家族カードはなぜお得?家族に最適なクレジットカードの見つけ方

パソコンに向かう夫婦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話の料金プランに「家族割」があるように、クレジットカードにも家族ならではの特典として「家族カード」というものがあります。しかしこの家族カードをうまく活用している人も少ないもの。

「ポイントを家族で効率よく貯められる」「審査が通りやすい」「年会費無料」など、家族だからこそ受けられるメリットがたくさんあります。そしてそれと同時に、注意しなければならないデメリットもあります。

こちらの記事では、家族カードの対象となる家族の基準や、家族カードのメリットとデメリットをわかりやすく整理してご紹介します。

家族カードとは本会員の家族専用のカード。支払は本会員の口座からまとめて引き落とされ、ポイントも同じように家族の口座に貯まります。

家族カード説明

それでは「家族」の定義とはどのようなものなのか、こちらで説明します。

家族カードにおける「家族」とは、同じ家計でやりくりしている家族が前提となります。

対象となる基本は、

  • 配偶者(妻や夫)
  • 18歳以上の子供
  • 同居している両親

となります。

家族カードの基本は、本会員が支払をするため、どこでどのように使ったかがわかる相手に対して作るものといえます。例えば、離れて暮らす子供や、単身赴任中の夫、一緒に暮らしている両親のために作ることができます。

「生計をともにしている」ということは、離れて暮らしている学生の息子や娘がいる場合にも対象となります。アルバイトなどでお金を稼いでいても、問題はありません。

先ほど紹介した家族以外の、

  • 兄弟姉妹や祖父母
  • 義理の両親

などが審査に通るかどうかは、カード会社によって違いがありますが、断られることが多いです。

また、「遠くに暮らす両親のために家族カードを作りたい」という人も多いかと思いますが、カード会社によって審査基準が異なり、自分の両親であっても審査を通らないこともあります。

しかし例えば、SBIカードは「ご家族の方」という表記しかなく、その細かな家族の定義は指定されていません。

なかには「生計をともにしているから」という理由で、内縁関係にあるパートナーや恋人、友人に対して家族カードをつくりたいという人がいるかもしれません。しかし、家族ではないため家族カードは作ることができません。

クレジットカード会社すべてが、家族カードを発行しているわけではありません。エポスカードやJALカードSuicaは、家族カードがない例です。自分のお目当てのカードが家族カードを発行しているかどうかは、確認しておきましょう。

それぞれが本会員になってクレジットカードを持てばいいのを、なぜわざわざ家族カードを作る必要があるのでしょうか。それにはたくさんのメリットや、お得なポイントがあるのです。

ピースサインをする女性

メリット①:通常はかかる年会費が無料、または安くなりサービス内容はそのまま

メリット②:審査の基準が本会員なので、家族の追加分は審査が通りやすい

メリット③:ポイントやマイルを一緒に貯めることができる

メリット④:本会員と一緒に自動引き落としされるので、明細を管理しやすい

メリット⑤:本会員のクレジットヒストリーが作られる

メリット⑥:海外旅行保険がついているカードは、家族分も適用される

それぞれについて説明していきます。

本会員ではかかっている年会費も、家族会員は 無料や、安くなることがあります。

本会員と同じ特典やサービスが受けられるものなので、とてもお得ですよね。

年会費がお得になる例)

  • JALカード:年会費2,000円→家族会員1,000円
  • タカシマヤカード:年会費2,000円→家族会員無料(4枚まで)
  • アメックスゴールド:年会費29,000円→家族会員無料(1枚まで)

※価格はすべて税別です

カード会社によって割引率などは違いますが、ほとんどの家族カードで年会費がお得になります。

家族カードで審査されるのは、 あくまでもカード本会員のみです。

収入のない専業主婦であっても、アルバイトをしていない大学生であっても、カード本会員に「支払能力あり」と審査されれば問題ありません。

過去に支払遅延や破産などの金融事故を家族が起こしていたとしても、家族カードとしてならクレジットカードを持つことができます。

ネットショッピングが普及している現代で、クレジットカードが全く作れないというのは困りもの。もし過去の金融事故が原因でクレジットカードが作れない場合、家族カードならば本会員の審査基準で作ることができます。

本会員にとってメリットが大きいこととして、「 ポイントやマイルが効率よく貯まる」ということです。

滑走路に着陸する飛行機

特にJALやANAなどのマイルは、10,000マイル以上貯めなければ特典航空券に交換することはできません。またさらにマイルは取得から3年間で有効期限を迎えてしまいます。

家族みんなでマイルを貯めることができれば、マイルを無駄にすることなく、効率よく貯めて交換することができます。

家族カードが利用した分の金額は、すべて本会員が払うことになります。

家族カード明細

クレジットカード請求の例のように、明細も同じように本会員に届きます。家族で支払を一本化できるため、家計を管理しやすくもなります。(※オリコカードの利用明細例)

「家族の食費や外食代はこの家族カードを使う」などの取り決めをすれば、家庭で生活費としていくらかかっているのか明確に把握することもできますよね。

※JCB GOLDの「利用者支払型家族カード」、三井住友カードゴールド/プラチナの「パーソナルアカウントタイプ」は個別支払が可能。

クレジットカードを使っていると、「その人がしっかりと支払をしたか」というクレジットヒストリー(クレヒス)をいうのが積み上げられていきます。

良いクレヒスを持てばその人の社会的な信用も上がり、よりステータスの高いカードを持てたり、住宅ローンなど他の審査で優遇されたりするメリットがあります。

家族カードの場合は家族が使用した分も本会員が支払う必要がありますが、クレヒスもすべて本会員に集まります。将来的にプラチナカードクラスのカードを狙っていたり、マイホームを考えている人は、家族の利用分も自分のクレヒスにしておくことをおすすめします。

クレジットカードの海外旅行保険は、家族カードにも適用されます。

家族旅行

例えば、まだ大学生の子供が海外旅行へ行くときも、その子供名義の家族カードを持たせておけば、新しく保険に加入しなくても、もしものときに役に立ちます。

 

このように、家族カードには大きくわけると6つのメリットがあります。

自分の家族に当てはめてみると、

「自分が持っているカードを家族にも使ってもらって、ポイントを貯めたい!」

「夫が使っているカードの特典を受けるために、家族カードを作ろう!」

など、家族カードのメリットを受けることができるかもしれませんよ。

これまで紹介したように家族カードにはメリットがある一方、少しだけ注意して欲しいことがあります。

注意点①:個人のプライベバシーが守られない

注意点②:限度額が上がるわけではないので、枠が足りなくなる可能性がある

注意点③:家族会員のクレジットヒストリーが作られない

本会員が家族分の支払をするということは、明細も管理します。すなわち、利用履歴が本会員にオープンになってしまいます。

離れて暮らす会員用にと、申請すれば家族個人だけの明細は発行できます。しかし、支払う本会員は明細と金額は必ず把握できてしまいます。

「○月○日、レストラン△△で2万円を使った」「○月○日、××百貨店で1万円を使った」などの情報を家族間で共有せず、個人のプライバシーを尊重したいときには、その家族カードは使わないほうがいいでしょう。

家族カードの利用枠は、本会員のみだったときと変わりはありません。しかし利用する人が増えるため、利用枠が足りなくなってしまうことはあります。

家族カードで誰か1人がたくさん利用してしまった場合、他の家族が利用できなくなってしまうことがないように、限度額を引き上げる申請が必要かどうかを、家族で相談して決めましょう。

クレジットカードの限度額と利用額をそれぞれでしっかりと管理したい場合は、家族カードではなく本会員としてカードを持つことをおすすめします。

家族カードの場合、支払をしているのは本会員なので、家族会員の信用情報=クレジットヒストリー(クレヒス)は作られません。

個人で今後、ステータスの高いカードを持つ予定だった、将来的にローンを組む予定があるならば、本会員となってクレジットカードを作ることをおすすめします。そして毎月きちんと利用し、支払を滞りなく続けていきましょう。

これら、家族カード3つの注意点を紹介してきました。これらの注意点は、「家族カードの支払はあくまでも本会員の口座から」という前提を考えれば当たり前のことでもありますよね。

家族カードとは、本会員のオプションとして発行できるカードで、低コストかつたくさんのメリットを受けられるカードです。

しかし家族間であっても、家族それぞれが本会員となって自分の好きなカードを持つことが良い場合もあります。

それぞれのメリットとデメリットを考え、便利でお得なカードライフを送ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加