クレジットカードのキャッシング枠とは?確認&変更方法や注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの明細で、利用可能枠の欄に記載されているのが、「キャッシング枠」という表記。このキャッシング枠とは、クレジットカードの、 キャッシング(=お金を借りる)可能限度額を示します。

キャッシング枠について馴染みのない方にとっては、よくわからない側面もあるかと思われます。 キャッシング枠について、また注意点やキャッシング枠を0円にする方法等について詳しく知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング機能はとても手軽で便利なもので、コンビニのATMや銀行の ATMにカードを入れて暗証番号を入力するだけで、簡単にお金を借りることができます。

この記事では、キャッシング枠の確認方法や、全く使う予定のない人が「0円」にする方法、負担を少なく返済する方法など、いざキャッシングを利用する場合の注意点などを解説します。

記事を読み進めればキャッシングについての正しい知識が身につき、キャッシングをするべきかどうかの判断がつき、また必要に応じて適切にキャッシングを扱うことができるようになります。

キャッシングについての知識に馴染みのない方は、是非参考にしてみてください。

キャッシング

冒頭で述べたとおり、クレジットカードのキャッシング枠という言葉に馴染みのない方もいらっしゃるかと思います。

この章では、クレジットカードのキャッシング枠がどのようなものかという概念、ショッピング枠とキャッシング枠との関連性についてご紹介しています。 基礎知識として、まずはこちらの章をご参考下さい。

クレジットカードのキャッシング枠は、利用可能なカード総額の中にあります。 クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の二つの枠があり、ショッピング枠は買い物、キャッシング枠はお金を借りるための枠です。

これらは別々の枠ではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠があります。 それぞれに限度額が決まっており、キャッシング枠も無制限にお金を借りられるわけではなく、限度額の範囲内でお金を借りることとなります。

キャッシング枠はショッピング枠に含まれますので、キャッシング枠での利用は独立して考えられるのではなく、ショッピング枠にも影響を与えます。

また、ショッピング枠の利用もキャッシング枠に影響を与えます。

例えばショッピング枠30万円、キャッシング枠10万円に設定されていたとすると、以下のようになります。

  • ショッピング枠はショッピングのみに使用した場合30万円まで利用可能
  • 買い物等でショッピング枠を全額利用した場合、キャッシング枠は0円
  • キャッシングの利用限度額は10万円まで
  • キャッシングで10万円借りるとショッピング枠の残高は20万円
  • ショッピングで25万円利用した場合のキャッシング枠は5万円

このようにショッピング枠とキャッシング枠は合算で計算されて、ショッピング枠の方が優先されて、その後の残高に応じてキャッシングの利用額が決まります。

ショッピング枠もしくはキャッシング枠で限度額まで使いすぎてしまって、いざという時にクレジットカードが使えないということのないように注意しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は使わないのなら無くても全く通常のカード機能には問題ありません。

いざという時に、簡単にお金を借りることができるキャッシング機能は便利ですが、借金が嫌いな方やキャッシングを使う予定が一切ない方にとっては邪魔でしかありません。

むしろ盗難や紛失時にリスクになるので、潰してしまった方が良いです。クレジットカードを紛失したり盗難にあったりしたときは、ショッピング枠なら保険が適用されます。

キャッシングの利用枠は、暗証番号がわからないと利用できないこともあり、不正利用の補償の対象にならないケースがほとんどです。

限度額が高額のカードをお持ちなら、とんでもないリスクになりますね。一度の不正利用で生活への大きなダメージを受けてしまいます。

キャッシング枠を0円にすればお金を借りられなくなるので、不要な方は潰してしまいましょう。 キャッシング枠の概念や変更する方法などがわかりました。

きちんと理解していれば、怖いものではありませんよね。 次の章では、キャッシング枠を変更する方法について解説していきます。

お金を数える

この章では、キャッシング枠を増やす方法や、不要な方のためにキャッシング枠を0円にする方法についてご紹介していきます。

キャッシング枠をコントロールしたい方は是非ご参考下さい。

キャッシング枠を0円にしておけば、紛失や盗難の際にも不正に現金を引き出される心配は無くなります。

クレジットカードのキャッシング枠は、各クレジットカード会社のWEBページからの申し込み、もしくは電話オペレーターに相談することで0円にすることができます。

WEBページでキャッシング枠を無くす方法は、カード会社によっては対応していないので、その時には電話オペレーターに相談することになります。

電話でオペレーターにキャッシング枠を無くしたい旨を伝えれば、すぐにキャッシングができなくなります。

キャッシング枠を0円にする方法は、”WEBページからの申し込みもしくは電話”と覚えておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠は、30万円程度までの金額なら比較的簡単に増額できます。方法としては各クレジットカード会社のWEBサイトからの申し込みで簡単にできます。

増額は簡単にすることができますが、むやみに増額をすると借金を背負う原因になったり、紛失・盗難時にリスクになりますので、増額の申請は良く考えて適切な額を申請しましょう。

増額の方法をJCBカードで例に挙げてみると、

  1. 各種お手続きのページにアクセス
  2. 利用可能枠のご設定・変更の項目から利用可能枠の増額申請を選択
  3. ログインして必要事項(増額したい金額)を入力します。

30万円以上を超える場合はインターネットからでは増額できない場合もあり、その場合はコールセンターに連絡してオペレーターの案内に従います。

また、どこのカード会社でも50万円を超えるキャッシング枠の増額は、収入証明書の提出が必要となります。収入証明書とは以下のような書類が挙げられます。

  • 源泉徴収票
  • 給与の支払明細書(2、3ヵ月分)
  • 確定申告書
  • 納税通知書、課税証明書、所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 年金証書もしくは年金通知書

サラリーマンであれば給与支払明細書、自営業であれば確定申告書が提出しやすいかと思います。

ここまでの章では、クレジットカードのキャッシングの概念や、キャッシング枠をコントロールする方法についてご紹介してきました。

次の章では、キャッシングをする場合の注意点についてもご紹介しています。

考える女性

この章では、年利の考え方や手数料など、実際にキャッシングをする場合の注意点をご紹介します。

知っておかないと思わぬところで損をしてしまう可能性もありますので、是非読み進めて知識を習得してください。

キャッシングをするということは、クレジットカード会社からお金を借りるわけですから、 当然ながら金利がかかります。 この金利は、各クレジットカード会社でだいたい 年利15%~18%の範囲で設定されています。

理由としては、以下にご紹介する通り法律で決められているため、この法律に則って金利を決定しているからです。

  • 10万円未満を貸し出す場合の上限金利…20%
  • 10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限金利…18%
  • 100万円以上を貸し出す場合の上限金利…15%

金利が15%に設定されているのは、100万円以上を借りた時です。100万円未満の少額を借りた場合は、法定金利の上限である年利18%が適用される確率が高いでしょう。

クレジットカードの金利が18%と言われているのは、このような考え方からきていることも知っておきましょう。 どのクレジットカード会社も、 法律で定められたほぼ限界の金利を設定してきていますので、キャッシングでお金を借りることによる金利である年利18%は、実はかなり高額であるということもよく認知しておきましょう。

例えば10万円を借りて毎月1万円ずつ返済した場合は、11回払いで金利の合計9,096円です。毎月5,000円の返済だと24回払いで金利の合計は18,159円にもなります。

クレジットカードでキャッシングした場合は、当然ながら返済をしなければなりません。この返済方法についても種類があります。

この返済方式によって支払う総額も大きく変わってきます。 理由としては、リボルビング払いという支払い方式があって、こちらの支払い方式は毎月の支払額は少なくて済みますが、長期間に渡って大きな金利を支払うように設定されているからです。

イオンカードを例に挙げてみると、一回払いとリボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)が選択できます。

仮に9/1日に年利18%で30,000円のお金をキャッシングしたとして、イオンカードの返済日である翌月の2日、10/2に一括返済したら30,000円+利息458円で支払い総額は30,458円です。

同じく9/1に年利18%で30,000円のお金をキャッシングしてリボルビング払いを選択したとして、毎月2日に3,000円ずつ元金と金利を返済して最後に残金の2752円を支払うと、総額は32,752円となります。

支払い方式が違うだけで、同じ30,000円を年利18%でキャッシングしたとして、2,294円も返済額に差が出てしまいます。

返済方式が違うだけで、キャッシングの返済金額の総額は大きく違ってくるということも覚えておきましょう。 キャッシングをする場合の注意点がわかりました。

次の章では、なるべく負担が少なくキャッシングを利用する方法についてご紹介しています。

相談する夫婦

この章では、キャッシングしたお金をなるべく負担なく返済する方法についてご紹介しています。

日常生活においてどうしてもお金を工面しなければならない機会はどうしてもあります。 そんな時にクレジットカードのキャッシングはとても便利な機能です。いざという時とても助かります。

しかしキャッシングをやむを得ず使うにしても、できるだけ負担が少なくてすむ方法があるのなら、それにこしたことはありません。 是非参考にしてみてください。

クレジットカードでキャッシングをした場合は、なるべく一括返済するようにしましょう。一括返済とは、 キャッシングをした元金と利息をまとめて一括して支払う返済方法のことを言います。

一括で返済することにより、利息が少なくて済みますし、借りたその日に返済すれば利息は一切かかりません。利息が付くのは翌日からです。

このように一括返済は最も負担なくキャッシングによって借りたお金を返済する方法となっています。 ただし一括返済をするには、ある程度のまとまったお金が必要となります。

しかしそれでも余計に利息を支払うのなら、可能な限り一括返済をした方が良いです。 クレジットカードのキャッシングでなるべく負担を少なくするには、一括返済をすることを心がけるようにしましょう。

負担を少なくするには、 リボ払いでの支払いをしないようにすることが重要です。 リボ払いを選択してしまうと、毎月の負担額は自分で決めることができますし、また一定額の支払いで済みますので一見楽なように感じます。

しかしトータルの支払金額はかなり大きくなりますし、高い金利が加算されて長期的に返済をすることになってしまいます。

リボ払いは、クレジットカード会社の収益を最大化する、クレジットカード会社の収入源です。 お金を借りている意識が薄くなってしまって、更なる借入をしてしまうというのも懸念されます。

また、カードによっては入会時のデフォルトでリボ払いに設定されているカードもあるため注意が必要です。必ずキャッシングする際には自分のカードを確認するようにしましょう。

やむをえずリボ払いを選択する場合は、毎月の支払額をなるべく多くして、少しでも早く返済するようにすると負担は少なくなります。

また、各クレジットカード会社では余裕があるときには増額して支払ったり、繰り上げ返済をすることができますので、リボ払いを選択している方は積極的に借りたお金を支払うことを意識することで、返済期間や返済金額の総額を少なくすることができます。

しかし基本的にはクレジットカードで負担を軽くするには、 極力リボ払いを選択しないようにしましょう。

キャッシングをしてしまった際の、負担をなるべく少なくする方法について解説してきました。 最後に今回の記事についてまとめていますので、もう一度おさらいをしておきましょう。

いかがでしたか。キャッシングの概念からキャッシング枠をコントロールする方法、上手なキャッシング方法から注意点まで学んできました。

キャッシングは上手に活用すれば、いざという時にお金を工面できるとても有用なものです。 正しく使用すれば、必要以上に恐れる必要もありません。

もう一度クレジットカードのキャッシングの要点を、簡単におさらいしておきましょう。

  • キャッシング枠はショッピング枠の中にある
  • キャッシング枠は使わないのなら潰しておくことがオススメ
  • キャッシング枠はWEBもしくは電話での手続きで、0円にしたり増額したりできる
  • どうしてもキャッシングを利用するのなら、なるべく一括返済を選択する
  • やむをえずリボ払いを選択してしまったら、支払額を多くしたり増額払いや繰り上げ返済を利用して、積極的に返済をする

キャッシングは生活上の要所要所で上手く利用して、快適なクレジットカードライフを楽しんでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加