EXTAGEは学生や20代向けのクレジットカードです。

高校生を除く18歳以上29歳以下の方のみ、申込むことができます。こちらも年会費が無料のカードなので、1年間全く使わなかったとしても費用は発生しません。

JCBが発行しているクレジットカードなので、国際ブランドはJCBのみです。

JCB CARD EXTAGE

Thumbnail jcb extage black

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

ポイント還元率は0.75%、入会後3か月は1.5%

JCBカードなので、ショッピングや携帯電話料金などの支払い1,000円につき、1ポイントのJCBオリジナルの「Oki Dokiポイント」が貯まります。

貯まったOki Dokiポイントは、様々な商品や各種電子マネーと交換可能です。

交換先によってレートが変動しますが、例えばnanacoやWAONなどは1ポイント=5円分として交換できます。

つまりポイント還元率は最大で0.5%になります。

またエクステージボーナスとして、入会後3か月間はポイント付与率が3倍の1.5%、4か月目以降はずっと1.5倍の0.75%になります。

その他にも、学生に人気の高いスターバックスコーヒーや、Amazonなどの優待店で決済するとさらにボーナスポイントが付与されお得です。

電子マネーのQUICPayに対応

JCB CARD EXTAGEは電子マネーのQUICPayに対応しており、これ1枚でクレジットカードと電子マネーの両方を利用することができます。

因みにApple PayでJCBカードが使えるようになったので、iPhoneでモバイル決済を利用してみたいという方にもおすすめです。

最大2,000万円の海外旅行保険も付帯

JCB CARD EXTAGEは年会費無料でありながら、海外旅行保険も付いています。利用付帯ですので旅行代金の一部をこのカードで決済する必要はありますが、最大2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

JCB一般カードへ更新する際の注意点

JCB CARD EXTAGEは、入会から5年後の初回更新時にJCB一般カード(ORIGINAL SERIES)に切り替わります。

年会費やポイント制度も一般カードの待遇に変更されるので、お得感があまりなくなってしまのが注意点です。

一般カードに魅力を感じなければ、年会費が発生してしまわないよう切り替えずに5年で退会しましょう。

ただし初回更新を迎えるまでにJCB CARD EXTAGEを解約してしまうと、カード発行手数料として2,000円がかかってしまいます。

余計な費用を発生させないためには、初回更新のタイミングで退会する必要があるので、その点にだけ注意が必要です。

初心者さんにおすすめのクレジットカードの3つのポイント

OKサインをする女性

初めてクレジットカードを作る際に、おすすめしたクレジットカードの3つのポイントをご紹介します。

年会費無料

クレジットカードには年会費が発生するカードと、無料で持てるカードがあります。また年会費無料のカードでも永年無料で利用できるカードと、条件付きで無料になるカードの2種類に分けられます。

せっかくクレジットカードを作っても、あまり利用することなく年会費だけ払い続けるのは勿体ないですよね。なのでカードをちゃんと使いこなせるかどうか不安な初心者さんは、まず年会費が永年無料のカードから使い始めてみることをおすすめします。

例えば今回紹介した楽天カードやエポスカードなどは年会費永年無料なので、1年間カードを全く使わなかったとしても費用が発生することはありません。

JCB CARD EXTAGEも、初回更新時にJCB一般カードへ切り替えずに退会すれば大丈夫です。

余計な費用が発生してしまうのではないかという不安を取り除くためにも、初めは年会費が無料のクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

国際ブランドがVISAやMasterCard

クレジットカードには「国際ブランド」というものがあります。クレジットカードにはそれぞれ1つの国際ブランドが付いていて、対応する国際ブランドの加盟店でのみ、決済することが可能です。

特に理由がなければ、加盟店の数が多い「VISA」や「MasterCard」のクレジットを持つことをおすすめします。

VISAは国内外ともにシェア1位を誇る国際ブランドなので、これ1枚を持っていれば基本的に大丈夫です。あるいは、VISAに次ぐシェアを誇るMasterCardも悪くありません。

しかし他の国際ブランドはVISAとMasterCardに大きく差を付けられており、特にJCBは海外の加盟店が非常に少ないです。

サブで持つカードに選ぶのは良いですが、初めに持つならVISAかMasetrCardのどちらかから選ぶのがおすすめです。

まずは1回払いで慣れよう

クレジットカードには1回払いや分割払い、さらにはリボ払いなどの様々な支払方法が存在します。

お店で店員さんにカードを渡した際に支払方法を尋ねられることがありますが、初めは「1回払い」で支払うことをおすすめします。

3回以上の分割払いやリボ払いを選択すると手数料がかかるため、1回払いよりも支払額が多くなってしまいます。1回払いで購入できないような高額な決済は避けて、初めはカードを利用すること自体に慣れましょう。

何も聞かれなければ1回払い

なお加盟店によっては支払方法を尋ねられず、1回払いしか選択できないこともあります。店員さんに何も聞かれなければ1回払いとなるので心配する必要はありません。

一方でクレジットカードの中には、リボ払い専用のカードというものが存在します。今回紹介したようなカードは普通に一括で支払えるので全く問題ありませんが、後に説明するようにリボ払いは割高な手数料がかかる支払方法です。

初めのうちは1回払いで決済するように心がけましょう。

クレジットカードを作るメリット

解説する女性

クレジットカードには様々なメリットがあります。

利用金額に応じてポイントが貰えたり、カード会社によってはさらに独自の特典が用意されていたりして、現金で支払うよりも断然お得になります。

ここではクレジットカードを作ることによって得られる主なメリットを3つ紹介します。

ポイントやマイルが貯まる

クレジットカードで決済すると、利用金額によってポイントやマイルが貯まります。貯まるポイントやその還元率はカード会社によって様々ですが、一般的なポイント還元率はおよそ0.5~1.0%程度です。

例えば還元率1.0%の楽天カードで毎月の携帯電話料金10,000円を支払ったら、「1か月100ポイント、1年間で1,200ポイント」の楽天スーパーポイントが貯まります。

また楽天カードは楽天市場でのお買い物に対しては通常の4倍、4.0%のポイントが付与されるのでさらにたくさんの楽天スーパーポイントを貯められます。

現金でもカードでも支払総額は同じですが、ポイントやマイルが付与される分だけカード決済のほうが確実にお得です。また楽天カードのように、特定サービスのポイント還元率がアップしたり、優待サービスが受けられるようなカードも存在します。

銀行口座からお金を引き出す必要がない

カードで決済するということは、現金を持ち歩く必要がありません。

もちろん全ての場所でカードを利用できるわけではありませんが、現金で支払う機会が少なくなれば銀行口座からお金を引き出すことも少なくなるでしょう。

ATMからお金を引き出すと、場所や時間帯によっては手数料がかかることがありますし、混雑していて待ち時間が発生することもありますよね。

しかしカードで決済すればその手数料や時間を節約することができます。

盗難保険が備わっているので不正利用されても補償を受けられる

クレジットカードは「紛失してしまったり、盗まれてしまった際に悪用されるのが怖い」と考えている方もいるでしょう。しかしすべてのクレジットカードに、盗難・紛失保険が備わっています。

万が一他人に不正利用されたとしても、全額補償されるので心配は無用です。

補償を受けるためにはカード会社や警察に届けるなどの手続きが必要ですが、逆に言えば、正しく手続きを行えば補償を受けられます。

参考:クレジットカード不正利用を素早く解決!補償を受ける方法と予防策

むしろ現金を盗まれてしまった場合のほうが犯人の足が付きにくく、悪用されてしまったお金は戻ってこない可能性が高いです。盗難紛失保険は、クレジットカードの大きなメリットです。

クレジットカードの使い方

ここでは、クレジットカードをまず手にしてから使うまでを説明します。

まずはサインをしよう

クレジットカードが届いたら、まずは裏面の署名欄にサインしましょう。サインがないカードは利用できず、万が一不正利用などの被害に遭った場合には、補償を受けられません。

なので受け取ったら、すぐにサインする習慣を身に付けましょう。

試しにコンビニでコンビニで使ってみよう

コンビニでクレジットカード決済する

サインが完了したとはいえ、初めてクレジットカードを使うとなると緊張しますよね。

正しく決済できるのか不安で、使うのをためらってしまう方もいるかもしれません。そこで、まずは簡単に決済できるコンビニで、カードを使ってみましょう。

大手のコンビニチェーン店やスーパーでは、特に少額の決済についてはサインや暗証番号入力が不要でカード決済が可能です。いつも現金を出すタイミングで、カード払いである旨を伝えてカードを渡せば、カード決済は完了します。

初めてのクレジットカードが不安な方は、まずローソンやファミリーマート、セブンイレブンといった大手コンビニで練習してみるのがおすすめです。詳しい使い方については下記の記事も参考にしてみてください。

参考:わかりやすさNo.1!安全で正しいクレジットカードの使い方

クレジットカードで失敗しないための注意点

デスクで電話をする女性

クレジットカード選びやクレジットカードの支払い方について、特に気を付けたいポイントが2つあります。

リボ払いは極力避けよう!

まず最も知っておきたいのが、リボ払いという支払方法についてです。

先ほど、「慣れないうちは1回払いを選択するようにしましょう」と書きましたが、1回払いなら当然1回で全額を支払うことになります。しかしリボ払いは、毎月の支払額が一定に抑えられてしまいます。

例えば毎月3万円までに設定している状態で4万円の商品を購入すると、1回目の請求では3万円のみを支払うことになり、残りの1万円分については繰り越されます。

支払残高が繰り越されるだけなら問題ないのですが、リボ払いの問題点は支払残高に応じて手数料が加算されていくところにあります。

支払残高が残り続けると手数料も上乗せされるので、支払額がどんどん増えていくという悪循環に陥る可能性があるのです。

設定した支払額以内で決済するように注意すれば、高額な支払いが発生することはありません。しかしクレジットカードに慣れていない初心者の方にとっては、少し上級レベルです。

やはり初めの頃は、1回払いで決済することを心がけて、リボ払いは極力利用しないように気を付けましょう。

いつの間にか年会費が発生?年会費実質無料に注意!

困る女性

年会費無料を謳っているクレジットカードの中には、一定の条件を満たすことで年会費が割引かれる「実質無料」のカードが存在します。

例えばAmazon MasterCard クラシックやビックカメラSuicaカードなどは、年会費が無条件で無料になるのは初年度のみです。

1年の間に1回でもカードを利用すれば次年度の年会費も無料になりますが、全く使わなかった場合は次年度に年会費が発生してしまいます。

このように、条件付きで次年度以降の年会費を無料としているクレジットカードは多いのです。初年度は無条件で無料になるため永年無料と勘違いしてしまったり、1年間全く使わずに過ごしてしまって年会費を請求される、なんてことがよくあります。

もし心配であれば条件付きで無料としているクレジットカードではなく、今回紹介したような年会費永年無料のクレジットカードを作ることをおすすめします。

永年無料タイプなら、更新時期が来て異なる種類のカードに変更しない限り、年会費が発生することはないので安心です。

年会費実質無料の対策方法

因みに年会費が無料になる条件はカードによって様々ですが、実質無料を謳っているカードなら、基本的に年に1回でも利用すればOKの場合が多いです。

そのようなカードであれば、公共料金や携帯電話料金の支払いに設定しておけば毎月自動的に決済されるので、年会費が発生する心配はありません。

ただしカードの枚数が増えてくるとこの方法では対策しきれなくなるので、無闇にカードの枚数を増やさないように気を付けましょう。

初めは永年無料のカードから使い始めて、慣れてきたら徐々に新しいカードにも挑戦してみることをおすすめします。

まとめ

初めてのクレジットカードは、まずは年会費などの費用が発生しないカードから始めて、徐々にその使い方を覚えていきましょう。

分割払いや、特にリボ払いは支払額がどんどん膨らんでいく、少しリスクのある支払方法です。カードの扱いに慣れてくるまでは、1回払いで決済するのが鉄則です。

国際ブランドについては、多くの店舗で使えるVISAかMasterCardを選ぶのがおすすめです。

クレジットカードは、便利でお得な決済方法です。1日も早く使い慣れて、賢く正しいクレジットカードライフを送ってくださいね。

 

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら